花よりも花の如く(漫画)のネタバレ解説まとめ

『花よりも花の如く』とは、2001年より白泉社の『月刊メロディ』にて連載の開始された、日本の伝統芸能『能』をテーマに描かれた成田美名子による漫画。
2006年より掲載誌が隔月刊誌『MELODY』にリニューアルした。
元々は同作家の連載『NATURAL』のスピンオフの読み切りから始まり、連載になった作品。
榊原憲人は幼い頃から祖父の元で能楽師として修行を積んでいた。憲人は様々な人物と出会いながら成長していく。

憲人、西門の妹で外語大に通っている。弓道をしている。『NATURAL』では主人公の山王丸ミゲールに片想いしていた。
現在創風会の事務方の手伝いの為連雀に通っている。
将来は語学力を生かして、海外に能を紹介する仕事をしたいと考えているが、アメリカ同時多発テロがあったことから、語学留学を止められている。
内弟子の渡会直角と森澤楽の両方から、異性として関心を寄せられているが本人はあまり意識はしていない。森澤楽とは誕生時から浅くない縁がある模様。

榊原高志(さかきばら たかし)

憲人の父で弓道家。

榊原冴子(さかきばら さえこ)

能楽師相葉左右十郎の娘。憲人の母。弓道をする。
幼い頃に手放した西門には内心は心を寄せているが、表面的には捌けた性格で明るい。
西門にも「損よねえ、おまえも。けっこう真面目なのにそんな顔がくっついてるから」と言い憲人には「お前は逆」と、あっさりと言う。

榊原涼音(さかきばら すずね)

憲人の父方祖母で、相性スーさん。元芸者で憲人の父は再婚相手の高則との息子である。捌けた性格。

『花よりも花の如く』の用語

日本の伝統芸能である能楽の中の一分野。江戸時代までは猿楽と呼ばれていた。
本来は特定の芸能を指すものではなかったが、猿楽が盛んになるにつれてほとんどが猿楽能の略称となった。

シテ方

謡と演技を担当する立役の内のひとつで、シテを主に演じるグループをシテ方と呼ぶ。他にはワキ方狂言方があり、シテ方は人間の他は、鬼、幽霊、草木の精、神などを演じる。
シテ方の役者はシテ以外にも、地謡、後見の役を勤める。

地謡

能楽で地の部分の文章を舞台袖で8人で斉唱する役。
シテ方と共にセリフを謡ったり、登場人物の内心の思いを謡ったりする。

後見

舞台後方にいて、シテの装束を直したり、持ち物を交換したりする役割。
ベテランの能役者がつくことも多い。
繊細な気遣いが必要。万一シテに病気や怪我があった場合、代役になることもある。

狂言方

狂言の諸役を務める。狂言は能と同様に猿楽から発展した伝統芸能で、猿楽の滑稽味を洗練させた笑い中心のもの。

ワキ方

シテと共に能を演じるにおいて重要な役割を演じる。ワキを演じる為に専門的な修練を積んでいる物をワキ方と言う。
ワキはシテの心のうちを聞き出す役割をしており、その役割の為か僧侶であることが多い。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents