ミニオンズ(Minions)のネタバレ解説まとめ

Minions 01

「怪盗グルー」シリーズの「怪盗グルーの月泥棒」「怪盗グルー危機一髪」に続く3作目。前2作ではグルーと一緒にいる謎の黄色い生き物たちというだけだったが、今回は彼らが主人公。悪党に仕えることを生きがいとするミニオンズだが、自分たちのドジのせいでボスを失い続ける。ある時悪党大会に参加し、見事勝者となるが、またドジを踏んでしまう。

概要

「怪盗グルー」シリーズの「怪盗グルーの月泥棒」「怪盗グルー危機一髪」に続く3作目。
製作はイルミネーション・エンターテインメント。ピエール・コフィンとカイル・バルダの二人が共同で監督を務めている。
今作はシリーズに登場する黄色い可愛い生物「ミニオンズ」が主役になっている。
時系列では一番最初の物語になっており、ミニオン達が怪盗グル―に出会う前の物語が描かれています。

あらすじ

Minions 04

人間が誕生するはるか昔、黄色い生命体ミニオンズは海から誕生した。彼らの生きがいは悪党に仕えること。
その時代の最強のボスに仕えるミニオンズは、いつも自分たちのドジでボスを失ってしまう。
恐竜をマグマに突き落としてしまったり、ドラキュラを驚かせようと日光を浴びせたり、果てはナポレオンまで大砲で吹き飛ばしてしまう。
ボスを失い行き場をなくしたミニオンズは氷の洞窟にたどり着き、そこで独自のミニオン文明を築く。

ボスがいないため悲嘆にくれるミニオンズだが、このままではいけない、と立ち上がる者がいた。
しっかり者のケビン、好奇心旺盛なボブ、音楽が好きでお調子者のスチュアートの3人が再び最強のボスを探すまで帰らない、と決意し洞窟から旅立った。
アメリカに行き、銀行強盗一家に気に入られた彼らは一緒に悪党大会に連れて行かれて参加する。

そこでは大悪党スカーレット・オーバーキルが相棒を募集していた。スカーレットの手にある大きなルビーを奪えば彼女の右腕になれる。
大勢の挑戦者たちが揉み合う中、ミニオンズは見事勝者となり、スカーレットと共にロンドンにある彼女の家に行く。
そこにはスカーレットの夫で発明家のハーブ・オーバーキルがいた。
イギリスが大好きで女王になりたいスカーレットは、王冠を盗むようミニオンズに命じる。
ミニオンズは、ハーブが作った武器で苦も無く王冠を手にするが、警察に追われて格闘するうちにアーサー王の剣を抜いてしまう。
それはイギリスの王となることを意味し、その様子がテレビで中継される。
テレビでそれを見ていたスカーレットは大激怒。ミニオンズが自分を裏切ったと勘違いしてしまう。

はしゃいで帰ったミニオンズを、スカーレットは地下に閉じこめてしまい、自分が戴冠式に向かう。
王冠に興味がないミニオンズは地下室を抜け出し、スカーレットをお祝いしようと自分たちも戴冠式に向かう。
しかしここでもミニオンズはドジを踏み、まさに王冠を被ろうとしている瞬間のスカーレットの上に大きなシャンデリアを落としてしまう。

怒り狂うスカーレットは自分自身も凶器と化し、手下を引き連れてミニオンズを追い回した。
ハーブの作った謎の装置に逃げ込んだケビンはうっかりボタンを押してしまい、巨大化する。
その頃、氷の洞窟から辿りついた大勢のミニオンズが戴冠式の行われる会場に来ていた。

仲間を危険な目に合わせたくないケビンは、スカーレットが放つロケットを飲み込み、スカーレットとハーブも連れて空中で爆発する。
それを見ていたミニオンズはケビンが死んだと思い泣いているところに、元の大きさに戻ったケビンがひらひらと舞い降りてきた。
爆発はしたものの、ケビンは無事だった。

大勢の人々を救ったミニオンズの3人はヒーローとなり表彰されるも、諦めの悪いスカーレットとハーブに王冠を奪われる。
そこに鋭い目つきの子供が現れ、発明品でスカーレットとハーブを氷づけにしてしまう。
無事悪党が捕まったことよりも、魅力的なボスが見つかったことに狂喜するミニオンズ。
その子供こそ、のちの怪盗グルーだった。

Minions 05

登場人物

ミニオン・ケビン(声:ピエール・コフィン / 吹き替え版: 多田野曜平)

Minions kevin

しっかり者で、仲間たちのために氷の洞窟からボス探しの旅に出ると宣言。のっぽで目が二つ、ピョンと飛び出したような毛が特徴。
普段は他のミニオンズとふざけているが、仲間たちが危険な目に合うと身を投げうって守ろうとする。

ミニオン・スチュアート(声: ピエール・コフィン / 吹き替え版:青山穣)

Minions stu

いつもウクレレを持ち歩いてふざけてばかりのミニオン。目は一つで真ん中わけの髪の毛が特徴。
最後に他のミニオンと表彰される時には女王からエレキウクレレをプレゼントされ、喜びのあまりロックスターのように叩き壊してしまう。

ミニオン・ボブ(声: ピエール・コフィン / 吹き替え版: 佐藤せつじ)

Minions bob

体が小さく無邪気で純粋なミニオン。三人の中では弟分的存在。いつもぬいぐるみのクマ、ティムを持ち歩いている。
小柄で、左右の目が違うオッドアイが特徴。戴冠式に行く時はお葬式の花を盗みスカーレットにあげようと優しいところを見せる。

スカーレット・オーバーキル(声: サンドラ・ブロック/ 吹き替え版:天海祐希)

Minions scarlett

悪党たちの憧れ。最強最悪の女大悪党。13歳で悪の帝国を築き上げた犯罪の天才。
イギリスが大好きでロンドンに住み、女王になることに執着している。欲しいものは何が何でも手に入れる。

ハーブ・オーバーキル(声: ジョン・ハム / 吹き替え版:宮野真守)

95c86114cddda47b4fe0f36840d1ef64

スカーレットの夫。スカーレットが言うには「発明家で天才でセクシー」。スカーレットにメロメロで彼女が王冠を手に入れて女王になることを願っている。
普段は格好つけた話し方をするが、ミニオンズを地下に閉じ込めた時は、拷問道具を遊び道具にしてしまうミニオンズと一緒にはしゃいだり陽気な一面もある。

見どころ

名シーンのパロディ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

怪盗グルーの月泥棒(Despicable Me)のネタバレ解説まとめ

「怪盗グルー」シリーズ第一弾作品。グルーは性格のねじまがった泥棒で、黄色いミニオンズを手下にして悪事を働いている。ひとつ大きな盗みをしようと月泥棒を計画していると、ひょんなことから孤児院で暮らす3姉妹を引き取ることになる。3姉妹に手を焼き、ライバル泥棒ベクターと戦いながら、次第にグルーは子供たちに心を開いていく。

Read Article

怪盗グルーのミニオン危機一発(Despicable Me 2)のネタバレ解説まとめ

「怪盗グルーの月泥棒」の続編。前作で三姉妹マーゴ、イディス、アグネスとすっかり打ち解けたグルーは悪党稼業から足を洗い子供たちのよき父となり、すっかりマイホームパパになっていた。しかし、巨大磁石で極秘研究所が盗まれるという事件が起き、AVL(反悪党同盟)はグルーに協力を仰ぐ。

Read Article

SING/シング(Sing)のネタバレ解説まとめ

SINGとは、「ミニオンズ」「ペット」などを手がけたイルミネーション・スタジオが贈る、コメディ映画。2016年に12月21日にアメリカ合衆国で公開。日本では2017年3月17日に公開された。 子供の頃、舞台に惹かれたバスターは劇場支配人になるも、夢見た世界とはかけ離れた生活を送っていた。そこで彼は賞金1000ドルをかけた歌唱コンテストを開催、バスターの最後の賭けが始まろうとしていた。

Read Article

Contents