花よりも花の如く(漫画)のネタバレ解説まとめ

『花よりも花の如く』とは、2001年より白泉社の『月刊メロディ』にて連載の開始された、日本の伝統芸能『能』をテーマに描かれた成田美名子による漫画。
2006年より掲載誌が隔月刊誌『MELODY』にリニューアルした。
元々は同作家の連載『NATURAL』のスピンオフの読み切りから始まり、連載になった作品。
榊原憲人は幼い頃から祖父の元で能楽師として修行を積んでいた。憲人は様々な人物と出会いながら成長していく。

連雀

憲人の祖父の左右十郎の主宰する創風会の事務所、稽古場のある所。
左右十郎夫婦も住んでおり、内弟子の森澤楽や渡会直角も同じ建物に住み込みをしている。
能に必要な様々な衣装や小道具、面などをしまった倉庫もあり、海外遠征の際はこちらで荷造りして持参する。

若女(わかおんな)

能面のなかでも女面の一種であり、ストーリーの中では京都の骨董店で憲人が心魅かれ購入したもの。隆生先生の指摘で、曾祖父がかつて所持していて行方不明になったものだとわかる。
美しい若い女性を演じる際に使用され、有名な小面などに比べると人間ではない役柄の時に使用されることが多い。

直面(ひためん)

本来面を付ける能楽で、面を着けずに地の顔のまま演じること。
直面と書いて「ひためん」と読む。
直面で演じる役として「鷺」などが有名。

道成寺

能の有名な演目のひとつで、後に歌舞伎でも有名な演目となる。
もとは和歌山県の道成寺に残る伝説が元になっているが、ストーリー自体は中国の伝奇「白蛇伝」が元になっている。
難曲でもある為、シテ方の技量を示す為の、ひとつの区切りの演目にもなっている。

『花よりも花の如く』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「本当に僕はやっていないので、こういうのも変ですけどどういう結果に終わっても、ずっとあなたを信じて認める人がいるように祈ってます」

痴漢の冤罪を受けた憲人が、偶然地下鉄で出会った被害を訴える女性に、次の舞台のチケットを渡しながら、かけた言葉。
彼の基本的にある相手に対しての優しさが見えるセリフ。

「もう染めません」

森澤楽が奈良から創風会に再び戻った時に、決意を表して言ったセリフ。
元々が茶色の髪色であり、子どもの頃は能を習う為に黒く染めていた。しかしその為に皮膚を傷めてしまい、染めないのではなく体の為に染められないのが真実だった。
周囲に誤解を受けていても、能を続けたい楽の信念が表れている。

「一度やるとくせになるぞ。キモチいいよー」

演目「土蜘蛛」で土蜘蛛の役が使用する、蜘蛛の糸を掌に入れておくためのものを、陽一が憲人に譲った際にかけた言葉。
舞台の上で、糸をばさーっと広げると、確かに気持ちがいい。

「なんと私の方が彼を知らなかったのです。『天晴れな敵』ではないか!

憲人が火事で人助けをして松山での演能に遅れそうになった際に、他の会員は一瞬信じられないといった様子を見せたが、森澤楽だけが「それは憲人さんらしいですね」と、憲人を肯定してくれた時の憲人の内心の言葉。

「木霊する囃子の音とか、暮れていく空とか、地平線、星も見え始めて、すべてがカンペキだ!止めたくない!と思っちまったのよ」

青森の父方の伯父の神社で野外能をした時に、小道具の勾玉が揃わず、皆で玉を手作りすることになる。一同はひとつに気持ちが重なったまま舞台に挑む。野外能だった為に停電などのトラブルがあったが、観客も一体となった良い公演となった。
照明を復活させるか迷った西門だが、観客の集中力を切らさない為、彼はあえて照明を点けなかった為演じていた憲人の苦労を思い謝ってきた時のセリフ。
気持は同じだったのか、憲人は西門に「ありがとう」とお礼を言っている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents