風が強く吹いている(風つよ)のネタバレ解説・考察まとめ

『風が強く吹いている』とは箱根駅伝を舞台にした、三浦しおんによる青春小説。2006年9月に刊行され、2007年に漫画化・ラジオドラマ化、2009年1月に舞台化、同年10月に実写映画化する。また、2018年にテレビアニメ化された。元天才ランナーの大学1年生蔵原走(カケル)は、万引きの逃走のために夜道を軽快に走っていた。その走りに魅了された同じ大学の4年生清瀬灰二(ハイジ)は自転車で並走しながら「走るの好きか」と聞く。ハイジによる寄せ集め10人の大学生たちが箱根駅伝を目指して走る物語。

『風が強く吹いている』の概要

『風が強く吹いている』とは箱根駅伝を舞台にした、2006年刊行の三浦しおんによる青春小説。2007年に漫画化・ラジオドラマ化し、2009年1月に舞台化、同年10月には実写映画化を果たした。また、2018年にテレビアニメ化され、2020年には新作舞台が公開された。2010年には、第1回ブクログ大賞文庫本部門大賞を受賞している。元天才ランナーの大学一年生蔵原走(カケル)は、万引きの逃走のために夜道を軽快に走っていた。その走りをたまたま目撃したカケルと同じ大学の4年生清瀬灰二(ハイジ)は、自転車で並走しながらカケルに「走るの好きか」と聞く。ハイジはカケルを格安学生寮竹青荘(アオタケ)に案内し、入寮を勧める。しかし、そこは「寛政大学・陸上競技部錬成所」であった。そんなことはつゆ知らず、ハイジによってアオタケに集められたカケルを含む10人の大学生たち。陸上経験がないものがほとんどであるばかりか、運動もままならないものもいる中、ハイジによって「この10人で箱根を目指す」と宣言される。これはチグハグだった10人が箱根駅伝を目指して共に走り、ぶつかり、成長していく青春部活ストーリーである。

『風が強く吹いている』のあらすじ・ストーリー

箱根駅伝のメンバー集合

銭湯からの帰り道でカケルの走りを偶然見かけたハイジは、アオタケにカケルを勧誘する。画像左からハイジ、カケル。

元天才ランナーの寛政大学1年生蔵原走は万引きの逃走中に、カケルの走りに魅了された同じ大学の4年生清瀬灰二に「走るの好きか」と声をかけられる。ハイジは格安学生寮のアオタケにカケルを案内し、入寮を勧めて住人を紹介してきた。201号室の双子、兄の城太郎(ジョータ)と弟の城次郎(ジョージ)。202号室の坂口洋平(キング)。205号室の杉山高志(神童)。204号室の柏崎茜(王子)。104号室の平田彰宏(ニコチャン先輩)。102号室の岩倉雪彦(ユキ)。203号室のムサ・カマラ(ムサ)。カケルの入寮歓迎会でハイジから全員に「箱根駅伝に出よう」と告げられる。

最初は嫌がる陸上初心者ばかりのメンバーだが、ハイジによって全員が練習に参加するようになった。地元商店街にあるヤオカツの娘で女子高生の葉菜(はな)ちゃんも練習に参加し、メンバーのやる気を引き出す。しかし大学4年生のキングは就活と練習の両立に苦しみ、苛立ちを隠せない。そんなキングに「本気になれば好きになるかもしれないから、走ってる」と神童が声をかけて、キングは練習に参加することにした。神童が中心となって作った陸上部宣伝Tシャツを着て、全員が練習に加わる。

箱根駅伝に出場できる20校のうち10校はシード権があり、その他の10校は予選会のタイムで決定されていた。また、その予選会にも出場資格として選手一人一人が5000メートルを16分30秒以内、もしくは10000メートルを30分台の公認記録を持っていることが必須だった。公認記録を得るためにアオタケメンバーは記録会へ出場する。しかし結果は散々で、30分台の王子にカケルはタイムが記録会で出せないのならチームから外れるよう声を掛ける。

後日練習中に王子へ走り方の説教をするカケルに、王子は「僕の速度で話してよ」と伝える。そしてカケルは漫画好きの王子の部屋を訪れて一緒に漫画を読み、正しいフォームを王子に教える。ついに王子の記録は30分を切ることができた。

夏合宿と公認記録の獲得

ユキと神童が公認記録を得てしばらくした頃に、ハイジが夏合宿を提案する。白河湖近くのコテージに到着したメンバーは、陸上強豪校の東京体育大学も合宿に来ていることに気づく。東体大にはカケルの高校時代のチームメイトである榊(さかき)がいて、「仲良くかけっこできて満足か」とカケルを挑発した。

陸上の強豪校であるカケルの母校、仙台城西高校には厳しい監督がいた。その男は結果が全ての考えで、天才ランナーのカケルを優遇していた。カケルが3年生の時の1年生の新入部員たちは、監督のスパルタな練習の標的にされており、カケルも違和感を覚える。そんな中、1年生の一人が無理な練習で足を壊してしまう。その1年生に監督の態度は冷酷なものだった。カケルは衝動的に監督を殴ってしまう。それが原因で高校の陸上部は活動の自粛を強いられ、同じ3年生だった榊は最後の大会に出ることができなかった。

カケルは自身の過去をアオタケメンバーに打ち明けるが、メンバーの反応はさっぱりとしていた。カケルの過去を知った上で、走りに魅力を感じていることを伝えてくれた。メンバーの言葉に、「絶対にこの10人で箱根駅伝に出たい」と改めてカケルは宣言する。

合宿が終わってすぐの記録会で、キングとニコちゃん先輩が公認記録を得る。残りは王子だけとなり、予選会までの最後の記録会当日になった。皆んなは王子の腕に「前に!!」の言葉を書き、その言葉と走った王子は公認記録を獲得する。

箱根駅伝1日目

箱根駅伝の初日、第1区は肝が据わっているという理由で王子が選ばれていた。走る中で練習中にハイジから謝られたことを思い出す。走るのが嫌いな王子は人数のためにチームへ強制的に入れられた。走ることは今も嫌いだが、「みんなと走れなかったら。この場所に来られなかったら。そんな自分はもっと嫌いだ!」と最後の力を振り絞る。

エース区間の第2区はアフリカからの留学生、ムサが選ばれた。陸上とは無縁の留学で仲間と必死に練習したが、外国人選手の自分がいることが寛政大学の強みとされることに悩むこともあった。ハイジに言われた「君にしかできない仕事」の言葉を胸に襷を繋ぐ。

続く3区、4区は双子ランナーのジョータとジョージが任されていた。ジョータは走りながら自分よりジョージの方が走る才能があると考えていた。そして、カケルというジョージだけのライバルが現れたことに喜び、「大切な魂の片割れを、ようやく解き放す時が来たんだ」と応援する気持ちになっていた。突如沿道から葉菜ちゃんの声援が届く。その声で自分のことを葉菜ちゃんが好きなのではと勘違いをして、ジョージへ襷を渡す際に「葉菜ちゃんが俺の事好きかも」と告げる。動揺したジョージは最後まで走りに身が入らなかった。

第5区の山登りコースは、実家の田舎で鍛えられた神童が選ばれた。しかし当日、立っているのもままならない程の高熱が出ていた。それでもギリギリの人数のため、出場は避けられない。必死に走る神童は順位を大きく下げた。見かねた監督が車を降りて併走する。最後まで走り続ける神童を田舎の家族も、アオタケメンバーも息を呑んで見守っていた。

箱根駅伝2日目

体が軽くなり、どこまでも走っていけそうな感覚に陥るカケル。

2日目の最初、第6区は下り坂を安定して走れるユキが選ばれた。繰り上げスタートの寛政大学はトップと10分以上の差がある。道中ユキは、大学入学以来帰っていない実家を思い出す。母親の再婚と妊娠を受け入れられず疎遠になった家族のことを考えた時、沿道に目をやると自分の名前を叫ぶ母親の姿を見つけた。隣には再婚相手である父と小さい妹がいて、力いっぱい応援していた。涙を堪えながらユキはスピードを上げる。あと2秒で区間賞をとる快走を見せたユキのシューズは血に染まっていた。
7区のニコちゃん先輩は他のランナーと自身の体格差を嘆く。陸上部だった高校時代に、顧問から長距離は向いていないと言われたニコちゃん先輩は大学入学を機に気持ちが切れた。アオタケに入寮してきたハイジと出会い、また走れることに大きな喜びを感じていた。陸上への愛情は変わらないと改めて実感して、ニコちゃん先輩は中継所に向かう。

第8区のキングは学生生活を走りながら振り返る。当初は大学生活への期待に胸を膨らませていたが、小心者でプライドが高いせいで周囲に溶け込めない自分が嫌いだった。愛想良く振る舞う自分は弱みを見せない「キング」だと走りながら自虐する。しかし、走っている時は違った。1人で走っている時は自分を演じず、本当の自分として居ることができる。カケルの姿が見え、襷を渡す瞬間「頼んだ」と今まで誰かに寄りかかることができなかったキングが呟く。

エースがひしめく第9区はカケルが選ばれた。カケルは驚異のスピードで軽やかに走っていた。一方でハイジの元チームメイトで高校陸上界の王者藤岡一真は、自身の六道大学の襷をかけて1位に躍り出た。そのまま藤岡は区間新記録を達成してゴールするが、その後中継所に入ってきたカケルがその記録を塗り替える。ハイジはカケルの美しい走りを自身の理想だと実感した。

第10区はハイジが走る。現在の寛政大学の順位は12位で、来年の箱根駅伝のシード権獲得のためには10位の東体大よりも早くゴールする必要があった。しかしカケルの激走により東体大は後ろを走っており、数字だけが頼りとなる。ハイジは高校時代に父親がコーチをする陸上部で足を故障した。手術跡の残る足に痛み止めを打って、ハイジは箱根に臨んでいた。寛政大学はハイジの走りで東体大より2分早くゴールすることができ、来年のシード権を得た。

『風が強く吹いている』の登場人物・キャラクター

寛政大学

清瀬灰二(キヨセ ハイジ)

アニメ:豊永利行
映画:小出恵介
駅伝チームの主将で文学部4年。箱根駅伝では10区を走った。メンバーにはハイジと呼ばれており、竹青荘(アオタケ)では住人の朝晩のご飯係をしている。その他にも掃除や、大家さんの飼っている柴犬のニラを散歩させていたりもしている。トレーニングメニューを考えたり、陸上に関する事務的な手続きも一手に引き受けていたため、一時過労で倒れたこともあった。さっぱりとした性格であり、爽やかな笑顔できつい練習を告げたり大胆な行動に出る。人の心を巧みに操るため、アオタケの住人には「鬼」などと形容されることもある。カケルの走りに魅了されており、アニメではその走りを「流星のよう」と語っている。
高校時代は陸上強豪校の出雲中央高校で走るエリートランナーだったが、練習中に足に違和感を感じるようになる。監督だった父親にはいえず、右足を骨折して思うように走れなくなってしまう。アオタケを寛政大学の陸上競技部部員寮だと知って4年間住人という名のメンバーを、住人には内緒で集めていた。10人目のメンバーであるカケルが揃うと、箱根駅伝を目指すことをメンバーに宣言する。

蔵原走(クラハラ カケル)

アニメ:大塚剛央
映画:林遣都
社会学部一年。ハイジと同様に本作では主人公的立ち位置にいる。箱根駅伝では第9区を走った。誰も寄せ付けない速さと無駄のない美しい走りをする。陸上の名門仙台城西高校出身で、5000メートル13分50秒台の速さで走る天才ランナー。しかし、陸上部の監督の「速さ」に執着した練習や態度に違和感を覚え、後輩が監督の練習メニューで足を故障した際には衝動的に監督へ殴りかかった。カケルの起こした事件により、当時の3年生は最後の大会には出られなかった。大学進学後はチームに所属して走らず、自分だけでランニングをしたりしていたが、ハイジと出会いアオタケへの入居を機に再び陸上部の一員として走ることになる。カッとなると言葉より先に手が出てしまう性格で、人とのコミュニケーションでは不器用な一面を持つ。あまり冗談やジョークが通じず、笑うことも最初は少なかったが次第に笑顔が増えてくる。本人も「うまく話せるようになりたい」と語っており、アオタケメンバーと生活し、練習する中で人間的にも大きく成長することになる。

岩倉雪彦(イワクラ ユキヒコ)

アニメ:興津和幸
映画:森廉
法学部4年。箱根では第6区を走った。色白で黒縁の眼鏡をかけており、ピアスをつけた刈り上げのヘアスタイル。大学3年の時には司法試験に一発合格する秀才である。しかし、その反動でクラブ通いを頻繁に行うようになった。母子家庭で育ったが、高校生の時に母親が再婚。母に楽をさせてあげるために弁護士を目指していたが、再婚を受けて目標を失ってしまった。新しい父親や妊娠した母親に嫌悪感をもち、大学入学後は一回も実家に帰っていない。理論派で、その頭脳を生かした無理のないペース配分を得意とする。ハイジにより効率的な練習メニューを提案したり、メンバーのフォームから改善点を分析したりと最初は嫌がっていた陸上部に大きく貢献している。常に冷静沈着な常識人で、個性豊かなアオタケメンバーの中ではツッコミ役に回ることが多い。そんなユキも、ニコちゃん先輩のタバコには激昂する一面を持つ。

7tTomekichi
7tTomekichi
@7tTomekichi

Related Articles関連記事

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』とは、三浦しをんの著書『神去なあなあ日常』を原作として公開された青春映画である。大学受験に失敗した平野勇気は「緑の研修生」という林業研修プログラムのパンフレットを偶然見つける。その表紙の美女に憧れて神去村(かみさりむら)にやってくるが、そこには癖だらけの村人たちが暮らしていた。何度も逃げ出そうとする勇気だったが、次第に林業の魅力にみせられていく。この映画はたくさんの小ネタに笑わせられつつ、森林風景の美しさや人との出会いに感動する物語になっている。

Read Article

舟を編む(小説・映画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

舟を編む(小説・映画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『舟を編む』は三浦しをんによる出版社の辞書編集部を舞台にしたヒューマン小説。女性ファッション雑誌『CLASSY.』に連載され、2011年に光文社から単行本が発行された。2012年には本屋大賞を受賞している。2013年には松田龍平主演で映画化、2016年にテレビアニメ化された。「玄武書房」に勤める馬締光也は、新しく刊行される辞書『大渡海』の編集メンバーとして辞書編集部に異動となる。辞書制作のために集まった個性の強い編纂者たちが奥深い辞書の世界にのめり込み、言葉に向き合う物語。

Read Article

目次 - Contents