えんとつ町のプペル(西野亮廣)のネタバレ解説・考察まとめ

『えんとつ町のプペル』は、西野亮廣らが4年かけて制作した絵本『えんとつ町のプペル』が原作のアニメ映画。プロデューサーの西野亮廣と33名のクリエイターが分業体制で作った絵本で、70万部も売れた大ヒット絵本である。
煙突の煙に覆われた町に住む少年・ルビッチは、星の存在をルビッチは信じていた。ハロウィンの日にルビッチはゴミ人間のプペルと出会い友達になる。プペル役を俳優の窪田正孝さん、ルビッチ役を女優の芦田愛菜さんが声を担当。日本アカデミー賞など、たくさんの賞を受賞している映画である。

ルビッチの家族

ブルーノ

CV:立川志の輔

ルビッチのお父さん。紙芝居を作って、星の話を子供たちに聞かせていた。仕立て屋で働いていたが、現在、行方不明になっている。

ローラ

CV:小池栄子

ルビッチの病弱なお母さん。ルビッチとプペルが気球に乗って星空に向けて出発した時に、見送りに来ていた。

えんとつ掃除屋の従業員

ダン

CV:國村隼

えんとつ掃除屋のボス。ルビッチに頼まれて、プペルをブルーノが働いていた仕立て屋でかくまう。えんとつ掃除屋にスパイとして潜入していた、異端審問官のスーさんに吹き矢で狙われて、煙突から落下する。

スーさん

CV:飯尾和樹(ずん)

えんとつ掃除屋で働いている従業員。本当はえんとつ掃除屋に潜入しているスパイ。異端審問官のひとりで、ダンを吹き矢で狙う。

アイパッチ

CV:山内圭哉

えんとつ掃除屋で働いている従業員。ルビッチとプペルが星空を見るために気球に乗る時に、異端審問官たちから守ってくれた。

レジスタンス

スコップ

CV:藤森慎吾

えんとつ町で一番の物知りで、鉱山泥棒。ルビッチのお父さんのブルーノの知り合い。以前に居酒屋で、ブルーノと星の話で意気投合した過去がある。ルビッチとプペルにえんとつ町の秘密を教える。

ルビッチの元友達

アントニオ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents