劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンのネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、人気アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の完全新作映画。2019年に公開された『外伝-永遠と自動手記人形-』に続く最終章である。
孤児として生まれ戦争中に拾われ、幼い頃から兵士として戦い、人の感情が分からないまま育ったヴァイオレット。
そんな中人として育てられた少佐から最後にもらった「あいしてる」という言葉の意味を知るために、手紙を代筆する自動手記人形を通じて人の心と触れ合い、成長していく物語。

CV:子安武人
C.H郵便社の社長。頭の後ろで括られた緩やかに波打つ赤髪とブルーグレーの垂れ目が特徴的な、彫り深くも愛嬌のある顔立ちの色男。大戦中はライデンシャフトリヒ国陸軍の少佐(アニメでは中佐)だった。
ギルベルトとは士官学校時代からの親友。親から女性の名前をつけられたことを気にしているため、クラウディアと名乗ることを嫌っている。
人好きのする性格で情に厚い性格。実家はライデンシャフトリヒにて商家を営んでいる。
女性との付き合いは幅広くあるようだが、特定の恋人を持とうとはしていない。
職場の同僚、カトレア・ボードレールとは親しい仲を築いているが、アニメ版はホッジンズがまだ見ぬ娘に書いた手紙を、カトレアが読み上げており、彼の子供を身ごもったことがほのめかされている。
原作小説では、仲のいい親子のような関係性になっており、男女の仲にあったようなことを感じさせる描写もない。
大戦中にギルベルトからヴァイオレットのことを頼まれており終戦後はヴァイオレットを家族のように見守っている。
劇場版では、旧敵国領・エカルテ島から来た宛先不明の手紙の筆跡が死んだはずの人物と重なり、真相を確かめるためヴァイオレットと共に向かうこととなる。

ベネディクト・ブルー

ベネディクト・ブルー

CV:内山昂輝
C.H郵便社に勤めている配達員の青年。サンディブロンドにスカイブルーの瞳、ハイヒールブーツが特徴。
原作ではクラウディア・ホッジンズやカトレア・ボードレールと共にC.H郵便社の創設メンバー。
カトレアとは口の悪さも手伝い、挨拶のように喧嘩をしている。いい加減で気心を知らない性格に原因があるも、同じポストマン達から励まされ、日々の郵便配達業務をこなしている。
ヴァイオレットには戦闘能力が高いと評されている。入社して間もない頃に仕事のイロハを教えたり、配達から帰ってこないヴァイオレットを探しに奔走したこともあった。
時には不調な彼女を見かけてなだめたり、兄貴分的な存在として面倒見の良さを発揮している。元々ライデンとは別の大陸で傭兵をしており、拳銃の使い手でもある。
社長のホッジンズとは、C.H郵便社が誕生する前からの付き合いで、時々雑に扱い「おっさん」と呼ぶ。
アニメではホッジンズと共にC.H郵便社を創設した仲で、社長や他の社員に対してタメ口を聞く。また、物語終盤では身体能力を活かしてヴァイオレットを危機から救う活躍も見せる。
劇場版では、副社長を目指していることをホッジンズに伝えるも「副社長になりたいなら、簿記の勉強をするように」と言われる。

アイリス・カナリー

アイリス・カナリー

CV:戸松遥
アニメオリジナルキャラクター。名前の由来は誕生当時に咲き乱れていたアイリス。
C.H郵便社の自動手記人形で、やや褐色がかった肌の色の少女。
ライデンシャフトリヒ北東部の山村・カザリの出身。故郷にはエイモン・スノウという幼馴染がおり、かつて想いを告白したことがあるが、幼馴染としてしか見られないとの理由で振られている。
失恋のショックと働く女性への憧れから、村で一生を終えるよりも街に出て働きたいと字の読み書きやタイピングを猛勉強し、自動手記人形になるためにライデンに上京した経緯を持つ。
C.H郵便社に入社したのは、憧れの先輩であるカトレアに代わりライデンのTOP自動手記人形になるという野望を叶えるためである。
かつては、トラブルメーカーだったヴァイオレットを嫌がり、辞めさせるようホッジンズ社長にかけあったこともあった。その後、仕事のやり取りを通じて関係は改善され、職場の同僚として信頼をおいている。
劇場版では、カトレア・ヴァイオレットに次ぐNo.3扱いに納得しておらず、電波塔誕生により電話が普及し始め、手紙や自動手記人形の出番がなくなるのではないかと危機感を露わにしている。
しかし、ヴァイオレットの代理としてユリスの最後の依頼を任された際、依頼人の気持ちを届けるという自動手記人形の本分を見失うことなく、手紙に拘らず電話を使って彼の気持ちをリュカに届ける助けをし、電話にもいいところがあると態度を変化させた。

カトレア・ボードレール

カトレア・ボードレール

CV:遠藤綾
C.H郵便社の自動手記人形。原作ではクラウディアやベネディクトと共にC.H郵便社の創設メンバーであり、年齢もクラウディアと同世代。
天真爛漫な性格をしており、クラウディアのことは社長と慕い、親子のような関係。
ベネディクトに恋心を抱いていることが外伝にて明らかとなるが、相手が鈍感なためその気持ちを理解されていない。
ヴァイオレットについては可愛い服が似合いうらやましいと思っているが、口には出さない。
神秘的で底が見えない印象もあり、プライベートには関わろうとはしない。
元拳闘士で、握力だけなら男性よりも強く、噴進砲を投げ飛ばす腕力の持ち主。恋文に関してはヴァイオレット以上の実力者といわれている。
アニメではオリジナルキャラクターのエリカとアイリスに、喜怒哀楽ややベネディクトに対する気持ちを割り振られたため、面倒見の良さと自由奔放な性格を併せ持つ大人の女性として登場している。
黒髪に紫の瞳、小麦色の素肌に豊満な容姿、人々を魅了する文章力で絶大な人気を誇り、指名が絶えない大人の女性として描かれている。
本人曰く入社以前は踊り子だった模様。原作同様クラウディアに迫っており、アニメ版第2話で、過去に男女の関係があったことが示唆された。

エリカ・ブラウン

エリカ・ブラウン

CV:茅原実里
アニメオリジナルキャラクター。C.H郵便社に所属するアイリスよりも少し先輩の自動手記人形。丸眼鏡とおかっぱの髪型が特徴。
ヴァイオレットの入社直後、彼女の起こしたトラブルに巻き込まれてしまい厄介な人物と思う。
幼い頃に読んだ物語に感動したことがきっかけで小説家になりたいという夢を持つ。
自動手記人形になったのも誰かの心を動かす文章を書くための勉強の意味合いが強かったのだが、控えめな性格が災いし依頼主とのやり取りが苦手で、思うように仕事をこなせない日々が続くうちに自信を失う。
その夢さえ諦めかけていたが、交流を深めていく中でヴァイオレットがたとえ向いていなくても自動手記人形になることを諦めないという彼女の姿勢を見て、エリカも初心を取り戻した。

ヴァイオレットの「愛しているを知りたい」と強く願う彼女の気持ちに動かされる。依頼人と揉め事を起こす問題を理由にヴァイオレットをC.H郵便社から辞めさせようという動きがあった際は、エリカからヴァイオレットを辞めさせないで欲しいとホッジンズに強く頼んだ。
実は配達員のベネディクト・ブルーに片思いしているものの、彼が鈍感すぎるためその気持ちに中々気づいてもらえない。
『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ではC.H郵便社を退社、ヴァイオレットの紹介で人気劇作家・オスカー・ウェブスターに弟子入り、自作の脚本を小さな劇場で上演するまでになっている。

依頼人とその関係者

ユリス

ユリス

CV:水橋かおり
不治の病に侵され、余命いくばくもない少年。
幼いながらも残された時間が多くないことを悟っており、衰えゆく自分の身体を親友のリュカに見せたくないと思い、「見舞いに来たい」という彼の訪問を拒みつづけていた。
両親と弟・シオンに感謝の手紙を書いてもらおうと病院からC.H郵便社に電話をかけ、3か月先まで予約が入っている人気自動手記人形になったヴァイオレット・エヴァーガーデンに代筆を依頼。最初は断られるも、彼の熱意に最終的にヴァイオレットも応え、無事3通の手紙を完成させる。
その間、リュカにも手紙を書くかどうかを悩みつづけるが、ヴァイオレットに「言葉に出せない想いも、手紙なら告げることができる」と諭される。最終的にリュカにもう一通手紙を書くと決意し、仕事を終え帰ろうとするヴァイオレットを呼び止め、必ず書いてもらう約束をする。が、そのとたん、強い発作に襲われてしまう。
それでもユリスは自分が亡くなった日に全ての手紙を届けるよう、ヴァイオレットに強く願う。

ヴァイオレットが孤島へ向かった後日、治療を続けていたユリスの容態が悪化する。
このままでは手紙を書く約束が果たせないと危惧したヴァイオレットは、仕事仲間のベネディクト・ブルーとアイリス・カナリーの2人に代理としてユリスの最後の依頼を頼む。
2人は思案し、電話を使ってユリスの気持ちをリュカに届ける助けをする。
それにより、ユリスは親友のリュカに自分の想いを伝え満足そうに息を引き取った。

リュカ

リュカ

ユリスの友達で、彼が入院するまでいつも一緒に遊び何でも話し合う親友だった。
しかし、ユリスが入院してから衰弱した自分の姿をリュカに見せたくないため、面会謝絶となる。
リュカは何度も病院に行くが、1度も会うことはなかった。

ユリスの容態が悪化し、C・H郵便局のアイリスとベネディクトから連絡を受け、リュカはようやくユリスと話す機会が訪れる。
リュカは電話でお別れの言葉を交わすことができた。
しばらく会えなかったことを怒ることなく、病気で入院していたことを理解していたリュカは、ユリスが面会謝絶していたことを許す。
そして、ユリスは満足そうに最後をむかえる。

過去を巡る人

デイジー・マグノリア

デイジー・マグノリア

CV:諸星すみれ
TVシリーズでヴァイオレットが依頼を受けた、アン・マグノリアの孫。
祖母が亡くなり、お葬式に参列するため医者の両親と共に家へ訪れる。
しかし思い出話をすることなく、厳しい言葉を投げかける程ギクシャクした関係。
仕事を優先するため職場へ戻る両親に、理解しつつも納得できなかった。
一人家に残り、偶然見つけた若くして死んだ曾祖母の祖母への手紙を読み、手紙を代筆した「自動手記人形・ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という人物が書く手紙の想いが溢れる内容に興味を持つ。
彼女の人生を知ろうとC.H郵便社があったライデンに旅立った。
今は郵便博物館となったC.H郵便社本社を訪れ、展示されている一つの切手に目が止まる。
会社の歴史を知る博物館の案内人から、切手の人物は当時話題になった自動手記人形と紹介を受ける。
18歳でC.H郵便社を退職し、その後の話題にならなかったヴァイオレットの手掛かりをようやく掴むとエカルテ島へ向かう。

エカルテ島を訪れ郵便局で記念切手を購入したデイジーは、郵便局員から記念切手の所以を教わる。
国内でも年間に1人が出す手紙の量が最も多いエカルテ島にはかつて島民に慕われたドールがおり、手紙を出す文化が息づいていると説明した局員は、そのドールの名を口にしようとする。
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン!」と思わずデイジーが局員が言うよりも先にその名を叫ぶと、局員は優しく微笑む。
デイジーの手にはヴァイオレットが描かれた切手が握られていた。
デイジーの足跡をたどる旅はここで終わり、手紙なら自分の本当の気持ちを両親に伝えることができるのではと思い、島のポストに手紙を投函して物語は終わりを迎える。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(Violet Evergarden)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。京都アニメーションによりアニメ化された。京都アニメーションが開催している「京都アニメーション大賞」で初めて大賞を受賞した。心を持たない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人に残された言葉を理解するため、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の仕事に就く。ヴァイオレットは依頼人との出会いから少しずつ人間らしい心を育み、敬愛する上官「ギルベルト」が残した「愛してる」の意味を知る。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動手記人形の見習いとして仕事を始める。しかし、人の心を察することが出来ないヴァイオレットは大きな失敗をしてしまう。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第2話『戻ってこない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動書記人形育成学校へ通い始めた。タイピングや、学科は優秀な成績を残すが、代筆の授業では上手くいかなかった。そんな時、ヴァイオレットは隣の席になったルクリアが秘めた兄への想いを知る。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦場で重傷を負い療養をしていたヴァイオレットの元に軍の関係者であったホッジンズが訪ねてくる。ヴァイオレットは戦場で別れた上官の安否を尋ねる。ヴァイオレットは上官からある言葉を残されていた。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』とは、京都アニメーションによって制作された『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の外伝映画作品。2019年9月6日から上映された。自動手記人形として代筆を通して人の心に触れる少女・ヴァイオレットと、その依頼主・イザベラとの出会いから始まる物語。この出会いによって、イザベラが過去に生き別れた妹・テイラーとの未来を結びあわせていく。

Read Article

小林さんちのメイドラゴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

「小林さんちのメイドラゴン」はクール教信者による漫画作品を原作とするアニメーション。放送時期は2017年1月12日から2017年4月6日。「ドラゴンでメイド」という、異色のヒロイン・トールと作品の主人公・小林さんの日常を描いた作品。 酔いに酔った小林は山奥に一人で侵入し、トールと出会う。酔った勢いでトールに「うちに来るか?」と尋ねたことから小林は彼女をメイドとして雇うことになる。

Read Article

けいおん!!(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

日常(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

Read Article

けいおん!(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。 音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。 劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

Read Article

映画けいおん!のネタバレ解説・考察まとめ

『映画けいおん!』とは、かきふらいによる4コマ漫画作品が原作のアニメ映画である。軽音楽部を舞台にした学園コメディー作品。女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。本作はTVアニメシリーズでは描かれなかった「卒業旅行」をテーマとした話である。 卒業を控えた軽音部3年生4人は、教室で同級生たちが「卒業旅行」を企画していることを知り、軽音部も行こうとなる。くじの結果「ロンドン」に行くことに。ロンドンで軽音部の繰り広げるゆるやか部活ライフを描く。

Read Article

氷菓(古典部シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

氷菓とは米澤穂信の小説「古典部シリーズ」をアニメ化したもの。省エネを信条とする主人公「折木 奉太郎」はひょんなことから「古典部」に入部することとなる。好奇心旺盛なヒロイン「千反田 える」、中学生からの腐れ縁「福部 里志」と「伊原 摩耶花」、彼ら4人が神山高校を舞台に数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。 アニメは2012年4月から9月まで放送された。

Read Article

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説・考察まとめ

『CLANNAD』とはゲームブランド"Key"が制作した恋愛アドベンチャーゲーム、及びそこから派生したアニメ作品。 坂道の上にある学園に在籍する不良学生・岡崎朋也が、様々な人と人との"絆"を通して成長していく作品。 2004年4月28日に全年齢対象のPCゲームとして発売され、その後2007年10月4日より京都アニメーション制作によるテレビアニメが放送開始された。

Read Article

中二病でも恋がしたい!(中二恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『中二病でも恋がしたい!』とは、KSエスマ文庫第一弾として刊行された虎虎のライトノベルおよびそれを原作としたアニメ作品である。ジャンルはラブコメディー。 元中二病の主人公富樫勇太と現役中二病のヒロイン小鳥遊六花を中心に展開される愉快な日常や恋模様を描く。 中二病を活かした本作ならではのコメディパートや中二病モードと素の性格とのギャップを見せる魅力的なキャラクター、中二病による妄想世界と現実世界との折り合いがつけられず葛藤する六花とそこから展開される感動的なストーリーが本作の主な魅力である。

Read Article

響け!ユーフォニアム(小説・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

武田綾乃による小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。 2013年12月にシリーズ一作目となる『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』が刊行。 京都府宇治市の高校を舞台に、吹奏楽に青春をかける男女の姿を描いた作品。 アニメは2015年4月から第一期(全13話)が、2016年10月から第二期(全13話)が放送された。

Read Article

涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流原作のライトノベルであり、また「涼宮ハルヒの憂鬱」を含む涼宮ハルヒシリーズを原作としたTVアニメである。 同作品は、ごく普通の男子高校生キョンの視点から、クラスメイトである涼宮ハルヒが巻き起こす非日常を描いたアニメである。 主題歌「ハレ晴レユカイ」は、キャッチーなメロディに加え、キャラクターが踊るダンスも注目され、動画投稿サイトに『踊ってみた』関連の動画が溢れるほど大きな反響をよんだ。

Read Article

Free!(フリー)のネタバレ解説・考察まとめ

『Free!』とは、おおじこうじによる小説『ハイ☆スピード!』を原案とした、京都アニメーション製作のテレビアニメ。原案小説で描かれた小学生時代の出来事を元に、高校生になったキャラたちの男子水泳部での日々を描く。自然豊かな岩鳶町を舞台とした水泳と青春と絆の物語。 一期では競泳を通じて仲間との絆をつなぐ姿、二期では高校三年生になった主人公たちの進路の問題や夢へ向かう姿、三期では各々夢に向かって邁進し成長して行く姿がリアルに描かれた。

Read Article

AIR(エアー)のネタバレ解説・考察まとめ

『AIR(エアー)』とは2000年にKeyによって制作された18禁恋愛アドベンチャーゲームであり、2005年にアニメ化もされた作品である。舞台は寂れた田舎の港町そこに訪れた人形を操る青年国崎往人。彼は彼は密かに探しているものがあった。それは幼き頃、亡き母が語ってくれた「今も空にいるという翼を持った少女」。そしてそれは町に住むある少女神尾観鈴観によって成就することなる。

Read Article

けいおん!・けいおん!!・映画けいおん!の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「けいおん!」とは、かきふらい作の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたアニメ・映画・ゲームなどのメディアミックス作品である。廃部寸前だった軽音楽部を舞台にした学園コメディー。帰宅部、楽器経験ゼロの主人公が仲間と共に成長する、等身大の女子高生の日常を描いた作品である。 アニメ第1期・第2期だけでなく、卒業旅行を描いた映画も公開された。 女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。

Read Article

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

2009年4月深夜帯でテレビアニメの放送が開始されると、作中に登場する楽器や楽曲にも注目が集まるなどの大きな反響があった「けいおん!」 その反響は数字としても現れており、テレビアニメ第1期の終了時点で、ポスターなども含めた関連商品の点数は200点以上におよび、TBSの番組としては最多であった『ROOKIES』の103点を倍近く上回っています!そんな「けいおん!」の魅力について考察していきます!

Read Article

目次 - Contents