メイドインアビス(Made in Abyss)のネタバレ解説まとめ

「メイドインアビス」とは、「つくしあきひと」による漫画作品。2017年にキネマシトラス製作でアニメ化した。アビスと呼ばれる巨大な縦穴を舞台にした冒険ファンタジー作品で、可愛らしい絵柄と美しい背景とはギャップのある過酷な冒険が描かれる。探窟家に憧れる主人公の少女「リコ」は、記憶を失ったロボットの少年「レグ」と共にアビスの底を目指す。

『メイドインアビス』の概要

『メイドインアビス』とは、「つくしあきひと」による漫画。
竹書房のウェブコミック配信サイト「WEBコミックガンマ」で連載し、コミックが発売されている。
2017年にキネマシトラス製作でアニメ化。
美術監督はジブリ作品で美術背景を数多く担当している「増山修」が勤めた。
オープニングの最後のカットはストーリー進行により変更され、全4枚。
エンドカットは竹書房の作家人によるイラストが提供された。
最終回は1時間スペシャルで放送された。
アニメ公式サイトでは、リコ役の富田美憂とナナチ役の井澤詩織がパーソナリティのラジオの配信されている。

コミックは、簡体字中国語・版繁体字中国語・版英語版が発売された。
2017年に竹書房の作家達によるアンソロジー「メイドインアビス公式アンソロジー 度し難き探窟家たち」も発売された。

「アビス」と呼ばれる大穴の表層部にある町オースの孤児院に住む主人公「リコ」は、アビス探窟の最中にロボットの少年「レグ」に出会う。
リコとレグは孤児院を抜け出し、アビスの底を目指し探窟に出る。
温かみのある可愛らしい絵本のような絵柄であるが、ストーリーの内容は冒険の楽しさと過酷さ両方が描かれ、残酷な描写も包み隠さず表現される。
世界観は作り上げられたファンタジー溢れる設定で、背景が美しく緻密に描写されている。
本作はオリジナルエピソードを交えながら、原作エピソードのウサギの様なキャラクター「ナナチ」が仲間になる所までが描かれた。

一話のエンドカード。イラストは「ぼのぼの」の「いがらしみきお」。

12話のエンドカード。イラストは「ポプテピピック」の「大川ぶくぶ」。

『メイドインアビス』のあらすじ・ストーリー

アビスへの旅立ち

物語の舞台となる巨大な縦穴「アビス」は、深度2万メートルとも言われ、人類が底まで辿り着けない未踏の地である。
アビスの縁に作られた町「オース」は、アビスに降りて探索を行う「探窟家」の住む町である。
探窟家たちはアビスから「遺物」と呼ばれる不思議な力が秘められた人工物を持ち帰り、日々の糧にしていた。
しかしアビスの中では人を襲う生き物や、「アビスの呪い」と呼ばれる上昇負荷から来る体の不調など、探窟家は命がけの冒険を強いられる。
アビスは深界一層二層三層と続いて行き、七層の後には極点と呼ばれる詳細不明の空間がある。
アビスの深部へ行けば行くほどアビスの呪いは強くなり、六層以降は一度潜ったらもう二度と出られないと言われている。
それでも探窟家がアビスを目指すのは、そこに未知のロマンがあるからであった。

主人公「リコ」は、オースの孤児院で暮らしている12歳の探窟家見習いである。
探窟家にはランクがあり、探窟の際に首から提げる笛の色によってランクが分かるようになっている。
見習いのリコは「赤笛」であった。
リコの母は、この世に数人しか居ない最高ランク「白笛」の探窟家「ライザ」であった。
リコはライザが現在も探窟しているアビスに強い憧れを持ち、自分も早く母と同じようにアビスの探窟がしたいと思っていた。
孤児院の子供達はアビスへ行き、自分達の日々の糧とするための探窟の仕事をしていた。
リコは孤児院の仲間であるナットと共に、深界一層で探窟をしていた。
すると、深界一層には居ないはずである生き物「ベニクチナワ」が現れ、リコとナットは襲われてしまう。
ナットは気絶し、リコはナットを助けるために囮になりベニクチナワに追い詰められる。
もうダメかと思われたその時、何者かが熱線で攻撃し、リコを助けた。
その人物はリコと同じくらいの年恰好の少年で、攻撃後に気絶をして倒れていた。
少年は人間ではなくロボットであり、リコはひとまず少年を孤児院へ連れ帰った。

