舟を編む(小説・映画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『舟を編む』は三浦しをんによる出版社の辞書編集部を舞台にしたヒューマン小説。女性ファッション雑誌『CLASSY.』に連載され、2011年に光文社から単行本が発行された。2012年には本屋大賞を受賞している。2013年には松田龍平主演で映画化、2016年にテレビアニメ化された。「玄武書房」に勤める馬締光也は、新しく刊行される辞書『大渡海』の編集メンバーとして辞書編集部に異動となる。辞書制作のために集まった個性の強い編纂者たちが奥深い辞書の世界にのめり込み、言葉に向き合う物語。

『舟を編む』の概要

『舟を編む』は三浦しをんによる出版社を舞台にしたヒューマン小説。女性ファッション雑誌『CLASSY.』に2009年から2011年まで連載され、2011年に光文社から単行本が発行された。2012年には本屋大賞を受賞している。2013年には石井裕也監督、松田龍平主演で映画化され、2016年にはフジテレビ「ノイタミナ」の枠でテレビアニメ化された。雑誌連載の挿絵や装画、文庫本の装画カバーは漫画家の雲田はるこが手掛けており、テレビアニメのキャラクター原案も雲田はるこが担当した。映画の動員数は68万人を超え、興行収入は8億円を突破している。海外でも公開され、香港、イギリス、アメリカの映画祭で上映もされた。「玄武書房」に勤める無口で変わり者の営業部社員の馬締光也は、新しく刊行される辞書『大渡海』の編集メンバーに抜擢され辞書編集部に異動となる。辞書制作中止の危機や少ないメンバーの入れ替えといった困難が馬締をおそう。辞書制作のために編集部に集まった個性の強い編纂者たち一人一人が奥深い辞書の世界にじわじわとのめり込み、言葉に真摯に向き合う物語。

『舟を編む』のあらすじ・ストーリー

馬締、辞書編集部に異動

荒木が馬締の「右」の説明に、辞書作りの才能を見出した瞬間。左から西岡、荒木、馬締。

街中の小さな蕎麦屋で「玄武書房」の辞書編集者である荒木は、定年前に現在制作中の辞書『大渡海』を任せられる人材を探してみせると同じく辞書編纂に携わる国語学者の松本先生へ、その辞書への熱い思いを伝えていた。しかし、辞書制作には気長で細かい作業を厭わず、言葉に端的だが溺れきらず広い視野をも持ち合わせていなければつとまらないため、そんな若者はいないだろうと松本先生は肩を落としていた。一方、とある書店に「玄武書房」の営業マンである馬締光也が一人、販促チラシを渡しに訪れていた。静かな店内に響く落ち着きのない馬締の大きな声に、店員は怪訝な表情をする。その様子を見ていたスーツ姿の西岡正志は、馬締が立ち去った後「うちの営業がすみません」と店員に謝った。西岡も「玄武書房」の社員だった。すぐさま外に出て馬締を呼び止め、公園で営業の心得を説教する。説教中に西岡の放った「空気を読んで」という言葉を聞いた馬締は突然、その言葉の意味を淀みなく語り、関連する言葉を呟く。おかしな奴に出会ってしまったと西岡がその場を去ろうとすると、「ご教授ありがとうございました」と深くお辞儀をする馬締。名前の通りのど真面目な性格に、呆れて西岡は思わず笑ってしまった。

会社の中を人材を見つけるために奔走する荒木のもとへ、お昼休みから帰った西岡は馬締の話をした。営業に全く向いていない風変わりな馬締に興味をもった荒木は、早速営業部へ向かう。忙しなく動く社員たちの中に、ゆっくりと場所を確認しながらファイルを収めている一人の男を見つけた荒木は迷うことなくその社員に近付き声をかけた。馬締に名刺を渡した後、荒木は「右を説明しろと言われたらどう答える」と質問する。方向としての右か、思想としての右かを尋ねた馬締は、方向だと伝えられるとすぐに「箸を使う方だと左利きを無視することになるし、心臓のない方といっても右にある人もいる」と呟く。そして、「体を北へ向けた時、東へ当たる方角」と答えた。そのじっくりと答える様を見た荒木は目を輝かせ、馬締を辞書編集部へ誘う。

『大渡海』編纂、本格始動

出典: news.noitamina.tv

馬締の歓迎会で新メンバーの加入を喜ぶ松本先生。

馬締の歓迎会のために、とある中華料理屋に集まった辞書編集部の面々は馬締を含めて5人だ。編集部主任の荒木、辞書に興味はないが口が立つ軽い雰囲気の西岡、「玄武書房」の辞書は全て監修している松本先生、そしてしっかり者のパート事務員の佐々木。緊張する馬締に西岡が呆れながら「彼女はいるのか」ときくと、いないと口籠るので合コンのために携帯番号を西岡は尋ねた。しかし馬締は下宿の共通電話で事足りるため携帯電話を持っておらず、ますます西岡は呆れる。その後趣味ぐらいあるだろうと尋ねた西岡に、「強いて言えばエスカレーターに乗る人を見ること」と馬締は答えた。通勤電車を降りてからわざと遅く歩き、自身を追い越して整然と2列になって流れていく人々の姿が美しいと語る馬締の話に荒木は釘付けになった。松本先生と顔を見合わせてから、荒木はなぜ辞書を作ろうとしているのかを馬締に尋ねた。わからないと答えた馬締に、松本先生は「辞書は言葉の海を渡るための舟」だと続ける。刻々と変化する世界でうまく言葉を見つけられず、行き場のない感情を胸に日々を送る人々にも安心して乗ってもらえる舟こそが『大渡海』だと先生は語った。そして、「力を貸してもらえますか」とにこやかに編集部の面々に問いかける。すかさず「辞書編集部の船出に」と西岡が音頭をとり、皆で乾杯した。

下宿先で馬締の悩みを聞き、アドバイスする大家。

翌日から早速辞書作りに本格的に参加することになった馬締に、荒木が軽く説明をする。現在、辞書編集部で行っているのは『大渡海』に載せる言葉の選別だ。『大渡海』と同じ規模の辞書3冊に載っている言葉のうち、3冊ともに載っている言葉、2冊、1冊とそれぞれ印をつけていき、『大渡海』に採用する言葉を決める。そして、どの辞書にもない『大渡海』にだけ収録する言葉を選び、『大渡海』だけの色を出していく。また、それ以外にも各々が用例採集カードに言葉を集めていく。何万語とある言葉を選び、集め、美しく並べていく途方もないが壮大な仕事に馬締は感動する。それと同時に、自分が辞書編集部の一員としてうまく馴染めるのかが不安だった。その晩、下宿先に帰った馬締は大家に悩みを打ち明ける。「頼ったり頼られたりしたらいい」と話す大家の言葉に少しだけ救われた馬締は眠りについた。

下宿先での一目惚れ

出典: news.noitamina.tv

香具矢の働く料理屋に赴いた辞書編集部の面々。左から荒木、佐々木、松本先生、香具矢、西岡、馬締。

辞書編集部配属の初日の晩、床に着いた馬締は下宿先にいる猫の「トラさん」の鳴き声で夜中、目が覚める。鳴き声を追ってベランダに出た馬締は、月明かりの下でトラさんを抱える黒髪の女性に出会う。驚いて尻餅をついた馬締は翌朝、それが夢だと思っていた。しかし、出勤のため玄関の扉を開けると昨晩の女性が立っており、挨拶をしてきたのだ。驚いて固まる馬締だが、女性は簡単に自己紹介をする。彼女は大家の孫娘で林香具矢という名前だった。板前修行のため、職場に近い祖母の家に居候することになったのだ。それを聞いてもまともに会話ができなかった馬締は、しょんぼりしながら出勤する。仕事中、どうも様子がおかしい馬締に気が付いた西岡が話を聞くと「恋」という言葉へ敏感に反応する馬締。昨晩会った香具矢に一目惚れをしたようだった。その日の月例会議では、『大渡海』にどんな言葉を入れて個性を出すのか話し合った後、馬締の恋愛へと西岡のせいで話が向かった。そして、仕事終わりに香具矢が板前修行中の店に行くことになってしまう。板前姿の彼女は凛々しく、真剣にその道を学ぶ様子を見た辞書編集部の面々は「いい人」と馬締を益々応援した。馬締自身も、ちゃんと話ができるように頑張ると心に誓う。

『大渡海』制作中止の危機

出典: news.noitamina.tv

『大渡海』打ち切りを回避するために各々のやるべき事が決まり、意気込む馬締と驚く辞書編集部の面々。左から西岡、佐々木、松本先生、馬締、荒木。

ある日、西岡はトイレで他部署の社員たちが「『大渡海』制作が中止になるらしい」と噂するのを聞いた。早速開かれた辞書編集部での会議で、どうすれば回避できるのかを話し合うがいい案が出てこない。その時、西岡が「先に動き出してしまえばいい」と言い出した。それは、辞書の内容を執筆してもらう専門家や大学の先生方に執筆依頼をしてしまうというもので、辞書制作の段階的には早いが会社側に後戻りできないようにさせるための作戦だった。辞書編集部も全員が賛成し、行動へと移し出す。馬締は松本先生とともに、本来執筆依頼時に渡す執筆要領の作成に取り掛かる。佐々木と西岡は、執筆をお願いできそうな先生方への電話とアポとり。荒木は玄武書房内で情報収集を開始した。毎日毎日各々が自分の仕事に奔走し、辞書のために動いて数ヶ月が経った。休みもほとんどなしで働いたおかげで、外部の人間の口から『大渡海』の名前が出てくるようにまでなった。西岡の提案で、久しぶりの休みを得た馬締は休みの日の朝、下宿先の庭で同じく休みの香具矢に遭遇する。固まる馬締に、居合わせた大家が2人でどこかに行ってこいと助け舟を出す。その後、遊園地の観覧車に乗った2人は、仕事の話をする。「本当の完成はなくても、料理を作り続けたい」と語る香具矢に共感した馬締は、「僕もです」と咄嗟に伝えた。香具矢は嬉しそうに微笑む。

西岡の脱退

出典: news.noitamina.tv

異動を告げられてやるせない気持ちの西岡。

『大渡海』の制作もようやく波に乗ってきた頃、突然西岡へ上層部から呼び出しがあった。会社側に手出しできないように先回りで執筆の依頼を多方面にしていた西岡へ上が黙っているわけもなく、西岡自身もいつか制裁が下されるだろうと予想していた。西岡が誰もいない会議室で待っていると、柔らかい表情で局長が入ってきた。そして、西岡の行動力や機転のきく頭をかって、かねてから西岡が希望していた宣伝部に春から異動が決まったことを伝えた。やっとエンジンがかかってきたばかりの辞書制作に、力を貸せないことが西岡を悩ませた。馬締や荒木ほど言葉への情熱はなくとも、自分にしかできない仕事をやってみようと動き出していた矢先のことだったのだ。辞書編集部には自分から伝えられず気落ちする西岡だが、馬締に添削を頼まれた香具矢への長い恋文を読み、数ページの辞書の見本で2時間も語り合う編集部の人たちを見ていると悩んではいられなかった。自分の抜けた辞書編集部への不安は真面目すぎる馬締のひたむきさで少しだけ軽くなり、辞書編集部の面々の辞書作りへの熱量に当てられて、やれるだけのことはやってみようという前向きなものへと気持ちは変化した。

西岡の手腕

出典: news.noitamina.tv

西岡に愛人のことで足を掬われる小田先生。

3月になり、西岡の異動の日も間近に迫った頃、大学教授の小田先生のもとへ西岡は向かっていた。先生から届いていた執筆原稿は辞書編集部が用意した執筆要領から大きく逸脱した内容で、余計なものが多かったため馬締と西岡は大幅に文言を省いていた。そのことを知った小田先生から早速、お怒りの電話がきていたので話をするために西岡は出向いていたのだった。部屋に入ると食べていたお弁当箱を隅へやって、小田先生が前代未聞だと捲し立てる。おまけに、どこから知ったのか西岡の異動の件まで持ち出して、自身の原稿がいじられたことへの怒りをぶつけていた。しかし西岡は怯まず、他の先生だともっと手直しが必要だと小田先生を煽てて調子を取ろうとした。少しずつ先生の口調も柔らかくなったかと思ったが、「修正案をのむのもやぶさかでは無い。土下座とまではいかないが」と続けた。固まる西岡は、「わかりました」とゆっくり姿勢を低くする。しかし今までの辞書作りの日々が頭をよぎり、「そんな安い辞書じゃねぇ」と呟いた。そして姿勢を正すと、「先生に愛人がいたとしても、そんなことで修正案をのむように強いることはしません」と話し出した。動揺する先生を前に、尚も西岡は「まだ若いのに料理が上手ですね」と隅にある弁当を見て続け、「ありがとうございます」とにっこり笑った。そして部屋を出る前に振り返った西岡は真剣な眼差しで、「これからもよろしくお願いします」と頭を下げた。

香具矢への告白

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

昭和元禄落語心中(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

雲田はるこによる漫画作品およびそれを基にしたアニメ作品。 落語を題材とし、戦前から現代にわたり落語界を舞台に噺家たちの因縁や人間関係が描かれる。 漫画は全10巻で終了しており、それぞれ「与太郎放浪篇」「八雲と助六篇」「助六再び篇」と大きく分かれていた。 2016年1月から「与太郎放浪篇」「八雲と助六篇」がテレビアニメ化され、二期の「助六再び篇」が2017年1月より放送開始されている。

Read Article

風が強く吹いている(風つよ)のネタバレ解説・考察まとめ

『風が強く吹いている』とは箱根駅伝を舞台にした、三浦しおんによる青春小説。2006年9月に刊行され、2007年に漫画化・ラジオドラマ化、2009年1月に舞台化、同年10月に実写映画化する。また、2018年にテレビアニメ化された。元天才ランナーの大学1年生蔵原走(カケル)は、万引きの逃走のために夜道を軽快に走っていた。その走りに魅了された同じ大学の4年生清瀬灰二(ハイジ)は自転車で並走しながら「走るの好きか」と聞く。ハイジによる寄せ集め10人の大学生たちが箱根駅伝を目指して走る物語。

Read Article

WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』とは、三浦しをんの著書『神去なあなあ日常』を原作として公開された青春映画である。大学受験に失敗した平野勇気は「緑の研修生」という林業研修プログラムのパンフレットを偶然見つける。その表紙の美女に憧れて神去村(かみさりむら)にやってくるが、そこには癖だらけの村人たちが暮らしていた。何度も逃げ出そうとする勇気だったが、次第に林業の魅力にみせられていく。この映画はたくさんの小ネタに笑わせられつつ、森林風景の美しさや人との出会いに感動する物語になっている。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『鹿楓堂よついろ日和』とは、清水ユウ原作の漫画、及びそのアニメ作品である。 和風喫茶・鹿楓堂は、都会の一角でひっそりと営まれている。時代に置き去りにされたようなレトロな空間で、おもてなしをするのは四人と一匹の猫。様々な悩みを持つお客様との触れ合いや、一癖ある訪問者の厄介事に振り回されつつ、鹿楓堂の時間は今日もゆったりと過ぎていく。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第4話『天丼サバイバー / ハプニングにゃー』)のあらすじと感想・考察まとめ

ときたかは、陶芸教室の講師もつとめている。ある日、教え子たちと海鮮丼を食べに行くと、店の前には長蛇の列ができていた。食べたかったものを食べられなかった教え子たちの無念に、ときたかは翌日になっても心を痛めていた。ときたかはその夜、同じように楽しみにしていた天丼を食べられず、空腹で倒れてしまったサラリーマンの柴野を助ける。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第4話『天丼サバイバー / ハプニングにゃー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第2話『お茶屋の秘密』)のあらすじと感想・考察まとめ

スイの祖父の代から鹿楓堂を支えてくれた伊藤さんが、店を閉めることになった。伊藤さんが紹介してくれたお茶屋は、少々問題があるという。 早く新しいお茶屋を決めなければならないと、スイも焦りはじめたころ、鹿楓堂に女子中学生がお客様としてやってくる。彼女は、鹿楓堂が伊藤さんのお茶を使っていることを言い当てた。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第2話『お茶屋の秘密』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第3話『スイーツトラップコレクション』)のあらすじと感想・考察まとめ

デパート催事のコーディネーターを名乗る角崎という男が、鹿楓堂にイベント出展を依頼する。三日間の約束で出ることを決めたものの、角崎から聞いた話と食い違いがあった。スイたちは、角崎のペースに巻き込まれて、目が回るような三日間を過ごすことになる。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第3話『スイーツトラップコレクション』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第8話『エスプレッソ・エスプレッシーヴォ』)のあらすじと感想・考察まとめ

ぐれは毎朝のランニングで見かける中学生の洋を気にかけていた。あるきっかけでぐれと話した洋は、世の中を妬むようなことを口にして、にこりともしない。日を置かず、洋は朝の公園に現れなくなった。洋が何か問題を抱えているのではないかと心配していたぐれは、夜の公園で洋を見つける。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第8話『エスプレッソ・エスプレッシーヴォ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第5話『迷える子羊に愛の手を』)のあらすじと感想・考察まとめ

タウン誌の編集者・砂金は、自分が企画したスイーツ特集に頭を悩ませていた。若い女性ばかりのしゃれた雰囲気に気後れして、カフェに足を踏み入れることができないのだ。そんな砂金の目の前でカフェに入る、男性一人客がいた。一週間後、砂金は鹿楓堂でその男性客と再会する。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第5話『迷える子羊に愛の手を』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第1話『喫茶 鹿楓堂へようこそ』)のあらすじと感想・考察まとめ

鹿楓堂は、町の喧騒から置き去りにされたようなたたずまいの甘味処である。 ある日、つばさは鹿楓堂を見つける。仕事がはかどらず、苛立っていたつばさは、レトロな店構えとラテになごまされる。鹿楓堂に行っても集中できないとわかっていても、つばさは連日店に通うようになる。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第1話『喫茶 鹿楓堂へようこそ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第9話『不器用ヒーロー / モンブラン男子』)のあらすじと感想・考察まとめ

秋になり、鹿楓堂でも季節限定のモンブラン販売を開始する。モンブランを食べにやってきた角崎の一挙手一投足を、鹿楓堂の面々は、息を詰めて見つめる。招かざる客の一方で、来店が待ち遠しい常連もいる。編集者の砂金は、意中の女性を鹿楓堂に連れてきたいと相談したきり、しばらく顔を見せなかった。スイたちが心配しはじめたころ、砂金は女性を伴ってやって来た。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第9話『不器用ヒーロー / モンブラン男子』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第7話『I 愛 アイス / ベジタブルパワー』)のあらすじと感想・考察まとめ

お茶屋の孫娘・小鶴の大好きな友達は、アイスが好きでお茶が苦手。近々友達が引っ越してしまうと知り、その前にお茶の良さを知ってもらおうと、小鶴は抹茶アイスを作ることを思いつく。アイスを上手に作るために、小鶴は椿に協力を仰いだ。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第7話『I 愛 アイス / ベジタブルパワー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第6話『はじまりはオムライス』)のあらすじと感想・考察まとめ

今から数年前、スイはいつか自分が鹿楓堂を再開したいと思いつつ会社勤めを続けていた。多忙をきわめるスイは、思わぬところで中学時代の同級生・ときたかと再会する。ときたかもまた、自分の生き方を模索していた。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第6話『はじまりはオムライス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents