稲葉正男(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

マーク/稲葉正男(いなば まさお)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイト。正義感が強く頼りがいのある少年だが、直情的かつ感情的な性格の為、時折問題も起こす。同じペルソナ使いで徹底した合理主義者である南条圭とは犬猿の仲。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、「セベク編」と呼ばれる物語のメインキャラクターとなっている。P1主人公達と共に御影町で起きる異変について探っている。

マーク達の前に現れた「麻希」

元気な姿で現れた麻希に困惑しつつ、麻希が無事だった事に安堵するマーク。

ペルソナ使いとして、町の異変の原因を探り始めたマーク達。すると、そんな彼らの前に居なくなった筈の麻希が現れる。だが現れた麻希は、病気のびの字も感じさせない程に元気な様子で、マーク達は驚いてしまう。その他にも麻希は「入院なんてした覚えはない」と言い張ったり、自分の事を「皆のアイドル、マキちゃんです!」と言い切ったりと、マーク達の知る病弱で大人しい麻希とは異なる姿を見せ、さらにマーク達を困惑させる。

しかしそんなマーク達の困惑も余所に、麻希は御影町で起きている異変の事を知ると、マーク達と共にその原因を探る事を決める。実は麻希もまた、ペルソナ使いとしての力に覚醒していたのである。自分達と違い、ペルソナ様をやっていない筈の麻希がペルソナ使いに目覚めた事にマーク達は驚くが、町を守りたいという麻希の真摯な思いを受け入れ、彼女を新たに自分達の仲間にする。

異変の根源である神取鷹久のもとへ乗り込むマークと仲間達

異変の根源である神取鷹久を追いかけていたマーク達の前に現れた、謎の黒い服を着た少女。

御影町内に出現する悪魔達と戦いながら、街中を探索し続けたマーク達は、全ての原因が「佐伯エレクトロニクス&バイオロジカル&エネルギー・コーポレーション(通称:セベク社)」御影町支店の支店長、神取鷹久(かんどり たかひさ)にある事を知る。そこでマーク達は神取を捕まえる為、セベク社に乗り込む。だがそこで待っていたのは、「デヴァ・システム」と呼ばれる装置に乗り込もうとしていた神取だった。このデヴァ・システムは、神取が集めた研究者達によって作られた異次元世界への転送装置のようなもので、神取はこれを使い「神になる」という自らの野望を叶えようとしていたのである。それを知ったマーク達は彼を止めようとするが、寸前のところで神取は異世界に行ってしまう。だがその時、神取と一緒にデヴァ・システムに乗った、システムの開発者であるニコライ博士が、システムを暴走させ、彼もろとも心中を図ろうとする。

予想外の展開に驚くマーク達。「ニコライ博士が犠牲になるのは間違っている」、「助けなければ」と、マークは慌てるが、仲間の1人、なんじょうくん/南条圭が、「自分の身を犠牲にしてまで、神取を阻止しようとしている博士の意思を尊重すべきだ」と言ってマークの主張を切り捨てる。
意見が衝突した事で、南条と言い争いを始めるマーク。その時、突然、デヴァ・システムが正常に動き始める。驚愕の展開を前にあぜんとするマーク達だったが、そんな彼らの前に今度は黒い服を着た少女が現れる。そうして「パパは殺させないんだから」と言って、何かしらの能力を使い始める。眩しい光に包まれたマーク達は、そのまま意識を失ってしまう。

「園村麻希」の正体と異世界の「御影町」

異世界の「御影町」にある聖エルミン学園の体育館で目を覚ました、マーク達。

次にマーク達の目が覚めた時、彼らは異世界の「御影町」にいた。マーク達の知る御影町にそっくりだが、どこか少しだけ作りが違ったその世界を前に驚愕するマーク達だったが、麻希だけは驚いた様子を見せずに「本当にあったんだ」と呟いた。
実は麻希は、マーク達の世界の麻希ではなく、この異世界の「御影町」に住む麻希だったのである。異世界の御影町には、少し前に行方知れずになっていたマーク達のクラスメイトである陽介(ようすけ)もおり、麻希は彼からマークの住む「御影町」について話を聞いていたのだという。
驚きの麻希の正体に再び驚愕するマーク達だが、それならば自分達の知る園村麻希はどこに行ってしまったのか、という話になる。だが具体的な答えが見つからなかった。マーク達はひとまず、再び神取を追いかける事に決める。マーク達が意識を失う前に目にしていた神取の言動からして、彼もまた異世界の「御影町」に居る筈だと考えたのである。
異変の犯人である神取を捕まえれば、麻希の居場所が明らかになる筈、そう信じてマークは仲間達と共に異世界の「御影町」で神取を探していく事になる。

神取との再会、黒い服の少女の正体

あきの召喚した悪魔と戦うマーク達。

自分達の知る世界とは少し異なる「御影町」に困惑しながらも、神取を探して街にはびこる悪魔やそれを従えた敵達と戦っていくマーク達。その結果、彼らは神取がダンジョン「マナの城」に隠れている事を知る。しかしダンジョンに入る為には、異世界の「御影町」の創造主の1人だという少女、まいからあるアイテムを借りなくてはいけない事が発覚する。マーク達はまいのもとへ向かい、彼女を説得してアイテムを借りる。

まいから借りたアイテムを手にダンジョン「マナの城」へ向かうマーク達。だがその最奥で彼らを待っていたのは神取だけではなかった。マーク達が元の御影町で意識を失う原因を作った、黒い服の少女もそこにいたのである。黒い服の少女の名は、あき。まいの片割れの少女であり、異世界の「御影町」のもう1人の創造主だった。

神取は、自分の事をパパと慕う少女、あきに彼らを黙らせるように命令し、自分だけ己の願望を叶える最終段階に入る為、異世界「御影町」からマーク達が暮らしていた御影町の方へと帰っていく。追いかけようとしたマーク達だったが、その瞬間、あきが召喚した悪魔に邪魔をされ、神取を取り逃がしてしまう。

園村麻希の母親との出会い、元の御影町への帰還

神取を追いかける中で、麻希の母親(画面手前、眼鏡の女性)と出会ったマーク達。

神取を追いかける為、元の御影町へ戻る方法を模索するマーク達。そこで昔から神隠しの噂がある「幽霊屋敷」に何かヒントがあるのではないか、という結論に至り、幽霊屋敷へ向かう事になる。

向かった幽霊屋敷にてマーク達は、そこで自分達の世界の園村麻希(そのむら まき)の母親と遭遇する。異世界の事など何も知らない麻希の母親は、自分の娘が無事であった事に安堵し、麻希に駆け寄る。麻希とマーク達は、麻希の母親に自分達が置かれている現状を説明し、この麻希が彼女の娘の「麻希」ではないことを伝える。
現状を知った麻希の母親は、自分ならなんとか異世界に行く為の機械を扱えるかもしれない、という事をマーク達に告げる。実は麻希の母親は、セベク社の社員だったのだ。神取が危険な研究をしている事に気づいた彼女は、それを阻止しようとしていたのだが、神取に気づかれ邪魔される。その結果、この世界に飛ばされてきてしまったようだった。

麻希の母の助け借りて、元の御影町へ帰る事になるマーク達。しかし機械をいじる人間が必要である事から、麻希の母親は1人この異世界に残る事を選ぶ。「娘の事をよろしく頼む」とマーク達に述べてきた麻希の母親に、マークは思わず自分の母親の事を思い出す。マークの母親は、マークに対して過保護な面があり、マークはそれをうっとうしく感じているところがあった。だがそれだけが母親に対する想いというわけでもなく、マークは自分の母親が無事である事を願う。そうして、母親の小言をうっとうしく感じられる平和な日常と世界を取り戻す為、改めて神取を倒す事を決意し、元の御影町へと戻っていく。

神取との最後の戦い

マーク達に生きる理由を問いかける神取。

元の御影町に戻ったマーク達は、神取がいるダンジョン「御影遺跡」をどうにか攻略し、最奥で自分達が来るのを待っていた神取と対峙する。

しかし向き合った神取の様子は、異世界「御影町」にいた頃とは異なっていた。どこか意気消沈した様を見せる神取に戸惑うマーク達。すると神取はマーク達に「なんの為に生きているのか」という問いかけをしてくる。実は「神になる」という野望を叶え、誰もが自分に従う力を手に入れる事ができた神取だったが、自分の野望が全て叶ってしまった事で逆に自分の「したい事」を失い、生きる気力を失ってしまっていたのである。

だが、そんな神取からの問いかけに、P1主人公が「そんなことはわからない」ときっぱりと言い返した事をきっかけに、マーク達もそれに乗るようにして自分達なりの「生きる理由」を神取に答えていく。そうして、生きる意味を失い、生きる事に悲観している神取の現状を否定していく。
マーク達の言葉に逆上した神取は、マーク達に攻撃を仕掛けてくる。そんな神取を前に、マークは平和な日常、そして世界を取り戻す為、神取との戦闘を開始する。

明かされた真実

明かされた衝撃の事実を前に混乱する麻希。

激闘の末、なんとか神取を倒す事に成功するマーク達。だが戦闘が終わったその時、神取の口から驚きの真実が明かされる。それは、異世界「御影町」が、全てマーク達の住む世界の麻希によって作られた、彼女の幻想郷のような場所であったという事実だった。

神取曰く、デヴァ・システムが完成したのは、今から一月前のこと。しかしそれよりも以前から麻希とシステムの波長が、霊的にシンクロしていたのだという。マーク達の世界に住む麻希は、病弱だった事もあり、聖エルミン学園に入学してからその殆どの時間を病院で過ごしている状態にあった。病院には、麻希の友人達がやってきてくれていたりしたが、それでも普通の高校生としての日々を過ごしたかった麻希にとって、元気に学校に通う彼らは憎い存在であり、同時に羨む存在でもあった。
その結果、いつからか彼女は、自分の心の中に、自分が理想とする世界や自分の姿を思い描くようになっていく。そんな彼女の強い理想から生まれた世界が、デヴァ・システムの波長とシンクロし、生まれてしまった世界が、異世界の「御影町」。この世界の創造主だという2人の少女、まいとあきも、麻希の心から生まれた存在だったのである。

全てを知った麻希は、予想外の事に取り乱し、その場から逃げ出してしまう。混乱するマーク達に神取は、「麻希は孤独だった」、「彼女は本当の自分の心を知る必要がある」と告げる。そうして最期に「そうしなければ、自分の二の舞になるだろう」と言い遺すと、そのままマーク達の目の前で息を引き取ったのだった。

麻希の「心」の救出

麻希の命を犠牲に世界を救う提案をした南条(膝をついている少年)を殴りつけたマーク。

飛び出した麻希を探しに出るマーク達。しかし全てを知ってしまった麻希は、自分を追ってきたマーク達を拒み、異世界の「御影町」へ逃げてしまう。さらに異世界の「御影町」側から、彼らがこちら側に来れないように通路を閉ざしてしまう。

マークは麻希の後を追う為、どうにか異世界の「御影町」へ行こうと提案する。しかしその提案が合理性に欠けると思った南条が、「それよりもデヴァ・システムを壊すべきだ」とマークに返してくる。デヴァ・システムを壊せば、それと意識を繋がらせている麻希は亡くなってしまうだろうが、現状、御影町で起きている異変は全て解決する事ができる筈だと南条は考えたのである。しかしそれは麻希を見捨てるという事に等しかった。

麻希を見捨てるような発言をした事が許せず激怒したマークは、南条を殴りつける。そうして南条の言い分は正しいかもしれないが、これまでずっと戦ってきた仲間を見捨てる事はできないという、自身の思いの丈を南条にぶつける。その言葉に心揺り動かされた南条は、合理性ではなく、麻希の事を友人として助けたいと願う自分の心に従い助けに行く事を決意する。

その時、マーク達は、麻希が居た部屋で眠っている「本物の麻希」が持っていたコンパクトが光っている事に気づく。それは麻希がずっと大事にしていたコンパクトだった。不思議な光を放つコンパクトに、何かしら異世界「御影町」へ向かうヒントがあると考えたマーク達は、部屋に落ちていた異世界の麻希が持っていたコンパクトを拾い、2つのコンパクトを持ち合わせて「麻希のもとへ行かせてくれ」と願ってみる。すると、その願いを聞き届けたかのようにコンパクトは光を強く発しながら、マーク達を異世界へ連れて行く。

再び異世界の「御影町」に行く事ができたマーク達は、そこで麻希の母親と再会。事情を説明し、麻希を助けに行く事を告げる。それを聞いた麻希の母親は、自分も一緒に連れていってくれ、と頼む。麻希の母親の本気を感じたマーク達は、彼女も連れ、麻希のもとへ向かう。するとその道中、マーク達は泣いているまいと出会う。大泣きしているまい曰く、あきが「1番悪い自分」のところに行ってしまった、とのこと。この異世界を滅ぼし、本物の自分を殺す為、「パンドラ」と名乗る自分のもとへ行ったという彼女の話を聞いたマーク達は、「パンドラ」と書かれた謎の扉が学校にあった事を思い出す。そこにあき、もとい麻希の分身が居るのではないかと推測した彼らは、麻希もきっとそこに居るはずだ、と結論付ける。
そうして、世界の滅びを前に泣くあきを、麻希の母親に託し、彼らはパンドラのもとにいる麻希のもとへと向かう事にする。

向かった先、マーク達の予想通り、そこには麻希の姿があった。しかし全ての元凶であった自分の醜い思いを見られたくなかった麻希は、マーク達を拒絶、パンドラの力を使い彼らに攻撃を始める。
マーク達はペルソナの力を使って、麻希との戦闘を開始。なんとか彼女を落ち着けさせる事ができた彼らは、麻希を励まし、自分達のもとへ帰ってくるように訴える。そんなマーク達の真っ直ぐな言葉を聞いた麻希は、自分の汚い一面と向き合う事を決意。マーク達のもとへと戻る事を選ぶのだった。

1215chika
1215chika
@1215chika

Related Articles関連記事

女神異聞録ペルソナ(P1)のネタバレ解説・考察まとめ

女神異聞録ペルソナ(P1)のネタバレ解説・考察まとめ

『女神異聞録ペルソナ』(めがみいぶんろくペルソナ)は、1996年9月20日にアトラスより発売されたPlayStation用ゲームソフト。 「ペルソナ」を使役する8人の個性豊かな少年少女達が、物語の舞台となる御影町で巻き起こりつつある異変を究明してゆく姿を描くRPG作品。 独自のダークな世界観は過去作と共通しているが、これまでの作品よりも難易度が抑えられ、ライトユーザー向けの作品となっている。

Read Article

女神異聞録ペルソナ(P1)のペルソナ使い・ペルソナ能力まとめ

女神異聞録ペルソナ(P1)のペルソナ使い・ペルソナ能力まとめ

『女神異聞録ペルソナ』とは、株式会社アトラスの大人気ジュブナイルRPG『ペルソナ』シリーズの1作目にあたるゲーム作品である。巷で噂の儀式「ペルソナ様」を行った事で、ペルソナ能力を手に入れた主人公とその仲間達が、自分達の住む街「御影町」を舞台に起こる異変に立ち向かっていく物語となっている。 主人公と仲間達ペルソナ使いは、それぞれ「ペルソナ」と呼ばれる力を用いてシャドウと戦う。この「ペルソナ」とは、自分の中に眠る「もうひとりの自分」が神や悪魔の姿となって出現したものである。

Read Article

イゴール(ペルソナ)の徹底解説・考察まとめ

イゴール(ペルソナ)の徹底解説・考察まとめ

イゴールとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』に登場するキャラクターである。『ペルソナ』シリーズ全作品に登場しており、ペルソナ使いである主人公達の活動を手助けしていく役を担っている。1・2ではフィレモンと呼ばれる人物に従っている存在だったが、『ペルソナ3』以降では、不思議な青い部屋・ベルベットルームの主として登場するようになる。長い鼻が特徴のキャラクターとなっており、公式にてネタとしていじられてもいる。

Read Article

ピアスの少年/P1主人公(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

ピアスの少年/P1主人公(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

ピアスの少年/P1主人公とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目の主人公である。ゲーム内においての彼の名前はプレイヤーが決める為、ゲーム内での決まった名前は存在しない。本作の舞台である「御影町」にある「聖エルミン学園」に通う男子高校生。ある日、友人達と聖エルミン学園で流行っていた儀式「ペルソナ様」を試した結果、ペルソナ能力を手にする。その後、御影町で起き始めた様々な異変を解決する為、ペルソナの力を使って異変の原因を探っていく事になる。

Read Article

南条圭(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

南条圭(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

なんじょうくん/南条圭(なんじょう けい)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイト。南条財閥の御曹司でもある。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、「セベク編」と呼ばれる物語のメインメンバーとなっている。P1主人公達と行った「ペルソナ様」という儀式により、ペルソナ使いに覚醒。ペルソナ使いの力を駆使して、物語の舞台「御影町」で起きる異変について探っていくようになる。

Read Article

園村麻希(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

園村麻希(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

マキ/園村麻希(そのむら まき)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。本作の舞台「御影町」にある「聖エルミン学園」に通う女子高生。幼い頃から病弱で、聖エルミン学園入学後もほとんどの日々を病院で過ごす。御影町に異変が起きた事をきっかけに、突然元気になった姿でP1主人公達の前に現れ、彼らを驚かせる。その後、ペルソナ使いに覚醒した麻希は、その力を使い、P1主人公達と共に御影町で起きている異変の原因を探っていく事になる。

Read Article

桐島英理子(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

桐島英理子(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

エリー/桐島英理子(きりしま えりこ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。本作の舞台「御影町」にある「聖エルミン学園」に通う女子高生。P1主人公/ピアスの少年とはクラスメイトの関係にあたる。帰国子女で、英語交じりの独特な喋り方をするオカルト好きな女子。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、どちらの物語にも参加可能な選択メンバーであり、P1主人公達と共に御影町で起きる異変について探っていく事となる。

Read Article

フィレモン(女神異聞録ペルソナ・ペルソナ2)の徹底解説・考察まとめ

フィレモン(女神異聞録ペルソナ・ペルソナ2)の徹底解説・考察まとめ

フィレモンとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目と2作目に登場するキャラクターである。主人公とその仲間達にペルソナを与える役目を担う。自らの事を「意識と無意識の狭間に住まう者」と称しており、ペルソナの生成や能力強化に大きく関わってくるベルベットルームに住むイゴール達住人を従えている。その正体は、人の心の海より生まれた「人類のポジティブマインド」を具現化した存在。2作目のラスボス・ニャルラトホテプの半身であり、同時に敵対する存在でもある。

Read Article

城戸玲司(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

城戸玲司(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

レイジ/城戸玲司(きど れいじ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイト。物語が始まる半年前に転入してきた無口な転校生。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、「セベク編」と呼ばれる物語の隠しキャラとなっている。御影町で起きる異変について探るP1主人公達と出会った事をきっかけに、ペルソナ使いに覚醒する。異変の犯人である神取鷹久(かんどり たかひさ)に個人的な恨みを持っている。

Read Article

神取鷹久/アシュラ女王(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

神取鷹久/アシュラ女王(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

神取鷹久(かんどり たかひさ)/アシュラ女王とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。本作には「セベク編」と「雪の女王編」と呼ばれる2シナリオが存在しており、神取はその両方にボスキャラクターとして登場する。付随するアシュラ女王は「雪の女王編」にのみ登場する謎の仮面の女子生徒と神取が融合して生まれたボスキャラクターとなっている。なお作中での神取の立場は、物語の舞台「御影町」にあるセベク社の支社長。「雪の女王編」では高校生時代の姿で登場する。

Read Article

上杉秀彦(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

上杉秀彦(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

ブラウン/上杉秀彦(うえすぎ ひでひこ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイト。赤髪とゴーグルがトレードマークの男子高校生である。陽気なお調子者キャラとしてクラスの人気者だが、少々騒がしすぎるところが玉に瑕。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、どちらの物語にも参加可能な選択メンバーであり、P1主人公達と共に御影町で起きる異変について探っていく事となる。

Read Article

綾瀬優香(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

綾瀬優香(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

アヤセ/綾瀬優香(あやせ ゆか)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイトであり、作品発売当時に流行していたコギャルをイメージした女子高生。思った事はそのまま言ってしまう性格をしており、それが原因で問題を起こす事も多い。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、どちらの物語にも参加可能な選択メンバーであり、P1主人公達と共に御影町で起きる異変について探っていく事となる。

Read Article

黛ゆきの(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

黛ゆきの(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

ゆきのさん/黛ゆきの(まゆずみ ゆきの)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。本作の舞台「御影町」にある「聖エルミン学園」に通う姉御肌な女子高生。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、「雪の女王編」と呼ばれる物語のメインメンバーとなっている。恩師・高見冴子の身体を乗っ取り、聖エルミン学園を凍りつかせた「雪の女王」を倒す為、ペルソナ使いの力を使い、「雪の女王」の用意した「塔」の守護者達との戦いに挑んでいく。

Read Article

ペルソナシリーズの音楽・BGMまとめ

ペルソナシリーズの音楽・BGMまとめ

『ペルソナ』とは、株式会社アトラスより発売されているジュブナイルRPGシリーズである。全世界累計売上本数が1300万本越えの大人気ゲームとなっている。その人気の理由の1つにあるのが、ゲーム本編を彩る楽曲達の存在がある。魅力的な楽曲で多くのファンの心を掴んでいったペルソナの音楽は、人気が高まった結果両国国技館を舞台にライブを行ったり、リズムゲームまで発売するまでに至っている。ペルソナの魅力を語る上で外せない要点である。

Read Article

メガテンに近い?ペルソナ1・2の魅力とは【女神異聞録ペルソナ/P2 罪・罰解説】

メガテンに近い?ペルソナ1・2の魅力とは【女神異聞録ペルソナ/P2 罪・罰解説】

『ペルソナシリーズ』は『ペルソナ3』を境にシステムや設定が大きく異なっている。『ペルソナ3』以降はポップで明るい演出を取り入れ、新規ユーザーの獲得に成功した。 一方の『女神異聞録ペルソナ』『ペルソナ2』は派生元の女神転生(メガテン)に近く、また一味違う『ペルソナ』となっている。

Read Article

ペルソナシリーズ歴代主人公の不幸な要素まとめ

ペルソナシリーズ歴代主人公の不幸な要素まとめ

『ペルソナシリーズ』では、主人公や仲間が困難に立ち向かい、成長していく様子が描かれる。主人公はストーリーの導入として序盤から不幸な目に遭っている場合が多い。中でも『ペルソナ2』の周防達哉は最後まで報われないことで有名である。 ここでは『ペルソナシリーズ』歴代主人公の不幸な要素をまとめた。

Read Article

ペルソナシリーズのシャドウとは?由来・元ネタとなったユング心理学を交えて解説!

ペルソナシリーズのシャドウとは?由来・元ネタとなったユング心理学を交えて解説!

『ペルソナシリーズ』に登場する重要な用語である「ペルソナ」や「シャドウ」は、ユング心理学に由来する言葉だ。ペルソナ4では仲間たちが自身のシャドウと向き合うことでペルソナを獲得するという流れになっており、これらの語句がストーリーと密接に関わっている。 ここではユング心理学ではどのように説明されているのかを交えて、「ペルソナ」や「シャドウ」について解説を行う。

Read Article

ペルソナシリーズのおすすめ画像集【P3・P4中心!】

ペルソナシリーズのおすすめ画像集【P3・P4中心!】

『ペルソナシリーズ』はアトラスから発売されているRPG作品だ。登場人物・キャラクターが「ペルソナ」と呼ばれる人の心の奥底にある「もう一人の自分」、別人格の具現化した特殊能力を使役する点が特徴的で、世界的な人気を誇るシリーズとなっている。 ここでは『ペルソナ3』『ペルソナ4』を中心に、シリーズのおすすめ画像をまとめた。

Read Article

目次 - Contents