BiSH(ビッシュ)の徹底解説まとめ

BiSHとは、「楽器を持たないパンクバンド」として、2014年に一度解散したアイドルグループ「BiS(ビス)」のプロデューサー・渡辺淳之介が新たに始めた6人組アイドルグループ。既存のアイドルグループとは一線を画した、激しいサウンドとパフォーマンスが、パンク、メロコア好きの間でも話題になり、新たなアイドル像を音楽業界に知らしめた。今後も大注目の個性派アイドルグループだ。

BiSH初のラブソングとして話題となった楽曲。特に斜に構えた部分もなく、ストレートな歌詞が多いだけにファンの評価も二分している。しかし、同時発売されたCD「NON TiE-UP」がBiSHらしい過激さを求めるファンの受け皿となっている所は抜かりがない。ストーリーシーンの主演に多くのドラマ・映画に出演する人気女優「飯豊まりえ」を迎え“共有”をテーマに制作された。成長や結婚していく過程で、物事を共有していく人生が描かれている。

NON TiE-UP

一瞬耳を疑いそうになるほど過激な歌詞が多く、ある意味BiSHらしい楽曲。同時リリースした「Life is beautiful / HiDE the BLUE」がタイアップ曲であることに対抗したようなタイトルも話題を呼んだ。MVは安室奈美恵の作品や、多数のCMを手がける安田大地監督による作品で、SFのような世界観をCGでダイナミックに表現していて見応えある作品だ。

BiSHの裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

ユカコ・ラブデラックスのその後

BiSHの初期の代表曲「MONSTERS」を書いたことでも有名なBiSHの元メンバー「ユカコ・ラブデラックス」。
本格的な活動を前に脱退し、その後八代ゆか名義で「魅起法則(ミキノルム)」という3ピースロックバンドを結成した。デビュー時には「SPACE SHOWER MUSIC」からCDを出すなど、期待値の高さを伺わせたが、数年後に活動休止。それと同時にギターとベースのメンバーを募るも、結局八代ゆか一人で活動を再開した。現在は「ミキノムル」表記で、実験的で浮遊感漂うNEON系エレクトロミュージックを中心に曲をリリースし、人気を集めている。

魅起法則「SOKUBAKU」

洋楽インディロックの臭いを漂わす曲調に、痛々しくストレートな歌詞を乗せた魅起法則の代表作。端正な顔つきと出立でありながら、タバコを吹かす姿はどことなく退廃的。それ故か、ギターを弾く姿は今のJ-ROCKの女性ボーカリストにはない妖艶さを併せ持っていた。

ミキノルム 「MABATAKI」

八代ゆか一人で「ミキノムル」を再始動させた時のアコースティックの弾き語り楽曲。抒情的なアコースティックと、気怠い歌い方が印象的。詳しい歌詞は分からないが、どことなく切なさを帯びている。

ミキノルム mikinormu「c a s p e r」

NEON系宅録ガール名乗り、表記も「mikinomuru」を併記して活動している現在の元ユカ・コラブデラックス。今やアイドルを目指していた姿は見る影もないが、形を変えながら自分の音楽を模索し続けている姿は、BiSH加入時と変わらない。

BiSHの曲作りの裏側に潜入

こちらはBiSHのすべてを作曲している松隈ケンタ氏率いる に関する動画。作曲の裏側を知ることができる。

musicるTV 松隈ケンタ

あれほど完成度の高い楽曲を多く早く作る秘密が完全分業制にあることや、「My landscape」のタイトルが「Myランドセル」だったなど、他では知りえないBiSHの楽曲面での裏側を知ることができる。

musicるTV 松隈ケンタ、渡辺淳之介

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents