金色のガッシュ!!(ガッシュベル)のネタバレ解説・考察まとめ

『金色のガッシュ!!』とは、2001年より週刊少年サンデーで連載されていた、雷句誠による漫画。それを原作としたテレビアニメが『金色のガッシュベル!!』である。
天才中学生、高嶺清麿の前に謎の少年ガッシュが現れる。この出会いによって清麿の生活は一変。不思議な本を手に、魔界の王を決める戦いに参加することになる。「優しい王様」になるために戦う中で出会いと別れを繰り返し、彼らは強くたくましく成長していく。

ビョンコとパティ

清磨たちは千年前の魔物で月の光の番をしているデモルトと戦う。
体は大きく粗暴なデモルトとパートナーのヴァイルに手こずっていたが、清麿達の味方になった事をゾフィスに気付かれてしまったレイラは、ゾフィスに心と体を回復する月の光から出ると体が石に戻ってしまうと言う暗示を再び掛けられていた。清麿やパートナーのアルベールの想いでレイラは暗示から解放される事が出来た。そのレイラ達も加わり清麿達は上で月の光の番をしているデモルトの元へと向かった。

デモルトは体がとても大きく粗暴。喋る事は出来ないが言葉は理解出来た。月の光の下にいるデモルトは攻撃されてもすぐに復活してしまう。まずは月の光を破壊しなければいけないが戦いながらでは上手くいかず清麿たちは、デモルトの攻撃に耐えられず次々に倒れてしまう。ティオが必死で回復の術を使い、清磨達を回復させるも目を覚まさない。このままでは全員がやられてしまうと思ったその時、心を入れ替えたビョンコとパティが助けに来た。二人ののパートナーもゾフィスに加担していた時は非協力的だったが、二人がやっと目を覚ましてくれた事を喜び快く協力した。二人はいかに自分達が千年前の魔物達とレイラに心を破壊する程の強い暗示で苦しめ酷い事をしていたのかを反省し、ガッシュ達の仲間になりたいと考えたパティとビョンコ。

二人が協力する事でデモルトを追い詰める事が出来た。しかしデモルトの攻撃により二人の本は燃え始めてしまう。ビョンコは消える前、パティに「おいらこれでガッシュ達の仲間になれるゲロか?そしたらパティも一緒に魔界で遊ぶゲロ」と言って涙を流し魔界に戻っていった。そんなビョンコを見てパティも長かった髪を切って囮にしデモルトの裏をかく事で本が燃え尽きる前に月の光だけは破壊しようと近くまで行った。パティの最強呪文を放つと月の光は粉々になって破壊する事が出来た。だがそれに怒ったデモルトとヴァイルは、本がまだ燃え尽きてないパティに生きたまま返さないと攻撃した。パティが死を覚悟したその時、ガッシュ達がやっと目を覚ました。ガッシュはウマゴンに乗ってパティを助ける事が出来た。

パティは体が薄れ魔界に戻ろうとする前にガッシュ達に「魔界に帰ったらビョンコと仲良くしてあげて!私はいいの、ひどい事をしたから!でもビョンコは一生懸命頑張ったの!仲間外れにしないで!」と言った。それに対してガッシュは「何を言うか!パティも同じ仲間ではないか!パティもビョンコも大事な大事な友達だ」と告げるとパティは「ありがとう、みんな」と涙を流し魔界へ帰っていった。

ゾフィスに協力していた事を後悔しガッシュ達と仲間になる事を決意してデモルトに挑むパティとビョンゴとパートナー達

シェリーとブラゴ

シェリーはフランスの名門「ベルモンド家」の令嬢。幼い頃から厳しい英才教育を受けさせられていた。その頃、母親に「あなたみたいな子なんで生まれてきたのよ」と蔑まれたシェリーは荒れ狂う川に飛び込み入水自殺を図った事があった。それを偶然見ていたココがシェリーを助けた。ココは「今死んじゃったら…大きくなって幸せになれないじゃない」この言葉に生きる言葉を貰ったシェリー。そんなコも家が貧しく、いつも村の人間からは盗人呼ばわりされていた。それでも笑顔を絶やさず生きていたココ。互いの苦労を知った二人は幼い頃から互いに支え合って助け合い生きていた。ゾフィス(ロード)は心の優しいココの心に強い闇を植え付け凶悪な別の人格のココを作りあげると自分のパートナーとして利用した。

ゾフィスはロードと名乗り千年前の魔物達を利用して、今回の王を決める戦いに参加している魔物を一掃しようと企んでいた。
ココを取り戻す為ずっとゾフィス(ロード)を追い続けていたシェリーとブラゴの元になぞなぞ博士とキッドがやって来た。我々と手を組んでロードと千年前の魔物達と戦おうと言うなぞなぞ博士にシェリーは「ロードと言う者は私の宿敵でもあります。あ奴に手を出したらあなた方もただではすまない」と釘を刺した。

デボロ遺跡に辿り着いたシェリーとブラゴはようやくゾフィスとココの前へと立つことが出来た。しかしゾフィスは心を操られているココにシェリーを揺さぶる為、ありとあらゆる嘘を付かせた。その思惑通りシェリーは戦いに戸惑いを見せ始める。それを見てたブラゴは怒った。「あの女に2、3何か言われたくらいで役立たずになりやがって、王には俺一人でなる」とシェリーを殴った。
そして一人で戦うブラゴとその奥に居るココが助けを求めている様に見えたシェリーはようやく呪文を唱え、ココを助ける為に戦闘を繰り広げ、とうとうゾフィスを倒す事が出来た。

魔界に戻る前にゾフィスと出会ってからのココの記憶を全て消す様に言うシェリーにゾフィスは「いやだね」と不敵な笑顔を向けた。だがそこにブラゴが言葉を放った「魔界に帰った後も俺から逃げ続ける生活を送りたいか?」それを聞いたゾフィスは震えながら「ごめんなさい、あなたがたの言う通りにします」と素直に言った。約束通りゾフィスはココの記憶を消した後、本を燃やされ魔界へと帰った。

ずっと追い続けていたゾフィスと会えたシェリーとブラゴ。親友のココを取り戻す為、激しい戦闘が繰り広げられようとしている。

ファウード編

正式名称は「魔導巨兵ファウード」王を決める戦いに選ばれた魔物の一人リオウの一族が魔界から人間界へと転送させた。戦いを有利にする為にファウードの封印を解こうと企むリオウ。

コーラルQとクラブ

ゾフィーを倒し日本に戻って来た清磨とガッシュ。休息も束の間、何やらここの所、視線を感じていた清麿。嫌な予感が当たり、またもや魔物が襲撃してきた。襲ってきた魔物はコーラルQとパートナーのグラブ。千年前の魔物達との戦いが終わり初めての戦い。今残っている魔物のレベルは相当高いはずと警戒する清麿。

コーラルQは体内に特別なレーダーを持っており、魔物の居場所が判ると言う。そして今まで魔物一体一体調べてきて、ガッシュは勿論、ティオやウマゴンの事や、ガッシュの術についても調べあげていた。調べた結果ガッシュのどの術も自分には効かないから倒しに来たと言うコーラルQ。

しかしコーラルQは頭が弱かった。その弱点をパートナーのグラブが補っている様だった。クラブは魔物達の術を研究し対策を考えるタイプで、頭の良い清磨も苦戦したが、やはり頭脳では清麿が格段に上だった為、ガッシュ達の勝利となる。
コーラルQは魔界に帰る前に情報を教えてくれた。「数日前から自分のレーダーにおかしな物が反応する様になった」「魔物の感じはするが魔物ではないものだ、気をつけろ」と忠告して魔界へ帰った。
後日それが魔界の建造物である事が判明する。

清麿が学校の帰り道、ガッシュの大好物、魚のブリを使ってガッシュと清麿をおびき寄せたコーラルQ。なぜか清麿をピヨ麿と呼ぶコーラルQ。

リオウの呪い

コーラルQから情報を聞いて一体、人間界で何が起きているのか不安になっていた矢先、突如として現れた巨大な建造物。偶然にもガッシュ、ウマゴン、ティオ、キャンチョメとそのパートナー達で集まっていた時、テレビに一瞬その建造物が映った。

その後、調べていく内にその建造物が世界を滅ぼす程の巨大な力を持つため魔界の極地に封印されていた、「魔導巨兵ファウード」と言う異名をもつものだということが分かった。そのファウードを利用しようとする魔物が居た。その名はリオウ。リオウはファウードの封印を司る一族の代表で王の座をかけたこの戦いで有利に持ち込む為、ファウードを魔界から人間界へと転送した。

封印を解くには強力な魔物の力が必要となる。その為リオウは最も強い魔物達を探し自分に協力させる為、それぞれのパートナーに呪いをかけた。自分のパートナーの呪いを解くにはリオウに協力しなければならない。その中に清麿達と共にゾフィスと戦ってくれたウォンレイとリィエンが犠牲となってしまう。

リオウはファウードの封印を解く為、数人の強い魔物に協力させる事を考えた。大人しく協力させる為にそれぞれのパートナーに呪いを掛け、封印を解かないとパートナーに死が訪れてしまうと言う事だった。

モモンとシスターエル

同時期、清磨は学校帰りに川で溺れている子供を発見する。急いで助けたものの、改めて見るとその子供はサルとウサギを足して2で割ったような不思議な顔をしていた。頭にはウサギの様な耳が付いており手にはブラジャーを握っていた。清磨が「お前人間か?」と尋ねる。コクリと頷いているが信じられない清磨。

その子は清磨のカバンの隙間から覗かせる魔物の本に目がいった。慌てて清磨のズボンをずり下ろし飛び蹴りして川に突き落として逃げ出した。
一方、公園で遊んでいたガッシュとティオにシスターの恰好をした女性が話し掛けてきた。「迷い子を見ませんでしたか?一度見たら忘れられない顔で、おさるさんとウサギさんを足して2で割ったような顔をしている」と。
ガッシュ達はそんな子、見ていないが「お主、魔物の本の使い手なのだな?」と言うとシスターは「何故、判るのですか?」と驚いた。ガッシュは「本がカバンからはみ出している」と告げた。

驚いた理由は他にもあり、初めて魔物と会ったと言うシスター。シスターとペアになっている魔物の名前はモモンと言う。女好きで下着に目がないモモン。モモンを追ってる怒り狂った清麿とガッシュの家にお泊りしていたティオのパンツを盗み、挙句にスカートをめくってお尻を触った事でティオまでも怒らせた。怒りが止まらないティオににパートナーの恵が現れ、モモンを倒すと言い誰もティオを止められない状態になっていた。

すでに清磨は怒りが消えていた。何故ならティオが怖かったからだ。しかもモモンはこれが初めて魔物と戦う事となる。シスターも呪文を唱えた事がない為、勘で唱え始めた。だがモモンは暢気に全ての術をティオのスカートをめくる為だけに使っていた。怒りが頂点に達したティオはとうとう新しい術を生み出しモモンにぶつけ倒す事が出来た。

敗北し泣いているモモンに清磨は尋ねた。「お前は魔物の居場所などが判る、だから魔物から逃げ続ける事で一度も魔物と出会わなかった。お前は魔界の建造物の居場所も知っているんじゃないか?」
これを聞いてモモンは震えシスターにしがみついた。

そして清麿はモモンに建造物がある場所まで案内してもらうと言い出した。

ティオのスカートをめくり怒られているにも関わらず、尚もスカートをめくり続けるモモン。

リーヤとアリシエとの出会い

モモンの案内によりファウードへと辿り着いた清麿達。到着して新たな、リーヤと言う魔物とそのパートナーのアリシエに出会う。そのアリシエが今、置かれている状況を説明した。「ファウードの封印を解けばそれぞれ呪いを掛けられている者達が助かる。お前たちの仲間のリィエンもだ。だが、ファウードを復活させれば世界は滅ぶ、ガッシュお前はどちらを選ぶ?リィエンと言う友の死か全世界の人々の死か」この様な残酷な選択をさせたのは、重い問題から逃げずに考え苦悩し正しい判断を下す。そうすればどんな危険な場所でも皆は付いてくるからだと。

ガッシュは考えた。リィエンを失う事も清麿の父や母や他の友達になった人達をも失いたくない悩み考え出した答えは「私は誰も死なせぬ!リィエンも世界の人々も両方とも助ける。この選択は間違っておる!この選択にはまだ残り二日と言う時間がある!アリシエの力も借りる。ファウードを復活させてリィエンの呪いを解いてからファウードを魔界へ帰す方法を探す!」
これにアリシエは「そんな方法があるのか?」と聞くとガッシュはこう答えた。

「帰す方法はきっとある!ファウードが魔界から人間界へ来たならば元の魔界へ帰す方法もきっとあるはず!それを残りの二日で探し出す!その為、お主や皆の力を借りる!頼む!力を貸してくれ!みんな!私一人の力では出来ぬリィエンも世界も両方とも救うにはみんなの力がいる‼」

これを聞いた仲間達は勿論、協力すると賛同し、清麿は「よく言った、よくぞその答えを出した」とガッシュの頭を撫でた。アリシエも「見事、合格だよガッシュ」と認めた。
清麿はガッシュが王になるには必要な覚悟だった、だがここまでしっかりとした答えを出せるとはガッシュには王の資質があるのかもしれないと心で密かに思った。
そして一行はファウードの体内へと入っていく。

アリシエにリィエンの命か全世界中の人間の命どちらを選ぶか選択しろと言われたガッシュは両方助けると決断する。

ファウードの体内

アリシエとリーヤも加わりいよいよファウードの体内へと入っていく一行。口の中から入るとファウードの体内の地図が壁に張り出されていた。ファウードを魔界に帰す事が出来るかもしれない装置がコントロールルームにあると見込んで目指す清麿達。途中、色んな敵や罠が清麿達の行く手を阻む。それでも皆で協力して進んでいくと目の前にウォンレイが現れた。リオウは順調に進む清麿達の存在に気付き、ファウードの復活の邪魔をさせない為、ウォンレイに清麿達と戦わせる事にした。ウォンレイはリィエンの呪いを解くには、リオウの言う事を聞くしかないと、涙を流して戦った。

ウォンレイと戦う事躊躇している清麿達。そこでアリシエがこの場は自分が食い止めると自ら残った。しかし、見るとアリシエの様子がおかしい。アリシエもまた呪いに掛けられていたのだった。力尽きるまで自分がココを食い止めるから先に行けと清麿達を行かせた後、ウォンレイと一緒に居たリオウの仲間に捕らえられてしまう。他にもキャンチョメとフォルゴレ、ティオと恵が捕まってしまい、清麿とガッシュ、ウマゴンとサンビーム、モモンとシスターは先へと進んだ。

コントロールルームを探すにはまず強い魔物が居る場所を目指す事にした清麿達。そこでモモンの魔物を感知する能力を使うが中々、辿り着けない。それはモモンが怖がって嘘の進路を教えていたから。それにとうとうシスターが怒ってモモンをぶった。「怖いのは私だって一緒なのです!でもみんなを助けられるのは私達だけなのだから。怖い怖くないなんて関係ないの。前に進むのよモモン」と説いた。

進んでいくうちに先程よりも大きな地図が現れる。全体の地図に加え、図を回転させると360度見る事が出来る。そこからコントロールルームの場所を導き出した清麿。しかし30時間以上動き続けていたせいで全員が極度の疲労に襲われていた。それを見てモモンが「みんな休んでて。僕が道…覚える。みんな、10分位休める」と言い出した。皆はその言葉に甘え少しだけ休息する事にする。モモンは自分が皆に迷惑を掛けた、今度は僕が皆を助ける…そう心に決め、耳を大きく伸ばすと全員を包み込んで運び出した。
途中ふらつき階段から転げ落ちそうになるも、ガッシュとウマゴンが目を覚まし一緒に支えて進む事が出来た。モモンは素直に声に出して言えないが心の中で「ありがとう」と言い涙を流した。

ようやくファウードを魔界に返す装置がある部屋に辿り着いたがそこに現れたのは、以前、清麿とガッシュが戦った、アースとパートナーのエリー、それとウマゴンとサンビームが戦った事がある、カルディオとパートナーのサウザーだった。カルディオはウマゴンと同じ馬タイプでカルディオはまだ子供だった。

何故この者たちがここに居るのかと言うと、エリーはリオウに呪いを掛けられており、すでに意識が朦朧としていた。アースはエリーを助けたいものの、エリーがファウードを復活させてはいけないと、自分の命を失おうとも世界を救えとアースに命じていた。二人が出会った時、アースはエリーの言う事は絶対に聞くと誓っていた為、エリーの言う事を聞くしかなかった。
そんな二人と出会ったサウザーとカルディオは最初、当たり前に戦おうとしたが、アースがすでに呪いで動けなくなっているエリーを抱きかかえている姿をみて、自分の妹を思い出し一旦、戦いは止めて協力する事にしたと言う。

しかしそれを聞いたガッシュと清麿が怒った。「お前みたいな年端もいかねえ子供が簡単に命を捨てるような事を言うんじゃねえ!」これに対しエリーは「だまれ…貴様に何が出来る?」と言ってきた。清麿は力強く、
「お前の命を救う事が出来る!ファウードも確実に魔界に帰してな!」
驚くアースに「ファウードを魔界に帰す装置の動かし方が判るんだな?と聞いた。アースは簡単な操作ならば、あの装置の魔界の文字が読めるからと言った。そして清麿は「魔界の文字の読み方を俺に教えろ!5分でマスターしてやる!その上でファウードを魔界に帰す装置の「ある機能」を働かせる!」と言い切った。

「その機能を使えばエリーも助かりファウードも確実に魔界へと帰せる」
清麿はそこから魔界の文字をアースに教えて貰い覚えながら、装置を動かし続けた。清麿が言っていた「ある機能」とは「タイマー機能」と「遠隔操作機能」の事だった。
「この二つの機能のうち、どちらかが付いていれば、ファウードの封印を解きに行き、ここに戻ってこなくてもファウードを魔界に帰す事が出来る」と予想した。

何故ならその機能が無ければ無人のファウードが人間界に来れるはずがないと踏んだからだ。これを聞いてアースはエリーが助かるかもしれないと安堵の表情と一緒に初めて笑顔を見せた。

呪いを掛けられたエリーの「ファウードを復活させる前に魔界へ帰せ」と言う命令聞き、清麿達をコントロールルームに入れない様、ドアの前に立ちはだかるアースとサウザーとカルディオ。

再会したアースとエリー

ichi8
ichi8
@ichi8

目次 - Contents