うたプリの登場人物が個性的で面白すぎる(ST☆RISH編)

乙女ゲームの中でも長い人気を誇る「うたの☆プリンスさまっ♪」。
その人気の秘密は個性的な登場キャラクターにあった。
トラウマから天然まで様々な個性を秘めたプリンスたち。
今回はその中でもメイングループとなるST☆RISHのキャラクターについて解説する。

しっかり者でST☆RISHのツッコミ番長。
身長は低いが(身長161cm、帽子でサバを読んでいる可能性あり)、男気全開な熱い男。
歌唱力が少し残念なところ・身長低め・ダンスが得意・バラエティ得意な点から中居(元SMAPの中居を指す)枠と言われている。
スポーツバラエティやアクティブな仕事をこなす彼だが、実は生まれつき心臓病を持っており小さいときは入退院を繰り返していた。
同事務所の日向龍也を尊敬しており、アイドルを目指すきっかけともなった。
得意楽器はヴァイオリン。

憧れの日向龍也と大好きなドラマ「ケンカの王子様」シリーズで共演

女装でモデルデビュー

ゲームの翔ルートでは女装した翔が社長命令で小傍唯(こそばゆい)としてモデルデビューする。
謎の美少女として人気を集めるが、引退した模様。

歌が残念

ラジオでいじられる下野紘(来栖翔の声担当)

声優の下野紘(しものひろ)はゲームのキャラソンをレコーディングする際、スタッフから「翔はとにかく元気に歌ってください」と言われたそう。
その結果、中居感がそこはかとなく漂う歌声が完成した。
うたプリの声優陣でトークする際もいじられることが多い。
上はラジオで2期オープニングの翔パートがいじられている。

翔のキャラクターソング。確かに中居感があるような気もしなくもない。

那月から愛されまくっている

同じST☆RISHの四ノ宮那月(しのみやなつき)とは幼馴染。
スキンシップが激しく、すぐに抱きつく那月の標的になるのは大概翔である(なぜなら那月の中で”翔=小さくて可愛い”という方程式が出来上がってるため)。
その破壊力は凄まじいものらしく、毎回窒息しそうになっている。
暴走する那月を止める役は翔が引き受けている。

四ノ宮那月(しのみやなつき)

温厚で心優しき性格の青年。
可愛いものが大好き。可愛いもの・人を見るとすぐに抱きついてしまう癖がある(握力がはんぱない)。
得意楽器はヴィオラ。
身長186cmとST☆RISHの中で一番の高身長。
普段は天然だが音楽に関しては天才的とメンバーにも認められる才能の持ち主。
高い歌唱力とビブラートが特徴。

大好きなピヨちゃんのCMに出演

二重人格

砂月のシーンをまとめた動画

普段温厚な那月だが眼鏡を外すと「砂月」(さつき)というもう一人の人格が現れる。
砂月になると狂暴化して物を破壊したり、キレやすくなる。
那月が多重人格になったのは過去に自分の作った曲を信頼していた音楽教師に盗作されたことが原因。
もう誰からも傷付けられたくないという思いから砂月という強い人格が生まれた。
砂月になっているときの記憶は那月にはない。

料理が並外れた料理センス

無駄に女子力の高いエプロン

ぴーすたん
ぴーすたん
@go-103405396180609142743

Related Articles関連記事

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%(うたプリ 第2期)のネタバレ解説まとめ

本格的にアイドルとしての芸能活動を始めた、アニメ第1期のその後のストーリー。作曲家として奮闘する七海春歌、そして本格的にアイドルとして活動を始めたST☆RISH。彼らの前には教育係の先輩が現れたり、新たなメンバーが加入。ST☆RISHにとって新しい環境でのスタートになる。

Read Article

うたプリの主人公たちが個性的で面白すぎる(QUARTET NIGHT編)

うたのプリンスさまアニメ第2シリーズから登場した先輩グループQUARTET NIGHT。ストーリーの主軸であるST☆RISHに負けない濃いキャラとストーリーでファンの心をがっちりつかんだ。3枚目でグループのまとめ役・寿麗二、ミステリアスな美少年・美風藍、伯爵家出身で高貴なオーラ漂うカミュ、ワイルドな魅力がセクシーな黒崎蘭丸。異なった個性を持つQUARTET NIGHTの4人について解説する。

Read Article

うたプリの主人公たちが個性的で面白すぎる(HE★VENS編)

『うたの☆プリンスさまっ♪』アニメ2期から登場したHE★VENS(ヘブンズ)は、ST☆RISH(スターリッシュ)やQURTET NIGHT(カルテットナイト)が所属するシャイニングのライバル事務所であるレイジング・エンターテイメント所属のグループ。その斬新なパフォーマンスやメンバーの行動は、まさにうたプリの問題児。 今回はそんなHE★VENSの7人について解説する。

Read Article

目次 - Contents