おやすみプンプン(浅野いにお)のネタバレ解説・考察まとめ

『おやすみプンプン』とは、2007年~2013年に『週刊ヤングサンデー』(~2008年)及び『ビッグコミックスピリッツ』(~2013年)に連載された浅野いにおによる漫画である。少し内気で自意識過剰、どこにでもいる普通の少年「プンプン」が転校してきた同い年の少女・田中愛子に一目惚れするところから、彼女との関係を軸に彼らの人生が導かれるように破綻していく様が叙情的、かつ実験的な手法とともに描かれる。

プン山プンプンパパ

プンプンの父。野球(読売ジャイアンツ)と宇宙が好きで、プンプンに宇宙について語ったり、天体望遠鏡をプレゼントしたりするシーンがある。どちらかというとプンプンはヒステリックなところがあるプンプンママよりも普段は優しいプンプンパパになついていた。リストラされ無職になって以降夫婦喧嘩が絶えなくなり、ヒステリーから包丁を持ち出しプンプンを殺そうとしたプンプンママを殴打したことが決定打となり、プンプンママと離婚することになる。

小野寺プンプンママ(プン山⇒小野寺)

プンプンの母。自由で奔放、自身の思いや感情に忠実、悪く言えば自己中心的でヒステリックな言動が目立つ性格。プンプンの目には後者の部分が色濃く映し出されていたため、基本的に全編を通じて折り合いが悪い。離婚後、離れて暮らすプンプンパパのフリをしてプンプンに向けて手紙を送っていたり、死の間際に彼に愛を伝えたりするなど愛情がなかった訳ではないが、癌により若くしてこの世を去ったこともあり最後までプンプンと和解できないままだった。

小野寺雄一

プンプンの叔父で、プンプンママの弟。美大の大学院卒業後、陶芸教室で講師をしていたが受講生やその娘を巻き込んだトラブルから退職。姉であるプンプンママの離婚を期にプンプンと同居生活を送ることになる。偶然訪れた喫茶店で再会した翠と恋愛の末に婚約。しかしその二年後に不倫、罪悪感から自殺を図るも未遂に終わる。繊細な性格で精神的に不安定なところがあり、本人や翠はプンプンと似ているところがあると認識している。

小野寺翠(旧姓大隈)

雄一の恋人、結婚相手。プンプンが小学生のときプンプンママが入院していた病院の看護師として初登場。後に近所の喫茶店のアルバイト店員として登場した際雄一と出会い交際、結婚する。雄一が不倫の後失踪した折、寂しさからプンプンと身体の関係を持ち、プンプンの初体験の相手となる。物語終盤では雄一の子供を妊娠・出産する描写がある。

南条幸

蟹江美雪の漫画家志望の友人。後に漫画家デビューする。プンプンが蟹江梓との初デートで訪れた絵画展で出会う。その際プンプンが感想ノートに残した感想とも呼べない詩文らしき文章にセンスを感じていたことから、後に再会した時絵本の原作執筆を依頼、後にプンプンとは恋仲になる。早稲田大学中退。学生時代に同級生と結婚した後に離婚。スレンダーで美しいルックスだが、整形手術によるものである。ずば抜けた行動力とコンプレックスの裏返しからくる高いプライドが特徴で、プンプンママと重なるところがある性格である。

名言・名セリフ/名シーン・名場面

愛子とプンプンのファーストキス

思いがけず告白したプンプンに愛子がキスでこたえるシーン。
1週目は微笑ましい小学生の恋のエピソードの、物語の結末やキャラクターの背景を知った2週目からは切ないシーンになる。倒錯的な見方を別にすれば、今後分かちがたく関わっていく二人の、おそらくはもっとも幸せな瞬間が出会ったばかりのこの場面だからである。

「小賢しい賞獲り漫画なんてその気になれば一人で描けんだよ」

プンプンとともに出版社に持ち込んだ合作漫画を編集者に酷評され、落ち込むプンプンに幸が投げかけたセリフ。
「平凡な日常で退屈を嘯く空気みたいな漫画」「絶望ごっこのオナニー漫画」と酷評され、もっと「前向きで分かり易い共感」を得るような漫画を求められる中で起こる「表現したいもの」と「売れるもの」の葛藤。単なるキャラクターとしての幸の強がりなのか、売れっ子作家となった作者である浅野の主張なのか。分かりやすい出口を描かない浅野作品の作風と重なり、この前段で交わされた編集者と幸のやり取りと合わせて作者である浅野の漫画観が垣間見える興味深い一言である。

「愛子ちゃん、僕はね…君に殺されたかった。」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ソラニン(浅野いにお)のネタバレ解説・考察まとめ

浅野いにおによる青年漫画、及びそれを原作とした映画。「週刊ヤングサンデー」にて2005~2006年まで連載。2010年に実写映画化された。退屈なOL生活を送る社会人2年目の芽衣子と、音楽への夢を持ちつつも踏み出すことができないままフリーター生活を続ける恋人種田。二人が夢に向かって歩き出すところから、挫折、そして種田との死別を経て、芽衣子が新たな一歩を踏み出すまでが描かれる。

Read Article

目次 - Contents