稲葉正男(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

マーク/稲葉正男(いなば まさお)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイト。正義感が強く頼りがいのある少年だが、直情的かつ感情的な性格の為、時折問題も起こす。同じペルソナ使いで徹底した合理主義者である南条圭とは犬猿の仲。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、「セベク編」と呼ばれる物語のメインキャラクターとなっている。P1主人公達と共に御影町で起きる異変について探っている。

エリー/桐島英理子(きりしま えりこ)

本作『女神異聞録ペルソナ』(P1)に登場するペルソナ使いの1人。聖エルミン学園に通う高校1年生であり、マークとはクラスメイトの関係にあたる。容姿端麗な帰国子女。海外生活が長いせいか、友人達の名前をアルファベットで呼んだり、セリフの端々に英単語が交じる不思議な喋り方をする。だからといって日本語が下手なわけではなく、流暢な発音で喋る他、「ですわ」等育ちの良さを感じられる喋り方をしていたりする。
「セベク編」、「雪の女王編」ともに選択メンバー。戦闘メンバーにいれる事もできるし、いれない事もできる。どちらにせよ物語に支障はない。メンバーの中では大人びた性格に入り、成績も優秀で知識も豊富と、マークとは真逆の性格をした女性キャラクターになっている。

renote.jp

アヤセ/綾瀬優香(あやせ ゆか)

本作『女神異聞録ペルソナ』(P1)に登場するペルソナ使いの1人。聖エルミン学園に通う高校1年生であり、マークとはクラスメイトの関係にあたる。『女神異聞録ペルソナ』発売当時に流行していたコギャルを連想させる容姿と性格のキャラクター。自分の感情に素直で、思った事はそのまま言ってしまうタイプ。言われた相手がどう思うか等は一切考えない為、それがきっかけでトラブルを起こす事も多い
「雪の女王編」のメインメンバー。「セベク編」では選択メンバーとなっており、戦闘メンバーにいれる事もできるし、いれない事もできる。どちらにせよ物語に支障はない。
マーク、ブラウンと同じ、感情的に動く部類の人間である。その場のノリで喋る事が多く、今が楽しければそれでいい、という思考のもと動いている様子。

renote.jp

レイジ/城戸玲司(きど れいじ)

本作『女神異聞録ペルソナ』(P1)に登場するペルソナ使いの1人。聖エルミン学園に通う高校1年生であり、マークとはクラスメイトの関係にあたる。「セベク編」の隠しキャラクターであり、セベク編突入前にいくつかの条件を満たしておかないと仲間入りをさせられない。
御影町が異変に襲われる事になる半年前に、聖エルミン学園に転入してきた。無口で他人を寄せ付けない雰囲気があり、マークやP1主人公達とも「セベク編」に入るまでは一切関わりがなかったよう。「セベク編」を通して、マーク達との間に友情が芽生えていくようになる。

renote.jp

マーク/稲葉正男の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「ココ…園村のにおいがすんな…園村 必ず見つけてやるかんな」

物語序盤、病院で検診を受けるついでに、入院中の麻希の見舞いに向かう事になるマーク達。しかしやってきたマーク達の前で麻希の容態は急変し、ICU(集中治療室)へ運ばれる事になってしまう。麻希を心配したマーク達は、彼女が運ばれたICUの前で治療が終わるのを待つが、その間に激しい地震に襲われる事になる。地震が収まった時、マーク達の目に飛び込んできたのは、そこにあった筈のICUがなくなるという現象だった。
その後、病院内で甦ったゾンビに襲われそうになっていた看護師の悲鳴を聞きつけ、看護師のもとへ駆けつけたマーク達はそこでゾンビとの戦闘を行い、ペルソナ使いに覚醒する事になる。これはその戦闘後に病院内を探索し、麻希が居た病室に訪れた時にのみ聞けるマークのセリフとなっている。
マークは麻希に淡い恋心を抱いている事が、作中で明かされている。このセリフは、そのマークの麻希への恋心から口にされたものだと思われる。「園村 必ず見つけてやるかんな」という言葉からは、想い人である麻希がICU共々消えてしまった事に対するマークの麻希への心配、必ず探し出すという強い覚悟が感じられるが、それより先に「ココ…園村のにおいがすんな…」と病室内に残っている「園村のにおい」を感じ取る変態性がプレイヤー間から「気持ち悪い」、「流石にそれはない」と酷評を受けている。しかしその気持ち悪さが、逆に強いインパクトを生み出しており、一度聞いたら忘れられないマークのセリフとなってしまっている。

「そん時そん時をバシッと輝くために決まってんだろーが。テメェは ノリが暗いんだよ。So Bad! もっとポジティブなノリで行けや」

御影町で起こる異変の犯人、神取鷹久との最終戦闘を前にマークが口にしたセリフ。

「神になる」という自らの願望を叶える為に、御影町全体を巻き込む大事件を起こした神取。物語後半、彼はその望み通りの力を手にいれるが、自分の願望をすべて叶えてしまったが為に生きる目標を失い、意気消沈する事になる。そこで神取は、自分を倒す為にやってきたマーク達に「なぜ生きているのか」と問いかける事にする。このセリフは、そんな神取からの問に対してマークが返した言葉である。
「そん時そん時をバシッと輝くために決まってんだろーが。」と返すマークの言葉は、彼の直情的で感情的という性格がよく現れている。「テメェは ノリが暗いんだよ。So Bad! もっとポジティブなノリで行けや」と軽快な口調で喋るさまからも、感情に従い勢いで生きるマークらしさを感じる事ができる。
己の感性を信じ、感情のままに生きるマークであったからこそ、返す事ができた答えだといえるだろう。マークの性格やその生き様を強く感じられるセリフである。

「歯ぁ食いしばれ!!」

物語後半、マーク達は神取から一連の異変の本当の黒幕が自分達の仲間の麻希にある事を教えられる。それを知った麻希は自分がしでかした事の酷さに耐えられず、異世界の「御影町」に逃げてしまう。マークは追いかけようとするが、南条は麻希を追いかけるよりも彼女が異世界の「御影町」を作る為に使った機械「デヴァ・システム」を止めるほうが賢明だとマークを制する。だが、デヴァ・システムを止めるという事は、それと意識をリンクさせている麻希を殺す事にもなってしまう。
南条は、麻希1人の犠牲で他の皆が助かるなら、そちらの方が合理的だとマークを説得する。そんな南条の非情なセリフにキレたマークが、南条を殴りつけた時に怒鳴ったセリフが「歯ぁ食いしばれ!!」である。
「合理さ」を理由にこれまで共に戦ってきた「仲間」を見捨ててしまえる南条の「合理主義」とは真逆の激情的なセリフ。そこからは、南条に対するマークの怒りを感じると共に、マークの「仲間」というものに対する熱い情もまた感じられるだろう。たとえ麻希が真の黒幕であったとしても、マークにとっては彼女もまた、これまで自分達と共に戦い続けてきた「仲間」の1人なのである。どんな状況にあっても仲間を見捨てないマークの強い信念を垣間見る事ができるセリフだろう。

マーク/稲葉正男の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

マークが着ているTシャツは『デビルサマナーシリーズ』とのコラボTシャツ

1215chika
1215chika
@1215chika

Related Articles関連記事

女神異聞録ペルソナ(P1)のネタバレ解説・考察まとめ

女神異聞録ペルソナ(P1)のネタバレ解説・考察まとめ

『女神異聞録ペルソナ』(めがみいぶんろくペルソナ)は、1996年9月20日にアトラスより発売されたPlayStation用ゲームソフト。 「ペルソナ」を使役する8人の個性豊かな少年少女達が、物語の舞台となる御影町で巻き起こりつつある異変を究明してゆく姿を描くRPG作品。 独自のダークな世界観は過去作と共通しているが、これまでの作品よりも難易度が抑えられ、ライトユーザー向けの作品となっている。

Read Article

女神異聞録ペルソナ(P1)のペルソナ使い・ペルソナ能力まとめ

女神異聞録ペルソナ(P1)のペルソナ使い・ペルソナ能力まとめ

『女神異聞録ペルソナ』とは、株式会社アトラスの大人気ジュブナイルRPG『ペルソナ』シリーズの1作目にあたるゲーム作品である。巷で噂の儀式「ペルソナ様」を行った事で、ペルソナ能力を手に入れた主人公とその仲間達が、自分達の住む街「御影町」を舞台に起こる異変に立ち向かっていく物語となっている。 主人公と仲間達ペルソナ使いは、それぞれ「ペルソナ」と呼ばれる力を用いてシャドウと戦う。この「ペルソナ」とは、自分の中に眠る「もうひとりの自分」が神や悪魔の姿となって出現したものである。

Read Article

イゴール(ペルソナ)の徹底解説・考察まとめ

イゴール(ペルソナ)の徹底解説・考察まとめ

イゴールとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』に登場するキャラクターである。『ペルソナ』シリーズ全作品に登場しており、ペルソナ使いである主人公達の活動を手助けしていく役を担っている。1・2ではフィレモンと呼ばれる人物に従っている存在だったが、『ペルソナ3』以降では、不思議な青い部屋・ベルベットルームの主として登場するようになる。長い鼻が特徴のキャラクターとなっており、公式にてネタとしていじられてもいる。

Read Article

ピアスの少年/P1主人公(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

ピアスの少年/P1主人公(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

ピアスの少年/P1主人公とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目の主人公である。ゲーム内においての彼の名前はプレイヤーが決める為、ゲーム内での決まった名前は存在しない。本作の舞台である「御影町」にある「聖エルミン学園」に通う男子高校生。ある日、友人達と聖エルミン学園で流行っていた儀式「ペルソナ様」を試した結果、ペルソナ能力を手にする。その後、御影町で起き始めた様々な異変を解決する為、ペルソナの力を使って異変の原因を探っていく事になる。

Read Article

南条圭(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

南条圭(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

なんじょうくん/南条圭(なんじょう けい)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイト。南条財閥の御曹司でもある。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、「セベク編」と呼ばれる物語のメインメンバーとなっている。P1主人公達と行った「ペルソナ様」という儀式により、ペルソナ使いに覚醒。ペルソナ使いの力を駆使して、物語の舞台「御影町」で起きる異変について探っていくようになる。

Read Article

園村麻希(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

園村麻希(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

マキ/園村麻希(そのむら まき)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。本作の舞台「御影町」にある「聖エルミン学園」に通う女子高生。幼い頃から病弱で、聖エルミン学園入学後もほとんどの日々を病院で過ごす。御影町に異変が起きた事をきっかけに、突然元気になった姿でP1主人公達の前に現れ、彼らを驚かせる。その後、ペルソナ使いに覚醒した麻希は、その力を使い、P1主人公達と共に御影町で起きている異変の原因を探っていく事になる。

Read Article

桐島英理子(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

桐島英理子(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

エリー/桐島英理子(きりしま えりこ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。本作の舞台「御影町」にある「聖エルミン学園」に通う女子高生。P1主人公/ピアスの少年とはクラスメイトの関係にあたる。帰国子女で、英語交じりの独特な喋り方をするオカルト好きな女子。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、どちらの物語にも参加可能な選択メンバーであり、P1主人公達と共に御影町で起きる異変について探っていく事となる。

Read Article

フィレモン(女神異聞録ペルソナ・ペルソナ2)の徹底解説・考察まとめ

フィレモン(女神異聞録ペルソナ・ペルソナ2)の徹底解説・考察まとめ

フィレモンとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目と2作目に登場するキャラクターである。主人公とその仲間達にペルソナを与える役目を担う。自らの事を「意識と無意識の狭間に住まう者」と称しており、ペルソナの生成や能力強化に大きく関わってくるベルベットルームに住むイゴール達住人を従えている。その正体は、人の心の海より生まれた「人類のポジティブマインド」を具現化した存在。2作目のラスボス・ニャルラトホテプの半身であり、同時に敵対する存在でもある。

Read Article

城戸玲司(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

城戸玲司(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

レイジ/城戸玲司(きど れいじ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイト。物語が始まる半年前に転入してきた無口な転校生。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、「セベク編」と呼ばれる物語の隠しキャラとなっている。御影町で起きる異変について探るP1主人公達と出会った事をきっかけに、ペルソナ使いに覚醒する。異変の犯人である神取鷹久(かんどり たかひさ)に個人的な恨みを持っている。

Read Article

神取鷹久/アシュラ女王(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

神取鷹久/アシュラ女王(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

神取鷹久(かんどり たかひさ)/アシュラ女王とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。本作には「セベク編」と「雪の女王編」と呼ばれる2シナリオが存在しており、神取はその両方にボスキャラクターとして登場する。付随するアシュラ女王は「雪の女王編」にのみ登場する謎の仮面の女子生徒と神取が融合して生まれたボスキャラクターとなっている。なお作中での神取の立場は、物語の舞台「御影町」にあるセベク社の支社長。「雪の女王編」では高校生時代の姿で登場する。

Read Article

上杉秀彦(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

上杉秀彦(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

ブラウン/上杉秀彦(うえすぎ ひでひこ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイト。赤髪とゴーグルがトレードマークの男子高校生である。陽気なお調子者キャラとしてクラスの人気者だが、少々騒がしすぎるところが玉に瑕。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、どちらの物語にも参加可能な選択メンバーであり、P1主人公達と共に御影町で起きる異変について探っていく事となる。

Read Article

綾瀬優香(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

綾瀬優香(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

アヤセ/綾瀬優香(あやせ ゆか)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。P1主人公/ピアスの少年のクラスメイトであり、作品発売当時に流行していたコギャルをイメージした女子高生。思った事はそのまま言ってしまう性格をしており、それが原因で問題を起こす事も多い。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、どちらの物語にも参加可能な選択メンバーであり、P1主人公達と共に御影町で起きる異変について探っていく事となる。

Read Article

黛ゆきの(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

黛ゆきの(女神異聞録ペルソナ・P1)の徹底解説・考察まとめ

ゆきのさん/黛ゆきの(まゆずみ ゆきの)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の1作目に登場するキャラクターである。本作の舞台「御影町」にある「聖エルミン学園」に通う姉御肌な女子高生。物語展開が2パターン存在する『女神異聞録ペルソナ』において、「雪の女王編」と呼ばれる物語のメインメンバーとなっている。恩師・高見冴子の身体を乗っ取り、聖エルミン学園を凍りつかせた「雪の女王」を倒す為、ペルソナ使いの力を使い、「雪の女王」の用意した「塔」の守護者達との戦いに挑んでいく。

Read Article

ペルソナシリーズの音楽・BGMまとめ

ペルソナシリーズの音楽・BGMまとめ

『ペルソナ』とは、株式会社アトラスより発売されているジュブナイルRPGシリーズである。全世界累計売上本数が1300万本越えの大人気ゲームとなっている。その人気の理由の1つにあるのが、ゲーム本編を彩る楽曲達の存在がある。魅力的な楽曲で多くのファンの心を掴んでいったペルソナの音楽は、人気が高まった結果両国国技館を舞台にライブを行ったり、リズムゲームまで発売するまでに至っている。ペルソナの魅力を語る上で外せない要点である。

Read Article

メガテンに近い?ペルソナ1・2の魅力とは【女神異聞録ペルソナ/P2 罪・罰解説】

メガテンに近い?ペルソナ1・2の魅力とは【女神異聞録ペルソナ/P2 罪・罰解説】

『ペルソナシリーズ』は『ペルソナ3』を境にシステムや設定が大きく異なっている。『ペルソナ3』以降はポップで明るい演出を取り入れ、新規ユーザーの獲得に成功した。 一方の『女神異聞録ペルソナ』『ペルソナ2』は派生元の女神転生(メガテン)に近く、また一味違う『ペルソナ』となっている。

Read Article

ペルソナシリーズ歴代主人公の不幸な要素まとめ

ペルソナシリーズ歴代主人公の不幸な要素まとめ

『ペルソナシリーズ』では、主人公や仲間が困難に立ち向かい、成長していく様子が描かれる。主人公はストーリーの導入として序盤から不幸な目に遭っている場合が多い。中でも『ペルソナ2』の周防達哉は最後まで報われないことで有名である。 ここでは『ペルソナシリーズ』歴代主人公の不幸な要素をまとめた。

Read Article

ペルソナシリーズのシャドウとは?由来・元ネタとなったユング心理学を交えて解説!

ペルソナシリーズのシャドウとは?由来・元ネタとなったユング心理学を交えて解説!

『ペルソナシリーズ』に登場する重要な用語である「ペルソナ」や「シャドウ」は、ユング心理学に由来する言葉だ。ペルソナ4では仲間たちが自身のシャドウと向き合うことでペルソナを獲得するという流れになっており、これらの語句がストーリーと密接に関わっている。 ここではユング心理学ではどのように説明されているのかを交えて、「ペルソナ」や「シャドウ」について解説を行う。

Read Article

ペルソナシリーズのおすすめ画像集【P3・P4中心!】

ペルソナシリーズのおすすめ画像集【P3・P4中心!】

『ペルソナシリーズ』はアトラスから発売されているRPG作品だ。登場人物・キャラクターが「ペルソナ」と呼ばれる人の心の奥底にある「もう一人の自分」、別人格の具現化した特殊能力を使役する点が特徴的で、世界的な人気を誇るシリーズとなっている。 ここでは『ペルソナ3』『ペルソナ4』を中心に、シリーズのおすすめ画像をまとめた。

Read Article

目次 - Contents