劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンのネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、人気アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の完全新作映画。2019年に公開された『外伝-永遠と自動手記人形-』に続く最終章である。
孤児として生まれ戦争中に拾われ、幼い頃から兵士として戦い、人の感情が分からないまま育ったヴァイオレット。
そんな中人として育てられた少佐から最後にもらった「あいしてる」という言葉の意味を知るために、手紙を代筆する自動手記人形を通じて人の心と触れ合い、成長していく物語。

ヴァイオレットと大佐(ディートフリート・ブーゲンビリア)の和解

ディートフリートの所有する船でギルベルトの話をするディートフリート・ブーゲンビリアとヴァイオレット・エヴァーガーデン

TV版では常にヴァイオレットに突っかかってきていた大佐。
様々な事件を経てヴァイオレットのことを武器としてではなく1人の人間として認め、彼女の良き理解者となる。

お互いギルベルトという大切な存在を失った者同士、同じ心の傷を負う者として理解し合う。
また弟のことを心の底から愛してくれているヴァイオレットのことを、大佐も時間と共に受け入れるようになった。
TV版ではヴァイオレットの負の部分を揺さぶり続けた大佐は、劇場版では彼女の心の支えとして、ギルベルトとヴァイオレットを結びつけるため一肌脱ぐこととなる。

ヴァイオレットが島へ出発する前のためらい、そしてライデンに帰ろうとするヴァイオレット

エカルテ島で帰る決意をするヴァイオレット・エヴァーガーデン

ギルベルトと思われる人がいる島に出発することになったとき、ヴァイオレットが行くことをためらう。
「少佐は自分に会ってくれるだろうか」、「少佐は自分のことが分かるだろうか」、「少佐は自分を見て変に思わないだろうか」と、ためらいの言葉を吐露する。
その姿は恋する乙女であり、愛に苦しむ淑女であり、彼女がギルベルトに対して持つ思いが溢れる。
本当は今すぐ確かめに行きたいが躊躇う。
今まで大佐に抱いていた親愛から恋愛に変わったことを、周囲も彼女自身も自覚し確信する。

ギルベルトに手荒に追い返されて打ちひしがれているヴァイオレットの元に、ユリスの容態が悪化したという電報が届く。
その電報を見たヴァイオレットがライデンに帰ると決意したことから、彼女がドールの仕事に対して持っている誇りと誠意がうかがえる。
本当は会って話をするまでこの島に留まるという決意があったにも関わらず、依頼人のことを優先しようとしたヴァイオレット。

今までは執念のようにギルベルトを追い求めてきた彼女だが、ドールの仕事を通じて多くの人の優しさに触れ、想いを届ける手伝いをしていくうちに、ギルベルト以外の人のことも大切に想うようになった。
「愛しているが少しは分かるようになった」という言葉には、ギルベルトに対する想いだけではなく、彼女を取り巻く人たちへの優しさや思いやりも含まれている。

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

劇場版オリジナルストーリー

2019年9月6日に公開された『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』と『劇場版』の制作は同時進行。
『外伝』は藤田春香監督が初監督を務め、彼女のチャレンジも含めて作品にしたものであった。
『外伝』はあくまでも“外伝”なので、『外伝』を受けてさらにヴァイオレットの未来を描く『劇場版』で帰結するという構想であった。
原作者の暁佳奈とシナリオや設定の情報は共有し、原作で最も大切にされていたエッセンスは『劇場版』にもきちんと反映するように制作された。

TVシリーズと劇場版画面比の違い

『外伝』に続き、『劇場版』は画面の比率がTVシリーズの16:9とは違う横に広い2.31:1という映画ならではのサイズ。
この画面サイズでの制作を藤田監督が最初に提案し『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を映画館で観る適切な映像作りとはなんなのか、石立監督とディスカッションを重ねる。
それによって空や海、山々が広くダイナミックに描くことに。制作で使用する紙のサイズも構図に必要なエッセンスも変わるため、『外伝』に引き続き、制作陣にとっても挑戦となる作品となった。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』から試みている、TVシリーズの16:9とは違う横に広い2.31:1という映画ならではのアスペクト比への挑戦をしている。

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の主題歌・挿入歌

主題歌:TRUE 『WILL』

作詞:唐沢美帆 作曲・編曲:Evan Call

完全新作の主題歌。作詞は唐沢美帆、作曲・編曲はEvan Call、歌はTRUE。

ED(エンディング):TRUE 『未来のひとへ 〜Orchestra ver.〜』

作詞:唐沢美帆 作曲・ 編曲:川崎里実
(アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』グランドエンディング・ライブver)

完全新作のエンディングテーマ。作詞は唐沢美帆、作曲は川崎里実、編曲はEvan Call、歌はTRUE。テレビシリーズのボーカルアルバムに収録されたイメージソングのリアレンジ版。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(Violet Evergarden)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。京都アニメーションによりアニメ化された。京都アニメーションが開催している「京都アニメーション大賞」で初めて大賞を受賞した。心を持たない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人に残された言葉を理解するため、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の仕事に就く。ヴァイオレットは依頼人との出会いから少しずつ人間らしい心を育み、敬愛する上官「ギルベルト」が残した「愛してる」の意味を知る。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動手記人形の見習いとして仕事を始める。しかし、人の心を察することが出来ないヴァイオレットは大きな失敗をしてしまう。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第2話『戻ってこない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動書記人形育成学校へ通い始めた。タイピングや、学科は優秀な成績を残すが、代筆の授業では上手くいかなかった。そんな時、ヴァイオレットは隣の席になったルクリアが秘めた兄への想いを知る。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦場で重傷を負い療養をしていたヴァイオレットの元に軍の関係者であったホッジンズが訪ねてくる。ヴァイオレットは戦場で別れた上官の安否を尋ねる。ヴァイオレットは上官からある言葉を残されていた。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』とは、京都アニメーションによって制作された『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の外伝映画作品。2019年9月6日から上映された。自動手記人形として代筆を通して人の心に触れる少女・ヴァイオレットと、その依頼主・イザベラとの出会いから始まる物語。この出会いによって、イザベラが過去に生き別れた妹・テイラーとの未来を結びあわせていく。

Read Article

小林さんちのメイドラゴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

「小林さんちのメイドラゴン」はクール教信者による漫画作品を原作とするアニメーション。放送時期は2017年1月12日から2017年4月6日。「ドラゴンでメイド」という、異色のヒロイン・トールと作品の主人公・小林さんの日常を描いた作品。 酔いに酔った小林は山奥に一人で侵入し、トールと出会う。酔った勢いでトールに「うちに来るか?」と尋ねたことから小林は彼女をメイドとして雇うことになる。

Read Article

けいおん!!(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

日常(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

Read Article

けいおん!(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。 音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。 劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

Read Article

映画けいおん!のネタバレ解説・考察まとめ

『映画けいおん!』とは、かきふらいによる4コマ漫画作品が原作のアニメ映画である。軽音楽部を舞台にした学園コメディー作品。女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。本作はTVアニメシリーズでは描かれなかった「卒業旅行」をテーマとした話である。 卒業を控えた軽音部3年生4人は、教室で同級生たちが「卒業旅行」を企画していることを知り、軽音部も行こうとなる。くじの結果「ロンドン」に行くことに。ロンドンで軽音部の繰り広げるゆるやか部活ライフを描く。

Read Article

氷菓(古典部シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

氷菓とは米澤穂信の小説「古典部シリーズ」をアニメ化したもの。省エネを信条とする主人公「折木 奉太郎」はひょんなことから「古典部」に入部することとなる。好奇心旺盛なヒロイン「千反田 える」、中学生からの腐れ縁「福部 里志」と「伊原 摩耶花」、彼ら4人が神山高校を舞台に数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。 アニメは2012年4月から9月まで放送された。

Read Article

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説・考察まとめ

『CLANNAD』とはゲームブランド"Key"が制作した恋愛アドベンチャーゲーム、及びそこから派生したアニメ作品。 坂道の上にある学園に在籍する不良学生・岡崎朋也が、様々な人と人との"絆"を通して成長していく作品。 2004年4月28日に全年齢対象のPCゲームとして発売され、その後2007年10月4日より京都アニメーション制作によるテレビアニメが放送開始された。

Read Article

中二病でも恋がしたい!(中二恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『中二病でも恋がしたい!』とは、KSエスマ文庫第一弾として刊行された虎虎のライトノベルおよびそれを原作としたアニメ作品である。ジャンルはラブコメディー。 元中二病の主人公富樫勇太と現役中二病のヒロイン小鳥遊六花を中心に展開される愉快な日常や恋模様を描く。 中二病を活かした本作ならではのコメディパートや中二病モードと素の性格とのギャップを見せる魅力的なキャラクター、中二病による妄想世界と現実世界との折り合いがつけられず葛藤する六花とそこから展開される感動的なストーリーが本作の主な魅力である。

Read Article

響け!ユーフォニアム(小説・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

武田綾乃による小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。 2013年12月にシリーズ一作目となる『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』が刊行。 京都府宇治市の高校を舞台に、吹奏楽に青春をかける男女の姿を描いた作品。 アニメは2015年4月から第一期(全13話)が、2016年10月から第二期(全13話)が放送された。

Read Article

涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流原作のライトノベルであり、また「涼宮ハルヒの憂鬱」を含む涼宮ハルヒシリーズを原作としたTVアニメである。 同作品は、ごく普通の男子高校生キョンの視点から、クラスメイトである涼宮ハルヒが巻き起こす非日常を描いたアニメである。 主題歌「ハレ晴レユカイ」は、キャッチーなメロディに加え、キャラクターが踊るダンスも注目され、動画投稿サイトに『踊ってみた』関連の動画が溢れるほど大きな反響をよんだ。

Read Article

Free!(フリー)のネタバレ解説・考察まとめ

『Free!』とは、おおじこうじによる小説『ハイ☆スピード!』を原案とした、京都アニメーション製作のテレビアニメ。原案小説で描かれた小学生時代の出来事を元に、高校生になったキャラたちの男子水泳部での日々を描く。自然豊かな岩鳶町を舞台とした水泳と青春と絆の物語。 一期では競泳を通じて仲間との絆をつなぐ姿、二期では高校三年生になった主人公たちの進路の問題や夢へ向かう姿、三期では各々夢に向かって邁進し成長して行く姿がリアルに描かれた。

Read Article

AIR(エアー)のネタバレ解説・考察まとめ

『AIR(エアー)』とは2000年にKeyによって制作された18禁恋愛アドベンチャーゲームであり、2005年にアニメ化もされた作品である。舞台は寂れた田舎の港町そこに訪れた人形を操る青年国崎往人。彼は彼は密かに探しているものがあった。それは幼き頃、亡き母が語ってくれた「今も空にいるという翼を持った少女」。そしてそれは町に住むある少女神尾観鈴観によって成就することなる。

Read Article

けいおん!・けいおん!!・映画けいおん!の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「けいおん!」とは、かきふらい作の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたアニメ・映画・ゲームなどのメディアミックス作品である。廃部寸前だった軽音楽部を舞台にした学園コメディー。帰宅部、楽器経験ゼロの主人公が仲間と共に成長する、等身大の女子高生の日常を描いた作品である。 アニメ第1期・第2期だけでなく、卒業旅行を描いた映画も公開された。 女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。

Read Article

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

2009年4月深夜帯でテレビアニメの放送が開始されると、作中に登場する楽器や楽曲にも注目が集まるなどの大きな反響があった「けいおん!」 その反響は数字としても現れており、テレビアニメ第1期の終了時点で、ポスターなども含めた関連商品の点数は200点以上におよび、TBSの番組としては最多であった『ROOKIES』の103点を倍近く上回っています!そんな「けいおん!」の魅力について考察していきます!

Read Article

目次 - Contents