花よりも花の如く(漫画)のネタバレ解説まとめ

『花よりも花の如く』とは、2001年より白泉社の『月刊メロディ』にて連載の開始された、日本の伝統芸能『能』をテーマに描かれた成田美名子による漫画。
2006年より掲載誌が隔月刊誌『MELODY』にリニューアルした。
元々は同作家の連載『NATURAL』のスピンオフの読み切りから始まり、連載になった作品。
榊原憲人は幼い頃から祖父の元で能楽師として修行を積んでいた。憲人は様々な人物と出会いながら成長していく。

『花よりも花の如く』の概要

『花よりも花の如く』とは、成田美名子による能を題材とした漫画作品である。
2001年より白泉社の『月刊メロディ』にて連載の開始され、2006年より掲載誌が隔月刊誌『MELODY』に移行した。
元々は同作家の連載『NATURAL』のスピンオフの読み切りから始まり、連載になった作品。
前作『NATURAL』完結後外伝として「花よりも花の如く」「天の響」の2作が描かれた後、正式に連載が開始された。

父方は神主、母方は能楽師という家系の榊原憲人は、成田美名子の漫画『NATURAL』に登場するペルー人でありながらバスケットボールと弓道に勤しむ主人公・山王丸ミゲールの先輩で、ミゲールの数々の危険を助けアドバイスした榊原西門の兄。
母方の祖父である能楽師の六世相葉左右十郎の下で修行の身であり、子方から始まり内弟子になり、一人前のシテ方能楽師として成長していく。
自身の能楽師としてのスキルを、日々成長させつつも、同じ能楽師の仲間と切磋琢磨していく様子、出演したテレビドラマから能以外の表現の世界を知り仲間を得ていく様子、父方実家に神主になる為に養子に出た弟との心の葛藤などを描いたものになっている。

『花よりも花の如く』のあらすじ・ストーリー

舞台になる年代は今より20年程前の時代。
榊原憲人は母方祖父の能楽師六世相葉左右十郎の孫の元で子方(能の子役)の頃から内弟子として修行をしていた。
憲人はほかの内弟子のように連雀の祖父の下へ住み込まず、都内にある自宅から通っている。
そんな自分のあり方に小さな疑問をかかえながらも、能以外の日々に生活に関わる様々なアクシデントや悩みにも巻き込まれていく。
ある日、稽古に通う混んだ地下鉄の中で、痴漢に間違われてしまう。
「そんなことはしていません」と淡々と返す憲人に、声を上げた女性がひるみかけた時、運の悪いことに「私見ましたよ」と、目撃者を名乗る中年男性が現れる。
しかし地下鉄が駅に着いた途端その男は走り去ってしまう。
憲人たちの所属する創風会に弟子入りしている弁護士から、示談を選ぶべきか、法の判断を待つべきか、アドバイスを受けた憲人は、痴漢をしたと認めることになる示談金を払わず、最悪謹慎を覚悟しながら捜査の結果が出るのを待つことになる。
そして女性の身元を調べた弁護士によると、女性は過去に有名なサッカー選手と付き合っていたがサッカー選手は他の人と結婚した為、会社では虚言癖があると言われていた人物だと分かった。
自分を訴えた彼女の心を理解しようと努める憲人。
それは丁度先日舞台に出た演目「葵上」のシテ(能および狂言の役種の名称で、一曲の主役のこと)、六条御息所の修羅の心の内に重なるように感じていた。
翌日時間をずらして地下鉄に乗ると、なんと同じ車両に彼女が乗っていた。
お互いに気まずい思いをするが、憲人は思い切って彼女に次回の演能のチケットを渡す。
「ずっとあなたを信じて認める人がいるように、祈ってます」の言葉を添えて。
その日「経正(演目の一つ。詩歌管絃にすぐれた平家の公達・平経正をメインとした物語)」の舞台でシテ方を務める憲人。
彼女の見ている舞台で、心を研ぎ澄ませ舞台にのみ集中する。
覚悟の決まった憲人は、祖父左右十郎に「最悪の場合何年かかっても、きっとここに戻ってきます」と伝える。
その心が通じたのか、警察より「彼女が起訴を取り下げた」との連絡があった。
実は「見た」と証言した男こそ、過去に痴漢で起訴された経歴の持ち主だったのだ。
犯人はわからないままの為、この選択が彼女の前向きな一歩であるよう、祈る憲人。
また能に向かっていけることを心から喜びながら、また能に向かって日々を暮らしていく。

創風会に新しい内弟子候補が入ってくる。
父親が能楽師である森澤楽は、関西に引っ越し、能もやめていた為に創風会とはコンタクトがなかったが、この度能を再開したいと言う。
ただ楽の髪の毛は、日本の伝統芸能の舞台に立つにはふさわしくない茶髪。彼を見て顔を顰める者、染めるように指示する者、反応は芳しくない。
しかし彼の髪の色は生まれつきのもので、彼はこれ以上染めることなしに能を続けたいと言う。
髪の色以外では、楽は根気もあり稽古の厳しさにも耐えられ、周りへの気配りにも長けており、才能も十分にあるようだ。
それで十分と考えるからか、内心楽の意志の強さを好ましく感じているからか、憲人は他の者よりも楽に反感を覚えず寧ろ好意すら感じている。
そんな中、楽は能の演目「一角仙人(能の演目の一つ。神通力を持つ一角仙人をメインとした話)」でシテの一角仙人を演じることが決まる。それは楽にとって初めて面を付けて演じる舞台にもなる。
楽の茶髪については賛否両論のまま本番になるが、一角仙人を見事にこなす。
そして楽の心情にも変化が訪れる。
「結局は芸というか中身で勝負なんだなと思って、すごく自由で怖かったです」と言い、「髪を染めてもいいと思いました」と憲人に伝える。
それまで能を続けること以上に髪を黒く染めないことに拘っていた楽だが、髪を染めてでも舞台に立ちたいと言う。そんな楽に内心ではやや反発を覚える憲人。
できれば能も髪を染めずにいることも、両方をあきらめずに続けてほしかったのだ。
がっかりしながらも、黒髪用の染髪剤を楽にプレゼントするが、後日宅急便でそれは送り返されてくる。
楽は染めずに続ける決心をしたようだった。

NYでの海外公演が始まる。海外公演は初めてではないものの、能の演目「恋の重荷」でヒロインの女御役を演じることになる。
「恋の重荷」が難しい演目である上、女御役は演じ方や観客の解釈の仕方で役柄に違いが出る為に、プレッシャーを感じる憲人。
弟弟子の森澤楽も公演と同時に開催されるワークショップで「羽衣」を演じることになり、共演は髪の件で厳しい態度を取った五十嵐市祐だった為、憲人とは違う形でプレッシャーを感じていた。
NYで通りすがりの男から「Jap」と揶揄される憲人。
後にワークショップでその人物と同行していた女性と出会う。
差別や偏見から無力だと感じていたが、ワークショップの生徒の能に対する率直な反応や、その女性の謝罪で、自分こそ偏見や差別をする人をひとくくりにして判断していたことに気が付く。
女御の難役も、迷いながらもこなしていく。
女御の役柄の想いと、自身の想いを重ね合わせながら、NY公演を終える。
父親との確執から、創風会から離れていた渡会直角が改めて、弟子として創風会に所属することを希望してくる。

「若女」の面と出会った憲人

憲人は京都の骨董店にて心魅かれる「若女」という名の能面に出会う。
少々高価だったもの買って後悔はしなかった。
次の演目「杜若」に似合う面だと、左右十郎たちに見せてみるが、「今のお前は小面の方が合うだろう」と断られてしまう。
面はお蔵入りするが、後ほどベテランで現在はシテから地謡に引いていた五十嵐隆生の、シテ方への一度限りの復帰の演目「井筒」に使用されることになる。
実は憲人の曽祖父が戦後の混乱期に手放したものらしいとも分かる。

川で会った子供と再会した憲人

民間の団体の手配で、韓国での公演が決まる。
未だ韓国とは文化的な交流の少なく良好な関係とは言い難い状態の為、アクシデントも考え準備を進めていく。
韓国では日本文化は解放されておらず、能もワークショップ以外の能としての公演は行われていない。
同行したTV俳優としても有名な狂言師の宮本芳年の悪意のない悪戯などに惑わされながらも、韓国各地での公演をこなしていく。
メインは抗日運動の激しかった地方での公演。
公演中に石が飛んでくることもあり得ると言う。
川で芳年と話している最中、うっかりして川に子供がいることに気付かず石を投げてしまう。
当たらずには済んだものの言葉が通じないこともあり、謝罪もできなかった。
野外での公演にその子供は来ていたが、公演場所の松林も地元で保存していたものであって、持ち主に許可が取れていなかったことから、憲人はその時すぐに子供に謝罪することは避け、まずは舞台を見てもらおうと決意。
観客はBGMのお囃子に合わせて踊りだしたり、能の演目「石橋」に大いに盛り上がり、舞台は無事終了する。
憲人は子供が帰る前に「あのときはごめん。ケガしなかった?」と日本語で声をかける。
子供には言葉では無理なものの、想いは通じたようだった。

若手の宮本芳年、岩村陽一、白石航の三人で結成された暁光会での演目「望月」に出演することになった憲人。
同じころ、美容師を目指していた弟の西門が家を出て一人暮らしをすると言いだす。
妹の彩紀には止めるように言われるが、憲人はどちらが能楽師を目指し、どちらが神主を目指すかの幼少時のわだかまりから、西門を素直に説得できずにいた。
狂言師の芳年に相談しつつも、祖父の左右十郎が自身と西門のどちらを能楽師として相応しいと感じたのかわからず、芳年の「左右先生にはっきり聞いちまえば」というアドバイスにもうなずけない。
改めて西門が養子に出た時の「自分ではなくてよかった」と感じた気持に対する罪悪感と、「いつか自分の方が捨てられるのでは?」という恐れの中、役に向けて熱心に取り組む毎日。
左右十郎には「自分が納得できるまでは納まるもんでもないし、いっそとことん迷っときなさい」と言われる。
西門のさり気無い気遣いも拒絶してしまい、後悔する憲人だが、酔っ払って玄関で倒れた西門を介抱する際、「おにーちゃん」と呼ばれ、胸が痛み自然と涙が落ちる。
父方祖父の高則は、養子に出すのをどちらにするか決めようとしていた当時の話を憲人に話す。
「つらい役を引き受けてくれたんだ。申し訳ないことをした」と言う。
憲人は「自分にはショックだったが、西門のために嬉しかった」と改めて高則に告げた。

芳年の紹介でTVドラマの話が憲人の下にやってくる。
共演は以前気になった芳年の妹、宮本葉月。
二時間もののサスペンスドラマで、準主役にあたる重要な役割だと言う。
能役者の役と聞き、宮本芳年の薦めもあって挑戦することに決める。
能とは演じるという以外、全く違う世界に不安を感じているが、左右十郎の赦しもあり、役作りをしていく。
そんな仲、今まで深くは係わりのなかった葉月を共演者として知っていくことで、親密度を深めていった。
葉月はジャズのピアニストでもあり、ジャズが好きな憲人は度々葉月の演奏を聴きに行くことになる。
ドラマのタイトルは「石に願いを」。
主演の藤井琳は気さくな性格で、仕事の為ではありながら、憲人を昼食に誘ったりと憲人自身に関心を寄せている。
だんだんと役に入れ込んでいく憲人は、家族や弟弟子の楽からも「別人に見える」と言われ、役柄の人物に共鳴していく。
そんな中匠人から「左右先生が、外部から道成寺も披いていないものにTV出演を許すなんて」と、外部からの反対があったことを聞き、憲人は気を引き締める。
反対の声がありながら、自分のTV出演を許可した左右十郎の気持ちに応える為だった。
能の稽古シーンを一発撮りで挑む憲人と藤井琳。
藤井琳が自分に仕事だけではなく、行為を向けていることがわかった瞬間ともなった。
撮影は無事クランクイン。
葉月との関係は近く未来を予感させるものとなり、藤井琳は憲人に能役者として弟子入りを申し込んでくる。

葉月を迎えに来たのが男だとした憲人

入門した藤井琳の指導を続けながらも、次の演目「春日龍神」の稽古に入る憲人。
役柄の難しさから葉月と春日大社を訪れる約束をする。
二人きりの旅行に戸惑いとときめきを感じる憲人だが、葉月はあっさりとしていつものペース。
春日大社行きの前に左右十郎たちと道成寺に、お礼参りに行くことになる。
お参りの最中に、左右十郎より「ま、アラサー記念に披いたらどうだ?」と軽く薦められる。
30歳まではあと2年半しかない。しかし思っていたこととは逆に「や、ります」と断言。
道成寺は能役者としては、節目になる演目。
既にやる気を見せ、演じることに没頭していく。
弟子の琳の飲み込みの早さに圧倒されながら、葉月との旅行の日も近づく。
祖父の高則に薦められ、大島紬の着物を着ていくと葉月も待ち合わせ場所に着物姿で立っている。
春日大社で地元の人から説明を受け、龍神の息吹を感じつつ参詣を終える。
葉月はこのあと神戸の友人の下に泊まると言うが、葉月を迎えに来たのは男性だったのを見てしまい、憲人は大きくショックを受けた。

怯える葉月を慰める憲人。

無事春日龍神の演目も通し稽古を終え、葉月とのもやもやした関係を残しながらも、葉月の演奏を聴きに行った帰り、葉月の運転する車に乗っていたところ、後ろから追突される事故に遭う。
怯える葉月を慰める憲人。
バーに来る客の中にも葉月を怯えさせるような客がいると知り、なるべく葉月の店に通うようにすると約束する。
春日龍神の本番の日、体調を崩していた中澤隆生先生が来ていることを、憲人は知り追いかけた。
実はTV出演の際、「道成寺を披くまでは」と反対したのは隆生だったのである。
優しい人柄の隆生先生からその言葉が出た理由を知りたく思い、憲人は隆生先生の家を訪れる約束をする。
バレンタインデーに葉月からチョコレートケーキを貰うが、葉月いわく「この時期美味しそうなのはみんな、チョコレートケーキだった」と言われてしまい、葉月の気持ちを確かめかねる日々が続く。
二人で鹿島、香取の神宮に行くことになるが、自分の気持ちさえ判り兼ねている。
途中花嫁を探す花婿に会い、花嫁を探す二人。
花嫁は花婿に対する自分の存在に自信を失くして、式場を逃げてきていたのだった。
葉月に叱咤され花嫁は式場に自ら戻っていく。
憲人は神社の拝殿から出てきた花嫁に「高砂」の謡で餞(はなむけ)をして送り出す。
帰りに葉月の家に寄ると、春日大社に行った際に葉月を迎えに来た男性、麻生由規がいる。
事実友人の兄であることを確かめたが、葉月の父に「お父さん」と呼びかける由規の存在はやはり気になるものだった。

お見合いを迫られる憲人。

約束していた隆生先生の家を訪ね、色々と話をする。
元々隆生先生は憲人の曾祖父の同輩であり、若女の面についても知っていた。
自分が道成寺の時に使いたい旨を話すが、その前に隆生先生にも使ってほしいとお願いする。
隆生は既に体力的にシテはできないと断るが、憲人の説得に考え込んでいるようだった。
藤井琳の活躍や、麻生由規が関西の会社を辞め関東に出てNPOの会社を立ち上げたことを聞き、「負けるか!」と奮起する憲人。
戸隠の公演から帰ると、なんと隆生先生からお見合いの写真が来る。
家族の「見ないと後悔するって」の薦めにも従わなかったが、実はお見合い相手の写真は葉月だったのだ。
お見合いは断ったものの、葉月から良い感触を得る。
そんな頃隆生先生が自らシテとして舞うと言う。
憲人の活動も刻々と新しいものにチャレンジしていくことになり、自分の主宰する会で「葵上」を、暁光会で「安達原」を演じることに決まる。
麻生由規のNPOにも講師として参加することになり、決意を新たにする。
同じ頃左右十郎が名前を息子の匠人に譲ることになり、匠人の襲名公演が行われる。演目は弁慶の安宅の関で有名な「安宅」。
義経を演じる海人は鬼気迫る父の姿におびえるが、それは匠人が本気で役に向かっている証拠で、海人を「大丈夫!義経殿」と励ます憲人。
左右十郎は老人か子供しか舞わない、直面で舞う「鷺」を舞い、名前が相葉泰一になる。

望と出会った憲人

創風会事務所で弟子同士で話していて、「役者の家で育っていないのは自分だけ」と気がついてしまった憲人。
TV出演から憲人自身の弟子も増え、ドラマを観た弟子からはカッコいいと、今まではなかった自身への評価にも戸惑う。
盲目の俊徳丸の役を演じる「弱法師」の役柄作りに日々精進しながらも、自分自身の能役者としての能力に迷い続ける。
連雀に訪ねてきた藤井琳と共に飲みに行くが、心は演じる役への想いが先行してしまう。
飲みすぎてしまい気がつくとそこは山の中で、どんな経緯でここへ来てしまったのかもわからなかった所を、散歩中の盲目の青年武内望に救われる。
望は高尾山の麓でマッサージの治療院を開設しているマッサージ師だった。
望の行動や生き方の迷いのなさに啓発され、それは役柄にも生かされる。
同じく盲目の役である「蝉丸」の公演を終え、由規との打ち合わせの後に久しぶりに葉月の演奏を聴きに行った。
葉月は先日香取で逃げ出した花嫁が憲人に弟子入りしたことに反発していたが、憲人に「蝉丸」を見たことを伝え無礼を謝罪する。
思うように役がつかめないまま、望のマッサージ治療院に客として行くことにした。
話の流れから望が趣味でやっているヴァイオリンの演奏を聴くことになったが、元々容姿が良い上に端正で技術の高い望のヴァイオリンに驚かされる。
ぜひ音楽活動をするように薦める憲人。悟ってるように見えた望の行動は、実はあきらめてるだけなのだろうかと感じ、すぐに演奏を録画してマッサージ治療院のHPから見られるようにした。
やる前にあきらめるなんて。
前途多難の役柄に挑む気持ちも上がっていく。
望の件はプロのピアニストの葉月やNPO活動中の由規から、好意的な連絡が来る。
二人と望を葉月の家で会わせることになった。
葉月と望のセッションで、葉月も望も伸び伸びと演奏する姿を見て憲人も感動し、望は悟っているのではなく天性で楽しんでいるのだと理解する。

既にTV放送されていた「石に願いを」だったが、憲人は彩紀に録画して貰っただけで、まだ未見だった。
望に俊徳丸伝説の件で史跡の洞穴について指摘され、それがドラマのオープニングとエンディングに関わっていることに気が付き、改めてドラマを観てみることになった。
初めて見る鏡以外の自分自身の姿に、愕然とする憲人。
能を演じてる姿に違和感はないものの、能役者としての役柄を演じる自身の姿の違和感は、目が見えている者の奢りを感じて、目の見えない者の方がよく見えているのでは?との気付きを得る。
公演当日、憲人は「弱法師」に全力で挑む。
母の冴子から「曾祖父の舞台に似ていた」と評価を得て、自分の気持にひとつの回答が出たように感じる憲人だった。

青森の父方実家近くでの野外公演に向かった憲人。
泊まった父方実家の神社で、深夜丑の刻参りをする女性を見てしまう。
その女性は昼間の公演にゴスロリファッションで能を見に来ていた観客の一人だった。
弟の西門の話では、東京の大学に通っていた地元の女性で、「元々は普通に可愛かった、夏休みに戻ったらああなってた」と言う。
近所の噂になっていたところを憲人は「お百度参りと伺いましたよ」と、彼女をかばう。
そのかばった時に彼女もそこに佇んでいた。
東京に戻ると連雀の憲人の下に、彼女「小野寺花梨」が弟子入りしてきたのだった。
直観力のある楽に彼女の印象についてアドバイスを貰ってから、弟子として受け入れた憲人。
家族は憲人の心配をしたが、憲人は楽からの「オーラが薄くなって擦り切れている」とのコメントを聞いて、彼女の心配をする。
稽古の帰りに他の弟子と共に彼女と飲みに行くと、話の中で妹の彩紀と同じ大学に通っていると知った。
彼女の心の葛藤を、能の演目の「葵上」のワキ方の小聖(こひじり)のように見守るしか出来ないと感じる。

丁度その頃NYで911のテロ事件の報道をTVで観る。
無力さを感じるが、彩紀に花梨の件を相談することにした。
「なにができるかわからないけど、自分に出来ることがあるなら、やろうと思って」との決意と共に。
調査を引き受けた彩紀からは情報は沢山得られたものの、校内で大きな噂になってる為花梨自身を心配になる話を聞く。
彩紀は「私だったらひきこもりになりそう」と言う。
憲人は情報に出てきた伊豆の花梨の親友の元に出かけることにした。
幸い花梨の親友の小川さんの信頼を得て、事情を話すことができた。
花梨は大学の講師と付き合っていたが、彼は既婚者で花梨は騙されていたと言う。
講師に不本意な噂を流されてしまい、退学するよう仕向けられて、丑の刻参りは追い詰められた上での行動だった。
呪いワラ人形に入っていた写真は小川さんに確認すると、ゴスロリになる前の花梨自身の写真だと知る。
その話をしている最中、偶然花梨がやってくる。
彼女は引き留める憲人を振り切ってタクシーで去るが、ゴスロリも丑の刻参りも彼女自身のSOSだと知り、必死に後を追う。
ようやく彼女を捕まえた憲人。
海に向かい大きな声で「バカー!」と叫ぶ花梨。
彼女は謡の時は出なかった大きな声が出たことで、心に決着をつけたのだった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents