サカナクション(Sakanaction)の徹底解説まとめ

2005年に北海道札幌市で結成されたロックバンド・サカナクションは、男3人、女2人の5人組バンド。
エレクトロニカやテクノ、ポップ、ロックといったジャンルを融合させた独特のサウンドが注目され、デビュー直後から大型野外フェスに出演するなど活躍を続け、2013年には紅白歌合戦にも出場を果たした。

ドラム担当。
知人の紹介でバンドに加入した。
様々なバンドからのオファーがあったが、山口の曲に心惹かれたことが決め手だった。

オリジナルアルバム

『GO TO THE FUTURE』

01. 三日月サンセット
02. インナーワールド
03. あめふら
04. GO TO THE FUTURE
05. フクロウ
06. 開花
07. 白波トップウォーター
08. 夜の東側

2007年にリリースされたデビューアルバム。
全国的には成功とは言い難い売上であったが、地元の北海道では、FM局でのヘヴィーローテーションの効果もあり、好評であった。

『NIGHT FISHING』

01. ワード
02. サンプル
03. ナイトフィッシングイズグッド
04. 雨は気まぐれ
05. マレーシア32
06. うねり
07. ティーンエイジ
08. 哀愁トレイン
09. 新しい世界
10. アムスフィッシュ

2008年にリリースされた2ndアルバム。
北海道を拠点として制作した最後のアルバムとなっている。
オリコンチャートは初登場53位を記録し、商業的にもまずまずの成功を収めた。

『シンシロ』

01. Ame (B)
02. ライトダンス
03. セントレイ
04. ネイティブダンサー
05. minnanouta
06. 雑踏
07. 黄色い車
08. enough
09. 涙ディライト
10. アドベンチャー
11. human

2009年にリリースされた3rdアルバム。
評論家たちの評価は賛否両論であったが、オリコン初登場8位を記録し、初のトップ10入りとなった。

『kikUUiki』

01. intro=汽空域
02. 潮
03. YES NO
04. アルクアラウンド
05. Klee
06. 21.1
07. アンダー
08. シーラカンスと僕
09. 明日から
10. 表参道26時
11. 壁
12. 目が明く藍色

2010年にリリースされた4thアルバム。
タイトルの『kikUUiki(きくういき)』は、海水と淡水が交わる水域である汽水域から作られた造語である。

『DocumentaLy』

01. RL
02. アイデンティティ
03. モノクロトウキョー
04. ルーキー
05. アンタレスと針
06. 仮面の街
07. 流線
08. エンドレス
09. DocumentaRy
10. 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
11. years
12. ドキュメント
13. ホーリーダンス Like a live Mix

2011年にリリースされた5thアルバム。
アップルが主催する「iTunes Rewind 2011」では、ベストミュージック部門・ベストアルバムを受賞している。

『sakanaction』

01. intro
02. INORI
03. ミュージック
04. 夜の踊り子
05. なんてったって春
06. アルデバラン
07. M
08. Aoi
09. ボイル
10. 映画
11. 僕と花
12. mellow
13. ストラクチャー
14. 朝の歌
15. 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』(Ks_Remix)

2013年にリリースされた6thアルバム。
オリコンチャートでは、初登場1位を記録した。シングル・アルバム通して、初めての1位獲得となった。

代表曲

アルクアラウンド

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents