味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

20121108 253641

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

「キン肉マン」▶︎ウォーズマン

Middle 1179660655

出会った頃は、こんなにも強いb
笑っただけで、こんなにも歓声がわいていたというのに・・・

O0480036011390014918

先に行けーー!!じゃねーわ・・・。
持ち前の強さなら、おちゃのこさいさいのはずなのに・・・。

「ダイの大冒険」▶︎クロコダイル

B v8dbzuuaa6eth

クロコダインと一口に言っても、獣王ですよ!獣王!!
出会った当初は3人がかりでも、めちゃくちゃ苦戦を強いられました。そんなクロコダインですが、気に入ってくれて、仲間になってくれたところまではよかったのですが・・・

20121108 253641

しかしながら、現実はこうでしたww
度々やられて(というか、もはややられキャラなのか。やられたのを、ダイやポップが救うフラグ)、使い物にならないパターンが多々。

09ffa141

うわ、よーわっ・・・。
姫「クロコダイーーーン!!」
クロコダイン「フラグは作った・・・あとは、お決まりのルートで・・・b」
ダイ&ポップ「・・・」

「ドラゴンボール」▶︎ピッコロ

530px %e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b6%e6%88%a6%e3%81%ab%e5%88%b0%e7%9d%80%e3%81%97%e3%81%9f%e3%83%94%e3%83%83%e3%82%b3%e3%83%ad

ピッコロも、ですねぇ。
初期の頃は神龍殺したり、めちゃくちゃ強キャラでした。

D7fd24871eb63773bcb9b30c2a7f6dc8

ラディッツとピッコロの初遭遇時の戦闘力b
もっとも、戦闘力って結局どこまでいけば強いんですかね???

2ea60a5d863de1a0ac9a618251d11002

ーーって考えると、ピッコロがいかに雑魚キャラなのかが明白ですね。
というより、数字間違えて取り返しつかなくなったパターン、じゃないんですかね???

728ba6f3f7d3e42ae31b914f9d3a5d94

魔王なのに?大魔王なのに??
そんな他人をかばって被弾したくらいで、こんな致命傷になりますかね。
ピッコロ「死ぬな・・・よ・・・。御・・・飯・・・」
御飯 「・・・ピッコロよわっ」

「キャプテン翼」▶︎三杉、松山、他にもいますが・・・

710cf8140e9f2b25afd7b2c82bb37e61

三杉くん。
きゃーーーと言われていたのは、もはや最初だけだな・・・。

O0480038812754873026

松山くん。
なんだろう、どうして必死感が出て来てしまうのだろう・・・

O0418050112754873030

松山くん続き。
で、結局ドライブシュートをとめられず、こんな感じになってしまう・・・

ドラクエ▶︎はぐれメタル(ネタ)

Item image1

はぐれメタル(敵の時)
HP6
MP∞
攻撃61
守備1024
素早さ150



はぐれメタル(加入時)
HP6
MP30
攻撃61
守備255
素早さ150

これもあるあるですよね、ゲームですけど。

ジャンプ縛りでも、他にもたくさんいると思います。
アニメや漫画、ゲーム好き同士の友人と、ちょっとしたネタになりますね。

fallen
fallen
@fallen

Related Articles関連記事

DRAGON QUEST -ダイの大冒険-(ドラゴンクエスト ダイのだいぼうけん、ダイ大)とは

エニックスの人気RPG「ドラゴンクエストシリーズ」の世界観を元に描かれた、原作:三条陸、漫画:稲田浩司、監修:堀井雄二による漫画作品。かつて世界征服を目論んだ魔王「ハドラー」が勇者とその仲間によって倒されてから十数年。この物語は、復活を果たした魔王ハドラー率いる「魔王軍」と、かつての勇者の弟子「アバンの使徒」との戦いを描くバトルテイスト冒険ファンタジーである。

Read Article

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君(DQ8、ドラクエ8、Dragon Quest VIII)とは

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第8作目。 同シリーズにおいて初めて後方視点の3Dグラフィックスが導入され、従来のドット絵からリアルなアニメ風の描画に変化した。また、リメイクとして2015年にニンテンドー3DS版が発売された。 呪われた王国を元の姿に戻すべく、王国を呪った張本人、道化師ドルマゲスを倒すため主人公とその仲間が奮闘するストーリーとなっている。

Read Article

ドラゴンクエストIX 星空の守り人(DQ9、ドラクエ9、Dragon Quest IX)とは

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第9作目。同シリーズ初のマルチプレイ要素を取り入れた作品で、主人公やパーティーメンバーの自由度の高いキャラクターメイキングができることでも有名な作品である。人間界と天使界が存在し、天使である主人公にしか見えないもの、できないことが多くあり、それらを駆使して世界を危機から救うといったストーリーになっている。

Read Article

ドラゴンクエストVI 幻の大地(DQ6、ドラクエ6、Dragon Quest VI)とは

ドラゴンクエストシリーズの第6作目。ドラゴンクエストIV、Vと同じ天空シリーズであり、「天空三部作」最古の時代、天空城の始まりの物語が描かれる。 物語は従来の作品での最終目的であった魔王との決戦から始まり、過去のドラゴンクエストシリーズとは一味違うプロローグとなっている。また、夢の世界と現実の世界という2つの世界を行き来したり、魔王を倒した後に大魔王を倒すという2段構えのシナリオも特徴である。

Read Article

ドラゴンクエストIII そして伝説へ…(DQ3、ドラクエ3、Dragon Quest III)とは

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第3作目。 1作目や2作目の主人公の先祖である伝説の勇者ロトの物語。 マリアハンの勇者オルテガは、魔王バラモスを倒す為に旅立ち、消息を絶った。オルテガの子供である主人公は、父のあとを継ぐために王に願い出て、魔王バラモスを倒す旅へと出発する。

Read Article

ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ(Dragon Quest Builders、DQB)とは

ファミリーコンピュータ版ドラゴンクエストの舞台・アレフガルドの復興のため、ものづくりの才能を持った主人公が奮闘していくブロックメイクRPG。ファミリーコンピュータ版ドラゴンクエストにて「勇者が竜王の仲間になる選択をした」その後の未来が描かれている。従来のドラゴンクエストの世界観を踏襲しながらも、まったく新しいストーリーやシステムが搭載されたシリーズ外伝である。

Read Article

ドラゴンクエストV 天空の花嫁(DQ5、ドラクエ5、Dragon Quest V)とは

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第5作目。 また、天空シリーズの第2弾でもある。 今作は、今までの主人公=勇者の図式を覆し、魔王を倒すことが目的ではなく、主人公の父親と共に母親を探すことが冒険の目的であった。 主人公の幼少期から物語は始まり、主人公の人生を追っていく。

Read Article

ドラゴンクエストX オンライン(DQ10、ドラクエ10、Dragon Quest X)とは

ドラゴンクエストシリーズの第10作目。同シリーズナンバリング作品としては初のオンラインゲームである。「エテーネの民」と呼ばれる主人公たちの村が冥王ネルゲルの攻撃により滅びを迎え、アストルティア大陸にて五つの種族のうちいずれかに転生した主人公が、元の人間の姿を取り戻し冥王ネルゲルを倒すため旅を始めるといったストーリーになっている。

Read Article

星のドラゴンクエスト(星ドラ)とは

「星のドラゴンクエスト」とはスクウェア・エニックスより配信されている、スマートフォン用のロールプレイングゲームです。 略称は「星ドラ」で、仲間と共にクエストをクリアし、レベルアップしながらボスを倒していきます。 過去のドラゴンクエストシリーズのストーリーや、キャラクターなども登場するので、ドラクエファンの方はもちろんですが、初心者の方でも楽しめるゲームになっています。

Read Article

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(DQ4、ドラクエ4、Dragon Quest IV)とは

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第4作目。 前作までがロトシリーズと呼ばれているのに対し、今作は天空シリーズの第1弾となる。 この作品からドラゴンクエスト独自のシステムが本格的に導入され始める。 今回の冒険は、地獄の帝王を蘇らせようとしているデスピサロの企みを阻止し、地獄の帝王を倒すことが目的である。

Read Article

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち(DQ7、ドラクエ7、Dragon Quest VII)とは

ドラゴンクエストシリーズの第7作目。これまでのシリーズで初めて任天堂以外のゲーム専用機で発売された作品。 今作は、魔王の封印を逃れ唯一世界に残っている島「エスタード島」から始まる。主人公たちは「ふしぎな石版」を台座に揃えて過去の時代に行き、その地の封印を解くことで大陸を復活させる冒険に出る。4人の精霊を目覚めさせた後、世界を救うために魔王との最終決戦に挑む。

Read Article

ドラゴンクエストI(DQ1、ドラクエ1、Dragon Quest I)とは

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第1作目。 世界を支配していた魔王ゾーマが倒され、数百年後。アレフガルドは竜王によって再び支配され、ローラ姫がさらわれてしまう。王の命令で伝説の勇者ロトの子孫である主人公は、新たな勇者としてローラ姫を救出するために一人、冒険へと出発する。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の名言・セリフまとめ

鳥山明による日本の漫画作品。略称は「DB」。 西遊記をモチーフにした中国風の世界にSFの要素を取り入れた独特の世界観を形成している。 長期連載と作者の鳥山明のセンスが相まって、様々な名言を生み出しており、これらの名言は、インターネットはもちろんのこと、様々なエンターテインメント作品に影響を与えている。

Read Article

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

『ドラゴンボール』孫悟空の一族まとめ

『週刊少年ジャンプ』に掲載されて、ほんの11年ほどで世界的人気を誇った『ドラゴンボール』。戦闘力やらアニメ、映画、ゲームのオリジナル設定等により「パラレル多すぎやろ!」と言われつつも愛される今作品。冒険要素やバトル要素ももちろんですが主人公孫悟空のキャラが人気を支えた一つの要素なんでしょうね。そこで、彼とその一族についてまとめました。

Read Article

最近のコミケの最高峰クオリティのコスプレまとめ

コミケいってますか?コミケことコミックマーケットは毎年夏(8月)と冬(12月)の2日間開催される日本のポップカルチャーイベントです。会場では限定グッズやオリジナル商品、そして同人誌や同人グッズなど様々な限定商品を購入することができます!そしてもちろん!その会場に訪れるコスプレイヤーも忘れてはいけません!

Read Article

今年で30周年の1986年のアニメ作品10本

今年2016年は、「聖闘士星矢」「ドラゴンボール」などの作品の、30周年にあたる。アニメも含め少年ジャンプの黄金時代と言えるだろう。一方で、リアルロボットアニメを中心としたアニメブームは終わり、オリジナル作品は衰え、「ジ・アニメ」「マイアニメ」といったアニメ誌が廃刊していくという時代でもあった。そんな時代を代表する、10本の作品を選んでみた。

Read Article

《悲報》アニメ「ドラゴンボール超」で垣間見える作画崩壊まとめ

大人気アニメ「ドラゴンボール」の最新作「ドラゴンボール超」ですが、ところどころになにか違和感を覚える今日この頃です。そうです。実は、「ドラゴンボール超」には、至る所で作画崩壊を起こしていたのです(笑)。作画崩壊は、イラストがどこかおかしかったり、顔がイカレていたり、思わず疑問符を抱かずにはいられないものまで、とにかく多種多様なのです(恥ずかしながらw)!

Read Article

「ドラゴンボール」の公式戦闘力まとめ!超高から超低キャラ勢揃い!!

世界中で大人気の「ドラゴンボール」。ここ最近では、様々な話題でネットやファンたちを驚かせています。そんな中、今回注目してみたのは、その度々登場する《戦闘力》。特に初期の頃には、その戦闘力はほぼほぼ絶対的数値で、それが低いキャラは高いキャラに勝つ事など出来ませんでした。しかしよく見てみると、いろいろ爆笑ネタが詰まっていたので、まとめてみました。

Read Article

(2015年 芸能・経済ver)ドラクエ・復活の呪文ーーいでよ!勇者たち!!

ドラクエの復活の呪文とは、ドラクエ1である特定の文字を入力すると、セーブした勇者が復活するというシステムのことです。ファミリーコンピューターの時代はセーブデータなどほとんど存在せず、基本は一回きりの一発勝負の片道ゲーム。セーブという概念が入ったのは、このドラクエ1が初に近かったです。今回は、2015年の芸能・経済出来事を入力したときの勇者たちを、まとめてみました。

Read Article

一体全体ダレトクナンダ?『恐怖に震えるベジータ』が色々と気の毒すぎる。

現在放映中の『ドラゴンボール超』は、1986年にアニメ化した「ドラゴンボール」のリメイク作品です。すでに30年来といった根強いファンも多く、その関連グッズも多岐に渡り色々なものが発売されていました。ところが、バンダイから販売される『DRAGON BALL Z』HGフィギュア「恐怖に震えるベジータ」が発売されたことで、ベジータが色々と気の毒なことになっていたのをご存知でしょうか?

Read Article

ドラゴンボール永遠のライバル!べジータのパパっぷりが面白いオススメTwitter!

ドラゴンボールの主人公・孫悟空の永遠のライバルと言えばやっぱりべジータ! 惑星べジータの王子として誇り高いべジータが、もしも家庭では子煩悩な親馬鹿だったら? そんな妄想を全力で漫画にして我々を楽しませてくれる方がTwitterにいらっしゃるので、是非ともご紹介したいと思います。

Read Article

「キン肉マン」の面白ネタ集!!

80年代に少年たちの心を掴みんだ有名作「キン肉マン」。息子世代の活躍を描く「キン肉マンⅡ世」を経て、現在はWebで初代キン肉マンの続きを連載しています。懐かしの超人たちが昔以上にカッコよく描かれ、ファンたちの再燃が続いていますがそのキン肉マンを読む中で度々「とんでもない展開」があります。 今回はそんなファンたちからネタとされるものをまとめてみました!

Read Article

【ワクワクすっぞ!!】かめはめ波は実際に撃てるの?

1983年に原作マンガの連載が開始し、現在でもゲームの発売や劇場版の上映、アニメ最新作「ドラゴンボール超」が放映されるなど、もはや知らない人はほぼいないと思われる国民的人気マンガ「ドラゴンボール」ですが、中には「かめはめ波って実際に撃てるの?」と言う人もいるのではないでしょうか?そこで今回は科学的な視点からかめはめ波は撃てるのか、様々な情報を元にまとめていきたいと思います。

Read Article

彩り鮮やかでより美しく!カラーで描かれたドラゴンボールのファンアートまとめ(前編)

度々ご紹介しているミイコさん(@miicooochan)のドラゴンボールのファンアート。どれも柔らかいタッチの絵柄で温かい雰囲気のある素敵なイラストでしたよね。 今回はミイコさんに再びご許可を頂きまして、Twitterで公開されている投稿の中からカラーイラストを厳選してご紹介!柔らかい絵柄に色彩が宿る事でさらに魅力的になるミイコさんのファンアートをお楽しみ下さい☆

Read Article

独断と偏見による『ドラゴンボールGT』「邪悪龍」がもし味方だったら?

『ドラゴンボール超』が放送中ですね。さて、20年ほど前、『ドラゴンボールZ』の後日譚である『ドラゴンボールGT』が放送されていました。評判については・・・個人的には面白かったんですけどね。特に、最重要アイテム「ドラゴンボール」から現れる「龍」が敵になってしまうアイディアとか・・・まあ確かに残念な感じが漂ってるんですよね・・・案外味方だったらいい活躍したかなあ、と思いまとめてみました。

Read Article

《クイズもあるよ!閲覧注意》世にも奇妙なアニメ・漫画の奇怪イラストたちw

アニメや漫画をよく見てみると、一部映像や背景、絵コンテ、そしてキャラクターの異常さなど、とにかく奇怪なシーンが結構あるものです。人間仕様なのに間接がおかしかったり、脇にいるからと油断しているときの逝っちゃってる顔、その他不気味な絵と様々あります。今回はそんな世にも奇妙なイラストたちを、様々な作品から集めてみました。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

僕らの永遠の主人公!孫悟空のTwitterでしか見れない家庭での素朴な素顔のファンアート(前編)

前回大好評だったベジータに続き、今度はドラゴンボールの永遠の主人公!孫悟空の原作では見れない貴重な家庭的な姿を描いたファンアートをご紹介したいと思います。 ファンアートを描いていらしゃるのは前回と同じくミイコさん(@miicooochan)。ミイコさんの優しい絵柄で描かれた孫悟空の愛らしいファンアートを是非ご覧下さい!

Read Article

もはやオワコン!?「ドラゴンボール」のカオス画像・ネタまとめ

最近の「ドラゴンボール」は、いろんな意味で話題となり、もはやカオス状態にあるといっても過言ではないかもしれません。特にオワコン化しているのが、アニメ。作画崩壊はもちろんのこと、近年では最新作を放送するたびにファンから罵詈雑言を浴びることは間違いなし。極めつけは、原作者の鳥山明先生ですら興ざめしてしまうほど、とにかく、もはや「ドラゴンボール」はオワコン化しているのです。

Read Article

Contents