えんとつ町のプペル(西野亮廣)のネタバレ解説・考察まとめ

『えんとつ町のプペル』は、西野亮廣らが4年かけて制作した絵本『えんとつ町のプペル』が原作のアニメ映画。プロデューサーの西野亮廣と33名のクリエイターが分業体制で作った絵本で、70万部も売れた大ヒット絵本である。
煙突の煙に覆われた町に住む少年・ルビッチは、星の存在をルビッチは信じていた。ハロウィンの日にルビッチはゴミ人間のプペルと出会い友達になる。プペル役を俳優の窪田正孝さん、ルビッチ役を女優の芦田愛菜さんが声を担当。日本アカデミー賞など、たくさんの賞を受賞している映画である。

CV:伊藤沙莉

えんとつ町に住む子供。ルビッチとは友達だった。ルビッチとプペルが気球に乗って星空に向かって出発する時に、異端審問官たちから気球を守った。

レベッカ

CV:諸星すみれ

えんとつ町に住む子供。ルビッチとは友達だった。ルビッチとプペルが気球に乗って星空に向かって出発する時に、異端審問官たちから気球を守った。

デニス

CV:大平祥生(JO1)

えんとつ町に住む子供。ルビッチとは友達だった。ルビッチとプペルが気球に乗って星空に向かって出発する時に、異端審問官たちから気球を守った。

中央銀行

レター15世

CV:野間口徹

えんとつ町の支配者。煙突の煙を使って、えんとつ町と外の世界との関りを絶っていた。レター15世の先祖は、時間が経つほどお金の価値が下がるくさったお金「L」を発明して、中央銀行に追われる。

トシアキ

CV:宮根誠司

えんとつ町の治安を守る、異端審問官の影の権力者。ルビッチとプペルが気球に乗って、星空を見に行くことを阻止しようとする。

その他

ドロシー

CV:本泉莉奈

ルビッチを気にかけてくれる、姉貴のような存在。ルビッチとプペルが星空を見に行く計画に必要な、気球を飛ばすためのバーナーを作る。

『えんとつ町のプペル』の用語

場所

えんとつ町

ルビッチがお母さんと一緒に住んでいる、煙突だらけの町。4000メートルの高さの壁で囲まれた町で、煙突から出る黒い煙で町全体が覆われている。えんとつ町には「空を見る」「夢を信じる」「真実を知る」の3つの禁止ルールがある。

ゴミ山

ゴミ人間のプペルが誕生した、えんとつ町にあるゴミの山。プペルがルビッチが落とした、お父さんのブルーノからもらった青いブレスレットを探していた。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents