セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』とは、1995年から1997年にかけ、『週刊少年ジャンプ』にて連載されたギャグ漫画及びそれを原作としたアニメ作品。作者は「うすた京介」であり、同氏の連載デビュー作である。奇妙な格闘技「セクシーコマンドー」の使い手である主人公・花中島マサルと、彼を中心としたセクシーコマンドー部員たちとの日常が描かれる。突拍子もない展開の続くナンセンスギャグが主だが、随所で当時のテレビ番組などの固有名詞や、様々なパロディも挟まれるなど、緩急ついた笑いが人気を博した。

セクシーコマンドーを嗜む者のことを指す。

「ラジャー」「ウォンチュウ」「クリンナップクリンミセス」「ラバーメン(ゴム人間)」

セクシーコマンドーに取り組む際の返事である言葉である。「はい」「イエス」などと同義。

全国セクシーコマンドーフェスティバル

セクシーコマンドー協会が主催する、セクシーコマンドーの全国大会であり、試合は制限時間ありのポイント制で行われる勝ち抜き戦である。
判定について、先制攻撃を仕掛けた選手は、ファーストセクシーとして3万ポイント与えられる。これは、基本的に先制攻撃が不利であるセクシーコマンドーにおいて、お互いに相手の動向を伺う膠着状態を防ぐためのものである。
また、攻撃が浅く相手へのダメージが少ないと1億ポイント程度の判定となるが、確実に技が決まれば「セクシー一本」となり、12億から15億ほどのポイントが与えられる。
尚、全国セクシーコマンドーフェスティバル'96に出場した高校として、作中では下記の6校を含めた8校の参加が確認できる。
県立わかめ高校・カブキ高校・サンバ高校・ガクラン高校・綾茂高校・聖★またずれ高校

ノッホソ

マサルの血液中のみに含まれ、男宿にて痺れ薬を無効化した物質。メカニズムとしては、「血液中の『ノッホソ』とマサルが今朝食べた何かしらの物質が混ざり18金プラチナネックレスに似た物質ができそれがつまり翌朝効果になると思う」とのことである。
尚、普通の人の血液中には存在しない。

セクシーコマンドーの技

前フリ技

セクシーコマンドーの型の一つ。この技からいかに派生するかという点で、セクシーメイトの力量が推し量れる。

エリーゼのゆううつ

前フリ技の中でも基本的な技。下ろしたズボンのチャックから何かを取り出し、取り出したもので相手をひるませる。通称「エッちゃん」。

変わり身の術

大きな人形を身代わりにすることで相手からの攻撃を避けたように見せかけるが、実際には着ぐるみを身に着けそのまま攻撃されているだけの技である。また、キン肉マン消しゴムを身代わりに使った場面もある。

放課後キャンパス

手を頭の後ろで組みながら、「うっふ~ん」などの色っぽい声を出し、腰を振る前フリ技。通称「放キャン」。

はじらいのひととき、夜明けのエスプレッソ、ノンストップ狂四郎

作中名前のみの登場であり、いずれも詳細不明の技である。

あふれだす煮汁

前フリ技「エリーゼのゆううつ」の応用技。ズボンのチャックを下ろすところまではエリーゼのゆううつと共通しているが、開けたチャックから何かを取り出すと見せて片足を大きく上げるという動きをする。

夏★しちゃってるBoy

光りながら万歳をしたり寝転がったりした後、ブリッジをしながらズボンのチャックを下ろす技。48ある前フリ技のうち、その23にあたる。

ぽっちゃり腰、ねじれヒジ天国、あばれ恋女房

いずれも、無し元からマサルに指導が行われた際に、2人の会話で名前のみ挙げられた技。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさんの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』とは、ナンセンスギャグを得意とするうすた京介が、『週刊少年ジャンプ』で描いた伝説的なギャグマンガである。 謎の格闘技「セクシーコマンドー」の使い手である本作の主人公・花中島マサルの繰り出すシュールで支離滅裂なギャグが本作の見所である。 本作に出てくる名言もシュールなものばかりで、名言と言うより、どちらかと言うと迷言に該当しそうなものばかりである。

Read Article

こどものおもちゃ(こどちゃ)のネタバレ解説・考察まとめ

『こどものおもちゃ』とは、子役タレントとして活躍する主人公・小学6年生の倉田紗南と、クラスメイトで問題児の羽山秋人を中心に繰り広げられる学校生活を描いた作品である。物語の中では、学校で起こるイジメや問題を紗南が解決しようとする姿、子供ならではの淡い恋心やストレートな感情が描かれている。学級崩壊や家庭崩壊、イジメといった社会問題を取り上げた深刻なシーンも、ギャグを交えながら表現されている。そのため、子供も大人も最後まで楽しむことができる学校生活を描いたコメディ漫画およびアニメ作品。

Read Article

あたしンち(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『あたしンち』とは1995年6月からけらえいこ原作で朝日新聞より連載が開始された日常コメディ漫画。その後メディアファクトリーよりコミック化される。母、父、長女のみかん、弟のユズヒコの4人家族「タチバナ家」の日常が繰り広げられる。みかん・ユズヒコの学校生活や友達とのやりとり、母の友好関係、父の仕事などからリアルな描写が描かれている。他にも個性的なキャラクターが多く登場。アニメ化や映画化もされており長年根強いファンを獲得している。

Read Article

ギャグマンガ日和(ギャグ日)のネタバレ解説・考察まとめ

『ギャグマンガ日和』とは、増田こうすけによるギャグ漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。『月刊少年ジャンプ』にて2000年から連載が始まり、2007年から後継誌である『ジャンプスクエア』に移動した。 増田こうすけが作り上げた架空のキャラクターや、増田こうすけによる脚色が入った歴史上の人物が奇天烈な行動を巻き起こしていく。

Read Article

僕等がいた(アニメ・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕等がいた』とは、2002年から「ベツコミ」で連載され、第50回小学館漫画賞少女向け部門を受賞した小畑友紀の漫画であり、2006年にアニメ化され、2012年に完結後、実写映画化もされた大人気漫画である。舞台は北海道釧路市と東京で、高校生活に期待を寄せる少し天然で一途な普通の女の子高橋七美と、運動神経抜群でクラスの大半が好きになるが、心に大きな影を抱える矢野元晴の高校時代~社会人までの青春と純愛を描いたラブストーリー作品である。

Read Article

目次 - Contents