生駒里奈(乃木坂46)の名言・迷言・発言まとめ

生駒里奈は日本のアイドルグループ「乃木坂46」の第1期メンバーであり、初代センターの重責を担ったメンバー。デビューシングル『ぐるぐるカーテン』から5枚目のシングル『君の名は希望』まで5作連続でセンターを務めた、初代「乃木坂46の顔」的な存在だった。2018年5月6日に乃木坂46を卒業。本記事ではそんな生駒里奈のテレビや雑誌のインタビューでの発言を集めている。

乃木坂が去年Zeppツアーをやって、このレベルでお客さんに見せたらダメだなって思い始めたのも大きくて。ライブを少しずつやるようになって改めて1人の表現者として、ライブは生ものであるのと同時に作品だと思うようになったんです。その作品をよりよいものにしたいし、そのためにダンスや歌の技術をどうしたら上げられるんだろうと考えたときに横アリでライブがあって。実は終わったあとに、お母さんに泣きながら電話したんですよ(笑)。「このままじゃダメだ」って。自分のダメな部分にたくさん気付かされたし、そこで危機感を感じて3年目はもっとレッスンしようっていうことになったんです。これから忙しくなりそうだなって思った矢先に、兼任の話がきたから「おお!」って。
(2014年4月1日『音楽ナタリー』)

生駒がAKB48との兼任の話を承認した大きな理由は「危機感」だったことが伺える。乃木坂46は単独でのライヴも行えるまでになっていた。2013年10月6日には「真夏の全国ツアー2013」ファイナルとして国立代々木競技場第一体育館でのライヴも開催された。また2014年2月22日には横浜アリーナで「乃木坂46 2ND YEAR BIRTHDAY LIVE」が開催された(上で生駒が「横アリでライブがあって」と語っているのはこのこと)。共に非常に大きな舞台なのだが、これらのライヴ・パフォーマンスは生駒の納得のいくものではなかった。もっと自分たちで切磋琢磨しないといけない、と思った矢先に兼任の話があったことになる。生駒はホームである乃木坂46ではなく、あえてライバルでありアウェイでもあるAKB48の中で自分を鍛えるという選択をしたのだ。ちなみにこの兼任に関しては「拒否権はあった。でも拒否しても、止まるだけだなと思ったので」と生駒は語っている。

「生駒ちゃん、AKBに行かないで!」

休憩時間にほかのメンバーが組閣のことが気になってネットを見たら、うちの名前があって「あっ」っていう顔で見るんです、うちを。それでメンバーに説明したら、やっぱりみんな泣いちゃって……ああ、うちのせいでみんなを悲しませちゃって悪かったなと思った。でもみんなすぐに理解して、プラスに捉えて気持ちを切り替えてくれて。それが救いだったかな。だけどファンの方もビックリさせちゃったし、反対署名運動までさせてしまって……まさかここまで大事になるとは……今でもビックリしてます。だってうち、乃木坂の中でもそんなに人気があるほうだと思わないし。なのにブログのコメントで「生駒ちゃん、AKBに行かないで!」って声が多くて驚いた。
(2014年4月1日『音楽ナタリー』)

ライバルグループであるAKB48に、乃木坂46のセンターであり、顔でもある生駒が交換留学生として参加する、という話は乃木坂46内に動揺をもたらした。上の発言では「でもみんなすぐに理解して」と語っているが、内情はそう簡単なものではなかったはず。西野七瀬は「始めは喜びはしなかったです。兼任の話を聞いた時は泣いた。『これからどうなっていくんやろうな』と…」と語っており、松村沙友里は「ちょっと悲しい気持ちはありましたね。ずっと乃木坂46の顔としてやってきた子やったから、AKB48に行くのは悲しかった」と語っている。
またこの兼任の話は勿論ファンにも動揺を与えた。生駒自身、そこまで大きな騒動になるとは想像していなかったようだが。

「もっと気を引き締めてやってかなきゃいけないなと思ったから兼任するんだよ」

AKBさんに行きたいから行くんじゃなくて、あくまでも歌やダンスの技術を上げたいし、もっと気を引き締めてやってかなきゃいけないなと思ったから兼任するんだよ、別にみんなを裏切るために行くんじゃないんだよって。一時代を築いたAKB48というグループにうちが行って、学んできた技術を乃木坂のみんなに伝えればそれがきっと乃木坂にとってプラスになるし。うちらはグループの中に先輩がいるわけじゃないから、自分たちで道を切り開いていかなきゃいけないんです。
(2014年4月1日『音楽ナタリー』)

上の発言は生駒が兼任ついて乃木坂46のメンバーにどう説明したのかを語っている。この発言の後、「乃木坂のことを裏切ったと感じたメンバーはいた?」との質問に「いたかもしれない。乃木坂っていうものにこだわっているメンバーは多いから。正直、しばらくみんなの前に出たくなかった。怖かったし。でも今はもうみんな味方だから」と発言しているように、とてつもない恐怖心と、それでもそれを上回る「乃木坂46をもっと向上させたい」という気持ちの狭間で、これだけの勇気ある行動を取れるのが、生駒の凄みの1つだろう。

「うちでも乃木坂でこうしてやってこれたんだから、きっとAKBさんでもちゃんとやっていけると思う」

うちでも乃木坂でこうしてやってこれたんだから、きっとAKBさんでもちゃんとやっていけると思う。ただやり方は全然違うと思うから、そこに戸惑うことはあると思うんですけどね。それを知るために行くわけだし、そこも含めて全部学んできたいなって思います。
(2014年4月1日『音楽ナタリー』)

あまり弱音を吐かない生駒だけに、前向きな発言でもあるが、それでも不安や心配を垣間見れる発言。

「AKB48との兼任は自分の中で挑戦でした」

AKB48との兼任は自分の中で挑戦でした。寝ないで振り付けを覚えることもありました。どれだけ体が悲鳴を上げていても「きつい」と言わないようにしてきました。そしたらそういう姿をみんながちゃんと見てくれていて「大丈夫?頑張っているから心配いらないよ」と声をかけてくれました。自分なりに精一杯頑張れば、みんなから返ってくるものがあると実感できました。なので頑張ることを止めたらダメだと思います。私はこれからも頑張ることを続けていきます。
(2015年7月10日『モデルプレス』)

2015年5月14日の兼任解除から約2ヵ月後に掲載されたインタビューから。生駒らしい頑固さ、強い気持ち、仲間への信頼が伺えるが、1つの大きな試練を乗り越えたこと、そこからくる自信と、これからの自分への責務を自身に言い聞かせているようにも思える。

「今ここで頑張らないと私は何もできない人間になってしまう」

体力的にも精神的にも、AKB48を兼任している時が一番つらかったです。本当にこなすので精一杯といった感じ。体力的には去年の夏、乃木坂46のツアーの初日が大阪であって、翌週に福岡、その1週間の間に3回もAKB48として東京ドームでのコンサートがあって…という時期が覚えなきゃいけないことも多くて本当に大変でした。(それでも逃げ出さなかったのは何故?)その時は自分で兼任することを選んだのに「無理!」と言ったら周りの人に示しがつかないと思いましたし、自分はどうやったら成長できるのかなと考えている時期でもあって「今ここで頑張らないと私は何もできない人間になってしまう」という不安から、諦めるわけにはいかないと思っていました。
(2015年7月10日『モデルプレス』)

生駒の責任感の強さと、ストイックさ、そして頑固さがみられる発言。「今ここで頑張らないと私は何もできない人間になってしまう」というように生駒は常に不安と戦ってきたようにも思えるし、それが彼女のエネルギー源になっているようにも感じさせる。

「考え方が柔軟になっていったし、積み重ねてきたものを解き放つことができました」

素人からアイドルになったので、日々たくましくなっていかないとやっていけない。「乃木坂46」はデビューが恵まれていたぶん、気持ちもパフォーマンスもすぐにプロ意識をもたなければいけない状況だったんです。だから無意識に考え方も変わっていったんです。そんな中でも、私自身の出来事でいうと「AKB48」との兼任ですかね。はじめて自分の意志で「やらなければいけないんだ。変わらないといけないんだ」って思った出来事でした。そこから考え方が柔軟になっていったし、積み重ねてきたものを解き放つことができましたね。
(2015年11月19日『MOVIE Collection』)

「乃木坂46に入って(生駒さんが)一番変わったなという出来事は?」という質問に対する回答。乃木坂46を俯瞰しているのと同様に、「そこから考え方が柔軟になっていったし、積み重ねてきたものを解き放つことができましたね」と語っているように自分自身を冷静に俯瞰している姿勢が見られる。生駒にとって乃木坂46のセンターというポジションや、それに伴う乃木坂46の顔的な存在は、彼女自身の意思でそうなった訳ではない。それに反してAKB48との兼任というのは、彼女自身の意思で選んだ道であり、それをやり遂げた自信とある意味の解放感があったのだろうと思う。

「自分で決めたことなので、迷ってもしゃーないって感じで」

なかったですね。自分で決めたことなので、迷ってもしゃーないって感じで(笑)。2回目のバースデーライブ(「2ND YEAR BIRTHDAY LIVE」)のとき、自分の中ではすごく悔しくて、何か変われることがないかって探していたんです。そんな状況で兼任の話が来たので「受けよう」って思ったんです。(兼任したことで乃木坂46の見え方は変わった?)それほど大きく変わったということはないですが、前より自分に対しても「乃木坂46」に対しても客観的に見える範囲が広がった気がしますね。浮かれちゃいけないなって。冷静に自分の欠点をいっぱい探して、そこを補って長所は伸ばしていける人になりたいって思いは強くなりました。
(2015年11月19日『MOVIE Collection』)

「兼任への葛藤はなかったですか?」という質問に対する回答。生駒本人は開き直ったので葛藤はなかったと発言しているが、彼女の無意識化ではやはり葛藤はかなりあったのではなかろうかと想像できる。ただそれを感じさせない、あるいは抑え込むことが出来るところが生駒の強さなのかもしれない。ここでも体験は、これからの乃木坂46の活動にも、卒業後の活動にも大きな糧になっているはずである。

自分自身について

「結婚は35歳までにというのが目標」

結婚は35歳までにというのが目標。この間、『世界の果てまでイッテQ!』で森三中の大島(美幸)さんの出産シーンを観て、お母さんになることって素晴らしいことなんだなって、ごはん食べながら1人で泣いて(笑)。それ以来ちゃんと、人の親になるっていうのも大切なことなんだ、そういうことも諦めないでおこうと思ったんです。
(2015年7月26日『リアルサウンド』)

「10年後の自分を想像してみて」という質問に対する回答。この時、生駒は20歳。10年後はちょうど30歳になるタイミングだった。あまり自分の恋愛とか結婚に対しては発言しない生駒の、珍しい発言かもしれない。

「意外とスプラッター系は大丈夫」

お化けは苦手なんですけど、意外とスプラッター系は大丈夫なんです。コスプレ好きなこともあって、血のりってどうなっているんだろう?とか傷メイクってこうすればいいんだ! とか興味津々でした。
(2015年8月1日『CanCam』)

2015年8月1日に公開された生駒里奈初主演映画「コープスパーティー」を受けてのインタビュー。「コープスパーティー」は同名のゲームをベースにしたホラー映画。怖がりのイメージがある生駒だが、意外とホラー映画の撮影現場は怖くなかったとのこと。

「夢ばっかり言っていても努力しないと叶わない」

夢って叶えられる夢と叶えられない夢があると思うんです。例えば、「この雑誌に出たい」と思ったら自分で口に出して言ってみたり、雑誌に出てるようなお洋服を着てみたり、大胆にアピールしていったり、目標のために自分の行動を変えたり、見せていったりすると叶えられる夢もあると思います。それでも中には叶えられない難しい夢もあるんですけど…でも、叶えられなくてもそのために努力したことは無駄にはならないので。夢ばっかり言っていても努力しないと叶わないので、まずは何かやってみる、努力してみるというのは意識しています。
(2015年11月12日『ライブドアニュース』)

「夢を叶えるための原動力は?」という質問に対する回答。「夢は必ず叶う」というような理想論を言わないところや、努力は決して無駄にはならない、という考えがいかにも生駒らしい。

「あまり自信をつけない方がいい感じにいく」

yamada3desu
yamada3desu
@yamada3desu

Related Articles関連記事

乃木坂46の徹底解説まとめ

乃木坂46の徹底解説まとめ

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。当初はAKB48のライバルということで何かと比較されることが多かったが、現在では第59回、及び第60回の日本レコード大賞を連続受賞するなど、「AKB48の公式ライバル」という看板はもはや不要の「乃木坂46」という唯一無二のアイドルグループとして君臨している。

Read Article

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズは、秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ・AKB48および姉妹グループ、坂道シリーズのことである。恋愛禁止を掲げるアイドルグループとしても有名であるが、スキャンダルや騒動が後を絶えない。ついにはグループに在籍しながら結婚宣言を行ったメンバーも現れ、世間を騒がせている。

Read Article

乃木坂46の家族エピソードまとめ

乃木坂46の家族エピソードまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された内容を中心に乃木坂46のメンバーと家族とのエピソードをまとめて紹介する。

Read Article

乃木坂46のハロウィン仮装まとめ

乃木坂46のハロウィン仮装まとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、ハロウィン時にこの2番組で放送されたメンバーによる仮装の模様や、その後のゲーム大会などをまとめて紹介する。

Read Article

乃木坂46の学力テストまとめ

乃木坂46の学力テストまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された学力テスト企画「頭脳(NO)王決定戦」の内容を紹介する。

Read Article

NEW
乃木坂46の名言・迷言・発言まとめ

乃木坂46の名言・迷言・発言まとめ

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46(現櫻坂46)」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。本記事では、乃木坂46が出演したテレビ番組や雑誌等で行なわれたインタビューから、印象深い名言や迷言、発言を集め、加入した期生別・メンバー別(50音順)に紹介する。

Read Article

【白石麻衣】元乃木坂46卒業生メンバーの現在を総まとめ!【西野七瀬 など】

【白石麻衣】元乃木坂46卒業生メンバーの現在を総まとめ!【西野七瀬 など】

乃木坂46中田花奈、佐々木琴子、白石麻衣、井上小百合、桜井玲香、斉藤優里、伊藤かりん、衛藤美彩、西野七瀬、川後陽菜、能條愛未、若月佑美、斎藤ちはる、相楽伊織、生駒里奈、川村真洋、伊藤万理華、中元日芽香、橋本奈々未、深川麻衣、永島聖羅、畠中清羅、大和里菜、伊藤寧々、矢田里沙子、米徳京花、市來玲奈、西川七海、柏幸奈、宮澤成良、安藤美雲、岩瀬佑美子、吉本彩華などをまとめてあります!

Read Article

乃木坂46次世代エースは誰!?

乃木坂46次世代エースは誰!?

現在人気のアイドル、乃木坂46。 現在のエースや十福神といったフロントメンバーの人気は非常に高まっており、今や公式ライバルであるAKB48グループをもしのぐものとなっています。 しかし、メンバーの層は厚く、次世代と言われる若手のメンバーの人気も実力も上がってきていると話題になってきています。 そこで、今回はそんな乃木坂46の次世代メンバーを紹介します。

Read Article

【あつ森】乃木坂46を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】乃木坂46を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。人気アイドルを再現したマイデザインは特に人気だ。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなアイドルと同じ衣装を身に着けることもできる。ここでは「乃木坂46」の衣装を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【乃木坂46】柏幸奈の画像まとめ

【乃木坂46】柏幸奈の画像まとめ

乃木坂46はAKB48の「公式ライバルグループ」として2011年に結成され、今や日本を代表するアイドルグループのひとつとなった。柏幸奈は乃木坂46の元メンバーで、子どもの頃から子役女優として活動し、アイドルグループ「ももいろクローバー」にも所属した。乃木坂46の卒業後はファッションモデルとして活動している。ここでは柏幸奈の画像をまとめた。

Read Article

ヴィンテージ物も!芸能人・著名人が愛用しているカメラまとめ【タモリ、福山雅治ほか】

ヴィンテージ物も!芸能人・著名人が愛用しているカメラまとめ【タモリ、福山雅治ほか】

日々テレビや映画など華やかな世界で活躍している芸能人・著名人たち。彼らの中には「カメラ収集」や「写真撮影」を趣味にしている人も多い。テレビ番組の企画などではたまに彼らのコレクションの一部が披露されているが、手軽な一眼レフやコンパクトカメラ、中にはヴィンテージ物の貴重なカメラも含まれている。本記事では芸能人・著名人たちが愛用しているカメラに関して、画像と共にまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents