鹿楓堂よついろ日和(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

Davjikvuqaavij2

『鹿楓堂よついろ日和』とは、清水ユウ原作の漫画、及びそのアニメ作品である。
和風喫茶・鹿楓堂は、都会の一角で、ひっそりと営まれている。時代に置き去りにされたようなレトロな空間で、おもてなしをするのは四人と一匹の猫。様々な悩みを持つお客様とのふれあいや、ひと癖ある訪問者の厄介事に振り回されつつ、鹿楓堂の時間は、今日もゆったりと過ぎていく。

『鹿楓堂よついろ日和』の概要

『鹿楓堂よついろ日和』とは、清水ユウの漫画をアニメ化した作品である。原作の漫画は『月刊コミックバンチ』にて連載中、同名タイトルの原作は新潮社より8巻まで刊行されている。
アニメは2018年4月放映開始。
制作はゼクシス(近年の作品『少年ハリウッド』『舟を編む』など)。
監督は神谷友美(監督作品『ひかり~刈谷をつなぐ物語~ 』『大図書館の羊飼い(Teamニコ 小西賢一、信田ユウ、袖山麻美、林佳織と共同)』)。

鹿楓堂は、ビル街にある和風喫茶である。
昭和の面影が色濃い調度品に囲まれ、着流しで接客するのはイケメン揃いのため、新しいコンセプトカフェに間違われることもある。実態は、前の店主の在りし日の店内を変えていないだけで、結果的に和風カフェというイメージ戦略が成功している。老若男女に愛される味を提供し、知る人ぞ知る名店という評判を維持している。
店主のスイは、先代の店主の孫に当たる。幼いころか店に出入りし、誰かのために心をこめてお茶を淹れる祖父の姿勢を尊敬している。鹿楓堂は甘味やコーヒーのような存在でありたいという理想はスタッフにも浸透している。ときたか、ぐれ、スイの三人が、鹿楓堂を支えている。
物語は、鹿楓堂を訪れる人とスタッフの関わりをメインに描かれる。基本は一話完結で、ハートフルストーリーが展開される。各回に登場する料理の描写はこだわり抜かれ、飯テロに屈する視聴者も多い。

『鹿楓堂よついろ日和』のあらすじ・ストーリー/感想・考察

第1話「喫茶 鹿楓堂へようこそ」

つばさは、はじめて通ったイベントの企画に行き詰まりを感じていた。友人の気遣いや、季節の移り変わりに疎くなるほど企画に心をとらわれていた。気分転換に行きつけの店に行く途中、鹿楓堂という和風喫茶を見つける。ラテを飲みながら仕事に集中しようとするが、店のゆったりした雰囲気にくつろぎを覚える。その後も、つばさは鹿楓堂に通うが、仕事は進まずじまいだった。
ある日の夕方、鹿楓堂のスタッフの前で、つばさのおなかが鳴る。つばさは、鹿楓堂ではじめて食事を注文した。

renote.jp

第2話「お茶屋の秘密」

鹿楓堂の先代からの付き合いだったお茶屋の伊藤さんが廃業を決めた。次の取引先にと紹介されたのは、不穏な噂にいろどられたお茶屋だった。
新しく取引するお茶屋を決めかねているころ、ここしばらく鹿楓堂の前をうろうろしていた女子中学生が、店を訪れた。少女は、スイの淹れたお茶に何か物足りなさそうな顔つきになった。精算時、鹿楓堂が伊藤さんのお茶を使っていることを言い当てて、少女は帰っていった。

renote.jp

第3話「スイーツトラップコレクション」

鹿楓堂にやってきた男性客・角崎は、スイに百貨店のイベント出展を持ちかけた。三日間だけの約束で準備に出向いた鹿楓堂の四人は、聞かされていた話と食い違っていることに驚く。イベントのチラシには四人が顔写真入りで紹介され、想像以上に客が入る。てんてこ舞いになりながらも、四人は接客ペースをつかんでいく。最終日、鹿楓堂のブースにTVの取材が入ることになった。

renote.jp

第4話「天丼サバイバー/ハプニングにゃー」

ときたかは陶芸教室の生徒と海鮮丼を食べに行ったが、三時間待ちの行列に入店をあきらめる。おだやかなときたかが、翌日になっても未練を引きずっている。食べたかったものが食べられなかった悔しさを、ぐれや椿は共感する。食べたいものを猫に置き換えて説明され、スイはやっとときたかたちの無念を理解した。同じころ、ある会社では、天丼を食べることを励みに仕事をする男がいた。

renote.jp

『鹿楓堂よついろ日和』の登場人物・キャラクター

スイ / 東極 京水(とうごく きょうすい)

Dap0gu vqaasd5

CV:諏訪部順一(幼少期: 千本木彩花)
鹿楓堂店主。主にお茶を担当。
元々、鹿楓堂は、スイの祖父・京之介が経営していた店で、祖父の代を知るものは今も多い。こどものころから祖父の仕事を敬い、当時の雰囲気を残したまま経営している。
無類の猫好き。猫がからむと人格が変わる。
4話では、写実的な猫を描くという才能を見せた。
料理は下手でも、本人は自覚がないらしい。
実は、東極グループの経営者一族の息子。相手にも自分たちにも不利にならないように交渉したり(3話)、相手を乗せて駆け引きする(2話)など、ビジネスの手腕を見せた。
仕事を離れても、和服を日常着にしている。

永江ときたか(ながえ ときたか)

Dbywyaqvqaaahce

CV:中村悠一
主に料理を担当している。
スイとは古くからの付き合いで、お互いの生い立ちなどは知っているらしい。
陶芸教室の講師をしており、年上の教え子たちから「先生」と慕われている。時代劇が好きといった趣味も生徒と合うようで、プライベートでも付き合いがある。
もの静かで、洞察力に優れ、仲間内でも相手を立てるような利他的な言動が多い。

ぐれ / グレゴーリオ・ヴァレンティノ

Datcrh3vaaayubm
cocoa13
cocoa13
@cocoa13

Related Articles関連記事

鹿楓堂よついろ日和(第3話『スイーツトラップコレクション』)のあらすじと感想・考察まとめ

デパート催事のコーディネーターを名乗る角崎という男が、鹿楓堂にイベント出展を依頼する。三日間の約束で出ることを決めたものの、角崎から聞いた話と食い違いがあった。スイたちは、角崎のペースに巻き込まれて、目が回るような三日間を過ごすことになる。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第3話『スイーツトラップコレクション』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第4話『天丼サバイバー』『ハプニングにゃー』)のあらすじと感想・考察まとめ

ときたかは、陶芸教室の講師もつとめている。ある日、教え子たちと海鮮丼を食べに行くと、店の前には長蛇の列ができていた。食べたかったものを食べられなかった教え子たちの無念に、ときたかは翌日になっても心を痛めていた。ときたかはその夜、同じように楽しみにしていた天丼を食べられず、空腹で倒れてしまったサラリーマンの柴野を助ける。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第4話『天丼サバイバー』『ハプニングにゃー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第1話『喫茶 鹿楓堂へようこそ』)のあらすじと感想・考察まとめ

鹿楓堂は、町の喧騒から置き去りにされたようなたたずまいの甘味処である。 ある日、つばさは鹿楓堂を見つける。仕事がはかどらず、苛立っていたつばさは、レトロな店構えとラテになごまされる。鹿楓堂に行っても集中できないとわかっていても、つばさは連日店に通うようになる。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第1話『喫茶 鹿楓堂へようこそ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鹿楓堂よついろ日和(第2話『お茶屋の秘密』)のあらすじと感想・考察まとめ

スイの祖父の代から鹿楓堂を支えてくれた伊藤さんが、店を閉めることになった。伊藤さんが紹介してくれたお茶屋は、少々問題があるという。 早く新しいお茶屋を決めなければならないと、スイも焦りはじめたころ、鹿楓堂に女子中学生がお客様としてやってくる。彼女は、鹿楓堂が伊藤さんのお茶を使っていることを言い当てた。 今回は「鹿楓堂よついろ日和」第2話『お茶屋の秘密』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents