目次

  1. ドリフターズとは?
  2. ドリフターズ登場キャラと、ゲームや漫画などの同名キャラとを比べてみた。
  3. ■漂流者 / 漂流物(ドリフターズ)
  4. →古城の3人組こと、メインキャラ三人。
  5. 『島津豊久』
  6. ゲーム界の島津豊久
  7. 『織田信長』
  8. 『那須資隆与一』
  9. →他、ドリフターズ
  10. 『菅野直』
  11. 『ハンニバルとスキピオ』
  12. 『山口多聞と飛龍』
  13. まとめ
  14. 関連記事

ドリフターズとは?

O0610058012707282850

■『ドリフターズ』は、ヤングキングアワーズにて2006年6月号から連載されている、平野耕太先生原作の漫画。2015年12月現在、4巻まで刊行されています。
(画像:アニメ&アニカラ)

■2012年12月発売の『HELLSING OVA X』で特典映像として収録されてた、『ドリフターズ』のアニメーションPV。


【概要】
日本のサムライ、古代の戦術家、西部開拓時代のガンマン、第二次世界大戦時の軍人など古今東西の英雄が、中世ファンタジー風の異世界に召喚されるアクション系歴史ファンタジー作品。
【あらすじ】
西暦1600年、関ヶ原の戦いの最中、謎の存在『紫』の手により島津の退き口から、エルフやオークのいる異世界に召喚された島津豊久は、同様に流れ付いた織田信長や那須与一と出会う。その地で「漂流者(ドリフターズ)」と呼ばれる豊久らは、成り行きと武士としての本能から、人間が支配するオルテ帝国に虐げられるエルフの村を解放、その勢いのまま「国奪り」を開始する。
(一部引用:wikipedia)

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

ドリフターズ登場キャラと、ゲームや漫画などの同名キャラとを比べてみた。

・ドリフターズとは、異なる場所や時代に活躍した“歴史上の人物”が、異世界の同じ場所で一同に会するお話です。ならば、同じ名を冠しながらも作品によって人物像に違いが有るのでは?と考えて、ざっくりとですが画像を集め、まとめてみました。
・幾つかの解説及びキャラ説を追加致しました。
・抜けていた引用元を記述致しました。

■漂流者 / 漂流物(ドリフターズ)

→古城の3人組こと、メインキャラ三人。

『島津豊久』

Dori 01.jpg

・本作主人公、30歳。関ヶ原の戦いに於いて、伯父である島津義弘を逃がすため囮(捨て奸)を努めた血気盛んな薩摩隼人。井伊直政側に討たれ、死亡したかと思われていたが、謎の男・紫により異世界へと送り込まれる。その地の古城にて出逢った信長や与一と共闘し、オルテ軍からエルフを救い、目下の敵であるエンズと戦いながら国盗りを始めた。
オルミーヌいわく「妖怪・首おいてけ」、信長には「お豊」とも呼ばれている。敵を倒し、手柄首を上げることこそが最高の誉れと考える人物。
(画像:コミックス1巻)

Dori 01 1 2

・戦国大名なので姿絵があるのではと探してみましたが、残念ながら伯父の(右)島津義弘しか見付かりませんでした。
(画像:wikipedia)

ゲーム界の島津豊久

Dori 01 2 1

―「戦国IXA」
・同じゲームでもあるのに、驚きの同一人物に見えなさ。
(画像:戦国IXA総研)

Dori 01 5 1

―左「戦乱のサムライキングダム」、中央「白黒ジョーカー」、右「戦国やらいでか」。
・白黒ジョーカーがお豊に近いかもしれません。
(画像:左・GAMY/中・白黒ジョーカーwiki/右・戦国やらいでかwiki)

Dori 01 4

―左は「信長の野望」、右は「戦国無双」。
・左の方がかなり、平野先生が描かれるお豊よりに思えます。
(画像:左、ログ速/右、戦国無双クロニクル)

Dori 01 3

―左は「戦国武将姫MURAMASA」、右は「鬼武者Soul-魂-」。
・変り種としては女の子と子供(小鬼?)の豊久。
(画像:左、まとめwiki/右、COPCOM)

Sm035

・ちなみに「戦国大戦」での彼こそが、こちら(ドリフターズ)の島津豊久と深く関わりのある方。
※アニメと同キャスト(声:中村悠一)
(画像:ファミ通.com)

・2人の島津豊久検証動画。

JA.WIKIPEDIA.ORG

『織田信長』

Dori 03

・ 本能寺の変の折り、宝物や名物を抱え乱丸と逃げているところを、謎の男“紫”により異世界へ転送される。自身の半生を振り返り、自分は首領に向かぬと判断するや、豊久を首魁に立てながら国盗りを始める。有名な「三段構えの鉄砲隊」の通り火薬の技術に長けていたり、騎馬や城壁など次々に攻略する策略家。豊久の参謀役(黒幕)となるが、戦いしか頭に無い豊久の所為で色々とお膳立てが狂わされる。
別名「第六天魔王」、豊久いわく「傾奇者」。事有るごとに「光秀テメーは殺す」と、“金柑頭(ハゲ)”こと明智光秀に対しての暴言は忘れぬ元気な五十路。
(画像:コミックス1巻)

Dori 03 1

■ざっと検索しただけでも、こんなに沢山の画像が。流石は戦国武将ランキング第1位な信長です。

Dori 10 2

・左から二番目の肖像画は、教科書にも掲載されている有名な信長ですね。
(画像:wikipedia)

Dori 10 4

・信長のデスマスクでは?と言われているもの。上記、左の肖像画に似ている気がします。
(画像:話題のNews)