稲葉正男(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

マーク/稲葉正男(いなば まさお)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイト。正義感が強く頼りがいのある少年だが、直情的かつ感情的な性格の為、時折問題も起こす。同じペルソナ使いで徹底した合理主義者である南条圭とは犬猿の仲。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、「セベク編」と呼ばれる物語のメインキャラクターとなっている。P1主人公達と共に御影町で起きる異変について探っている。

マーク/稲葉正男の概要

マーク/稲葉正男(いなば まさお)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場する男性キャラクターである。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、「セベク編」と呼ばれる物語のメインメンバーとなっている。P1主人公(通称:ピアスの少年)が通う「聖エルミン学園」に通う高校1年生。P1主人公とはクラスメイトの関係にあたる。
正義感の強く頼りがいのある少年だが、直情的かつ感情的な一面も持ち合わせており、それ故に度々問題を起こしてはP1主人公達を巻き込む騒動へ発展させている。
日本有数の巨大財閥「南条財閥」の御曹司で、徹底した合理主義者である仲間のペルソナ使い・南条圭とは性格の不一致から犬猿の仲となっている。

マークがペルソナ使いに目覚めたきっかけは、彼がP1主人公を含む友人らと共に行った儀式「ペルソナ様」にある。このペルソナ様は、マーク達が通う学校「聖エルミン学園」の生徒達の間で流行っている遊びだった。儀式を行うと超常現象が起こるといわれており、その話が本当か検証する為、マーク達はペルソナ様を試してみる事にする。すると儀式が終わったその直後、マーク達の前に白い服を着た少女が現れ、突然マーク達に雷撃を当ててくる。突然の事に避ける間もなかったマーク達は、雷に打たれて気絶してしまう。
意識を失ったマーク達は、そこで「フィレモン」と名乗る不思議な男と出会う夢を見る。フィレモンはマーク達にペルソナ使いの才覚がある事を認めると、彼らにペルソナを授け、現実世界へ帰す。

目が覚めたマーク達は、雷に打たれて倒れた事もあり、ひとまず自分達が住む町「御影町」内にある病院へ診察を受けに行く。その病院には、入学してからほとんど入院したきりになっていたクラスメイト、そしてマークの想い人でもある、マキ/園村麻希(そのむら まき)がいた。自分達の検査も兼ねてマーク達が麻希の見舞いに行くと、彼女の容態が急変。ICU(集中治療室)へ運ばれていってしまう。
麻希の容態を心配したマーク達は、彼女が運ばれたICUの前で治療が終わるのを待つ事にする。だがその時、突然激しい地震が起こる。地震が収まった直後、ICUに運ばれた麻希の事が心配になったマークは、仲間が止めるのも聞かずにICUへ向かう。だがICUのドアが開いた先にあったのは壁で、そこにある筈の治療室は消えてなくなっていた。
驚くマーク達。その時、病院のロビーの方から看護師の悲鳴が聞こえてくる。ひとまず悲鳴がした方へマーク達が向かうと、そこには地下の霊安室からゾンビになって生き返った元患者達が人間を襲っている光景があった。ゾンビ達との戦闘を開始したマーク達は、そこでペルソナ使いとしての力を覚醒。ペルソナを召喚し、ゾンビを撃退する。

一方その頃、病院の外でも「悪魔の出現」という現象が起きていた。御影町で起き始めている異変を知ったマーク達は、ペルソナ使いの力を使って町で起こる異変の原因を探っていく事にするのだった。

マーク/稲葉正男のプロフィール・人物像

性別:男
年齢:高校2年生
学校:聖エルミン学園
身長:167cm
体重:52kg
誕生日:1979年7月11日
血液型:A型
星座:蟹座
CV:石塚堅(PS2版『女神異聞録ペルソナ』)、うえだゆうじ(ドラマCD版『女神異聞録ペルソナ』)、吉野裕行(ドラマCD版『Persona』(PSP版 リメイク『Persona』のドラマCD))

P1主人公が通う高校「聖エルミン学園」の生徒であり、P1主人公のクラスメイト。御影町内にあるクリーニング店の1人息子でもある。作中にて、過保護な母親が居る事が明かされている。母親の事をうっとうしがる素振りを見せてはいるが、御影町で起こる異変を前に母の心配をしている場面もあり、実は母親思いな少年である様子。

正義感に溢れており、人情に厚い。しかし直情的かつ感情的で、さらには短気な一面があり、時々暴走してはP1主人公達をも巻き込む事件に発展させたりする。合理主義な南条とは意見の衝突から喧嘩になりがちだが、その他の友人達との仲は良好の様子。P1主人公に対しても気さくに話しかけてくる。想い人である園村麻希に対しては、緊張や気恥ずかしさからなのか喋りが固くなりがちだったりする。

得意なことは、グラフィティとヒップホップダンス。ストリートカルチャーにハマっており、顔のペイントや黄色いニット帽といったマークのファッションセンスは、このストリートカルチャーに影響されたものだと思われる。近所の同級生を集めて「テイラーズ」というチームを作りあげてもいる。
『女神異聞録ペルソナ』のエンディングロールで明かされる情報によれば、聖エルミン学園卒業後は渡米し、これらの特技を活かしてアーティスト活動をしているという。

マーク/稲葉正男のペルソナ能力

オグン

アルカナは「HIEROPHANT(戦車)」。『女神異聞録ペルソナ』では、『ペルソナ3』以降では主人公にのみ備えられた「複数のペルソナが使用できる」といった能力「ワイルド」が、ペルソナ使い全メンバーに備えられている。その為、初めてペルソナ能力を使った際に召喚するペルソナの事は「初期ペルソナ」と呼び、他のペルソナと分けて呼ぶ形が取られている。
また『女神異聞録ペルソナ』と次作『ペルソナ2』では、ペルソナの召喚毎に決まったSPが消費されるシステムになっている。使うスキル毎に消費SP量が変わってくる『ペルソナ3』以降には存在しないシステムである。

モデルはアフリカ、ナイジェリアに住むヨルバ人の神話に登場する神「オグン」である。軍事、闘争の神、さらには鉄や道具を司る工匠の神として崇められている。司法の神であるともいわれている。西アフリカのベナンやカリブ海の島国ハイチ、アメリカ南部のニューオーリンズなどの民間信仰である「ブードゥー教」の「ロア(精霊)」の1人としても知られる。

見た目は槍を構えた戦士。アフリカ国内にいる民族の戦士をイメージした姿だと思われる。顔面には白い仮面をつけ、緑色の長い神が特徴的なペルソナとなっている。

得意な技は物理系属性と火炎属性の攻撃技。補助系や回復系のスキルは一切覚えない。軍事や闘争の神であるオグンらしい、戦闘に特化したスキル構成が取られている。
弱点属性は、電撃、核熱、衝撃、重力。地震属性の攻撃を50%の確立で反射する。

召喚する際に必要なSPは4。

体当たり

突撃属性の攻撃技。
オグンが初期から持っているスキル。
敵1体に中ダメージを与える事ができる。

怒涛の連打

斧属性の攻撃技。
オグンのランクが2になった時に習得する。
敵1体に大ダメージを与える事ができる。

グライ

重力属性の攻撃技。
オグンのランクが3になった時に習得する。
敵1体に小ダメージを与える事ができる。

マハグライ

重力属性の攻撃技。
オグンのランクが5になった時に習得する。
敵全体に小ダメージを与える事ができる。

マハジオ

電撃属性の攻撃技。
オグンのランクが6になった時に習得する。
敵全体に小ダメージを与える事ができる。状態異常「感電」を付与する場合がある。

マーク/稲葉正男の来歴・活躍

儀式「ペルソナ様」をきっかけにペルソナ使いとなったマーク

仲間達と儀式「ペルソナ様」をしているマーク。

1979年7月11日、御影町内にあるクリーニング店の1人息子として、マーク/稲葉正男は生まれる。その後、何の変哲もない一般家庭の息子として穏やかに育った彼は、中学を卒業後は御影町内にある高校「聖エルミン学園」へ入学。そこでP1主人公を筆頭とした数人の個性豊かなクラスメイト達と出会ったマークは、以降、彼らと一緒に居る事が多くなる。そうしてどこにでもいる「普通の高校生」として高校生活を送っていたが、ある日、友人の1人、ブラウン/上杉秀彦が提案してきた儀式「ペルソナ様」を行った事で、その日々が崩れる事になってしまう。

ペルソナ様は、マーク達が通う学校「聖エルミン学園」の生徒達の間で流行っている遊びだった。儀式を行うと何かしらの超常現象が起こるといわれており、その話が本当か検証する為、マークはP1主人公達とペルソナ様を試してみる事になる。すると儀式は終わった直後、マーク達の前に白い服を着た少女が現れる。驚愕するマーク達を前に、少女は彼らに向けて雷撃を放ってくる。突然の事に避ける間もなかったマーク達は、雷に打たれ気を失い、その場に倒れてしまう。

意識を失ったマーク達は、「フィレモン」と名乗る不思議な男と出会う夢を見る。フィレモンはマーク達にペルソナ使いの才覚がある事を認めると、彼らにペルソナを授け、現実世界へ帰す。

目が覚めたマーク達は、雷に打たれて倒れた事もあり、ひとまず自分達が住む町「御影町」内にある病院へ診察を受けに行く。その病院には、入学してからほとんど入院したきりになっていたクラスメイトでありマークの想い人でもある、マキ/園村麻希(そのむら まき)がいた。マーク達は自分達の検査も兼ねて麻希の見舞いに向かう。麻希は見舞いにきてくれた友人達に喜び歓迎するが、マーク達と話している最中にその容態が急変。ICU(集中治療室)へ運ばれて行く事になる。

麻希の容態を心配したマーク達は、彼女が運ばれたICUの前で治療が終わるのを待つ事にする。だがその時、突然激しい地震が起こる。地震はすぐに収まったが、ICUに運ばれた麻希の安否が気になったマークは、思わずICUの中へ駆け込もうとする。だがICUのドアが開いた先にあったのは壁で、そこにある筈の治療室は消えてなくなっていた。
驚愕するマーク達。その時、病院のロビーの方から看護師の悲鳴が聞こえてくる。ひとまず悲鳴がした方へマーク達が向かうと、そこには地下の霊安室からゾンビになって生き返った元患者達が人間を襲っている光景があった。ゾンビ達との戦闘を開始したマーク達は、そこでペルソナ使いとしての力を覚醒。ペルソナを召喚し、ゾンビを撃退する。

ICUの消失にゾンビの出現、次々と起こる異変に混乱するマーク達だったが、異変が起きているのは病院内だけではなかった。実はその頃、病院の外、御影町内全体で「悪魔」が出現し始める、といった異変が起きていたのだ。御影町で起き始めている異変を知ったマーク達は、ペルソナ使いの力を使って町で起こる異変の原因を探っていく事にするのだった。

1215chika
1215chika
@1215chika

Related Articles関連記事

女神異聞録ペルソナ(P1)のネタバレ解説・考察まとめ

女神異聞録ペルソナ(P1)のネタバレ解説・考察まとめ

『女神異聞録ペルソナ』(めがみいぶんろくペルソナ)は、1996年9月20日にアトラスより発売されたPlayStation用ゲームソフト。 「ペルソナ」を使役する8人の個性豊かな少年少女達が、物語の舞台となる御影町で巻き起こりつつある異変を究明してゆく姿を描くRPG作品。 独自のダークな世界観は過去作と共通しているが、これまでの作品よりも難易度が抑えられ、ライトユーザー向けの作品となっている。

Read Article

女神異聞録ペルソナ(P1)のペルソナ使い・ペルソナ能力まとめ

女神異聞録ペルソナ(P1)のペルソナ使い・ペルソナ能力まとめ

『女神異聞録ペルソナ』とは、株式会社アトラスの大人気ジュブナイルRPG『ペルソナ』シリーズの1作目にあたるゲーム作品である。巷で噂の儀式「ペルソナ様」を行った事で、ペルソナ能力を手に入れた主人公とその仲間達が、自分達の住む街「御影町」を舞台に起こる異変に立ち向かっていく物語となっている。 主人公と仲間達ペルソナ使いは、それぞれ「ペルソナ」と呼ばれる力を用いてシャドウと戦う。この「ペルソナ」とは、自分の中に眠る「もうひとりの自分」が神や悪魔の姿となって出現したものである。

Read Article

イゴール(ペルソナ)の徹底解説・考察まとめ

イゴール(ペルソナ)の徹底解説・考察まとめ

イゴールとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』に登場するキャラクターである。『ペルソナ』シリーズ全作品に登場しており、ペルソナ使いである主人公達の活動を手助けしていく役を担っている。1・2ではフィレモンと呼ばれる人物に従っている存在だったが、『ペルソナ3』以降では、不思議な青い部屋・ベルベットルームの主として登場するようになる。長い鼻が特徴のキャラクターとなっており、公式にてネタとしていじられてもいる。

Read Article

ピアスの少年/P1主人公(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

ピアスの少年/P1主人公(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

ピアスの少年/P1主人公とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目の主人公である。ゲーム内においての彼の名前はプレイヤーが決める為、ゲーム内での決まった名前は存在しない。本作の舞台である「御影町」にある「聖エルミン学園」に通う男子高校生。ある日、友人達と聖エルミン学園で流行っていた儀式「ペルソナ様」を試した結果、ペルソナ能力を手にする。その後、御影町で起き始めた様々な異変を解決する為、ペルソナの力を使って異変の原因を探っていく事になる。

Read Article

南条圭(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

南条圭(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

なんじょうくん/南条圭(なんじょう けい)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイト。南条財閥の御曹司でもある。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、「セベク編」と呼ばれる物語のメインメンバーとなっている。P1主人公達と行った「ペルソナ様」という儀式により、ペルソナ使いに覚醒。ペルソナ使いの力を駆使して、物語の舞台「御影町」で起きる異変について探っていくようになる。

Read Article

園村麻希(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

園村麻希(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

マキ/園村麻希(そのむら まき)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。本作の舞台「御影町」にある「聖エルミン学園」に通う女子高生。幼い頃から病弱で、聖エルミン学園入学後もほとんどの日々を病院で過ごす。御影町に異変が起きた事をきっかけに、突然元気になった姿でP1主人公達の前に現れ、彼らを驚かせる。その後、ペルソナ使いに覚醒した麻希は、その力を使い、P1主人公達と共に御影町で起きている異変の原因を探っていく事になる。

Read Article

桐島英理子(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

桐島英理子(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

エリー/桐島英理子(きりしま えりこ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。本作の舞台「御影町」にある「聖エルミン学園」に通う女子高生。P1主人公/ピアスの少年とはクラスメイトの関係にあたる。帰国子女で、英語交じりの独特な喋り方をするオカルト好きな女子。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、どちらの物語にも参加可能な選択メンバーであり、P1主人公達と共に御影町で起きる異変について探っていく事となる。

Read Article

城戸玲司(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

城戸玲司(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

レイジ/城戸玲司(きど れいじ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイト。物語が始まる半年前に転入してきた無口な転校生。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、「セベク編」と呼ばれる物語の隠しキャラとなっている。御影町で起きる異変について探るP1主人公達と出会った事をきっかけに、ペルソナ使いに覚醒する。異変の犯人である神取鷹久(かんどり たかひさ)に個人的な恨みを持っている。

Read Article

神取鷹久/アシュラ女王(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

神取鷹久/アシュラ女王(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

神取鷹久(かんどり たかひさ)/アシュラ女王とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。本作には「セベク編」と「雪の女王編」と呼ばれる2シナリオが存在しており、神取はその両方にボスキャラクターとして登場する。付随するアシュラ女王は「雪の女王編」にのみ登場する謎の仮面の女子生徒と神取が融合して生まれたボスキャラクターとなっている。なお作中での神取の立場は、物語の舞台「御影町」にあるセベク社の支社長。「雪の女王編」では高校生時代の姿で登場する。

Read Article

フィレモン(女神異聞録ペルソナ・ペルソナ2)の徹底解説・考察まとめ

フィレモン(女神異聞録ペルソナ・ペルソナ2)の徹底解説・考察まとめ

フィレモンとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目と2作目に登場するキャラクターである。主人公とその仲間達にペルソナを与える役目を担う。自らの事を「意識と無意識の狭間に住まう者」と称しており、ペルソナの生成や能力強化に大きく関わってくるベルベットルームに住むイゴール達住人を従えている。その正体は、人の心の海より生まれた「人類のポジティブマインド」を具現化した存在。2作目のラスボス・ニャルラトホテプの半身であり、同時に敵対する存在でもある。

Read Article

上杉秀彦(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

上杉秀彦(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

ブラウン/上杉秀彦(うえすぎ ひでひこ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイト。赤髪とゴーグルがトレードマークの男子高校生である。陽気なお調子者キャラとしてクラスの人気者だが、少々騒がしすぎるところが玉に瑕。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、どちらの物語にも参加可能な選択メンバーであり、P1主人公達と共に御影町で起きる異変について探っていく事となる。

Read Article

綾瀬優香(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

綾瀬優香(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

アヤセ/綾瀬優香(あやせ ゆか)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイトであり、作品発売当時に流行していたコギャルをイメージした女子高生。思った事はそのまま言ってしまう性格をしており、それが原因で問題を起こす事も多い。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、どちらの物語にも参加可能な選択メンバーであり、P1主人公達と共に御影町で起きる異変について探っていく事となる。

Read Article

黛ゆきの(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

黛ゆきの(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

ゆきのさん/黛ゆきの(まゆずみ ゆきの)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。本作の舞台「御影町」にある「聖エルミン学園」に通う姉御肌な女子高生。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、「雪の女王編」と呼ばれる物語のメインメンバーとなっている。恩師・高見冴子の身体を乗っ取り、聖エルミン学園を凍りつかせた「雪の女王」を倒す為、ペルソナ使いの力を使い、「雪の女王」の用意した「塔」の守護者達との戦いに挑んでいく。

Read Article

ペルソナシリーズの音楽・BGMまとめ

ペルソナシリーズの音楽・BGMまとめ

『ペルソナ』とは、株式会社アトラスより発売されているジュブナイルRPGシリーズである。全世界累計売上本数が1300万本越えの大人気ゲームとなっている。その人気の理由の1つにあるのが、ゲーム本編を彩る楽曲達の存在がある。魅力的な楽曲で多くのファンの心を掴んでいったペルソナの音楽は、人気が高まった結果両国国技館を舞台にライブを行ったり、リズムゲームまで発売するまでに至っている。ペルソナの魅力を語る上で外せない要点である。

Read Article

メガテンに近い?ペルソナ1・2の魅力とは【女神異聞録ペルソナ/P2 罪・罰解説】

メガテンに近い?ペルソナ1・2の魅力とは【女神異聞録ペルソナ/P2 罪・罰解説】

『ペルソナシリーズ』は『ペルソナ3』を境にシステムや設定が大きく異なっている。『ペルソナ3』以降はポップで明るい演出を取り入れ、新規ユーザーの獲得に成功した。 一方の『女神異聞録ペルソナ』『ペルソナ2』は派生元の女神転生(メガテン)に近く、また一味違う『ペルソナ』となっている。

Read Article

ペルソナシリーズ歴代主人公の不幸な要素まとめ

ペルソナシリーズ歴代主人公の不幸な要素まとめ

『ペルソナシリーズ』では、主人公や仲間が困難に立ち向かい、成長していく様子が描かれる。主人公はストーリーの導入として序盤から不幸な目に遭っている場合が多い。中でも『ペルソナ2』の周防達哉は最後まで報われないことで有名である。 ここでは『ペルソナシリーズ』歴代主人公の不幸な要素をまとめた。

Read Article

ペルソナシリーズのシャドウとは?由来・元ネタとなったユング心理学を交えて解説!

ペルソナシリーズのシャドウとは?由来・元ネタとなったユング心理学を交えて解説!

『ペルソナシリーズ』に登場する重要な用語である「ペルソナ」や「シャドウ」は、ユング心理学に由来する言葉だ。ペルソナ4では仲間たちが自身のシャドウと向き合うことでペルソナを獲得するという流れになっており、これらの語句がストーリーと密接に関わっている。 ここではユング心理学ではどのように説明されているのかを交えて、「ペルソナ」や「シャドウ」について解説を行う。

Read Article

ペルソナシリーズのおすすめ画像集【P3・P4中心!】

ペルソナシリーズのおすすめ画像集【P3・P4中心!】

『ペルソナシリーズ』はアトラスから発売されているRPG作品だ。登場人物・キャラクターが「ペルソナ」と呼ばれる人の心の奥底にある「もう一人の自分」、別人格の具現化した特殊能力を使役する点が特徴的で、世界的な人気を誇るシリーズとなっている。 ここでは『ペルソナ3』『ペルソナ4』を中心に、シリーズのおすすめ画像をまとめた。

Read Article

目次 - Contents