生駒里奈(乃木坂46)の名言・迷言・発言まとめ

生駒里奈は日本のアイドルグループ「乃木坂46」の第1期メンバーであり、初代センターの重責を担ったメンバー。デビューシングル『ぐるぐるカーテン』から5枚目のシングル『君の名は希望』まで5作連続でセンターを務めた、初代「乃木坂46の顔」的な存在だった。2018年5月6日に乃木坂46を卒業。本記事ではそんな生駒里奈のテレビや雑誌のインタビューでの発言を集めている。

「堀未央奈について:そうでもしないと打ち込めないっていう気持ちは理解できる」

(堀が乃木坂46のオーディション合格後すぐに高校を辞めてしまったことについて)最初は「なんで学校辞めちゃったんだろう、もったいないな」と思ったんですけど、そうでもしないと打ち込めないっていう気持ちは理解できるし、すごく尊敬します。
(2013年11月25日『音楽ナタリー』)

堀未央奈はオーディション合格後、スタッフにも相談せずに高校を辞めている。「せっかくやるなら乃木坂1本に賭けようと思って」というのがその理由だった。生駒は「オーディションに受かったら学校辞めれるじゃん」という気持ちでオーディションを受けている。お互いに学校に対する向き合い方が異なっているのだけれど、生駒が「(堀のその考えを)理解できるし、すごく尊敬します」と言えるということは、成長の一つの証なのかもしれない。また、堀の行動も極端ではあるが、勇気が必要だったことも想像に難くない。

「桜井玲香について:誰よりも冷静に、誰よりもいろんなパターンで乃木坂が良くなるようにって考えている玲香」

玲香へ
キャップ!!いつもお疲れ様です。最近ポンコツポンコツ言われていますが、それは玲香のイジラレキャラ。なんかちょっかい出したくなる不思議な魅力であると思うので、素直にみんなの愛を受け止めてください。
玲香はいつも私がいろんなことを考えて、ちょっといっぱいいっぱいになってしまう時に気づいて「落ち着いて楽に考えなっ」て言ってくれます。この前もあったけど特に私が兼任をしている時はいろんなことを玲香に相談して一人焦ったりして冷静さを失うことがたくさんあったね。でもその都度「一人で抱え込んじゃダメだよ。生駒は生駒らしくしてればいいんだよ」って言ってくれてそれがすごく安心して。だから何事も恐れずに挑戦できるし何があろうと前に進んで行けます。
誰よりも冷静に、誰よりもいろんなパターンで乃木坂が良くなるようにって考えている玲香を見習って私も頑張ります。乃木坂46勝負の年お互い全力で行きましょう。
生駒里奈より
きゃっぷっぷ
(2015年5月12日『NOGIBINGO!4』)

『NOGIBINGO!4』第6回放送「 愛され女王の秘密を解き明かせ! 西野七瀬大検証 / 生ちゃんいつ出るの?」の回の「乃木坂46がパジャマで女子トークNOGIROOM」で読みあげられた生田から桜井玲香への手紙。この「NOGIROOM」では毎回、メンバー間の手紙の朗読が行われていた。また朗読を行うのは手紙を書いた、あるいは手紙を送られた本人ではなく、それとは別のメンバー。上の手紙は西野七瀬によって朗読されている。第1期メンバーとして乃木坂46の初期を支えてきた、センターの生田とキャプテンの桜井。ともに重責を担いながら活動をしてきた同志ゆえの信頼感を垣間見ることができる。

卒業していくメンバーへ

「渡辺麻友さんへ:こんな風に強くなりたいと思ってそこから私は変われました」

アイドルってものが怖くなり、秋田に帰ろうと、ひっそりと静かに誰とも会わずに生きていこうとそう思っていた私に、もう少し頑張りたい。いや、ずっと頑張るんだ、この人になりたい、と勇気を下さいました。こんな風に強くなりたいと思ってそこから私は変われました。まだ全然敵わないけれど、まゆゆさんは光です。
(2018年1月1日:生駒里奈ブログ)

生駒がAKB48と兼任していた時の兼任先はチームB。そこには渡辺麻友も在籍していた。渡邊もアイドルに関してはストイックな姿勢を崩さなかった1人。同じチーム内で生駒が多いに感化されたことは想像に難くない。生駒は「これまで出会った『勝てない』と思った人は?」という問に「渡辺麻友さん」と答えている。

「若月佑美へ:責任背負って次に向かうんだもの、かっこいいじゃない」

若の芝居が沢山観たい!!だから、これからも大丈夫。とりあえず卒業まで乃木坂を楽しんでね!!
乃木坂が好きな方は寂しいですよね。でも、それぞれが個々の夢持っていい場所だと思うのよ生駒は、もう20代も何個か経験してきてるんだもの、責任背負って次に向かうんだもの、かっこいいじゃない。
(2018年10月1日『生駒里奈Instagram』)

卒業後の生駒は、Instagramでの発信が増えてくる。この若月佑美の卒業へのエールもInstagramで行なわれた。生駒と同じように、あるいはそれ以上に真面目でストイックだった若月。「責任背負って次に向かうんだもの」という言葉が本当に似合うメンバーだった。

「桜井玲香へ:れいかちゃんがキャプテンだったから、みんなが他人から家族になれたんです」

れいかちゃん キャプテンお疲れ様でした。れいかちゃんがキャプテンだったから、みんなが他人から家族になれたんです。れいかちゃんの優しさがみんなに伝わってそれが乃木坂を作ったんです。
(2019年9月1日:生駒里奈Instagram)

共に第1期生として、結成されたばかりの乃木坂46を引っ張って行ったメンバーの1人であり初代キャプテンだったのが桜井玲香。よく「何もしてないじゃん」とか「ポンコツじゃん」といじられることも多かったけれど、生駒が語っているように桜井がキャプテンだったからこそ、乃木坂46という比類なきアイドルグループの礎を築くことが出来たのだろう。

「白石麻衣へ:乃木坂の美しさは貴女だと思ってます」

まいやん卒業ですね 音楽番組見るたびに、ハッとさせられる美しさ。これからも増し続けるのでしょう。乃木坂をずっと引っ張ってくれてありがとう。乃木坂の美しさは貴女だと思ってます。
(2020年1月7日:生駒里奈Instagram)

生駒に次いで2代目のセンターを担ったのが白石麻衣。生駒が開拓した道を、乃木坂46のエースとして白石は引っ張り続けてきた。乃木坂46をメンバーで最も俯瞰して考えることが出来た生駒からすれば、スキャンダルの1つも発生させず、常に乃木坂46の顔として頑張って来た白石の存在は、特別なものがあったのだろう。

「生田絵梨花へ:私の 君の名は希望は。 生田絵梨花」

ずっと
私の 君の名は希望は。
生田絵梨花
でした。
(2021年12月15日:生駒里奈Instagram)

シンプルでありながら、これ以上はない程に生田絵梨花を表現したようなフレーズ。初期の生生星(生駒、生田、星野)の1人であり、結成当初から乃木坂46を引っ張っていた仲間の1人でもある。

「星野みなみへ:何があってもみなみちゃんは生駒のかわいい天使」

みなみちゃん卒業おめでとう。みなみちゃんは本当にかわいい。世界一可愛い。
Tシャツ嬉しかったよ。言うの遅くなってあれだけど、マジ嬉しいよ。大切にしてくれてるんだなって誇りに思えるよ。
何があってもみなみちゃんは生駒のかわいい天使。
お疲れ様でした。
(2022年2月12日:生駒里奈Instagram)

初期の乃木坂46を支えたフロントメンバー「生生星(生駒、生田、星野)」の1人。上で触れているTシャツとは、星野の卒業セレモニーのグッズとして制作された「生生星」がデザインされたTシャツ(上記画像参照)のこと。乃木坂46結成当初の「生生星」を卒業時まで大切に覚えてくれていたことが、生駒にとって本当に嬉しいことだった。

卒業スピーチ

「生駒ちゃんを見たときに現実を忘れて心の底から楽しんでもらえるようなエンターテイナーになりたいと思います」

改めましてアンコールありがとうございます。最後にちょっとだけ、長くなるかもしれませんが最後にお話しさせてください。
ついにアンコール始まっちゃったんで、乃木坂生駒里奈としてのライブも本当に終わりが近づいています。なんかリハ始まってセットリストとか考えて、みんなに贈る言葉とか考えてたんですけど、ここ一週間くらい寝れなくてですね。何話そう、どういう風に頑張ろうって思って、考えれば考える程、激痛の頭痛が生じるくらい。あ、人って何かを変える瞬間ってこんなにもパワーがいることなんだなって思いました。
そのときに私ふと思ったことがあるんですよ。それが、卒業できるって凄いなって思ったんです。ぽかんですよね、だって寂しいですもんね、卒業って。学校とか職場とかからの卒業ってちょっと寂しいことじゃないですか。でも私は気づいたんですけども、15歳でなんにもできない素人が、16歳になってデビューして乃木坂46を7年もやることが出来て、その中でたくさんの経験をさせてもらって、卒業ということまでやらせてくれたこの乃木坂46って本当にすごいなって思ったし、これからの人生のほうが長いんです。たった7年しか乃木坂やってないんです、私。なのに、卒業という機会をくれた。これって本当にすごいことだなって思いました。こんなに素敵なメンバーに送られることなんてないと思うし、こんなにたくさんの人に囲まれて卒業できることも絶対にもう出来ないと思うんです。だからこれって本当にすごいことなんだなって思いました。
振り返ると私はすごく変な子だなって思います。乃木どこ(『乃木坂って、どこ? 』)の初期の声、自分でもびっくりするくらい変な声だなって思いました。今もちょっと変かもしれないんですけど、まだマイクに通る耳障りのない声に変化したんじゃないかなって思ってます。最初は猫背でがに股でした。ちょっとO脚だけど、びっしり立っているつもりです。最初はこのスカートを着るのも恥ずかしかったです。スースーするなって思っていました。今はこんなに見ている人がいるのに、ターンすることだって出来ます。変化したんです、この7年間で。こんなに人間って変わることが出来るんだなってことも乃木坂46で教えてもらったことだなって思います。
オーディションのチラシみたいなものをくれたのもお父さんでした。お父さんが大きいきっかけでした。合格しました、真ん中になりました。やっぱり秋元康さんってすごいんだなって思いました。だってこんな子を真ん中に置いて、大事なデビューシングルをやらせるんです。すごいですよね、まさかこんな風になるなんて、自分でも思ってないですもん。見出してもらえたんだなって思います。私だけじゃなく、メンバー1人1人が。多才なメンバーもいました、人前に出るのが苦手な子もいました。でもいまは、立派な先輩にもなっているし、立派な後輩にもなっています。心の底から信頼できる仲間とこんなにたくさんの時間を過ごせたこと、私はすごく嬉しいです。
最初は握手会すごく怖かったです。だって何言われるかわからないし、はじめましての人と握手するって私からしたらびっくりしました。だけでそこは違いました。こんな自分をこんな褒めてくれる人たちはこんなにいないですよ。嬉しかった。だから頑張ろうって思えた。ありがとうございます。ただの素人をここまで育ててくれたスタッフの皆さん。お父さんよりお母さんより色んな面も知っている部分もあると思うんです。赤の他人の女の子たちをたくさん面倒見てくれて本当にありがとうございます。本当にすごいことをしていると思います。なかなかできることじゃないんです、これは。
周りに尊敬できる人がたくさんいて、成長できることをたくさんもらったけど、それよりもなによりも私は上手くなりたいと思ってしまった。もっともっと険しい道を上りたい、進みたいって思った。すげーわがままなことだと思います。こんなに充実しているのに、こんなにすごい場所なのに。でもそれよりも私は上手くなりたいと思った。この世界に夢を持ってしまった、その先に続く夢を掴みたいと思ってしまった。
だからこそ、メンバーには、自分もいつかそうなったときに胸張って1人で仕事ができるところを見せてあげたい。お父さんとお母さんにはこれからも結構迷惑かけると思うけど、いつか東京に家を建てるから待ってて下さい。スタッフの皆さんはまだまだお世話になることがたくさんあると思うんですけど、生駒に仕事たくさんあげたいって思える人間になりたい。ファンの皆さんには、生駒ちゃんを見たときに現実を忘れて心の底から楽しんでもらえるようなエンターテイナーになりたいと思います。
(2018年4月22日:日本武道館)

2018年4月22日、武道館において生駒里奈の卒業コンサートは開催された。動員数1万2千人に対し、チケットの応募総数が約30万。倍率が30倍にもなるプラチナチケットとなった。また乃木坂46としては初となる全国128館でのライヴ・ビューイングも行われ、約3万人を動員した。乃木坂46の生駒里奈は「武道館」という小さな箱では収まりきれなかった存在だったのだ。上のスピーチは8分間に渡って行われた「神スピーチ」と呼ばれているものの全文である。

「私がやることはこれからも乃木坂46の希望になること」

私がやることはこれからも乃木坂46の希望になること。私を作ったのは乃木坂46です。そのために頑張りたいと思います。自分のために何かを頑張るというのはできないので、何かのために頑張るということはできる。そんな私の応援をこれからもよろしくお願いします。今思ったのはみんな、本当にありがとう。約7年一緒にやってきて、みんなのいろいろな面を見て引っ張るというより支えたいと思った。そういう気持ちにさせてくれたのはみんなが大好きだから。入ってよかった。みんなに出会えて本当によかった。うれしいです。
お疲れ様でした! 楽しかったです! 本当に本当に超楽しかったです。今日はありがとうございました。
(2018年4月22日:日本武道館)

上のスピーチは「神スピーチ」と言われた8分間のスピーチの一部ではなく、コンサートの最後、ステージ上から裏へはけていく前に乃木坂46の生駒里奈からファンに贈られた言葉になる。本当はまだまだ言い足りないことがいっぱいあったに違いない。

yamada3desu
yamada3desu
@yamada3desu

Related Articles関連記事

乃木坂46の徹底解説まとめ

乃木坂46の徹底解説まとめ

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。当初はAKB48のライバルということで何かと比較されることが多かったが、現在では第59回、及び第60回の日本レコード大賞を連続受賞するなど、「AKB48の公式ライバル」という看板はもはや不要の「乃木坂46」という唯一無二のアイドルグループとして君臨している。

Read Article

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズは、秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ・AKB48および姉妹グループ、坂道シリーズのことである。恋愛禁止を掲げるアイドルグループとしても有名であるが、スキャンダルや騒動が後を絶えない。ついにはグループに在籍しながら結婚宣言を行ったメンバーも現れ、世間を騒がせている。

Read Article

乃木坂46の家族エピソードまとめ

乃木坂46の家族エピソードまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された内容を中心に乃木坂46のメンバーと家族とのエピソードをまとめて紹介する。

Read Article

乃木坂46のハロウィン仮装まとめ

乃木坂46のハロウィン仮装まとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、ハロウィン時にこの2番組で放送されたメンバーによる仮装の模様や、その後のゲーム大会などをまとめて紹介する。

Read Article

乃木坂46の学力テストまとめ

乃木坂46の学力テストまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された学力テスト企画「頭脳(NO)王決定戦」の内容を紹介する。

Read Article

NEW
乃木坂46の名言・迷言・発言まとめ

乃木坂46の名言・迷言・発言まとめ

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46(現櫻坂46)」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。本記事では、乃木坂46が出演したテレビ番組や雑誌等で行なわれたインタビューから、印象深い名言や迷言、発言を集め、加入した期生別・メンバー別(50音順)に紹介する。

Read Article

【白石麻衣】元乃木坂46卒業生メンバーの現在を総まとめ!【西野七瀬 など】

【白石麻衣】元乃木坂46卒業生メンバーの現在を総まとめ!【西野七瀬 など】

乃木坂46中田花奈、佐々木琴子、白石麻衣、井上小百合、桜井玲香、斉藤優里、伊藤かりん、衛藤美彩、西野七瀬、川後陽菜、能條愛未、若月佑美、斎藤ちはる、相楽伊織、生駒里奈、川村真洋、伊藤万理華、中元日芽香、橋本奈々未、深川麻衣、永島聖羅、畠中清羅、大和里菜、伊藤寧々、矢田里沙子、米徳京花、市來玲奈、西川七海、柏幸奈、宮澤成良、安藤美雲、岩瀬佑美子、吉本彩華などをまとめてあります!

Read Article

乃木坂46次世代エースは誰!?

乃木坂46次世代エースは誰!?

現在人気のアイドル、乃木坂46。 現在のエースや十福神といったフロントメンバーの人気は非常に高まっており、今や公式ライバルであるAKB48グループをもしのぐものとなっています。 しかし、メンバーの層は厚く、次世代と言われる若手のメンバーの人気も実力も上がってきていると話題になってきています。 そこで、今回はそんな乃木坂46の次世代メンバーを紹介します。

Read Article

【あつ森】乃木坂46を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】乃木坂46を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。人気アイドルを再現したマイデザインは特に人気だ。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなアイドルと同じ衣装を身に着けることもできる。ここでは「乃木坂46」の衣装を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【乃木坂46】柏幸奈の画像まとめ

【乃木坂46】柏幸奈の画像まとめ

乃木坂46はAKB48の「公式ライバルグループ」として2011年に結成され、今や日本を代表するアイドルグループのひとつとなった。柏幸奈は乃木坂46の元メンバーで、子どもの頃から子役女優として活動し、アイドルグループ「ももいろクローバー」にも所属した。乃木坂46の卒業後はファッションモデルとして活動している。ここでは柏幸奈の画像をまとめた。

Read Article

ヴィンテージ物も!芸能人・著名人が愛用しているカメラまとめ【タモリ、福山雅治ほか】

ヴィンテージ物も!芸能人・著名人が愛用しているカメラまとめ【タモリ、福山雅治ほか】

日々テレビや映画など華やかな世界で活躍している芸能人・著名人たち。彼らの中には「カメラ収集」や「写真撮影」を趣味にしている人も多い。テレビ番組の企画などではたまに彼らのコレクションの一部が披露されているが、手軽な一眼レフやコンパクトカメラ、中にはヴィンテージ物の貴重なカメラも含まれている。本記事では芸能人・著名人たちが愛用しているカメラに関して、画像と共にまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents