MAJOR 2nd(メジャーセカンド)のネタバレ解説・考察まとめ

『MAJOR 2nd(メジャーセカンド)』とは満田拓也原作の漫画であり、1994年から2010年まで『週刊少年サンデー』で連載された『MAJOR』の続編。前作『MAJOR』の主人公・茂野吾郎(しげの ごろう)の息子・大吾が主人公。大吾はプロ野球選手だった父に憧れ野球を始めるも、父のような野球センスには恵まれず一度は野球から離れてしまう。しかしその後あることをきっかけに「野球が好き」という気持ちは父親譲りであることに気付き、再び野球に向き合うことを決意する。その大吾と仲間の友情を描いたストーリー。

山口(やまぐち)

CV:村中知

風林中野球部顧問。
野球経験も野球への関心も皆無。
常に部活による休日出勤をボヤいている。

眉村家

眉村道塁(まゆむら みちる)

CV:堀江由衣
投打:左投左打
ポジション:投手

元プロ野球選手である眉村健の娘であり、双子の姉。
小学生時代は名門東斗ボーイズに所属し、双子の弟・渉とバッテリーを組んでいた。
大吾の父親である吾郎の大ファン。
中学1年生の時は横浜シニアに所属していたが、監督に女子であることを理由に戦力外通告をされ、横浜シニアを退団。
その後自身の通う大尾中の軟式野球部に入部。
ある大会で風林中と対戦し、優勝を果たすも上級生の引退と道塁自身の故障で部員が少なくなってしまう。
その後風林中と合同チームを組み、大吾とチームメイトとなる。

眉村渉(まゆむら わたる)

CV:福島潤
投打:左投左打
ポジション:捕手

元プロ野球選手である眉村健の息子であり、道塁の双子の弟。
小学生時代は名門東斗ボーイズに所属し、双子の姉・道塁とバッテリーを組んでいた。
もともとはピッチャーだったが膝に違和感を覚えた際、父親に投球を禁じられキャッチャーに転向した。
中学生になってからは横浜シニアに所属している。

眉村健(まゆむら けん)

CV:保村真

道塁と渉の父親で元プロ野球選手。
吾郎から野球部の監督を依頼されるも断っている。

大尾中学校

郷田 早苗(ごうだ さなえ)

大尾中1年生。道塁に憧れて野球部に入部した。
風林中との合同チームに参加するが、野球は全くの初心者。
あだ名は「郷ちゃん」。

魚住 昴太郎(うおずみ こうたろう)

CV: 金光宣明
ポジション:捕手
投打:右投左打

大尾中2年生。
道塁を追って、横浜シニアを退団し、大尾中野球部に入部した。
道塁が左肩を壊してからはシニアに戻ったが指導者と喧嘩して退団し、大尾中で風林中との合同チームに参加する。
沢とは横浜リトル時代、バッテリーを組んでいた。

指導者

田代(たしろ)

CV: 森訓久

三船ドルフィンズの監督。
高校時代には吾郎とバッテリーを組んでいた。

gamico616g8
gamico616g8
@gamico616g8

目次 - Contents