学戦都市アスタリスク(The Asterisk War)のネタバレ解説まとめ

三屋咲ゆうの小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。
2012年9月に1作目となる「学戦都市アスタリスク 1.姫焔邂逅」が刊行。既刊11巻。
6つの学園で構成された水上都市を舞台に、優勝すると好きな望みを叶えてもらえるという闘技大会での優勝を目指して切磋琢磨する少年少女たちの姿を描いた作品。
アニメは2015年4月から第1期、2016年4月から第2期がそれぞれ全12話構成で放送された。

エルネスタ・キューネ

CV:赤崎千夏

アルルカントが誇る落星工学の天才であり、学内に存在する派閥のひとつである《彫刻派》のトップ。カミラとは親友の関係にある。
お調子者の性格で表情豊かな少女であるが、観察力は鋭く天才らしく計算高く行動することもあり、自分の目的なら何でもすることを厭わない。
戦闘用の自動人形「擬形体」の開発分野では最高峰の研究者で、サイラスに擬形体を提供している。
そのサイラスの一件後、新型煌式武装の開発計画でカミラと共に星導館学園の技術提供のついでとして、自分の擬形体を全て斬ったという綾斗に興味を持ち、彼の前に現れる。そこで綾斗に「次はそう上手くいかないぞ?」という挑発めいた一言と共に頬に口づけし、ユリスたちを驚愕させた。
《鳳凰星武祭》では、自身が開発した自律式擬形体のアルディ・リムシィを代理出場させる形でエントリーしている。

カミラ・パレート

CV:田村睦心

エルネスタと同じように落星工学研究において突出した才を持った女性で、学内でも最大規模を誇る派閥《獅子派》を束ねる存在。
煌式武装の研究開発を専門分野としており、誰が使っても強力な煌式武装の実現を日夜目指して邁進している。星導館とアルルカント共同での新型煌式武装の開発計画の代表責任者となり、技術提供のため学園を訪れる。
エルネスタとは対照的な性格の持ち主だが、腐れ縁の仲で、共に《鳳凰星武祭》にエントリーする。その際にアルディ・リムシィの武装を担当しており、その性能の高さを知らしめた。

左近州馬(さこん しゅうま)

CV:飛田展男

アルルカント・アカデミーの生徒会長。高等部に所属する2年生の日本人で、序列には名を連ねていない。
気の弱そうな男子生徒で卑屈にも見えるが、交渉能力は高く、《鳳凰星武祭》においてアルディ・リムシィを選手代理として出場することを認めさせている。

AR-D(アルディ)

CV:羽多野渉

正式名称は「Absolute Refusal Defended type」で、頭文字を取ってAR-D。エルネスタが創り出した、世界初の感情を有する自律式擬形体。
性格は豪快かつ自信過剰で、実力がある相手には敬意を払う武人のような性格である。しかし、リムシィには全く頭が上がらず、尻に敷かれている。
主な武装はハンマーと防護障壁で攻守ともに優れた性能を誇っており、さらに動力源にウルム・マナダイトを使っている。そして、リムシィがリミッターとなることでその出力を抑えこんでいるという仕組みで、リムシィのパーツと合体することで本来の力を解放する。
《鳳凰星武祭》準決勝戦で紗夜・綺凛と対戦し、激闘を繰り広げた末に彼女たちの実力を認めて合体し、二人を圧倒。それ以上は相手にすることなく撃破する。続けて決勝戦で綾斗・ユリスと対戦し、同じく激闘を繰り広げて二人を追い詰めるが、途中で綾斗が力を解放してもリムシィと合体して動じることなく応戦する。しかし最後は、ユリスの星辰力を受け取って息を吹き返した綾斗の奮戦の前に敗れ去り、《鳳凰星武祭》では準優勝となった。

RM-C(リムシィ)

CV:佳村はるか

正式名称は「Runious Might Cannon type」で、頭文字を取ってRM-C。アルディと同じくエルネスタが創り出した感情を有する自律式擬形体。
女性としての人格と外見を付与されており、性格はアルディとは正反対に冷静沈着。辛辣な言動と評価でアルディをへこませている。
腕に砲型の煌式武装を仕込んでおり、飛行しながら射撃で戦う戦法を主とする。さらに射撃の精度も神業と言っていいほどかなりのもので、相手の銃弾に同じ出力の光弾を直撃させて打ち消す技法も得意としている。
《鳳凰星武祭》準決勝戦では紗夜・綺凛と戦い、アルディと合体することで彼女らを圧倒した末に撃破する。続けて決勝戦で綾斗・ユリスと戦い、激闘の中で合体するも、最後は綾斗の奮戦の前に敗北。アルディと共に準優勝となった。

ヒルダ・ジェーン・ローランズ

CV:小林ゆう

アルルカント・アカデミー創立以来の天才と呼ばれる女生徒で、《大博士(マグナ・オーパス)》の二つ名を持つ《超人派》の筆頭。
《星脈世代》を人為的に作り出し、魔女や魔術師の能力を付与する計画の指揮者で、ユリスの親友であるオーフェリアを魔女にした張本人。
第2期の最終話で綾斗の前に現れ、遥を目覚めさせることを条件に含まれているらしいある取引を持ちかけてきた。しかし、彼からはオーフェリアの一件とその人間性を危険視したことによって断られたようである。

レヴォルフ黒学院

ディルク・エーベルヴァイン

CV:杉田智和

レヴォルフ黒学院の生徒会長。赤髪と小太り、不機嫌そうな表情が特徴的な青年。
非《星脈世代》だが、悪魔的な頭脳の持ち主で策略に長けており、それによってレヴォルフ黒学院の生徒会長の座に君臨している。傲岸不遜かつ冷酷な性格で、能力でしか他人を評価しないことから《悪辣の王(タイラント)》の二つ名を付けられるほどに嫌われ、憎まれている。
《黒炉の魔剣》の所有者である綾斗を脅威となるものと判断し、彼を潰すために《鳳凰星武祭》期間中に刺客を差し向けた。

樫丸ころな(かしまる ころな)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents