MAJOR 2nd(メジャーセカンド)のネタバレ解説・考察まとめ

『MAJOR 2nd(メジャーセカンド)』とは満田拓也原作の漫画であり、1994年から2010年まで『週刊少年サンデー』で連載された『MAJOR』の続編。前作『MAJOR』の主人公・茂野吾郎(しげの ごろう)の息子・大吾が主人公。大吾はプロ野球選手だった父に憧れ野球を始めるも、父のような野球センスには恵まれず一度は野球から離れてしまう。しかしその後あることをきっかけに「野球が好き」という気持ちは父親譲りであることに気付き、再び野球に向き合うことを決意する。その大吾と仲間の友情を描いたストーリー。

茂野桃子(しげの ももこ)

CV:野田順子

大吾の祖母、吾郎の母親であり元保育士。
吾郎と血のつながりはないが、吾郎の実父である茂治と婚約していた。
しかしその茂治が帰らぬ人となったため、そのまま吾郎を引き取ったのち、英毅と結婚した。
大吾の試合を英毅とともに見にくることがある。

佐藤家

佐藤光(さとう ひかる)

CV:西山宏太朗
投打:右投右打
ポジション:投手・外野手(三船ドルフィンズ)、捕手(辻堂中)

メジャーでも活躍した佐藤寿哉(さとう としや)の息子。
ニューヨーク生まれの帰国子女でバスケ・サッカーテニス等のスポーツ経験はあるが野球は全くの初心者。
しかし、ポテンシャルは高く野球センスは抜群で父親譲りの強肩の持ち主。
両親は自身が小学校1年生の時に離婚し、母親に引き取られるも、小学生の頃までは佐藤姓を名乗っている。
光は野球から離れていた大吾に対して、あえて厳しい言葉をかけることで大吾の野球への熱意を引き出した。

佐藤寿也(さとう としや)

CV:森田成一

光の父であり、吾郎と幼馴染の元プロ野球選手。
幼い頃に吾郎に誘われたことで野球を始める。
捕手として日本球界はもちろん、メジャーリーグでも活躍した。
引退し、帰国後は野球解説者を務めている。
アマチュア指導の資格を取得しており、のちに大吾の所属する風林中の野球部監督に就任する。

三船ドルフィンズ

佐倉睦子(さくら むつこ)

CV:花澤香菜
投打:右投右打
ポジション:外野手(三船ドルフィンズ)、投手(風林中)

『MAJOR 2nd』のヒロインであり、大吾の同級生。
当初はただのクラスメイトであったが、のちに三船ドルフィンズに入団。
兄が野球をやっており、小さい頃からキャッチボールの相手をしていたためドルフィンズ入団前から光の豪速球を難なく捕球していた。
リトルで必死に汗を流していた大吾に惹かれ、それ以降大吾に好意を寄せている。

卜部隼人(うらべ はやと)

CV:市川太一
投打:右投右打
ポジション:投手

三船ドルフィンズのピッチャー。
共に東都ボーイズから移籍したアンディとバッテリーを組む。
最初は二世の大吾に難色を示していたが、のちに大吾の野球センスを認めはじめる。
中学は清和中学校に進学。

鈴木アンディ(すずき あんでぃ)

CV:大畑伸太郎
投打:右投左打
ポジション:捕手

三船ドルフィンズのキャッチャー。
卜部と共に東都ボーイズから移籍し、バッテリーを組む。
中学も卜部と同じく清和中学校に進学。

風林中学校

仁科明(にしな あきら)

CV:山下大輝
投打:右投右打
ポジション:外野手・ピッチャー

とある事情で弱体化した風林中野球部を救うため、補強選手としてスポーツ推薦で風林中に入学する。
小学生時代は名門・南陽ライオンズのエースとして活躍。
自信に満ち溢れており、大吾たち上級生に生意気な態度をとるも、次第に真面目に練習に取り組むようになっていく。

gamico616g8
gamico616g8
@gamico616g8

目次 - Contents