惑星のさみだれ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『惑星のさみだれ』とは、地球の未来を懸けた超常の戦いに巻き込まれた青年の葛藤と成長を描いた、水上悟志による漫画作品。水上にとっては2本目の長期連載作品であり、そのクオリティの高さから漫画家としての彼の評価を確固たるものとした出世作となった。
大学生の雨宮夕日は、ある日言葉をしゃべるトカゲから「世界を救う騎士」に選ばれたと告げられる。一笑に付す夕日だが、彼が守るべき姫と同じく騎士に選ばれた人々、そして倒すべき敵の存在を知って信じざるを得なくなる。戸惑い、困惑し、夕日は戦いの中で成長していく。

『惑星のさみだれ』の概要

『惑星のさみだれ』(ほしのさみだれ)とは、地球の未来を懸けた超常の戦いに巻き込まれた青年の葛藤と成長を描いた、水上悟志による漫画作品。
水上にとっては2本目の長期連載作品であり、その物語の構成力、キャラクターの魅力、総合的なクオリティの高さから、漫画家としての彼の評価を確固たるものとした出世作ともなった。根強いファンに支えられ、完結から12年後となる2022年にアニメ化されることが発表された。

大学生の雨宮夕日(あまみや ゆうひ)は、ある日自らをノイ=クレザントと称する謎のトカゲから「世界を救う騎士」に選ばれたと告げられる。当初これをまったく信じていなかった夕日だが、彼が守るべき姫である朝日奈さみだれ (あさひな さみだれ)、自分と同じく騎士に選ばれた東雲半月 (しののめ はんげつ)や南雲宗一郎 (なぐも そういちろう)、そして倒すべき敵である泥人形の存在を知ってノイの話を信じざるを得なくなる。戸惑い、困惑し、時に傷つきながらも、夕日は人として騎士として戦いの中で成長していく。

『惑星のさみだれ』のあらすじ・ストーリー

姫と騎士とビスケットハンマー

天空の彼方に浮かぶ“地球を砕く槌”ビスケットハンマーを目の当たりにする夕日(右)。

大学生の雨宮夕日は、ある日ノイ=クレザントを名乗るしゃべるトカゲと出会う。曰く、地球は悪の魔法使いによって破滅の危機に瀕しており、夕日はそれを食い止めるための指輪の騎士に選ばれたのだという。地球が破滅するなんて信じられないし、そもそもなぜ自分がそんな厄介事を抱えなければならないのかと、夕日はノイの話をけんもほろろに一蹴。普段通りの生活を送ろうとする。
しかし悪の魔法使いが放った“泥人形”という怪物に襲われ、お隣に暮らしている少女がそれを一撃で粉砕するのを見て、ノイの話が嘘ではないことを認めるしかなくなる。少女は朝日奈さみだれという名で、夕日たち「騎士」として選ばれた者たちが守るべき「姫」であるらしい。

さみだれから“悪い魔法使いが世界を壊すために発動した魔法”である、天体規模の巨大な槌「ビスケットハンマー」について教えられる夕日。さみだれは「あんなものに地球を壊させない」と語る一方で、「この美しい世界を永遠に自分のものにしたいから、地球は私が叩き壊す」と豪語する。そのスケールと破天荒な言動に魅了された夕日は、さみだれを守って戦うことを決意する。
祖父から虐待を受けて育った夕日は、彼から叩き込まれた「人を信じて殺されたお前の父のようにならないために、決して誰も信じるな」との言葉を深いトラウマとしていた。地球を壊すと言い切るさみだれに従おうとしたのも、祖父以外の何かに従属することでトラウマから逃れたいとの思いが裏にあった。その祖父が病気で余命いくばくもないと聞いた夕日は、さみだれの勧めで彼の見舞いに向かう。ひどいことをしてすまなかったと土下座までして謝る祖父に、「今さら自分だけ謝って楽になるつもりか」と激高する夕日。しかし彼もまた家族を失って苦しんでいたのだと気づいた夕日は、騎士としての契約の代償として得られる“1つだけどんな願いでも叶えられる”権利で祖父の快癒を願うのだった。

東雲半月の生き様

祖父の快復を見届けてさみだれの下に戻った夕日の前に、新たな騎士を名乗る東雲半月(しののめ はんげつ)とその従者であるルド=シュバリエが現れる。半月は泥人形を軽く叩きのめす姫ですら子供扱いするほどの古武術の達人で、「正義の味方」を名乗る明朗な人物だった。未だ1人では泥人形とまともに戦うのも命懸けな夕日は、彼の強さに驚いて自分も同じような強さを手に入れられないか思案するようになる。
一方で、夕日は「姫が最終的に地球を壊すつもりでいることは半月に伝えない方がいい」と判断。さみだれもこれを了承するが、以前から2人の野望について問題視していたノイから「たまたま手に入れた力で鬱屈した自分の現状を破壊してしまおうという子供の我がままに過ぎない」と痛罵された夕日は彼と口論になる。しかし後日ノイから「言葉が過ぎた」と謝罪され、毒気を抜かれた夕日も思わず手を挙げてしまったことを謝る。

泥人形を一蹴し、さみだれすら片手であしらう半月だったが、どういうわけか夕日に興味があるらしく、たびたび彼らの周囲に現れる。半月がなぜそこまで自分を気にかけるのか不思議だった夕日だが、彼が言うには「以前に夕日のことを夢で見た」のがその理由だという。夢の中で出会った夕日は強く、現実の人物として再会して驚き、ただの偶然か、一種の予知夢か、あるいは何かの運命なのかとあれこれ考えていたらしい。半月は夕日とさみだれが自分に何か隠しごとをしていること、それが明らかとなった時は2人と敵対するだろうことを察していたが、「だからこそ強くなれ、ヒーローになってさみだれを守れ」と夕日を激励する。
そうこうする内に氷雨と出会い、一目で惚れ込んだ半月は、なんとか気を引こうと彼女の下に足繁く通うようになる。朝比奈姉妹の父である朝比奈時雨(あさひな しぐれ)に気を揉まれつつ、半月と氷雨は少しずつ仲良くなっていく。やがて時雨は夕日と半月のことを「どちらも悪い青年ではなさそうだ」とそれなりに認め、娘たちとの交流を見守るようになり、「ご家族に認められた」と喜んだ半月は氷雨を映画に誘う。事実上のデートに氷雨も乗り気になっていたが、直後の泥人形との戦闘で半月は死亡する。夕日を庇って命を落とすその様は、かつて半月が憧れていた、“自分には無理だ”と諦めていた、ヒーローの姿そのままだった。

ヒーローの産声

半月の死は、夕日、さみだれ、氷雨の3人にそれぞれ大きな衝撃を与えた。特に直接庇われる形となった夕日は、半月の死をどう受け止めればいいか分からず、「“さみだれのためにいつか彼を殺そう”と考えていた自分に、悼んだり悲しんだりする資格は無いのではないか」と苦悩していた。
そんな夕日の前に、3人の新たな騎士が現れる。カラスの騎士東雲三日月(しののめ みかづき)、馬の騎士南雲宗一郎(なぐも そういちろう)、ヘビの騎士白道八宵 (はくどう やよい)。元刑事で最年長の南雲はリーダーシップを発揮して夕日を含む騎士たちをまとめようとするが、半月の弟でもある三日月は「強いヤツと戦いたい」という要求だけでそれを引っ掻き回し、当面の標的として“どうしても勝てなかった兄を死なせた”夕日に、次いで南雲に目を付ける。

泥人形そっちのけで三日月が南雲に勝負を挑む一方、夕日は半月を死なせてしまった罪悪感と、彼が目の前で命を落とす様を見た恐怖に震え、まともに戦えない状態になっていた。それを見た八宵に「今のままでは足手まといにしかならないから戦うな」と諭される一方、ノイは彼女がヘビの騎士であることを妙に気に掛ける素振りを見せる。前の代の指輪の騎士たちの戦いで、ヘビの騎士はトカゲの騎士を庇って命を落としていたのだ。
新たな泥人形が現れ、南雲が三日月に勝負を挑まれて合流できない中、八宵は1人でこれに立ち向かう。「無駄死にするだけだ」と逃げるよう勧めるノイに、夕日は「今こそヒーローになりたい」と慄きながらも戦場に踏みとどまる。さみだれのためにも、命懸けで自分を救ってくれた半月のためにも、祖父を助けてくれた時のノイのような“誰かを守れるヒーロー”になりたい。ノイがヘビの騎士への負い目から八宵のことを気に掛けていることを見て取った夕日は、彼に「我が友」と呼びかけ、自分に“願い”を言ってほしいと懇願する。苦しみの中から立ち上がろうとする夕日の意志を感じ取ったノイは、「ヘビの騎士を助けてほしい」と涙ながらに訴える。その願いを受け取った夕日は、今度は自分がノイの願いを叶えるために、祖父を助けてくれた時の彼のようなヒーローになるために、苦戦する八宵の前に飛び出すのだった。

『惑星のさみだれ』の登場人物・キャラクター

姫と指輪の騎士

雨宮夕日(あまみや ゆうひ)

CV:榎木淳弥/柿原徹也(ドラマCD版)

本編の主人公。ごく普通の大学生だったか、ある日自らをノイ=クレザントと称する謎のトカゲから「指輪の騎士に選ばれた」と告げられる。当初これを自身の幻覚か幻聴と捉え、ノイが本当にしゃべることができると知った後も「自分には関係がない」とのスタンスをなかなか崩さなかった。
祖父から虐待された経験を持ち、合理的かつ周囲に壁を作りがちな性格は自分の心の傷に触れられたくない思いの裏返しである。さみだれとの出会いに大きな影響を受け、彼女のための“騎士”として成長していく。

朝日奈さみだれ (あさひな さみだれ)

CV:大空直美/水樹奈々(ドラマCD版)

高校一年生の少女にして、精霊と契約を交わした騎士たちの守るべき“姫”。同時に、「愛する世界を永遠に自分の物にしたい」との想いがために、世界の破壊を望む“魔王”。
明朗快活で活力に溢れ、小柄ながら呆れるほどの大食漢。幼い頃から病に苦しんでいたが、姫として精霊と契約した際に健康な体を手に入れる。夕日たち騎士からすれば守るべき存在ではあるが、自ら前線に立って泥人形相手に強大な力を振るうなど、戦士としても強力。「いずれ世界を破壊する」ことについては常々公言しており、騎士たちから案じられている。

東雲半月(しののめ はんげつ)

CV:岩瀬周平

犬の姿をした従者ルド=シュバリエと契約している騎士。28歳。姫ですら子供のようにあしらう古武術の達人で、裏社会では「風神」の異名で恐れられる人物。
「正義の味方」を自称し、騎士の中でも最強の存在として仲間たちを牽引する。氷雨に一目惚れし、熱烈なアプローチを繰り返すようになる。

東雲三日月(しののめ みかづき)

CV:佐藤元

カラスの騎士にして半月の弟。夕日とは同年代で、同じ大学に通っている。闘争心旺盛を通り越して戦闘狂の気質があり、どうしても勝てなかった半月を超えることを目標としている。
兄の死は「人間誰だっていつかは死ぬ」とあっさり受け入れるが、その彼が身を挺して守った夕日のことを「半月が命を捨ててお前を守ったということなら、お前の運命が半月を殺したということだ」として、その夕日を倒すことで間接的に半月を超えようと考えている。半月から習い覚えた技で自分を投げ飛ばしたさみだれに一目惚れし、様々な意味で夕日を悩ませる存在となる。

南雲宗一郎(なぐも そういちろう)

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

目次 - Contents