セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』とは、1995年から1997年にかけ、『週刊少年ジャンプ』にて連載されたギャグ漫画及びそれを原作としたアニメ作品。作者は「うすた京介」であり、同氏の連載デビュー作である。奇妙な格闘技「セクシーコマンドー」の使い手である主人公・花中島マサルと、彼を中心としたセクシーコマンドー部員たちとの日常が描かれる。突拍子もない展開の続くナンセンスギャグが主だが、随所で当時のテレビ番組などの固有名詞や、様々なパロディも挟まれるなど、緩急ついた笑いが人気を博した。

CV:松山鷹志、小西克幸ほか
セクシーコマンドー部の花見に絡んできた酔っ払いのサラリーマン3名。勤め先で左遷された腹いせに泥酔した挙げ句、ともえに絡んだり校長の頭から酒をかけるなどしたため、部員全員から袋叩きにあう。

マッスルの神様

通称「マ神」。強が神棒し、筋肉質な中年男性のような風貌をした神。普通、人には見えない存在だが、なぜかマサルだけは見れるようである。野球勝負や全国大会で強に力を与えた。

ポチ&ペス

マサルの肩のリングの本来の持ち主。二人とも銀色の身体に大きな目をした、典型的な宇宙人の見た目をしている。

暗黒先生ジゴック

第二部「地獄校長編」に登場した、さかきばら校長と校長とそっくりな見た目をした超能力者。メソにそっくりな生命体を操りわかめ高校を乗っ取ろうとしたが、力みの余り突然力尽きてしまった。

宇宙人スリー

第三部「はじめまして宇宙人スリーです編」に登場した、3人組の宇宙人。

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

renote.jp

「ラブ・ミー・ドゥー!!」

コマンドー1にて、マサルが初めて披露した強烈な一撃。起目粒は最初、このパンチの威力に驚愕したが、マサルいわく、セクシーコマンドーの本体はその前フリのフェイントにあったとのことであり、二重に驚くこととなった。

「モ…モンテスキュー!!?」

出典: chansoku.com

コマンドー2にて、教室での居眠りから醒めたマサルが突然放った一言。マサルはこのあと「夢か…」と落胆するが、周囲は「何の夢だーっ!!?」と疑問に思う。物語序盤で、マサルの変わり者ぶりが伺えるシーン。

ボスケテ

「毛生え薬研究会」のメンバー・キースが、「ボスたすけて」とメッセージを打ち上げようとして失敗したもの。打ち上げに使った、セガのロボピッチャを改造して作ったマシーンは4文字までしか出なかったのである。
しかし、このメッセージを発見したボスは「ボス決して走らず急いで歩いてきてそして早く僕らを助けて」と読み解き、新兵器を背負い部下の窮地へと向かった。徒歩で。

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』の用語

セクシーコマンドー

本作のメインテーマともなっている格闘技。競技人口はかなり少ないようで、「セ協」ことセクシーコマンドー協会の会員は全国でも200人程と見られている。一般的な格闘技のように、打撃や関節技そのものではなく、そこに至るまでに相手に強制的に隙を作り出すポージングのことを指しているのが特徴である。
その発祥は室町時代の日本にまで遡る。当時、「ききん」や重税にあえぐ農民たちのうさ晴らしとして、田楽などと共に自然発生したと言われている。だが、校長室にあった「セクシーヒストリー」によると、せくしー斎と名乗る人物が生み出した「せくしー小窓」という技が起源であることが記されている。

セクシーメイト

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさんの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』とは、ナンセンスギャグを得意とするうすた京介が、『週刊少年ジャンプ』で描いた伝説的なギャグマンガである。 謎の格闘技「セクシーコマンドー」の使い手である本作の主人公・花中島マサルの繰り出すシュールで支離滅裂なギャグが本作の見所である。 本作に出てくる名言もシュールなものばかりで、名言と言うより、どちらかと言うと迷言に該当しそうなものばかりである。

Read Article

こどものおもちゃ(こどちゃ)のネタバレ解説・考察まとめ

『こどものおもちゃ』とは、子役タレントとして活躍する主人公・小学6年生の倉田紗南と、クラスメイトで問題児の羽山秋人を中心に繰り広げられる学校生活を描いた作品である。物語の中では、学校で起こるイジメや問題を紗南が解決しようとする姿、子供ならではの淡い恋心やストレートな感情が描かれている。学級崩壊や家庭崩壊、イジメといった社会問題を取り上げた深刻なシーンも、ギャグを交えながら表現されている。そのため、子供も大人も最後まで楽しむことができる学校生活を描いたコメディ漫画およびアニメ作品。

Read Article

あたしンち(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『あたしンち』とは1995年6月からけらえいこ原作で朝日新聞より連載が開始された日常コメディ漫画。その後メディアファクトリーよりコミック化される。母、父、長女のみかん、弟のユズヒコの4人家族「タチバナ家」の日常が繰り広げられる。みかん・ユズヒコの学校生活や友達とのやりとり、母の友好関係、父の仕事などからリアルな描写が描かれている。他にも個性的なキャラクターが多く登場。アニメ化や映画化もされており長年根強いファンを獲得している。

Read Article

ギャグマンガ日和(ギャグ日)のネタバレ解説・考察まとめ

『ギャグマンガ日和』とは、増田こうすけによるギャグ漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。『月刊少年ジャンプ』にて2000年から連載が始まり、2007年から後継誌である『ジャンプスクエア』に移動した。 増田こうすけが作り上げた架空のキャラクターや、増田こうすけによる脚色が入った歴史上の人物が奇天烈な行動を巻き起こしていく。

Read Article

僕等がいた(アニメ・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕等がいた』とは、2002年から「ベツコミ」で連載され、第50回小学館漫画賞少女向け部門を受賞した小畑友紀の漫画であり、2006年にアニメ化され、2012年に完結後、実写映画化もされた大人気漫画である。舞台は北海道釧路市と東京で、高校生活に期待を寄せる少し天然で一途な普通の女の子高橋七美と、運動神経抜群でクラスの大半が好きになるが、心に大きな影を抱える矢野元晴の高校時代~社会人までの青春と純愛を描いたラブストーリー作品である。

Read Article

目次 - Contents