マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝(マギレコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』とは、2011年に放送されたテレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の外伝作品にあたる同名スマートフォン向けゲームアプリを原作としたテレビアニメ作品である。本作は主人公の魔法少女・環いろはが行方不明になった妹・環ういを探しに訪れた神浜市にて七海やちよをはじめとする多くの魔法少女と出会い、彼女らと力を合わせて神浜市で起きる数々の事件に挑んでいく物語を描いている。

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』の概要

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』とは、テレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の外伝作品にあたる同名スマートフォン向けゲームアプリのメインストーリー第1部「幸福の魔女編」を原作としたテレビアニメ作品である。2011年に放送された『まどか☆マギカ』関連のテレビ作品としては約9年ぶりとなるテレビアニメ作品となる。2018年9月1日に開催されたイベント「Magia Day 2018」にてテレビアニメ化が発表され、2019年9月8日に開催されたイベント「Magia Day 2019」にて2020年1月から毎日放送予定であることが発表され、第1話の先行上映が行われた。
2019年11月30日に開催されたイベント「北九州ポップカルチャーフェスティバル2019」ではメインキービジュアルを務め、こちらでも1話の先行上映が行われると同時に、2020年1月4日深夜から放送であることが発表された。2019年12月23日には新宿バルト9で第1話・第2話の先行上映会と出演者によるトークショーが実施されている。

第1期として2020年1月から3月までTOKYO MXほかにて全13話が放送された。脚本は原作ゲームのシナリオを元にしつつ、アニメだけで完結するように再構成されている。アニメ版オリジナルキャラクターである黒江はメインキャラの役割を奪うようなことにはならず、あくまでもストーリーありきの立ち回りをする予定だとされており、一方で秋野かえでがマギウスの翼に加入したり、鹿目まどかと暁美ほむらが原作ゲームでは登場していた場面で登場しないなどのストーリー上の変更もある。
総監督とシリーズ構成は『まどか☆マギカ』の制作も担当した劇団イヌカレーの泥犬が担当し(第2期の構成は高山カツヒコも参加している)し、魔女空間のデザイン(異世界設計)は劇団イヌカレーが中心となって様々なスタッフがデザインを手がけている。そしてウワサ空間のデザインについてはJ・A・シーザーが担当し、その関係からウワサの声も主宰する劇団「演劇実験室◎万有引力」の所属俳優たちが担当している。

また、『まどか☆マギカ』のテレビシリーズ監督・劇場版総監督を務めた新房昭之がアニメーションスーパーバイザーとして制作に関わっているほか、『まどか☆マギカ』シリーズにおいてキャラクター原案を務めた蒼樹うめ、総作画監督と劇場版でのキャラクターデザインを務めた谷口淳一郎、『まどか☆マギカ』シリーズディレクター・劇場版監督の宮本幸裕も参加している。そしてゲーム開発元のf4samuraiも製作参加だけでなく設定協力としても制作に関わっている。
第2期は第1期最終話放送後に制作が進められていることが発表され、2021年8月1日(7月31日深夜)よりその第2期「2nd SEASON -覚醒前夜-」のサブタイトルで放送開始。さらに2021年年末には最終章となる「Final SEASON -浅き夢の暁-」の放送も予定されている。

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』のあらすじ・ストーリー

第1期

第1話『やぁやぁ、知ってる?魔法少女のその噂』

学校帰りの電車の中で、黒江はいろはに何故魔法少女になったのかを聞いてくる。

宝崎市に住む中学生の少女・環いろはは、キュゥべえと呼ばれる白い生物に願い事をして契約を交わすことで魔法少女となり、魔女と呼ばれる異形の怪物と戦う日々を過ごしていた。しかし、契約をする際にキュゥべえに願ったことが思い出せず、いろははどこかすっきりしない日々を送っていた。そんな彼女の前に、黒江と名乗るひとりの魔法少女が現れ、いろはは黒江と交流がてら情報交換をかわしていくことになる。
その情報交換を続ける中で、ある日黒江がこう言ってきた。「環さんはこんな話、聞いたことある?神浜市に行けば、魔法少女は救われる…って」いろはがその言葉に首を傾げると、黒江はもう魔女と戦わなくなるから救われるとだけ言った。それにいろはが「でも、他の地域に魔女がいるなら魔法少女が頑張らないと、街が大変なことになるんじゃ…」と言った時、黒江はいろはに魔法少女の願いは何だったのかと聞いてきた。

砂場の魔女との戦いの中、いろはの前に小さいキュゥべえ(画面中央上)が現れた。

黒江は、自分は好きな人と付き合いたいとキュゥべえに願って魔法少女になったが、もうその人とは別れてしまったとも語る。そして黒江は「こんなことになるなら魔法少女になんてなるんじゃなかった。願いなんて叶えなければよかった。魔法少女になったって…死んじゃったら何の意味もない」と、自嘲気味に意味ありげな言葉を呟いた。するとその直後、いろはと黒江の周りの様子が一変する。
ふたりがハッとなった時、彼女らはまるで公園の砂場を思わせる異世界に迷い込んでいた。そこが魔女の結界と呼ばれる魔女の住処だと気付いたいろはと黒江に、頭にバケツを被った貴婦人のような姿をした怪物・砂場の魔女が現れる。応戦するいろはと黒江だが、砂場の魔女の強さは桁外れで、たちまち防戦一方に追い込まれてしまう。そんな中、その場に1匹の小さいキュゥべえがひょっこり現れた。

いろはたちがピンチになった時、颯爽と乱入してきたやちよ。その鋭くも華麗な槍術と魔法で砂場の魔女をひとりで圧倒する。

突然現れたその小さいキュゥべえに気を取られるいろは。するとそこへ、ひとりの槍を手にした青い髪の魔法少女が現れ、砂場の魔女をたったひとりで圧倒し、そして撃破してしまう。それに驚くいろはと黒江。すると魔女の結界が解けて、気がつくとふたりはやちよと共に神浜市の一角にあるとある広場にやってきていた。いろはと黒江は魔女の結界に取り込まれる際、知らず知らず神浜市へと移動してしまっていたのだ。
その青い髪の魔法少女・七海やちよは「あなたたち、どこから来たの?ここはあなたたちが来るべき場所ではないわ」と、いろはと黒江に素っ気なく訊ねてくる。それに黒江共々呆気に取られるいろはだが、思い出したように「あの、神浜には子供のキュゥべえがいるんですか?」と訊ねる。しかしやちよはそんなものは知らないと言い捨て、そして神浜市に近づくなと冷たく警告してその場を去ってしまう。

神浜市から帰ってきた日の夜、いろははどこかへ旅立っていく魔法少女たちの夢の中で、妹のうい(画面中央)の後ろ姿を見た。

その夜、いろはは多くの魔法少女たちがそれぞれの荷物を抱えてどこかへ旅立っていく不思議な夢を見た。そんな中、その旅立つ魔法少女に紛れて、自分と同じ色の髪をした幼い少女がいることにいろはは気づく。その少女はいろはの妹・ういだった。そのういの姿を見た瞬間、いろはは自分がういの病気を治すことを願って魔法少女になったことを思い出したのだった。

第2話『それが絶交証明書』

再び訪れた神浜市で魔女と遭遇し、ピンチに追いやられるいろは。だがそこにももこ(画面右)、レナ(画面左)、かえで(画面中央左)が現れたことでそのピンチを逃れる。

ういが存在した痕跡が自分の周囲からなくなっていたことに気づいたいろはは、夢の記憶を頼りに神浜市に向かう。しかしそこで羊を思わせる外見をした怪物・羊の魔女と、気弱そうな茶色の髪の魔法少女・秋野かえでが戦っている場面に出くわす。すぐさま助けに向かういろはだが、羊の魔女も砂場の魔女と同じくらいの強さだったためあっという間に苦戦を強いられる。万事休すかと思われたその時、ひとりの大剣を手にした黄色い髪の魔法少女が姿を現した。
「うちのチームメンバーに手出ししようたぁ、いい度胸だっ!」と、威勢良く叫んだその黄色い髪の魔法少女・十咎ももこは、羊の魔女へと大剣による一撃を叩き込む。さらにそこへ、トライデントを携えた水色の髪の魔法少女・水波レナも現れ、ももこと共に見事な連携を見せて羊の魔女を圧倒し、撃破する。その後いろはが、ももこたちにういのことを訊ねてみるが、ももこたちもういのことは知らないと口を揃えて言うばかりだった。

いろはから事情を聞いて、彼女の妹探しに協力しようとするももこ。だがこの後、レナとかえでが口論を起こしてしまう。

途方に暮れかけるいろは。するとももこが「妹探し、手伝ってあげる。魔法少女は助け合いってね!」と、好意からいろはに協力を申し出た。それに喜んだいろはは、ももこ、そしてレナとかえでの案内でういがかつて入院していた里見メディカルセンターへと向かう。しかし、辿り着いた先の里見メディカルセンターで、いろはは病院の受付嬢からういが入院しているという記録は一切ないと言われてしまう。
手がかりを失い、再び途方に暮れかけるいろは。そこでももこたちは、入院病棟へ入ってういの病室を探してみるという話になったが、ういが入院しているという記録がない以上、いろはは病棟に入ることができない。そこで看護師のような病院関係者に成り済ませば入れるという結論をももことかえでが出して、レナが持っている変身の魔法を使えば入れるかもと言いかけた時、レナが「レナはやらないからね。簡単に言わないでよ」と素っ気なく断る。

かえでとの口論ですっかり頭に血が上ってしまったレナ。そして、宥めようとするももこに対しても涙ながらに激しい罵倒を浴びせる。

それにムッときたかえでが「どうでもいい時は変身するのに、人助けは嫌がるんだね…」と言うと、レナが「どうでもいい時っていつのことよ?アンタケンカ売ってんの?」と、食ってかかり、そこからレナとかえでの口論が始まってしまう。それを見たいろはとももこが何とかレナとかえでを宥めようとするが、ふたりは完全にこの口論で頭に血が上ってしまい、ついにはかえでが「レナちゃんとは絶交だよ!」という言葉を口にしてしまう。
それを見たももこがかえでを強く制し、「お前ら…これで何回目の絶交だよ。レナもちょっと言い過ぎだぞ?」と、レナを諭そうとするが、レナは逆上して「バッカみたい!保護者ぶって、くちばし突っ込まないでよっ!過保護!!おせっかい!!バカももこっ!!」と、涙ながらに怒鳴り散らしてその場を走り去ってしまう。そんなレナの後ろ姿をももこはもちろん、いろはも黙って見送ることしかできなかった。

次の日、レナと仲直りしようと彼女の元へ向かうかえでだったが、ふたりの周りに突然不気味な影たちが現れた。

その次の日、頭を冷やしたかえではレナに謝罪するために、変身の魔法を使って姿を変えながら逃げ回る彼女をひとり追いかけていた。しつこく追いかけてくるかえでに「なんか用?」と、レナは冷たく突き放そうとするが、かえでは「なんで逃げるの!?私、レナちゃんの友達だもん!レナちゃんに嫌われたって、私がちゃんと仲直りするもん!!」と叫んで追いすがり、さらに謝罪する。それにレナが言葉に迷った瞬間、どこからか不気味な気配が漂ってきた。
レナとかえでがハッとなった時、いつの間にかふたりを不気味な影たちが取り囲んでいた。「友達のフリして、好き勝手なことばっか言いやがって」「アイツのせいで文句ばっか言わされる。アイツのせいでみんなに嫌われる」などと言ってくる影たちに、レナは怯え出した。「違う…違うの、やめて…!そんなこと思ってない!!」と、悲鳴をあげるレナ。それを見て駆け寄ろうとするかえでに、レナが突然こう言った。「もう二度と…友達に、戻らない」そしてどこかの階段に、レナとかえでの名前が書かれていた。

第3話『友達にしてごめんね』

ももことレナから協力を求められ、再び現れるやちよ。しかしその場に居あわせたいろはを見て「戦えない魔法少女は足手まとい」という一言と素っ気ない態度でももことレナと険悪な雰囲気になる。

shintarou
shintarou
@shintarou

Related Articles関連記事

ディズニー ツイステッドワンダーランド(ツイステ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ディズニー ツイステッドワンダーランド』とは、ウォルト・ディズニー・ジャパンとアニプレックスによる共同制作スマートフォンゲーム。 ヴィランズと呼ばれるディズニー作品の中で悪役として登場するキャラクターに焦点を当て、魔法士養成学校を舞台に物語が展開する。7つある寮はディズニー作品からインスパイアを受けている。 ヴィランズがメインになるゲームというのもありリリース当初から多くの注目を集めていた。また、JR京葉線連絡通路に広告を掲載、枢やながキャラクターデザインを担当するなど、話題性も高い。

Read Article

【あつ森】アニメ・漫画キャラの制服を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは様々な人気アニメ、漫画の制服を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

目次 - Contents