目次

  1. 1.風味堂/ナキムシのうた
  2. 2.米津玄師/アイネクライネ
  3. 3.柴田淳/未成年
  4. 4.me-al art/ループ
  5. 5.野狐禅/カモメ
  6. 6.BUMP OF CHICKEN/supernova
  7. 7.フラワーカンパニーズ/深夜高速
  8. 8.THE BACK HORN/美しい名前
  9. 9.タテタカコ/あした、僕は
  10. 10.JAMOSA/何かひとつfeat.JAY'ED&若旦那
  11. まとめ

1.風味堂/ナキムシのうた

Main

風味堂(フウミドウ) 2000年に福岡で結成し、2004年にメジャーデビュー。

『今は痛みを知るために どうか好きなだけ泣いて下さい』
泣くことは恥ずかしい事じゃない、全てはあなたの経験値になる!笑うために泣こう。

2.米津玄師/アイネクライネ

Cdcr 11uiae1avu

米津玄師(ヨネヅ ケンシ) 中学生の頃から徳島で活動し、2013年にメジャーソロデビュー。

『あなたが思えば思うより 大げさにあたしは不甲斐ないのに どうして』
自分自身の存在さえも肯定できずに、向き合おうともしなかった事へのレクイエムのような1曲

3.柴田淳/未成年

Main

柴田淳(シバタ ジュン) 2001年にメジャーデビュー。

年齢的には大人でも、まだまだ子供だなと唇を噛みしめてしまう。上手くいかずに、八つ当たりをしては自責の念に駆られてしまう。
『こっち向いてくれないから 心を歪めるしかなかったんだ』-最初から壊すつもりじゃなかった、誰だってきっとそう。

4.me-al art/ループ

Me al

me-al art(ミール アート) 1999年に茨城で結成し、2004年よりレーベル「黒虫芸術」で活動。

『心の傷が癒えてしまえば 人は過ちを繰り返す』
傷つく事に背を向けた罰 - 時の流れは時に残酷なもの。繰り返される毎日の悲痛なニュース。
どうか、どうか忘れないで、悲しい歌を

5.野狐禅/カモメ

X8

野狐禅(ヤコゼン) 1999年に北海道で結成し、2003年にメジャーデビュー。2009年に解散。

『僕はもう疲れきってしまってね 部屋のカーテンを全部閉めきったんだよ
僕はもう疲れきってしまってね ダンボール箱の中に閉じこもったんだよ』
辛くて目を閉じて、全てから塞込んだ場所でも”君に感謝する”心は塞いでなかったんだ。それに気付いた時に、一筋の光を眩しそうに見た情景が浮かぶ、清々しい1曲!

6.BUMP OF CHICKEN/supernova

Artist photo s

BUMP OF CHICKEN(バンプ オブ チキン) 1996年に千葉県で結成し、2000年にメジャーデビュー。

その存在があまりにも空気のようで、当たり前すぎて・・・親切な気持ちをぞんざいに扱ってしまった後悔が晴れる事はない。明日も当たり前に隣に居ると思っていたから。
『本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないんだ』

7.フラワーカンパニーズ/深夜高速

Frakan1

フラワーカンパニーズ 1989年に愛知で結成し、1995年にメジャーデビュー&2008年に再デビュー。

『涙なんかじゃ終わらない 忘れられない出来事/ひとつ残らず持ってけ どこまでも持ってけよ』
生きることに疲れたって思ってしまうことは、悲しいかな結構あったりする。そんな時どこからかこんな言葉が聞こえてきそうだ。
そんな思いは、出来る限りのことやってから言え!ちょっとでも悔しいと思ったら、伸び白あります。

8.THE BACK HORN/美しい名前

F53a2c1dd03335

THE BACK HORN(ザ バックホーン) 1998年に東京で結成し、2001年にメジャーデビュー。

『知らない振りをしてた 僕への罰だ』
親しい人が入院した事はあるだろうか。きっと大丈夫、あの人に限ってそんな事はある筈がない。筆者自身もその日が来るなんて思いもしなかった。泣くしかなかった。悔しくて悔しくて。
本人が一番悔しいんだ。実話に基づいた渾身の名曲。