綾瀬優香(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

アヤセ/綾瀬優香(あやせ ゆか)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイトであり、作品発売当時に流行していたコギャルをイメージした女子高生。思った事はそのまま言ってしまう性格をしており、それが原因で問題を起こす事も多い。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、どちらの物語にも参加可能な選択メンバーであり、P1主人公達と共に御影町で起きる異変について探っていく事となる。

アヤセ/綾瀬優香の概要

アヤセ/綾瀬優香(あやせ ゆか)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場する女性キャラクターである。「セベク編」、「雪の女王編」と呼ばれる物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、どちらの物語展開にも参加することが可能な選択キャラクターとなっている。
『女神異聞録ペルソナ』の舞台「御影町」にある学校「聖エルミン学園」に通う高校生。P1主人公とはクラスメイトの関係にあたる。基本的には「今が楽しければいい」、「後のことはどうでもいい」というスタンスでいる。『女神異聞録ペルソナ』発売当時に流行していたコギャルをイメージして作られたキャラクターだと思われる。しかし本当に「後のことはどうでもいい」と思っているわけではなく、口にしないだけで実は未来のヴィジョンが想像できない自分に対して不安を抱いている。「セベク編」と呼ばれる物語では、そんな自分と向き合い、いい加減に生きてきた自分と決別する事を選ぶアヤセの成長っぷりを見る事ができる。

アヤセがペルソナ使いに目覚めたきっかけは、彼女がP1主人公を含む友人らと共に行った儀式「ペルソナ様」にある。このペルソナ様は、アヤセ達が通う学校「聖エルミン学園」の生徒達の間で流行っている遊びだった。儀式を行うと超常現象が起こるといわれており、その話が本当か検証する為、アヤセ達はペルソナ様を試してみる事にする。すると儀式が終わったその直後、アヤセ達の前に白い服を着た少女が現れ、突然彼女達に雷撃を当ててくる。突然の事に避ける間もなかったアヤセ達は、雷に打たれて気絶してしまう。
意識を失ったアヤセ達は、そこで「フィレモン」と名乗る不思議な男と出会う夢を見る。フィレモンはアヤセ達にペルソナ使いの才覚がある事を認めると、彼女達にペルソナを授け、現実世界へ帰す。

目が覚めたアヤセは保健室にいた。近くではP1主人公達友人らが寝ていた。彼らよりも先に目を覚ましたアヤセは、ひとまず保健室を後にし、学校内をうろつく。すると突如、激しい地震が発生。地震は直ぐに収まったが、直後、今度は御影町内の至るところで悪魔が出現するという事件が起こる。

その頃、P1主人公達の方でもある異変が起きていた。アヤセより後に目が覚めた彼らは、雷に撃たれた自分達の身体を検査する為、病院を訪れていた。その病院には、入学してからほとんど入院したきりになっていたクラスメイト、マキ/園村麻希(そのむら まき)がおり、P1主人公達は検査の時間になるのを待つ間、麻希の見舞いへ向かう事にする。しかしP1主人公達が麻希のもとへ訪れると、突然麻希の容態が急変。ICU(集中治療室)へ運ばれていってしまう。そうして麻希を心配したP1主人公達が、彼女の治療が終わるのを待っている間に例の地震に襲われる。地震が収まった直後、彼らの前に広がっていたのはICUの消失と霊安室の遺体がゾンビとして蘇るという光景だった。人を襲っているゾンビと戦闘を行ったP1主人公達は、その戦闘を通してペルソナ使いに覚醒。自分達の力を使い、御影町で起こっている異変を探っていく事を決める。

その後、異変の原因を探して御影町内を駆け回っていたP1主人公達と再会する事になったアヤセは、そこで彼らと共に悪魔との戦闘を行う羽目になる(再会の仕方は「セベク編」、「雪の女王編」で異なる)。その戦闘を通してペルソナ使いに覚醒したアヤセは、P1主人公達と共に行動をする事を決め、彼らと共に御影町で起こる異変について探っていく事になるのだった。

アヤセ/綾瀬優香のプロフィール・人物像

性別:女
年齢:高校2年生
学校:聖エルミン学園
身長:155cm
体重:不明
誕生日:1980年3月3日
血液型:B型
星座:魚座
CV:倉田雅世(PS2版『女神異聞録ペルソナ』)、豊嶋真千子(ドラマCD版『女神異聞録ペルソナ』)、野中藍(ドラマCD版『Persona』(PSP版 リメイク『Persona』のドラマCD))

P1主人公が通う高校「聖エルミン学園」の生徒であり、P1主人公のクラスメイト。『女神異聞録ペルソナ』発売当時に流行していた「コギャル」をイメージした容姿・言動を取るキャラクターとなっている。「今が楽しければいい」、「後の事はどうでもいい」というスタンスで生きており、自分の気持ちに素直な性格の女子高生。どんな場面でもそんな調子であり、命懸けで戦う仲間達の心を和ませる場合もあるが、他者の気持ちを考えずに物を言うことが原因で問題を起こす場合もある。

基本的に享楽的に、いい加減に生きるスタンスのアヤセだが、内心では己の将来に不安を抱えている。自分の未来のヴィジョンが上手く想像できず、それ故に不安になる気持ちを押し殺す為、あえて「後の事」を考えないようにしている。

通称の「アヤセ」は名字の「綾瀬」が由来。基本的にあだ名のような通称や、くんさん付の通称、下の名前に由来する通称をつけられる『女神異聞録ペルソナ』のキャラクターの中で、唯一、名字をそのまま通称にあてられているキャラクターとなっている。

アヤセ/綾瀬優香のペルソナ能力

フーリー

アヤセの初期ペルソナ。『女神異聞録ペルソナ』では、『ペルソナ3』以降では主人公にのみ備えられた「複数のペルソナが使用できる」といった能力「ワイルド」が、ペルソナ使い全メンバーに備えられている。その為、初めてペルソナ能力を使った際に召喚するペルソナの事は「初期ペルソナ」と呼び、他のペルソナと分けて呼ぶ形が取られている。
また『女神異聞録ペルソナ』と次作『ペルソナ2』では、ペルソナの召喚毎に決まったSPが消費されるシステムになっている。使うスキル毎に消費SP量が変わってくる『ペルソナ3』以降には存在しないシステムである。

アルカナは「MAGICIAN(魔術師)」。モデルはイスラム教に伝えられている天使、または天女達の総称「フーリー」である。肌は白く金色の神をしているといわれる。また「フーリー」の名はペルシア語のもので、古代アラビア語では「フール(Hur)」の名で呼ばれている。

見た目は燃え盛るような赤い髪が特徴的な女性型のペルソナ。小麦肌をしており、へそ出しタイプの赤い服とお揃いの赤いスカートを身に着けている。
火炎属性、バステ系スキルを主に覚える。他にも鞭属性の攻撃技も覚える為、攻撃特化型のペルソナとなっている。

弱点属性は、電撃、核熱、衝撃、重力。火炎属性を50%の確立で反射する。
召喚する際に必要なSPは8。

アギラオ

火炎属性の攻撃技。
フーリーが初期から持っているスキル。
敵1体に中ダメージを与える事ができる。

子守唄

バステ系スキル。
フーリーのランクが2になった時に習得する。
敵複数体に状態異常「睡眠」を付与する事ができる。

マハラギ

火炎属性の攻撃技。
フーリーのランクが3になった時に習得する。
敵全体に小ダメージを与える事ができる。

愛のムチ

鞭属性の攻撃技。
フーリーのランクが5になった時に習得する。
敵複数体に複数回の小ダメージを与える事ができる。

止揚の紅

火炎属性の攻撃技。
フーリーのランクが6になった時に習得する。
敵複数体に中ダメージを与える事ができる。

アヤセ/綾瀬優香の来歴・活躍

物語冒頭:儀式「ペルソナ様」をきっかけにペルソナ使いの力を手にしたアヤセ

P1主人公を含む友人達と儀式「ペルソナ様」を行うアヤセ。

「御影町」にある学校「聖エルミン学園」に通う女子高校生、アヤセ。「コギャル」と呼ばれる女子高生のアヤセは、「今が楽しければいい」、「後の事はどうでもいい」という享楽的なスタイルで学生生活を送っていたが、実はその胸の内では卒業後の自分の姿を想像する事ができずに不安を抱えていた。しかしその事を誰にも話せないまま、「今が最高に楽しい」というフリだけをしながら日々を過ごしていく。そんなある日アヤセは、友人達に誘われ、儀式「ペルソナ様」を試してみる事になる。

ペルソナ様は、聖エルミン学園の生徒達の間で流行っている遊びであり、儀式を行うと何かしらの超常現象が起こるといわれていた。その話が本当か検証してみよう、という事になったのである。儀式は何事もなく終了。しかし儀式が終わった直後、アヤセ達の前に白い服を着た少女が現れる。驚愕するアヤセ達を前に、少女は彼女に向けて雷撃を放ってくる。突然の事に避ける間もなかったアヤセ達は、雷に打たれ気を失い、その場に倒れてしまう。

意識を失ったアヤセ達は、「フィレモン」と名乗る不思議な男と出会う夢を見る。フィレモンはアヤセ達にペルソナ使いの才覚がある事を認めると、彼女達にペルソナを授け、現実世界へ帰す。

次にアヤセが目を覚ました時、彼女は保健室に居た。近くでは同じように雷に撃たれたP1主人公達が寝ていた。P1主人公達よりも先に目を覚ましたアヤセは、ひとまず学校内をうろつく事にする。すると、突如激しい地震が発生。地震は直ぐに収まったが、直後、今度は御影町内の至るところで悪魔が出現するという異変が起こり始めてしまう。

1215chika
1215chika
@1215chika

Related Articles関連記事

女神異聞録ペルソナ(P1)のネタバレ解説・考察まとめ

『女神異聞録ペルソナ』(めがみいぶんろくペルソナ)は、1996年9月20日にアトラスより発売されたPlayStation用ゲームソフト。 「ペルソナ」を使役する8人の個性豊かな少年少女達が、物語の舞台となる御影町で巻き起こりつつある異変を究明してゆく姿を描くRPG作品。 独自のダークな世界観は過去作と共通しているが、これまでの作品よりも難易度が抑えられ、ライトユーザー向けの作品となっている。

Read Article

女神異聞録ペルソナ(P1)のペルソナ使い・ペルソナ能力まとめ

『女神異聞録ペルソナ』とは、株式会社アトラスの大人気ジュブナイルRPG『ペルソナ』シリーズの1作目にあたるゲーム作品である。巷で噂の儀式「ペルソナ様」を行った事で、ペルソナ能力を手に入れた主人公とその仲間達が、自分達の住む街「御影町」を舞台に起こる異変に立ち向かっていく物語となっている。 主人公と仲間達ペルソナ使いは、それぞれ「ペルソナ」と呼ばれる力を用いてシャドウと戦う。この「ペルソナ」とは、自分の中に眠る「もうひとりの自分」が神や悪魔の姿となって出現したものである。

Read Article

南条圭(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

なんじょうくん/南条圭(なんじょう けい)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイト。南条財閥の御曹司でもある。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、「セベク編」と呼ばれる物語のメインメンバーとなっている。P1主人公達と行った「ペルソナ様」という儀式により、ペルソナ使いに覚醒。ペルソナ使いの力を駆使して、物語の舞台「御影町」で起きる異変について探っていくようになる。

Read Article

ピアスの少年/P1主人公(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

ピアスの少年/P1主人公とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目の主人公である。ゲーム内においての彼の名前はプレイヤーが決める為、ゲーム内での決まった名前は存在しない。本作の舞台である「御影町」にある「聖エルミン学園」に通う男子高校生。ある日、友人達と聖エルミン学園で流行っていた儀式「ペルソナ様」を試した結果、ペルソナ能力を手にする。その後、御影町で起き始めた様々な異変を解決する為、ペルソナの力を使って異変の原因を探っていく事になる。

Read Article

園村麻希(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

マキ/園村麻希(そのむら まき)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。本作の舞台「御影町」にある「聖エルミン学園」に通う女子高生。幼い頃から病弱で、聖エルミン学園入学後もほとんどの日々を病院で過ごす。御影町に異変が起きた事をきっかけに、突然元気になった姿でP1主人公達の前に現れ、彼らを驚かせる。その後、ペルソナ使いに覚醒した麻希は、その力を使い、P1主人公達と共に御影町で起きている異変の原因を探っていく事になる。

Read Article

城戸玲司(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

レイジ/城戸玲司(きど れいじ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイト。物語が始まる半年前に転入してきた無口な転校生。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、「セベク編」と呼ばれる物語の隠しキャラとなっている。御影町で起きる異変について探るP1主人公達と出会った事をきっかけに、ペルソナ使いに覚醒する。異変の犯人である神取鷹久(かんどり たかひさ)に個人的な恨みを持っている。

Read Article

イゴール(ペルソナ)の徹底解説・考察まとめ

イゴールとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』に登場するキャラクターである。『ペルソナ』シリーズ全作品に登場しており、ペルソナ使いである主人公達の活動を手助けしていく役を担っている。1・2ではフィレモンと呼ばれる人物に従っている存在だったが、『ペルソナ3』以降では、不思議な青い部屋・ベルベットルームの主として登場するようになる。長い鼻が特徴のキャラクターとなっており、公式にてネタとしていじられてもいる。

Read Article

桐島英理子(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

エリー/桐島英理子(きりしま えりこ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。本作の舞台「御影町」にある「聖エルミン学園」に通う女子高生。P1主人公/ピアスの少年とはクラスメイトの関係にあたる。帰国子女で、英語交じりの独特な喋り方をするオカルト好きな女子。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、どちらの物語にも参加可能な選択メンバーであり、P1主人公達と共に御影町で起きる異変について探っていく事となる。

Read Article

神取鷹久/アシュラ女王(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

神取鷹久(かんどり たかひさ)/アシュラ女王とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。本作には「セベク編」と「雪の女王編」と呼ばれる2シナリオが存在しており、神取はその両方にボスキャラクターとして登場する。付随するアシュラ女王は「雪の女王編」にのみ登場する謎の仮面の女子生徒と神取が融合して生まれたボスキャラクターとなっている。なお作中での神取の立場は、物語の舞台「御影町」にあるセベク社の支社長。「雪の女王編」では高校生時代の姿で登場する。

Read Article

上杉秀彦(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

ブラウン/上杉秀彦(うえすぎ ひでひこ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイト。赤髪とゴーグルがトレードマークの男子高校生である。陽気なお調子者キャラとしてクラスの人気者だが、少々騒がしすぎるところが玉に瑕。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、どちらの物語にも参加可能な選択メンバーであり、P1主人公達と共に御影町で起きる異変について探っていく事となる。

Read Article

稲葉正男(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

マーク/稲葉正男(いなば まさお)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイト。正義感が強く頼りがいのある少年だが、直情的かつ感情的な性格の為、時折問題も起こす。同じペルソナ使いで徹底した合理主義者である南条圭とは犬猿の仲。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、「セベク編」と呼ばれる物語のメインキャラクターとなっている。P1主人公達と共に御影町で起きる異変について探っている。

Read Article

黛ゆきの(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

ゆきのさん/黛ゆきの(まゆずみ ゆきの)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。本作の舞台「御影町」にある「聖エルミン学園」に通う姉御肌な女子高生。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、「雪の女王編」と呼ばれる物語のメインメンバーとなっている。恩師・高見冴子の身体を乗っ取り、聖エルミン学園を凍りつかせた「雪の女王」を倒す為、ペルソナ使いの力を使い、「雪の女王」の用意した「塔」の守護者達との戦いに挑んでいく。

Read Article

フィレモン(女神異聞録ペルソナ・ペルソナ2)の徹底解説・考察まとめ

フィレモンとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目と2作目に登場するキャラクターである。主人公とその仲間達にペルソナを与える役目を担う。自らの事を「意識と無意識の狭間に住まう者」と称しており、ペルソナの生成や能力強化に大きく関わってくるベルベットルームに住むイゴール達住人を従えている。その正体は、人の心の海より生まれた「人類のポジティブマインド」を具現化した存在。2作目のラスボス・ニャルラトホテプの半身であり、同時に敵対する存在でもある。

Read Article

ペルソナシリーズの音楽・BGMまとめ

『ペルソナ』とは、株式会社アトラスより発売されているジュブナイルRPGシリーズである。全世界累計売上本数が1300万本越えの大人気ゲームとなっている。その人気の理由の1つにあるのが、ゲーム本編を彩る楽曲達の存在がある。魅力的な楽曲で多くのファンの心を掴んでいったペルソナの音楽は、人気が高まった結果両国国技館を舞台にライブを行ったり、リズムゲームまで発売するまでに至っている。ペルソナの魅力を語る上で外せない要点である。

Read Article

目次 - Contents