セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』とは、1995年から1997年にかけ、『週刊少年ジャンプ』にて連載されたギャグ漫画及びそれを原作としたアニメ作品。作者は「うすた京介」であり、同氏の連載デビュー作である。奇妙な格闘技「セクシーコマンドー」の使い手である主人公・花中島マサルと、彼を中心としたセクシーコマンドー部員たちとの日常が描かれる。突拍子もない展開の続くナンセンスギャグが主だが、随所で当時のテレビ番組などの固有名詞や、様々なパロディも挟まれるなど、緩急ついた笑いが人気を博した。

CV:南央美
セクシーコマンドー部及び本作のマスコット的な存在。通称は「めそ」や「メソ」であるが、マサルやともえの父が「めそ…」の後に何かを続けようとして言いとどまる描写がある。
セクシーコマンドー部の面々でハイキングに行った際、謎の洞窟の中で遭遇し、部のペットとして連れ帰ることとなった。愛くるしい見た目をしているが、背中にファスナーがついていることからも、着ぐるみであることは明白。中には明らかに恐ろしい「何か」が潜んでいる。普段は「モキュッ」と鳴いているが、たまに「はよせな」などの人語を発することもあり、とにかく正体は謎に包まれている。

ボナンザ

シンバルを持ったサルのおもちゃ。野球部との野球勝負の際、人数が足りないセクシーコマンドー部のためにマサルが用意した。
マサルにとって、シンバルを打ち鳴らす動きが球を取るためにやる気十分に見えるとのことであったが、馬鹿にされていると受け取った野球部のエースにボールをぶつけられ壊されてしまう。

県立わかめ高校の教員

さかきばら のぶゆき

出典: renote.jp

CV:井上和彦
県立わかめ高校の校長でありながら、田中スーザンふ美子としてセクシーコマンドー部に部員として在籍している。声も身体も震えており一見頼りないお年寄りだが、かつては伝説的なセクシーコマンドの選手であった。
校内の花壇でわかめや味噌等を育てようと世話していたり、マサルのおもちゃに強く興味を示したりと、変わったところがある。また、校長権限でセクシーコマンドー部の部費を優遇したり、ユニフォーム調達のためにポケットマネーを出したりなど、明らかにセクシーコマンドー部に肩入れをする。

松田 達郎(まつだ たつろう)

出典: middle-edge.jp

CV:高橋広司
通称「トレパン」。県立わかめ高校の国語教師であり、マサルら2年7組の担任、そしてセクシーコマンドー部顧問。
絵に描いたような青春を味わったり女子生徒にチヤホヤされたいという動機から部活の顧問を志し、セクシーコマンドー部の顧問となるべく奮闘した。だが、肝心なセクシーコマンドーのことは何も知らなかった上に、都合の悪いことからはすぐに逃げ、偉い者には従順な性格であり、部員たちからも蔑まれている。養護教諭のマリコ先生に想いを寄せるが、報われるような様子は見受けられない。

マリコ先生

CV:天野由梨
県立わかめ高校の養護教諭。色っぽい見た目と言動が男子生徒の間で評判となっている。セクシーコマンドー部の部員・顧問として候補に挙がったが、既に新体操部の顧問を務めていたため見送られた。松田からの好意を全く意に介さないが、さかきばら校長にはバレンタインデーにチョコを贈るなど、何かしらの思いがあるようである。
尚、苗字については作中で明かされていない。

教頭

CV:長島雄一
県立わかめ高校の教頭。セクシーコマンドー部設立の際など、たまに登場している。

武田(たけだ)

CV:沢木郁也
県立わかめ高校野球部顧問。セクシーコマンドー部に多額の部費が付与されたことで、松田と諍いになり、野球で決着をつけることに。
だが、セクシーコマンドー部に敗北し、金に執着していた自分を反省した。

無し元 小銀(なしもと こぎん)

セクシーコマンドー部の指導のため、さかきばら校長がセクシーコマンドー協会から呼び寄せた同部の新顧問。マリコ先生を巡り松田と対決することとなったが、実際にはセクシーコマンドーの実力も乏しく、顧問の座を松田に返還し、わかめ高校を去った。

県立わかめ高校の生徒

タケダ

マサルと起目粒のクラスメイト。コマンドー1で転校初日の起目粒の挨拶に対し場を盛り上げた、クラスのお調子者ポジションの男子生徒。

沢村 りえ(さわむら りえ)

CV:岩坪理江
マサルと起目粒のクラスメイト。マサルとばかりつるんでいる起目粒を心配して声をかけるが、起目粒もマサル同様変態だと思っている別の友人に話を遮られ、連れて行かれてしまう。

服部(はっとり)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさんの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』とは、ナンセンスギャグを得意とするうすた京介が、『週刊少年ジャンプ』で描いた伝説的なギャグマンガである。 謎の格闘技「セクシーコマンドー」の使い手である本作の主人公・花中島マサルの繰り出すシュールで支離滅裂なギャグが本作の見所である。 本作に出てくる名言もシュールなものばかりで、名言と言うより、どちらかと言うと迷言に該当しそうなものばかりである。

Read Article

こどものおもちゃ(こどちゃ)のネタバレ解説・考察まとめ

『こどものおもちゃ』とは、子役タレントとして活躍する主人公・小学6年生の倉田紗南と、クラスメイトで問題児の羽山秋人を中心に繰り広げられる学校生活を描いた作品である。物語の中では、学校で起こるイジメや問題を紗南が解決しようとする姿、子供ならではの淡い恋心やストレートな感情が描かれている。学級崩壊や家庭崩壊、イジメといった社会問題を取り上げた深刻なシーンも、ギャグを交えながら表現されている。そのため、子供も大人も最後まで楽しむことができる学校生活を描いたコメディ漫画およびアニメ作品。

Read Article

あたしンち(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『あたしンち』とは1995年6月からけらえいこ原作で朝日新聞より連載が開始された日常コメディ漫画。その後メディアファクトリーよりコミック化される。母、父、長女のみかん、弟のユズヒコの4人家族「タチバナ家」の日常が繰り広げられる。みかん・ユズヒコの学校生活や友達とのやりとり、母の友好関係、父の仕事などからリアルな描写が描かれている。他にも個性的なキャラクターが多く登場。アニメ化や映画化もされており長年根強いファンを獲得している。

Read Article

ギャグマンガ日和(ギャグ日)のネタバレ解説・考察まとめ

『ギャグマンガ日和』とは、増田こうすけによるギャグ漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。『月刊少年ジャンプ』にて2000年から連載が始まり、2007年から後継誌である『ジャンプスクエア』に移動した。 増田こうすけが作り上げた架空のキャラクターや、増田こうすけによる脚色が入った歴史上の人物が奇天烈な行動を巻き起こしていく。

Read Article

僕等がいた(アニメ・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕等がいた』とは、2002年から「ベツコミ」で連載され、第50回小学館漫画賞少女向け部門を受賞した小畑友紀の漫画であり、2006年にアニメ化され、2012年に完結後、実写映画化もされた大人気漫画である。舞台は北海道釧路市と東京で、高校生活に期待を寄せる少し天然で一途な普通の女の子高橋七美と、運動神経抜群でクラスの大半が好きになるが、心に大きな影を抱える矢野元晴の高校時代~社会人までの青春と純愛を描いたラブストーリー作品である。

Read Article

目次 - Contents