東京タラレバ娘(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『東京タラレバ娘』とは『Kiss』にて2014年より掲載された東村アキコによる恋愛漫画。2017年には吉高由里子主演でテレビドラマ化されている。
高校の同級生である倫子、香、小雪の3人は33歳独身。小雪の父が営む居酒屋「呑んべえ」に女子会と称して集まっては、「あのときこうしてい『タラ』」「こう言ってい『レバ』」などとタラレバ話を酒のつまみにしている。アラサー女子のリアルな仕事・恋愛模様が描かれ、同世代の女性読者を中心に共感を呼んでいる。2019年からは新シリーズのシーズン2が連載。

『東京タラレバ娘』の概要

『東京タラレバ娘』とは『Kiss』にて2014年~2017年まで掲載された全9巻の東村アキコによるマンガ作品。2017年には吉高由里子主演でテレビドラマ化されている。

脚本家の主人公倫子、ネイルサロンを経営する香、父の居酒屋を手伝う小雪の3人は高校の同級生である親友同士。33歳独身。小雪の父が営む大衆居酒屋「呑んべえ」に女子会と称して頻繁に集まっては、「あのときこうしてい『タラ』」「こう言ってい『レバ』」などとタラレバ話を酒のつまみにしながら飲んだくれる日々を送っていた。ある日、いつものようにタラレバ話で盛り上がる3人は、同じく「呑んべえ」に来ていた謎の金髪美男子KEYから「タラレバ女!」と言い捨てられてしまう。実は人気急上昇中のモデルだったKEYは、その後も度々「呑んべえ」に常連客として現れたり、倫子脚本のドラマのキャスト候補に上がったり、何かと3人と関わってくる。3人それぞれが仕事に恋にと様々な出来事に直面していきながら、本当の幸せを追い求めていくストーリー。居酒屋のメニューである「タラ」と「レバー」が突然しゃべりだすファンタジー・コメディ要素も盛り込まれている。

アラサー女子のリアルな仕事・恋愛模様が描かれ、同世代の女性読者を中心に共感を呼んでいる。2019年からは新シリーズのシーズン2が引き続き『Kiss』にて連載。

『東京タラレバ娘』のあらすじ・ストーリー

第1巻:KEYとの出会い

「吞んべえ」で初対面の3人に言い放つKEY

2020年東京オリンピックの開催が決定した東京。高校時代からの親友である倫子、香、小雪の三人は小雪が働く居酒屋「呑んべえ」に女子会と称して集まっては酒を飲み明かす日々を送っていた。
ある日、倫子が脚本の仕事をもらっているテレビ制作会社ディレクターの早坂から「話したいことがある」と連絡が入る。
当時は冴えないアシスタントディレクターだった早坂は、10年前に倫子に告白するもこっぴどく振られている。10年越しのプロポーズではないかと盛り上がる香と小雪にほだされ、気合を入れて早坂との食事に向かう倫子だったが、実は早坂の話は、倫子のアシスタントのマミに結婚を前提に交際を申し込もうと思っている、という相談だった。
とんだ勘違いに落ち込む倫子を「呑んべえ」で励ます香と小雪。そこに客として居合わせた金髪美青年のKEYは、盛り上がる三人に対して「行き遅れ女の井戸端会議」「一生女同士でタラレバつまみに酒を飲んでいろよ!このタラレバ女!!」と言い放つ。
一方早坂から告白されたマミは、高校生の彼氏がいるが早坂とも付き合ってみることに。

倫子が脚本を手掛けたネットドラマのキャスト候補にKEYがあがる。顔合わせの場でKEYに脚本がダサいと言われてしまった倫子は、脚本担当を降ろされてしまう。代わりに脚本担当となったグラビアあがりの若い新人脚本家とプロデューサーの枕営業の現場を押さえようと倫子は箱根まで後を追いかけ、箱根の温泉旅館にそのまま一泊する。香と小雪に促されKEYは倫子が泊まる宿にやってくる。酔っ払いながら枕営業を非難する倫子に、「自分に枕営業をしてみろ」とけしかけ、KEYと倫子は一夜を共にすることに。

第2巻:香・小雪に訪れた恋愛

KEYと伊豆で過ごしたことを呑んべえで話し大騒ぎする香と小雪

その翌日、箱根での一件を「呑んべえ」で話してしまったことをKEYに突っ込まれ落ち込む倫子。どうするべきか分からずKEYを避けて過ごしていた。
そんなとき、倫子が脚本を外されたネットドラマの主題歌を、KEYが毎回PV出演しているバンドのBUMKEY’Sが担当することになり、関係者として香と小雪と共にBUMKEY’Sのライブを見に行くことに。香は、BUMKEY’Sのギターがかつて付き合っていた涼であることに気付く。楽屋挨拶で10年ぶりに涼に再会するが、涼には若いモデルの彼女がいた。
ある日、「吞んべえ」の留守番を任された倫子と香は、店に出たゴキブリを退治するため近所を歩いていたサラリーマンの丸井を無理やり「呑んべえ」に連れてくる。小雪のどストライクのタイプで、とんとん拍子に丸井と小雪は二人で飲みに行くことに。だが、丸井は実は結婚していることを小雪に打ち明ける。既婚者であることを知りながらも丸井と付き合うことにした小雪。香もまた、昔一緒に住んでいた頃に見せたかった窓からの大きな東京タワーを見せたいという涼のマンションを訪れ、彼女がいる涼と体の関係を持ってしまう。

第3巻:倫子、久しぶりに彼氏ができる

代打の仕事にはりきる倫子

倫子と香は小雪に頼まれ、食中毒にかかり入院中だという丸井のお見舞いに付き合うことに。
そんな中、一度脚本を外されたネットドラマのプロデューサーから連絡が入り、後任の脚本家が急病で入院したため、代打で脚本の続きを書いてほしいと頼まれる。枕営業で勝ち取った若くて可愛いだけだと思っていた新人の脚本家のドラマは思いのほか良い作品で、自分に続きが書けるのかと思い悩む倫子。そこへ、脚本の変更の打合せをしようとKEYが現れ、そのまま丸井のお見舞いにKEYもついてくる。
小雪は丸井に病院で無事会えるが、丸井の姉とも鉢合わせしてしまう。丸井の姉から丸井の嫁のことを聞かされ、倫子がなんとなくSNSで丸井の嫁のことを調べてみると、現在妊娠しており実家に里帰り中だということが分かる。
倫子は代打で書くことになった脚本の参考にするためにレンタルDVDショップへ向かう。目当てのDVDがレンタル中でショックを受けていると、ちょうどそのDVDを借りようとしていた男性に一緒に見ないかと誘われる。シネマバーを経営しているその男性は、倫子を自分の店に連れていく。DVDを見終わり酔っぱらって事務所に戻ると、脚本の進捗が気になっていたKEYがいた。アシスタントのマミが練習用に書いた脚本をパソコンから見つけていたKEYは、倫子の書いたものより面白いと告げる。仕事に自信を失った倫子は、レンタルショップで出会った奥田に再び会いに行く。趣味が合い、イケメンで優しい奥田との恋愛に突き進んでいく倫子。その後倫子は奥田から一緒に見たDVDに出てくる植物園へのデートに誘われ、交際を申し込まれる。倫子は二つ返事でOKし、二人は正式に付き合うことになる。

第4巻:倫子の破局と仕事への決意

映画を観ていない倫子に観せようとする奥田

奥田と付き合いはじめた倫子だったが、一緒にいてもどこかしっくりこず息苦しさを感じていた。
女優と同じパーマを当てろと言ったり、自分が好きな映画を強引に見せたりするマイペースな奥田についていけず香と小雪に相談するが、顔も性格も良いのだから少しぐらい目を瞑って我慢しろという。倫子に「結婚して逃げ道が見つかってよかったな」というKEY。結婚のことなんて分からないくせに、と毒づく倫子だったが、KEYは「あるよ、結婚したこと」と答える。KEYには過去に結婚歴があることが判明する。
結局奥田とは別れることを決めた倫子。別れ際も奥田は最後まで倫子を優しく気遣う対応をする。事務所に戻り、倫子の結婚パーティーを計画していたマミや早坂、KEYに出迎えられるが、その場で奥田とは別れたことを告げる。
そんな中、KEYは所属する事務所で伊豆の観光協会のネットドラマの企画書を見つける。自分で話を通し、倫子にそのネットドラマの脚本の仕事をするよう言う。気乗りしないながらも現場の伊豆に向かった倫子だったが、東京からきた若くて綺麗な女性だと住民からチヤホヤ迎えられ気を良くする。住民の話を聞くうち、町に人を呼ぶため真剣にネットドラマに取り組む様子に心を打たれた倫子は、やる気を取り戻しイキイキ仕事に取り組んだ。ネットドラマの仕事を終えて東京に戻った倫子は、もう一度真剣に仕事に取り組もうと心に誓う。
ネットドラマの撮影時伊豆に訪れたKEYに対し、倫子のことが好きなのではないかと勘ぐる香たちは、KEYと倫子を二人で食事に行かせるよう仕向ける。そんなお膳立てにイライラするKEYに「あんたと恋愛できない」と言われた倫子は大粒の涙を流して立ち尽くす。

第5巻:迷う小雪と香の転機

小雪と温泉に行きたいと言う丸井

KEYの言葉に傷ついた倫子は有名な占い師を訪れる。最近の倫子の出来事をことごとく言い当て、感動した倫子は香と小雪にも勧める。
3人は占い師のお告げを元に婚活居酒屋に入るが、同じ席の男性はしがないサラリーマンで話も盛り上がらず、早々に席を立つ。結局いつものように「呑んべえ」で飲むが、ちょっとした言い争いで珍しくケンカになってしまう。
そんな中、商店街の福引で箱根温泉の宿泊券を当てた小雪。丸井に一緒に行こうと誘われ楽しみにしていたが、当日になって妻が入院して行けなくなったと丸井から連絡が入りドタキャンされてしまう。ケンカしたまましばらく会っていなかった倫子と香を箱根に誘い、いつも通りの3人で過ごし無事に仲直り。
後日、小雪の元に丸井から連絡が入る。前回のドタキャンで不倫の苦しみを感じていた小雪は丸井とはもう別れると伝えるが、丸井はこの間の埋め合わせに温泉旅行に行こうと言う。小雪の父親はその様子を見ていた常連客の話を聞き、一人娘の身を案じていた。
一方の香は、元カレの涼とご飯を食べに出かけた途中、コロコロクリーナーを手渡される。家に来た時も髪の毛で彼女にばれないように、と笑っていう涼。彼女はモデルで体型維持のためほとんど食べないが、香は美味しそうにたくさん食べるから一緒にご飯を食べるのが楽しいと香に話す。後日、香は生理がきていないことに気付く。

第6巻:早坂と再び盛り上がる倫子

妊娠検査薬を涼に見つかる香

風邪をひいた涼のマンションを訪れる香は、涼に妊娠検査キットを見つかってしまう。責任をとると言ってくれた涼の言葉に安心して検査するが、結果は陰性だった。妊娠していなかったことを涼に伝えるとあからさまに安堵する涼。そこへ、たまたま近くで撮影をしていたKEYが、お土産をもって涼の部屋にやってくる。本命の彼女がいるのを知りながら涼のマンションに上がり込む香を見て呆れたKEYは、涼のいない隙を見て、涼にはもう一人モデルの彼女ができて、香はセカンドどころかサードだと香に告げ、もうここには来るなと諭す。
丸井は、自分の家に泊まりに来ないかと小雪を誘う。留守中に妻帯者の家に行くのはルール違反だと悩む小雪だったが、最初で最後にするという丸井を断り切れず、朝まで丸井の家で一緒に過ごすことに。だが、翌日の朝、丸井の家にやってきた丸井の姉と鉢合わせしてしまう。丸井の妻が緊急帝王切開することになったからすぐに向かうよう丸井に伝え、小雪はその場で帰される。
一方、マミは早坂と別れ、今の自分には恋愛よりいい脚本を書くほうが大事だと断言する。倫子はそんな早坂からネットドラマの撮影の打ち上げに誘われる。会場は「呑んべえ」となり、倫子と香も手伝いを兼ねて参加することに。当日、早坂はマミから振られたことを倫子に打ち明ける。早坂を励まそうと倫子は打ち上げの後二人で飲みに行こうと誘う。すっかり酔っぱらった帰り道、年をとってしまったと蔑む倫子に、「倫子さんは10年前と何も変わらない」という早坂。そんな早坂を愛しく感じた倫子は思わず自分からキスをする。
改めて倫子を食事に誘おうと、早坂はKEYにおすすめのお店を相談する。KEYが紹介した大人の雰囲気の会員制のバーに倫子と早坂が向かうと、そこには先にきたKEYが座っていた。

第7巻:明かされたKEYの過去

ドキュメンタリー映画で語るKEY

一杯飲んだら帰ると言いながら一向に帰らず、倫子と早坂を邪魔するような発言ばかりするKEY。早坂はそんなKEYのペースに乗らず、冷静に大人の対応をする。二人はKEYを残して店を出るとホテルに入る。ゆっくりいこうという早坂に対し、倫子はもう33歳なんだからスピーディーにいこうと答え、そのまま一夜を共にする。
派手ではないが、ごく普通のデートをし、一緒にいて楽に過ごせる早坂との時間に幸せを実感する倫子。早坂は倫子に一緒に暮らさないかと提案し、とんとん拍子に物件を探して引っ越しをする。
ドキュメンタリー映画の撮影をしていたKEYは、昔のことを語り始める。KEYの妻は、幼いころ慢性腎炎を患っていたとき、KEYの主治医だった曜子だった。KEYが18歳になり病気を克服した頃、曜子は進行性の癌を患っていることを告白する。KEYは曜子に結婚を申し入れるが、曜子はその後33歳の若さで亡くなったのだった。
マミの元に、KEYの事務所の社長から、KEYのドキュメンタリー映画を手伝ってほしいと仕事の依頼が入る。曜子が入院していた病院の屋上での撮影日、KEYは時間になっても現れず行方不明に。事務所の社長からあるDVDを見せられたマミは、曜子が倫子にそっくりなことに驚き、香と小雪にも見せる。マミは、KEYは倫子のことが好きだと思うと述べる。香、小雪、マミの三人は、引っ越し祝いの準備をする倫子の元に向かう。

qv11691
qv11691
@qv11691

Related Articles関連記事

ママはテンパリスト(東村アキコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ママはテンパリスト』とは、東村アキコによる日本の育児エッセイ漫画。作者の愛息・ごっちゃんの成長していく姿がおもしろおかしく描かれていて、読むと笑える作品。育児の苦労や大変さだけでなくその中にある幸せも感じられる。キャッチコピーは「すいません 育児ナメてました」。 育児漫画として根強い人気があり、出産祝いとしても選ばれている。『月刊コーラス』(集英社)にて2007年8月号から2011年7月号まで連載。2011年に完結し、単行本は全4巻(A5判)。

Read Article

海月姫(東村アキコ)のネタバレ解説・考察まとめ

海月姫(くらげひめ)とは、漫画家・東村アキコにより描かれた少女漫画である。講談社発行の雑誌Kissにおいて連載されている。オタクでニートの女たち、通称”尼~ず”はレトロなアパートの天水館で自らの趣味に没頭して暮らしていた。その一員である主人公の月海はクラゲのクララをきっかけに女装男子の蔵之介と知り合い、天水館売却を阻止すべくクラゲモチーフのドレスデザイナーとして奮闘することになる。

Read Article

かくかくしかじか(東村アキコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『かくかくしかじか』とは、『Cocohana』にて2012年~2015年に連載された東村アキコによる自伝漫画である。幼い頃から漫画家を夢見るお調子者で夢想的な少女・アキコは、美大受験に備えて通い始めた絵画教室で一風変わった講師・日高と出会う。絵画一筋の情熱を貫き独特の人生観を持つ彼に様々な影響を受けながら、アキコが高校生活、大学受験、OL時代を経て漫画家としての人生に至るまでが描かれている。

Read Article

目次 - Contents