MAJOR 2nd(メジャーセカンド)のネタバレ解説・考察まとめ

『MAJOR 2nd(メジャーセカンド)』とは満田拓也原作の漫画であり、1994年から2010年まで『週刊少年サンデー』で連載された『MAJOR』の続編。前作『MAJOR』の主人公・茂野吾郎(しげの ごろう)の息子・大吾が主人公。大吾はプロ野球選手だった父に憧れ野球を始めるも、父のような野球センスには恵まれず一度は野球から離れてしまう。しかしその後あることをきっかけに「野球が好き」という気持ちは父親譲りであることに気付き、再び野球に向き合うことを決意する。その大吾と仲間の友情を描いたストーリー。

相楽太鳳(さがら たお)

CV:佐倉綾音
投打:右投両打
ポジション:ショート

小学生時代は名門・横浜リトルに所属。
ポジションはショート一筋。
自由奔放な性格の持ち主である一方、女子は男子に勝てないという考えを持つなど現実的で冷めた一面も持つ。

沢弥生(さわ やよい)

CV:河瀬茉希
投打:右投右打
ポジション:セカンド

小学生時代は名門・横浜リトルに所属。
ポジションはセカンドだが、リトル時代は投手だった。故障を機にセカンドに転向した。
クールな性格の持ち主である一方、仲間思いの一面も持つ。

椛島アニータ(かばしま あにーた)

CV:村川梨衣
投打:右投右打
ポジション:キャッチャー・外野手

太鳳と弥生の横浜リトル時代の後輩。
ポジションはキャッチャー一筋。
リトル時代はスタメンマスクをかぶり、クリーンナップを任されていた。
日本人の父とブラジル人の母を持つハーフで、父親が関西出身のため、アニータ自身も関西弁を話す。
当初は実力主義で実力のない人を見下すような態度を取っていたが大吾に厳しく注意されてからはチームメイトという認識を持つようになる。

藤井千里(ふじい ちさと)

CV:上坂すみれ
投打:左投左打
ポジション:センター

太鳳と弥生の横浜リトル時代の後輩で藤井の次女。
おっとりした性格の持ち主である一方、俊足を生かし1番バッターを務めている。
リトル時代からアニータのことを見守っており、風林中野球部への入部も勧めた。

藤井千代(ふじい ちよ)

CV:渡部紗弓
ポジション:マネージャー

千里の姉で、藤井の長女。
大吾の同級生であるが、千里の姉ということから「千代姉」と呼ばれている。
小4までは千里とともに野球をしていたが、自分より後に始めた千里にあっさり抜かされてしまったことや父親の野球熱が千里に移ったことにショックを受け、野球を辞めた。
もともと美術部に所属していたが、野球部の人数不足を補うため大吾と睦子が勧誘する。
初めは頑なに嫌がっていたものの、仁科に一目惚れしたことをきっかけにマネージャーとして入部し、その後選手復帰を決意する。

関鳥星蘭(かんどり せいら)

CV:高垣彩陽
投打:右投左打
ポジション:サード

野球未経験者だが睦子に誘われ、ダイエットのために野球部に入部した。
初心者ながら強肩の持ち主であり、さらに左投手にめっぽう強い。
レギュラーへの執念は人一倍強く持っている。

丹波広夢(たんば ひろむ)

CV:杉田智和
投打:右投右打
ポジション:ファースト

風林中野球部唯一の3年生。
自分以外の同級生野球部員は窃盗事件を起こし全員退部した。
生徒会長を務めながら野球に情熱を注ぎ、面倒見が良い。
一方でプレッシャーに弱い一面もある。

千葉拓巳(ちば たくみ)

CV:米内佑希
投打:右投右打
ポジション:ショート・外野手

仁科と同じ南陽ライオンズ出身。
1度は野球部入部を辞退し、シニアに移るが基礎練習や雑用ばかりの練習に嫌気がさし、仁科の勧誘にのる形で野球部に入部する。
入部直後に虫垂炎になり、手術を受ける。
退院後、監督から手術後を理由とした態度の悪さを見抜かれ退部を勧告されるも、ポジション争いをしている太鳳から説得され徐々に態度を改めるようになる。

gamico616g8
gamico616g8
@gamico616g8

目次 - Contents