BiSH(ビッシュ)の徹底解説まとめ

BiSHとは、「楽器を持たないパンクバンド」として、2014年に一度解散したアイドルグループ「BiS(ビス)」のプロデューサー・渡辺淳之介が新たに始めた6人組アイドルグループ。既存のアイドルグループとは一線を画した、激しいサウンドとパフォーマンスが、パンク、メロコア好きの間でも話題になり、新たなアイドル像を音楽業界に知らしめた。今後も大注目の個性派アイドルグループだ。

BiSHのアーティストとしての新境地を見せた決定版。「My landscape」「プロミスザスター」などBiSHを語るうえで外せない代表曲が詰まっており、BiSH入門編としてもおススメだ。前回からさらに多くのステージをこなして、パフォーマンスから歌い方まで大きな成長を遂げた今作は、BiSHの作曲を担当しているの松隈ケンタも「今回みんな声が成長してた」と太鼓判を押すほど。また、それに合わせたかのように楽曲のスケール感も大きくなりヒットにもつながった。今作もメンバーそれぞれ作詞を担当していて、歌詞にもその成長が表れている。3 「GiANT KiLLERS」はミニアルバムに収録。

1 My landscape
BiSHの新たな一面を引き出したリードトラック。メンバーも楽曲の壮大さに驚いたようで、アイナは振り付けを作るときに今までのものではなく、まだ使っていなかった振り付けを積極的に使った。特にアイナは先端恐怖症だが、自分を追い詰めるためにコンパスを自分に向けるような振り付けを取り入れた。

2 SHARR
モモコグミカンパニー作詞。デモを聞いたときに、激しいサウンドが日本のハードコアパンクバンド「マキシマムザホルモン」のように感じたので、彼らを意識して歌詞を書いた。人生の虚無感を歌っているが、曲のほとんどがシャウトで歌われている。

4 SMACK baby SMACK
ドSな世界を連想させる歌詞。アユニ・Dは日本の伝説的ロックバンド「THE MICHELLE GUN ELEPHANT」のチバユウスケさんを意識して歌っているが周りからは「子供ががんばって歌ってるみたい」と冷ややかだった。リード曲ではないが人気のある曲。

5 spare of despair
アユニ・D作詞。夜中に失踪させたいほど思い出したくない気持ちをが蘇ったときに作った曲。もともとコミュ障なアユニは、リアルに失踪したくもなるらしい。しかし、逆に目立ちたい気持ちもあり、それがアユニの黒歴史を作ってきた。リズミカルでノリやすい曲。

6 プロミスザスター
メジャー2ndシングルとして発売され、ミュージックステーション出演時にも披露されたBiSHの代表曲。BiSHのメンバーそれぞれが抱えている不安や希望を汲み取ったような歌詞と、一度聴いたら耳から離れないサビのメロディーと歌詞が印象的だ。ライブの定番曲。

7 JAM
モモコグミカンパニー作詞。「ふさぎがちで1人きりで考える」「自分から人に助けを求められない」などの自分の一番弱い部分をさらけ出して書いたと語っている。2番のサビの「一番なんて僕はいらないから 君にあげよう」という歌詞はモモコが普段から思っていることで、争いがごとが嫌いなモモコの優しさが垣間見える。ミディアムテンポの曲。

8 Here’s looking at you, kid.
リンリン作詞。「KiLLER BiSH」に入っている「My distinction」の続きを書いた曲。リンリン自身、意図せずハッピーエンドになったという。アイナはこの曲の振り付けを考えている時、今までのリンリンの悩みを思い返し泣いてしまったという。アユニ・Dはこの曲で初めて落ちサビをまかされた。

9 ろっくんろおるのかみさま
セントチヒロ・チッチ作詞。チッチがBiSHに入っての挫折や、誰かに言われて心に残っている言葉を思い出しながら歌詞を書いた。「挫折に酔いしれ悲劇のヒロインなのかい」の部分はプロデューサーの渡辺に実際に言われた言葉。ハイテンポなロックサウンドが心地よい曲。

10 BODiES
モモコグミカンパニー作詞。デモを聞いたときに、日本のロックバンド「ONE OK ROCK」っぽいサウンドだと感じ、それを意識して歌詞を書いた。苦しい環境から飛び出そうとしている前向きな歌詞が印象的だ。歌い始めはハシヤスメのような声だが、アイナが松隈がに「ハシヤスメみたいに歌って」と指示されたもの。クリアなパンクロックサウンドで疾走感が心地よい。

11 ALLS
アイナ・ジ・エンド作詞。自分が精神的な部分で「男か女か分からない」と思ったとき、男女それぞれの嫌な部分が目に付くようになって書いた歌詞。初めてデモを聞いた時は、いつもは歌詞より踊りが先に思いつくが、今回はスラスラと歌詞が書けたという。書いている時に「やっぱり自分は女なんだな」改めて感じたという。

12 パール
ハシヤスメ・アツコ作詞。夢の世界と現実世界の目標について歌った曲。タイトルはハシヤスメ自身は「ドリームファイト」のような感じを想定していたが、結局「パール」になった。しかし、今はこのタイトルに納得している。

13 FOR HiM
最後は、ストレートなロックナンバーでアルバムを全体的に引き締めている。説明的なBメロから恋愛ソングのような意味深な歌詞のサビに移るのが印象的な曲。一説では作詞の渡辺ジュンノスケ(プロデューサー)がBiSの元メンバー「プー・ルイ」に宛てた曲ではないかと言われている。

初回生産限定盤、LIVE盤あり

BiSHの代表曲とMV

BiSHー星が瞬く夜にー

BiSHのメンバーたちが汚物のようなものにまみれるという近年稀に見る衝撃的なMV。「新生クソアイドル」を体現したMVとなっているが、メンバーを目立たせたい渡辺と、インパクトを求めたい監督の間で意見が合わなかったと語っている。ちなみに、当初の監督の考えでは「クソタワー」なるものを作ってそこにメンバー突っ込むというものだった。

MONSTERS

タイトルの元ネタとなるスタンリー・キューブリック監督の映画「フルメタルジャケット」を彷彿とさせる世界観で、5人のメンバーが囚人のような生活の中から脱走しようとする物語。豪華な爆破シーンや、吐血シーンがBiSHらしい。

OTNK

アイリッシュメタル調の曲に、英語のような日本語の歌詞が話題になった曲。おとぎ話「浦島太郎」をベースに特撮のような映像が人気を呼んだ。内容としては新メンバーを加えた6人が、無人島思わしきところにワープし、ウサギやブタが行っている地下の怪しげな宴に参加するところから始まる。謎の玉手箱をもらい、それを開くと巨大生物が出現。メンバーが力を合わせて立ち向かうと言った内容。

ALL YOU NEED IS LOVE

この曲の映像ではBiSH初の全国ツアー「Eden of Sorrow Tour」のオフショットや幼少期の映像、メンバーが自らの想いを語るインタビューで構成されている。ツアーの中でも「私たちの気持ちを伝える曲」と紹介されており、メンバーの胸の内も垣間見れる。BiSHのMVの中でもかなりおとなしい内容。

DEAD MAN

99秒のハードコアパンクショートチューンと名付けられた力作。全編いたるところにCG加工がされ、BiSHのメンバーが魔法使いのように商店街や浅草浅草寺を凶器で色を変えていくMV。
曲のマスタリングを担当したのは、The Clash『London Calling』やSEX PISTOLSの作品を手がけたUKの有名エンジニア、ティム・ヤング。

オーケストラ

バンドやストリングスが贅沢なパフォーマンスシーンと、禁断の恋愛をテーマにしたストーリーシーンで構成されてる。パフォーマンスシーンでは過激な表現を抑え、意味深な世界観とダンスが印象的。ストーリーシーンに出演している二人の美女は、「2次元級美少女」としてTwitter上で話題となり、フォロワー10万人以上を超える莉音(りーめろ先輩)と、16歳にしてファッション誌『NYLON JAPAN』でレギュラーモデルを務める涼海花音。

本当本気

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents