Getting Over It with Bennett Foddy(ゲッティングオーヴァーイット)のネタバレ解説まとめ

PCゲーム「Getting Over It with Bennett Foddy」は、Jazzuoが発表した「Sexy Hiking」というゲームをモデルに、ベネット・フォディが作成したゲーム作品。壺に入ってハンマー一本のみを持った男・ディオゲネスを操作し、山の頂上を目指して登って行く。ハンマーを使って登って行く操作が非常に難しく、プレイヤーを苦戦させた。独特のある世界観と、癖のある操作性が人気になり、瞬く間に大ヒットしたゲームの一つ。

このゲームはハンマーを引っかけて上を目指していくゲームだ。
また、引っかけるタイミングを焦ってしまうと、屋根に当たり、下に落とされるので丁寧に行った方がいい。
屋根の上には「鐘」のようなものがあるのだが、そこで突然こうもりが飛び出してくる、超びっくり要素があるので心してかかると良い。
鐘を超えるためには、鐘の横に出っ張りがあるので、ハンマージャンプで引っかけてから、もう一度ハンマージャンプをする。
ここも勢いが良すぎると滑り台まで戻されてしまうので、注意が必要。

そして、ここを乗り越えると、セーフゾーンがある。
しばらくの間は、ミスをしてもこの地点から後ろに戻ることはまずないため、少し肩の力を抜いておく。
この先からは、かなりの難易度なので、失敗を重ねてうまく上ることが鍵になる。

帽子の岩

今まで乗り越えてきた中でも、慣れるまではものすごく難しいこのステージ。
ここのステージも、先ほど出てきた「みかんの崖」と同じく、ギリギリだが引っかかる場所がある。
ハンマージャンプを利用して引っかけるのだが、一瞬でも力んで体が浮いてしまうと引っかからないので「岩に体とハンマーを張り付く感覚」で引っかけると進むことができる。
登りきると、なぜか帽子があるが、特に気にせず乗り越えるだけで大丈夫だ。

金床

すぐに金床があるステージがある。ここは、この金床からハンマージャンプを利用して、崖に引っかけるんだが、勢いよく引っかけてしまうとはじかれてしまうため、難しい。
この金床は、崖の下にちゃんと足場があり、復帰が可能なので何度でも失敗ができる。
引っかけたら一旦登り、また、ギリギリ引っかける。そのあとにハンマージャンプで登りきることができる。

岩ジャンプ

ここのステージは、ハンマージャンプをフルに利用して進むことができる。
1個目の岩にはハンマージャンプで乗り、2個目の岩では、ハンマージャンプではなく、ハンマーを回転させることによって横に移動する。横異動で飛び過ぎずに済む。3個目の岩にはハンマージャンプを利用する。
万が一落ちても、一番下からということは無いので安心して進める。

バケツ

ハンマージャンプを利用して、バケツにハンマーを引っかけ、バケツを少し揺らしてから、左の板に引っかけて進むのだが非常に難しい。
初めのうちは、バケツを揺らそうとして落下してしまうので、かなり苦戦するだろう。
コツとしては、一番右に体を寄せ、左に大きく揺するイメージで進む。

木に引っかけることができたら、一番上にハンマージャンプを利用して引っかけ、そこから右に大きくジャンプすることで登ることができる。

氷の坂

この坂は、体力を非常に持っていかれるので、いったん休憩してから挑むことをオススメする。
登ってみると分かるのだが、みかんの崖と同じように「ギリギリ引っかかる場所」がある。
引っかけて手前に引き寄せて進むのが、ここのステージをクリアする鍵となる。
ここは、今までと違い高速でハンマーを回さなくては行けないため、腕を持ってかれる、そして疲れる。
氷の坂が途切れてきて、岩が見えてきたら、ゆっくり引っかけて登りきることができる。

電波塔

とても長いステージだったが、実質この電波塔が最後の難関となる。
電波塔に引っ付いている、受信機のようなものに引っかけて進んでいくのだが、威力が強いとぶっ飛ばされてしまうのでここでも慎重に進むようにする。順番に一つずつ丁寧に上るとクリアできる。
1段目はハンマージャンプで引っかける。
2段目はフェンスのようなものに引っかけて一度着地をする。
3段目はその場で引っかけて着地。
4段目はハンマージャンプで浮いて引っかける。
5段目もハンマーを引っかけて着地。
そこから思いっきりハンマージャンプをすることで電波塔はクリアだ。
また、一番上まで登る必要はない。

ゴール

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents