プラネット・ウィズ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『プラネット・ウィズ』とは、「J.C.STAFF」製作のオリジナルアニメーション作品。2018年に放送。本作は漫画家「水上悟志」が書き下ろしたネームを元に製作されている。漫画版は水上悟志自らが描いている。主人公「黒井宗矢」は記憶喪失の状態で「先生」「黒井銀子」の二人と暮らしていた。ある日、街に「ネビュラウェポン」と呼ばれる謎の飛行物体が現れ、それをヒーロー7人が倒す。しかし宗矢は銀子にヒーロー達を倒すように言われるのであった。

「どんなに辛くても過去は過去だ!帰る故郷がないって現実が、俺の居場所だ!」

優しい夢を見せて野心や我欲のない人物にしてしまうネビュラ封印派。
故郷を滅ぼされ辛い身である宗矢はそれでも現実を選び、それを自分の居場所だと肯定する。
何故なら宗矢は辛い過去があったからこそ先生や銀子そしてのぞみに出会う事が出来て、現在があるのである。
一方、葉介にとっては紅華が世界であり、それが全てであった。
その紅華は封印装置によってこれまでの紅華ではなくなってしまい、葉介の世界はなくなってしまう。
兄も失い、紅華も失い、葉介にとってはもう幸せな夢を見ることしか救いが無いのである。
宗矢に負けた葉介は自分の死を覚悟しその上でそれでも良いと微笑むが、それを救ったのは宗矢の演説によって夢から目覚め、元の人格に戻った紅華であった。
その後葉介は紅華に戦いが終わったら一緒に兄(紅華にとっては先輩)の元に行こうと心中を提案し、紅華は考えておくと答える。
しかし封印派と穏健派の戦いを見て、龍がまだ生きていてこれから目覚めるを知り、紅華は自分にはまだやる事があると現在を生きていく決意をし、葉介もそれに賛同する。

「キミはボクの自慢の弟だよ!」

龍との最終決戦へ挑む前日の夜、宗矢と銀子は屋根の上で二人で話す。
銀子はシリウスに攻撃されたリエルの姫、宗矢はシリウスの民で、客観的に見れば二人は被害者と加害者の関係にある。
しかし銀子は宗矢を加害者とは思わず、自分もリエルの民もシリウスを許し、宗矢を受け入れるという。
リエルは愛の進化種族ネビュラ加入を目指しているため、許す心を育んでいるのである。
宗矢は復讐をしない銀子及びリエルを立派だと褒めるが、銀子は宗矢も同じだと言う。
宗矢は自分とは関係ない地球を守り、自分の故郷を滅ぼした龍を許しに行く、それは家族として誇らしい事だと言って銀子は微笑む。
銀子は宗矢を弟と呼び、宗矢は銀子を姉さんと呼んだ。
血は繋がってなくても二人は家族なのである。

「竜よ、私は証明したぞ」

先生はシリウスで宗矢を救った際、シリウス人である宗矢を生かしておけないと言う龍に、「自分がこの子を育て、シリウス人にも愛はあると証明する」と約束をする。
先生は宗矢を育て、宗矢は地球のために戦い、そして龍を許すという愛を育む。
龍の体内へ入りアズラバラクラと対面した先生は、微笑み「私は証明したぞ」と報告する。
先生はずっと己の正義に捕らわれた龍の事も救おうとしていたのである。

「いい夢だったよ…父さん、母さん」

力尽きたアズラバラクラは、今際の際に人間として龍造寺夫妻に育てられた幼い頃の夢を見る。
夕暮れの風景と、優しく微笑む両親、幸せを象徴するかのような思い出に「いい夢だったよ」と本音を言う。
龍になったアズラバラクラにとっては龍造寺夫妻との思い出は刹那のものであったかもしれないが、優しくされた思い出は確かな救いになった。
ただ悪として裁かれて消えていくのではなく、アズラバラクラにも救いもある、深い演出となっている。

「宗矢くんですから!」

亜空間に飛ばされて消滅する寸前、宗矢たちは偶然、或いは宗矢の縁でシリウスに漂流する。
しかし通信手段などは無くどうしようかと困っていると、そこに閣下たちネビュラが到着する。
亜空間の時間と外の時間にはズレがあり、そのズレはネビュラでも観測不可能であった。
しかし宗矢との繋がりが強く宗矢と波長が合うのぞみが、宗矢が今どこに居ていつ何処に現れるか全てサイキックで感知し、それを元に皆で迎えに来たのである。
とても凄いことであるが、それを褒められるとのぞみは「宗矢くんですから」と当然の事のように微笑んだ。

「おかえり、大きくなったな!」「お陰様で」

迎えに来たネビュラの船に乗って帰る寸前、宗矢は「おかえり、大きくなったな!」という兄の声を聞く。
振り向くとまだ滅ぼされてなかった頃のシリウスの風景と、大好きな兄の幻影がそこにいた。
シリウスが滅ぼされた日、宗矢はまだ子供であり兄は大きく見えたが、現在の宗矢は兄と同じくらいの年頃となっていた。
宗矢の「お陰様で」というセリフで本作のアニメは終了する。

『プラネット・ウィズ』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

ネビュラの中に水上悟志

右のカエルが水上悟志。

本作の中でも見た目から存在感の強いきぐるみ族。
実はその中に水上悟志を象徴するカエルの姿がある。

小山力也がフィギュアで遊ぶ動画

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

Related Articles関連記事

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

あまんちゅ!(Amanchu!)のネタバレ解説まとめ

『あまんちゅ!』とは、天野こずえによる漫画作品、及びアニメシリーズ。 2016年と2018年の2度アニメ化した際には、舞台である静岡県伊東市を中心に大きな盛り上がりを見せた。 登場人物が所属する静岡県立夢ヶ丘高校ダイビング部の日常を描いた作品であるが「日常ときどきダイビング。」というキャッチコピーのようにメインは日常であり、ダイビングに対する知識がなくても日常作品として楽しめる。 勿論、ダイビングに関する知識や楽しさ、そして恐さも作中で描かれておりダイビング漫画としても評価が高い。

Read Article

探偵オペラ ミルキィホームズ(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

クジラの子らは砂上に歌う(クジ砂)のネタバレ解説まとめ

「クジラの子らは砂上に歌う」とは、「梅田阿比」による漫画作品。2017年にJ.C.STAFF製作でアニメ化。砂の海に浮かぶ巨大な船「泥クジラ」には、超能力「情念動(サイミア)」を操る「印」と、操れない「無印」がいた。印である主人公「チャクロ」は泥クジラの歴史を綴る記録掛りをしていた。チャクロはある日、砂の海を漂流してきた島で謎の少女「リコス」に出会う。

Read Article

初恋限定。(Hatsukoi Limited.)のネタバレ解説まとめ

『初恋限定。』は、河下水希による漫画作品。 『週刊少年ジャンプ』にて、2007年44号から2008年26号まで連載された。 中学2年生の有原あゆみと江ノ本慧を中心に、中学生と高校生計8人の恋が同時進行で進む姿を描いたオムニバス作品だが、連載期間は約半年と短命に終わった。 いわゆる「打ち切り」となった作品であるが、打ち切りに遭いながらドラマCDやアニメといったメディアミックス化された珍しい作品でもある。

Read Article

NEW

アリスと蔵六(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『アリスと蔵六』とは、今井哲也による漫画、及びJ.C.STAFF製作のアニメーション作品。2012年から連載が始まり、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。「アリスの夢」と呼ばれる能力者である主人公「沙名」は、住んでいたある研究所から逃亡する。空腹の中出会ったのは、曲がった事が大嫌いなお爺さん「樫村蔵六」であった。

Read Article

ふらいんぐうぃっち(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『ふらいんぐうぃっち』とは、2012年より講談社「別冊少年マガジン」で連載された石塚千尋による漫画の事である。主人公の魔女、木綿真琴(こわたまこと)が修行のため横浜から青森の親戚の家やって来る。居候先の倉本家で高校生活を送りながら魔術の勉強をしたり、他の魔女や異世界の住人と関わりと通じて一人前の魔女としての修行に励む、日常系ほのぼのファンタジー。

Read Article

食戟のソーマ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による料理・グルメ漫画。原作コミックは発売から2週間で20万を超える部数を売り上げた。テレビアニメも好調で、2015年から2019年で4回に渡って放送された。 下町の定食屋で育った主人公・幸平創真は店を継ぐつもりだったが、父親が突如店を閉めることを宣言する。創真は料理のエリートが集う名門料理学校・遠月学園に進学することになる。

Read Article

君と僕。(君僕)のネタバレ解説まとめ

『君と僕。』とは、2003年から堀田きいちが、『月刊少年ガンガン』にて連載を開始した漫画。2004年からは『ガンガンパワード』、2009年からは『月刊Gファンタジー』に移籍して連載。2011年、アニメ第1期の放送が開始され、1年後には第2期も放送している。クールな双子に真面目な学級委員、可愛い系男子と、少しお馬鹿な帰国子女。5人の男子高校生が日常の中で、少しずつ成長を遂げていく、青春×コメディー。思春期の「恋」や「友情」が、優しいタッチで描かれている作品で、知名度と比較して熱狂的ファンが多い。

Read Article

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

見覚えのないビルの最下層で目を覚ました少女、レイチェル。わけもわからないまま、出口を求めてビルの中をさまよっていると、顔を包帯で覆い、大きな鎌を持った殺人鬼、ザックが現れる。 「3秒数えてやる。だからさぁ、逃げてみろよ!」 今回は「殺戮の天使」第1話『Kill me... please.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

食戟のソーマの十傑まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による日本の漫画作品である。小説やアニメなど、多数のメディアミックスが成された。 創真は日本屈指の料理の名門校『遠月茶寮料理學園』へと編入する。そして、そこで出会う仲間やライバルと共に研鑽を積んでいく。 『十傑』とは、遠月に存在する最も優れた10人の料理人である。創真は遠月で最も優れた料理人になるため、十傑の打倒を目標とする。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフまとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。 科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

Read Article

食戟のソーマの名言・名セリフまとめ

「食戟のソーマ」は、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による漫画作品。 下町の定食屋の倅である「幸平創真」は、一人前の料理人になるべく家業を手伝いながら料理の修業に励む日々を送っていた。中学卒業の折、幸平は父親の紹介により世界屈指の料理学校「遠月学園」に通うことになる。遠月学園での幸平の活躍と成長を描く料理漫画。料理を通して人生について語られる名言が数多い。

Read Article

目次 - Contents