リコはアビスでロボットの少年レグと出会う。

孤児院はルールが厳しい所であり、リコはナットそして同じく孤児院の仲間の「シギー」と「キユイ」の協力を得て、自室にこっそり少年を連れ込んだ。
もしロボットの少年を拾ったと大人にバレてしまったら、少年もアビスで回収した遺物として持っていかれてしまうかもしれないからである。
リコたちの探索隊のリーダーでありリコたちの先生のような存在でもある「ジルオ」は、リコの行動を怪しむが、少年を隠し通すことが出来た。
ロボットの少年はとても頑丈で、リコが色々な拷問のような方法で起こそうとしたが傷一つ付かず、電気によって目が覚めた。
少年は記憶を失っており、自分が何者で何処から来たのかも分からず、自分がロボットである事も最初は自覚していなかった。
リコは少年に「レグ」と名づけた。リコの昔飼っていた犬の名前から付けた物であった。
リコはアビスの中で見つけたレグを、アビスの底から来た存在なのではないかとレグに語る。
レグはアビスの事も忘れていたのである。

シギーは、レグにアビスについての話をする。
アビスでは「アビスの呪い」と呼ばれる上昇負荷で起こる体調不良が起こる。
深界一層では軽い眩暈・吐き気、深界二層では重い吐き気・頭痛・末端の痺れ、深界三層では吐き気などに加えて平衡感覚の異常・幻覚・幻聴、深界四層では全身の激痛・穴と言う穴からの流血、深界五層では全感覚の喪失・意識の混濁・自傷行為、深界六層では人間性の喪失・死、深界七層以降では確実な死、など深くなるにつれ命に関わる異常が起こる。
リコは深界一層の時点で吐き気に襲われていたが、ロボットであるレグはこれらとは無縁のものであった。
レグの体は刃を通さず、髪の毛は燃えず、腕は40メートルほど伸び、食べ物でも電気でも動く動力源で動いている。
そのため、レグは遺物の中でも一番ランクの上である特級遺物、奈落の至宝(オーバード)と呼ばれているものである可能性があるのであった。
レグが遺物であると分かると大人たちに回収され解剖されたりする可能性があるため、リコたちは一芝居打ちレグを人間として孤児院に入れる芝居を打った。
芝居は成功し、レグは孤児院の仲間になり、探窟家のタマゴの赤笛よりもランクが下の「鈴付き」となった。
そして2ヶ月が過ぎ、レグは赤笛へランクアップした。

丁度その頃、アビスへ探索へ行っていた探窟家達がアビスの中で、ある「白笛」を発見し戻ってきた。
その白笛は「殲滅卿」「殲滅のライザ」という異名を持つリコの母ライザのものであった。
町はライザの魂が戻ってきた復活祭を行い、賑わうのであった。
リコはライザの弟子であったジルオからライザについての話を聞く。
リコは小さい頃に孤児院に預けられいるため、母の事を覚えていないのである。

深界六層以降は白笛さえも帰還困難な場所であり、六層以降へ行くことは「絶界行(ラストダイブ)」と呼ばれ、一般的にこの行為は片道切符の死を意味する。
ライザのラストダイブはリコが二歳の頃であった。
ライザがリコを生んだのは、国の特命で特級遺物の回収へ深界四層に行った時のことであった。
一緒に探窟に行った探窟家たちが次々と死ぬ非常に苛烈な探窟となり、白笛より一つランク下の黒笛であったリコの父「トーカ」もここで命を落とした。
そんな中で生まれたのがリコであった。
赤子が六層の負荷に耐える事は出来ないが、リコはライザの持ち込んだ呪い除けの籠によって守られた。
しかしその呪い除けの籠はとても重いもので、ライザと生き残ったもう一人の探窟家だけでは特級遺物とリコ両方を町へ持って帰る事は困難であった。
ライザは、一つあれば街が潤うと呼ばれている程価値のある特級遺物を諦め、リコの命を選んだ。
名誉・富・仲間・信頼など全てを手放してでも、娘であるリコを守りたかったのである。
だが呪い除けの籠では完全にアビスの呪いを防ぎきれず、リコには目に呪いが残る形になってしまった。
視力に異常は無いが、水晶板(眼鏡)を通さなければ頭痛を起こしてしまうのである。
リコはその後、ライザの笛と共に発見された封書を見る許可が下りる。
そこにはリコが図鑑で見た事がないアビスの生き物達、そしてレグのような人間の絵が書かれており、さらに「奈落の底で待つ」という文字が書かれているのであった。
リコはこれを自分へのメッセージだと受け取り、アビスの底へ行けばライザに会えるのだと確信を持つ。
リコは直ぐにでもアビスへ向かうべきだと決意し、ナットたちにアビスへ行く計画を話す。
ナットは赤笛のリコが一度アビスへ行ったらもう二度と戻って来れないと大反対するが、レグはアビスへ行けば自分の事が分かるのでは無いかと、リコに理解を示す。
既に荷物をまとめアビスに行く準備を終えたリコに、レグも自分も一緒にアビスへ行くと申し出る。
レグが腕を伸ばして移動し、リコを守りながらアビスを降りていくという計画であった。
シギーもリコの熱意に負けリコを応援する側となり、リコとレグがアビスへ降りるならまずは深界二層を目指すように言う。
赤笛がアビスへ降りれば捜索隊の追っ手が掛かるが、二層まで行けば自殺扱いとなり捜索もされないのである。
これまでに白笛以外の者が深界六層まで降りた事があるかどうかは不明であるが、白笛以外の者が街へ電報を送っても、アビスの呪いで正気を無くしている可能性があるため、正規の情報としては扱われない。
実力のある白笛だからこそ、六層へラストダイブしてからの情報も、後に続く探窟家に有益な情報として記録されるのである。
その話を聞いてリコはライザの手紙は真実だと思い、アビスへ行く決意を固める。
しかしナットはそんなリコに、ラストダイブ後から10年以上も行方不明のライザはもうとっくに死んでると言ってしまう。
リコとレグは皆が寝静まった真夜中の間にすぐに出発となり、ナットとは喧嘩したままお別れとなってしまう。
レグは廊下でジルオに会う。
ジルオはリコが部屋に居ないが何処へ行ったのかとレグに尋ね、レグがトイレに行ったと誤魔化すと、何かを見越したように「ついて行ってやれ」と言った。
夜明けを向かえ、リコたちはオースのスラム街のような場所である岸壁街からアビスに降りることにした。
するとナットが申し訳無さそうに現れてリコに謝り、リコはもうこれで最後だからとナットを許した。
ナットは岸壁街生まれであるため、リコたちを案内した。
ナットはアビスへ行くリコに別れを告げようとするが上手く言葉にできずに泣いてしまう。
リコは例え会うのがこれで最後になったとしても、アビスで繋がっているからと涙し別れを告げた。
そしてリコとレグはアビスへ降りていくのであった。

リコとレグはアビスへ向かった。

深界一層

ジルオが鞄に入れた封筒には、「夜明けと共に捕まえに出る」という警告文が。

リコとレグはまず二層まで誰にも見つからずに目指す事にし、食事を始める。
するとレグは出発前に鞄に見知らぬ封筒が入っていたと話し、リコに封筒を渡した。
封筒にはリコが見たライザの書いたメモの複製が入っていた。
レグは封筒を鞄にこっそり入れたのはジルオなのではないかと言う。
つまり旅立つ日にジルオはリコとレグがアビスへ行こうとしている事を察していたが言及せず、見逃すという形で送り出してくれたのである。
しかし、封筒の中には赤い紙に「夜明けと共に捕まえに出る」という警告文も入っていた。
二人は顔を青くし、すぐさま二層へと出発した。
リコはジルオが捕まえに来る事をジルオからリコへの最後の授業と受け取る。
ジルオは初めからレグがロボットである事も知っていてずっと見逃していたのかもしれない。
二人はジルオに応えるためにも絶対に掴まらずに二層まで行くことを決意した。
だが、何者かの視線と気配を感じ、二人は探窟家が直ぐ近く似る事に気づく。
二人の目の前に現れたのは、孤児院の子供たちとも仲良しの黒笛「ハボルグ」であった。
リコとレグは焦って逃げようとするが、ハボルグは二人を捕まえに来たのではなくナットとシギーに二人を二層まで連れて行って欲しいと頼まれていた。
そして何よりレグが奈落の至宝だと聞いて、レグを自分の目で見に来たのであった。
ハボルグは二層まで一緒に行くと言うが、リコはこれはジルオの最後の授業だから断り、レグとリコだけで二層を目指すと言う。
ハボルグは了承し、二層に行くための予防接種と食べ物を渡し、さらに二層に設けられた施設「監視基地(シーカーキャンプ)」にいる白笛「不動卿動かざるオーゼン」に気をつけろと忠告し、二人を送り出した。
オーゼンはリコ自身が知らないリコについての秘密を何か知っているようである。

深界ニ層

リコはレグの攻撃を「火葬砲(インシネレーター)」と名づける。

二人は無事二層に辿り着き、リコは追っ手がもう来ない事を喜んだ。
しかし、ここから先は人間ではなくアビスの生き物たちから追われることになるのであった。
か弱い人間はアビスの生き物にとって餌なのである。
二人はまず、監視基地を目指す事にする。
すると、人間の助けを求める声が聞こえてきて、二人が行って見るとそこには空を飛ぶ生き物「ナキカバネ」に襲われている人が居た。
助けに行こうとするレグであるが、ナキカバネは獲物の助けを求める声を真似し新たな獲物をおびき寄せる習性がある、つまり罠だとリコは言う。
二人は草陰からナキカバネを観察していたが、二人が見ていたナキカバネとは別の個体がリコを攫ってしまう。
ナキカバネの数が多くレグは上手く手を伸ばすことができずに焦り、リコは上昇負荷によって気絶しナキカバネの雛達の餌にされそうになっていた。
レグはリコに出会った時に使ったという熱線を出す技を自分が使える事を思い出し、力の限り撃った。
その力は想像を絶する破壊力で、危うくリコすら巻き込んでしまうところであった。
目を覚ましたリコは攻撃の後を見て、自分を助けた時はもう少し的を絞れていたことを話し、レグは本来この技をちゃんと操れるのだと語った。
そしてリコはこの技に「火葬砲(インシネレーター)」と名づけた。
レグは体力を消費したのか二時間ほど眠りについてしまい、リコがナキカバネに捕食されてしまう夢を見た。
目が覚めるとリコは無事で、二人は食事をする。
リコが用意した肉はレグが仕留めたナキカバネの肉で、ナキカバネは人間を捕食するためその肉を食べるという行為にレグは戸惑う。
しかしリコは、探窟家を食べる生物は多く、彼らの血肉は生き物から再び探窟家の血肉となり、探窟家はそうやって強くなるのだと話した。

二人は二層の最下部「逆さ森」にある、監視基地に辿り着いた。
逆さ森とは名前の通り木々が上下逆さに生えている場所である。

監視基地(シーカーキャンプ)

不気味な白笛の女性、オーゼン。

監視基地に行くと、大柄で白笛の女性「オーゼン」と、メイド服を来た蒼笛の(恐らく少年)「マルルク」に出会う。
オーゼンはライザの笛を発見した人物で、リコが生まれた時にライザと共にリコを地上まで運んだ人物でもある。
リコとレグは同じ年頃のマルルクと仲良くなり打ち解ける。
リコはライザについての話をオーゼンから聞いたら直ぐに旅立つつもりで居たが、とりあえず泊まっていく事になった。
その夜、リコがトイレを探し監視基地内を歩いていると、死体のような動く謎の生き物を見てしまう。
翌日、リコがその話をレグたちにしていると、オーゼンが何か知っているようでリコたちを私室に呼ぶ。
オーゼンはライザを追ってアビスに来たリコに対し、オーゼンがライザの笛を発見した場所はライザが好きだった場所に立てられた墓であること、そしてリコが見たライザの奈落で待つという封書はライザの字では無いと告げる。
「ライザは死んだのに何故アビスを目指す必要があるのか?」とオーゼンはリコを追い詰めるように問いかける。
オーゼンの私室には白い四角い物体があり、それはライザが生まれたばかりのリコを入れた呪い除けの籠であった。
この籠に入れると呪いを受けなかったため、呪い除けの籠と呼ばれていた。
しかし実際には籠の中に死骸を入れると、死んだものが動き出すという物であった。
実はリコは死産であり、籠に入れた時には既に死んでいた。
つまり、死産で生まれたリコは籠の中で生き返ったのである。
昨晩リコが見た謎の生き物は、オーゼンが入れた食用の肉でその半身が施設内をうろついていたのである。
そして、死産から生き返ったリコも昨晩の肉も、何故かアビスの中心に向かおうとするのである。
オーゼンのする怖ろしい話に、マルルクは泣き出し、レグはこれ以上リコを傷つけないでくれと言う。
レグとオーゼンは戦闘になり、二人を止めようとリコが飛び出すと、オーゼンはリコを弾き飛ばしリコは頭を怪我して気絶した。
マルルクはその隙を付き、何処かへ走っていった。
レグはこのままではリコが危ないと感じ、オーゼンに火葬砲を撃とうする。
しかしオーゼンに火葬砲を撃つ腕を捕まれ、気絶したリコの方へ向けられてしまう。
咄嗟にレグは腕を蹴り上げ火葬砲はリコに当たらずに済むが、オーゼンは武装し、レグは一方的に殴られ気絶してしまう。
レグが目を覚ますとリコとマルルクとオーゼン、そしてオーゼンをリーダーにした探窟隊「地臥せり」がいた。
マルルクが地臥せりを呼んだため、オーゼンを止めてくれたのであった。
しかし、そもそもオーゼンは未熟なリコとレグを試したのであって、本気で二人を殺そうとしたわけではないようであった。
そしてライザの墓を発見したというのは嘘で、その墓には誰も埋まっていなかったのであった。
レグはナットやシギー、ハボルグなどにリコを守ると約束したが、オーゼンを相手に歯が立たずリコを守れなかったのである。
オーゼンはリコとレグに二層から先へ行くための試練を与える。
それは、監視基地のさらに奥の森で、10日間二人だけで生き抜くことであった。
オーゼンはレグに気絶するリスクがある火葬砲は使わないこと、使うとしたら覚悟を持ち徹底的に敵を倒しきるように言う。
そうでなければレグが気絶した後の二時間でリコはアビスの生き物の餌食になってしまうのである。
リコとレグは火葬砲を使わずに知恵を絞って狩りをし、10日間無事に生き延び、監視基地へ戻った。
アビスの中と地上では時間の流れに差があり、アビスの数年が地上の十数年になることもあるという話をリコとレグはオーゼンから聞く。
つまり、ライザがラストダイブしてから地上では10年以上が過ぎているが、ライザ本人の体感は数年程度かもしれない、だとしたらライザの生存も見込めるのである。
特に五層にはその時間の差が顕著に出るが、五層には三人の白笛が滞在しているため、あまり長く居ないようにとオーゼンは警告する。
白笛たちは冒険者にとって憧れの存在であるが、オーゼンのように一癖も二癖もある危険人物も多いようである。
そしてオーゼンは、ライザの墓と言った場所に刺さっていたライザの武器「無尽槌(ブレイズリーブ)」をリコに渡す。
ブレイズリーブには尽きない火薬が込められたツルハシのような武器で、既に少し壊れかけているが、威力は確かな武器であった。
もしもの時火葬砲を撃ってしまっては逆にピンチになるため、後数回なら問題なく使えるこの武器を使うように言った。
オーゼンは最後にアビスを降りるために必要な情報を二人に話した。
二人は、マルルクと地臥せりに見送られ監視基地を後にした。
オーゼンはライザとの記憶に思いを馳ていた。
ライザは、リコが白笛で名を馳せている自分の娘だとバレたら、営利誘拐されるなどの被害に遭う可能性もあるため、弟子のジルオに託し孤児院に預けた。
ライザがアビスから離れリコを育てる道もあったが、それだとリコが将来アビスへ行きたいと思った時に自分の存在が足枷になってしまうかもしれない。
そしてライザ自身も、アビスの探窟を止めたくはないのである。
リコの選択肢を奪わず、自分もアビスから離れない、即ちライザはリコをアビスで待つ事を選んだのである。
ライザはもしリコがオーゼンの前に現れたら、リコの生い立ちを教えてあげること、そしてアビスの探窟という冒険の楽しみ方を教えて欲しいと言う。
オーゼンはリコをライザの元へ送り出すくらいのことはする、と約束したのであった。

深界三層

三層は断崖絶壁で、外側には大きな飛行生物、内側の小さい穴には小さい生物が住んでいる。

監視基地を後にした二人は、第三層に到着する。
三層は4000メートルを越える垂直の壁が続いており、壁にある小さな穴にはアビスの生き物が、外側には大型の飛行生物が居た。
二人は子供が通れるくらいの小さな穴から進んで行くが、大型の生物マドカジャクの巣に立ち入ってしまう。
レグは火葬砲でマドカジャクを倒し、自分が気絶してしまう前にリコにすぐに逃げるように言うが、そこにベニクチナワが現れる。
このベニクチナワはリコとレグが出会った時にレグが火葬砲で追い払ったベニクチナワで、どうやら二人を覚えていて襲ってくるようであった。
リコとレグはどうにか小さい穴に逃げ込み助かるが、そこでレグは火葬砲撃った代償で気絶してしまう。
リコはレグを引きずりながら、とりあえず穴から出られる出口を目指した。
漸くリコが出口を見つけるがそこには急な登り坂があり、リコは坂を上ることで深界三層の上昇負荷である平衡感覚の異常と幻覚・幻聴などの症状を発症する。
上昇負荷は上り坂や階段など、現在地より上へ上がる行為に掛かるのである。
ライザが自分を連れて地上へ帰る幻覚を見るがそれらを振り切り、満身創痍になりながらもリコは坂を上りきるのであった。
だがそこにはベニクチナワが先回りしており、リコはオーゼンから貰ったブレイズリーブで撃退しようとする。
すると丁度レグが目を覚まし、リコはブレイズリーブをレグに渡し、レグがブレイズリーブでベニクチナワを撃退した。
リコはレグが寝ている間一人で冒険した事でレグの大切さを再度実感し、レグもまたリコが居なければこんな所まで来る事は出来なかったと思うのであった。
そして二人は深界四層へ到着した。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents