MAJOR 2nd(メジャーセカンド)のネタバレ解説・考察まとめ

『MAJOR 2nd(メジャーセカンド)』とは満田拓也原作の漫画であり、1994年から2010年まで『週刊少年サンデー』で連載された『MAJOR』の続編。前作『MAJOR』の主人公・茂野吾郎(しげの ごろう)の息子・大吾が主人公。大吾はプロ野球選手だった父に憧れ野球を始めるも、父のような野球センスには恵まれず一度は野球から離れてしまう。しかしその後あることをきっかけに「野球が好き」という気持ちは父親譲りであることに気付き、再び野球に向き合うことを決意する。その大吾と仲間の友情を描いたストーリー。

藤井(ふじい)

CV:草尾毅

三船ドルフィンズのコーチで千代と千里の父親。
高校時代は吾郎と同じ高校のチームメイトだった。

小森(こもり)

CV:宮田幸季
虹ヶ丘ビートルズの監督を務めており、大吾の所属する三船ドルフィンズとも対戦する。
小・中学校の頃はキャッチャーとして吾郎とバッテリーを組んでいた。
アニメ版では過去に三船ドルフィンズの監督を務めていた。

阿久津(あくつ)

海堂学園中学校野球部の監督。
吾郎とは高校時代、プロ野球でのチームメイトだった。

清水大河(しみず たいが)

CV:朴璐美

大吾の叔父。
薫の弟で、吾郎の聖秀学院高校時代の後輩で野球部のチームメイトでもあった。
現在は美容院を営んでいるが、吾郎の頼みで平日のみ風林中野球部の指導者となる。

『MAJOR 2nd』の用語

クイック

クイックとはクイックモーションの短縮語で、盗塁をさせないことを目的に、投手が素早く投げる技術。
投球の際に、足を擦るようにしたり重心を下げて構えたりなどして投球フォームを簡略化する。

風林中の大会初戦、相手投手のクイックが上手くはないというのがわかっていた大吾は、先頭バッターの千里に行けたらいつでも盗塁するよう伝えていた。
そして大吾の助言通り、千里は積極的に盗塁を仕掛け、その結果先制点をもぎ取ることに成功した。

イップス

イップスとは心理的な理由で思うように身体が動かず、動作に支障が出る運動障害のこと。
それまでは無意識的にできてきたような動きが、大事な試合で失敗するなどといった原因でそれ以降思うようにできなくなるという症状を引き起こしてしまう。

風林中唯一の3年生である丹波は2年生のとき、あとアウト1つで県大会出場が決まるという3年生最後の大会でエラーをしてしまい、サヨナラ負けをした経験があった。
それが原因で送球イップスとなってしまった丹波。練習だと問題ないのにも関わらず、試合の大事な場面になると体が萎縮してしまいうまく送球ができないという症状を抱えていた。

クロウホップ

クロウホップとは野球用語であり、バックホームなど強い送球を行う時に使用する技術のこと。
投球時に軸足で強く踏み切り、前がかりに跳びながら最大限勢いをつけて投球をする技術のこと。

大吾が三船ドルフィンズに再入団してすぐの大会初戦で見せた技術。
寿也に教えてもらったこの技術で自らの肩の弱さをカバーし、見事3塁ランナーをホームで刺すことに成功した。

イーファス

イーファスとは野球用語であり、投手が投げる球種の一種。
「イーファス・ピッチ」を短縮した語句であり、山なりの軌道を描く超スローボールのことを言う。

第1シリーズ小学生編の虹が丘ビートルズ戦において、虹が丘ビートルズのエース玉城(たまき)が投げている。

『MAJOR 2nd』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

大吾「俺の肩じゃ、グローブ捨てることもできなかったんだよ。」

gamico616g8
gamico616g8
@gamico616g8

Related Articles関連記事

MAJOR(メジャー)のネタバレ解説・考察まとめ

MAJOR(メジャー)のネタバレ解説・考察まとめ

満田拓也による漫画を原作とする野球アニメ。 2004年から2010年まで、NHK教育テレビにて6シーズン全154話が放送された。 幼い頃に両親を亡くした主人公「茂野吾郎」の野球人生を描いた作品であり、彼の成長とともに所属するチームが一丸となって目標に向かって前進していく物語である。 「友情」や「努力」といった普遍的なテーマに加え、「家族」「逆境」も本作の重要なテーマとしている。

Read Article

【機動警察パトレイバー】大人にこそオススメしたい!傑作アニメまとめ【MAJOR】

【機動警察パトレイバー】大人にこそオススメしたい!傑作アニメまとめ【MAJOR】

アニメと聞けば、子どもが観るものというイメージがありますよね。でも、実際には大人こそ観たい・観るべき作品がたくさんあります。この記事では、そんな大人のあなたに贈る素晴らしいアニメ作品をまとめました。泣けるもの、笑えるもの、ストーリーが最高のものなど、どれも傑作揃いです。ぜひご覧あれ!

Read Article

目次 - Contents