花よりも花の如く(漫画)のネタバレ解説まとめ

『花よりも花の如く』とは、2001年より白泉社の『月刊メロディ』にて連載の開始された、日本の伝統芸能『能』をテーマに描かれた成田美名子による漫画。
2006年より掲載誌が隔月刊誌『MELODY』にリニューアルした。
元々は同作家の連載『NATURAL』のスピンオフの読み切りから始まり、連載になった作品。
榊原憲人は幼い頃から祖父の元で能楽師として修行を積んでいた。憲人は様々な人物と出会いながら成長していく。

相葉匠人の長男。憲人の小さい頃に似ていると言われる。

渡会直継(わたらい なおつぐ)

渡会直角の父。ベテランの能楽師だが融通の利かない性格で、妻と子には敬遠されている。

渡会直角(わたらい なおずみ)

匠人と同年代の能楽師、渡会直継の息子。内弟子として連雀に住み込んで修行中。厳格で融通の利かない父親を避けて能からも遠ざかっていたが、憲人たちのニューヨーク公演を見て能楽師を志す。
英語も堪能で、明るくちゃっかりした所がある。また思ったことをすぐに口に出したり、行動に移したりすることから反発を受けることもあるが、生来の茶目っ気があり嫌われてはいない。
年下だが兄弟子になる森澤楽からの教えも守っており、彼なりに合理的な選択を常にしている。
憲人の妹の彩紀に思いを寄せ、楽をライバル視してもいる。

五十嵐陽一(いがらし よういち)

憲人の兄弟子。宮本芳年、白石航と三人で暁光会を設立。

石井安貴(いしい やすたか)

創風会所属の能楽師。憲人の弟弟子で楽や直角の兄弟子。

岩村栗太郎(いわむら くりたろう)

創風会所属の子方で、岩村さんの息子。不思議な能力の持ち主で絵に描いたことが、実際の事件になったりする。憲人が火事に巻き込まれることも、当てている。

その他の能楽師たち

宮本芳年(みやもと ほうねん)

狂言師。俳優としてTVや映画にも出演しており、人気がある。
「暁光会」のメンバー。
プライベートでは我儘で飄々としており、表情はあまり変わらない。憲人には旅先で深夜に悪戯電話をしたりするが、嫌がらせではなく妹の葉月との付き合いも積極的に支援し、気に入っている模様。
食べ物の好き嫌いが多く、居酒屋などでは謎のオブジェを作る。

坂元宏哉(さかもと ひろや)

憲人の幼馴染。ワキ方の出身で憲人が一番信頼を寄せている。

白石航(しろいし こう)

笛方。暁光会のメンバーで芳年の幼馴染で、仲が良い。

五十嵐市祐(いがらし いちすけ)

囃子方の重鎮。左右十郎の幼馴染でもある。
妻とは数年前に死別し、プレゼントの手袋を大切にしていたが、ニューヨークで失くしてしまい、森澤楽の能力で見つける。
楽の茶髪に「なんだ、その頭は。舞台に立つなら黒くしなさい」と言い、地毛であることを楽に告げられても「そんなことはお客様にわからないだろ。やるべきことをやってまわりに認めてもらうまで控えなさい。邪魔になる」など、厳しい言説が多い。それゆえか自身の言った言葉ではなくても、厳しい意見があると市祐先生かと憲人からも誤解を受けることがあった。

中澤隆生(なかざわ りゅうせい)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents