おもしろ育児エッセイ、東村アキコのママはテンパリスト!!

51x3eqxe pl. sx341 bo1 204 203 200

爆笑必至の育児エッセイ、東村アキコ先生のテンパリストをご紹介します。

作者本人の体験をもとに書いたエッセイ漫画

Main

東村アキコ先生が実際に体験したごっちゃんの出産から成長の過程をコミカルに描いた育児エッセイ漫画、ママはテンパリスト(全4巻)。ごっちゃんの一挙一動が本当に面白くて、笑わずにはいられないエピソードがギッシリと詰まっています。子供がいてもいなくても、十分に楽しめる爆笑育児エッセイです。

0rf35u25

ごっちゃんのママこと、東村アキコ先生。

1999年、「ぶ〜けデラックス」NEW YEAR増刊にて『フルーツこうもり』でデビュー。「Cookie」2000年8月号に掲載された読切作品『きせかえサマー』をもとに、同誌2001年1月号から初の連載作品『きせかえユカちゃん』を開始。同作を通じ、デビュー当初のシリアスな作風から徐々にコメディ色を強め、ギャグ漫画家としての才能を開花[4]。通信会社を退職し、専業漫画家としての活動を開始。
大阪に3年間住んだ後、上京。実父のエピソードを紹介した『きせかえユカちゃん』のおまけマンガが後の担当編集者の目に留まり、「モーニング」2006年2号にて、『ひまわりっ 〜健一レジェンド〜』の連載を開始、ギャグ漫画家として注目を集める。「コーラス」2007年8月号にて開始した育児エッセイ漫画『ママはテンパリスト』が100万部を売り上げる大ヒット、若い女性を中心に多くの支持を集める。
2010年、『海月姫』がフジテレビ『ノイタミナ』枠でテレビアニメ化、第34回(平成22年度)講談社漫画賞少女部門受賞。2012年、『主に泣いてます』がフジテレビにてドラマ化。2014年『海月姫』が実写映画化。2015年『かくかくしかじか』で第8回マンガ大賞を受賞。

出典: ja.wikipedia.org

ママはテンパリストに登場するごっちゃんの武勇伝

1d0d624c s

大人が想像もつかないことを言ったりやったりするごっちゃんが本当に面白いのです!そしてそのごっちゃんに負けない突っ込みをかます東村アキコ先生。しかも全てがノンフィクションなのです。

Doc20100714032918

前髪をぱっつんにされて笑われたことで、ごっちゃんの幼いプライドが崩れかけて、それを補うアイテムたち。

Doc20100714033411

ドラゴンボールにどはまりしたごっちゃんの怖いものは、桃白白。後日、近所のスーパーで桃白白(っぽいおばさん)を見つけてしまいました。このエピソードに筆者は大爆笑しました。

Aa3c53aa

悪いことをしたお仕置きは、おしりをがぶりと噛むこと。これはごっちゃん以外の子供にも効果的に効き目がありそうですね。

新しい育児教科書

Nuxies img600x450 1434895658asuexf2818

ごっちゃんの面白さをギュッと詰め込んだ全4巻と、ごっちゃんも登場するフィクション作品「テンパリスト☆ベイビーズ」。是非書店で見つけてみてください!

twitter.com

ameblo.jp

Seeyy
Seeyy
@Seeyy

Related Articles関連記事

海月姫(Princess Jellyfish)のネタバレ解説まとめ

海月姫(くらげひめ)とは、漫画家・東村アキコにより描かれた少女漫画である。講談社発行の雑誌Kissにおいて連載されている。オタクでニートの女たち、通称”尼~ず”はレトロなアパートの天水館で自らの趣味に没頭して暮らしていた。その一員である主人公の月海はクラゲのクララをきっかけに女装男子の蔵之介と知り合い、天水館売却を阻止すべくクラゲモチーフのドレスデザイナーとして奮闘することになる。

Read Article

かくかくしかじか(Kakukaku Shikajika)のネタバレ解説まとめ

『かくかくしかじか』とは、『Cocohana』にて2012年~2015年に連載された東村アキコによる自伝漫画である。幼い頃から漫画家を夢見るお調子者で夢想的な少女・アキコは、美大受験に備えて通い始めた絵画教室で一風変わった講師・日高と出会う。絵画一筋の情熱を貫き独特の人生観を持つ彼に様々な影響を受けながら、アキコが高校生活、大学受験、OL時代を経て漫画家としての人生に至るまでが描かれている。

Read Article

目次 - Contents