BiSH(ビッシュ)の徹底解説まとめ

BiSHとは、「楽器を持たないパンクバンド」として、2014年に一度解散したアイドルグループ「BiS(ビス)」のプロデューサー・渡辺淳之介が新たに始めた6人組アイドルグループ。既存のアイドルグループとは一線を画した、激しいサウンドとパフォーマンスが、パンク、メロコア好きの間でも話題になり、新たなアイドル像を音楽業界に知らしめた。今後も大注目の個性派アイドルグループだ。

後編は松隈と渡辺の音楽に対する思いや、これまでの活動を振り返っての経験を主に話している。特にこれから作曲家、トラックメーカーを目指す方には勉強になる話が多い。

アイナ・ジ・エンドとセントチヒロ・チッチのソロデビュー曲を紹介

清掃員待望のアイナ・ジ・エンドとセントチヒロ・チッチのソロデビュー。それぞれが、自分の持ち味を生かした曲で、BiSHとは違う音楽性や表情を見せている。BiSHの歌を支えてきたツートップだけに、今後の活躍も期待される。

アイナ・ジ・エンド (BiSH) / きえないで [OFFiCiAL ViDEO]

「東京事変」などの様々なトップアーティストの楽曲を手掛けてきた亀田誠治プロデュースによる、アイナ・ジ・エンド デビューシングル「きえないで」。 自身作詞作曲で切なさとエロティシズムを兼ね備えた歌と踊りは、見るものを魅了する。

セントチヒロ・チッチ (BiSH) / 夜王子と月の姫 [OFFiCiAL ViDEO]

セントチヒロ・チッチのソロデビュー曲は、多数の地上波ドラマ出演でも話題となった峯田和伸が率いたGOING STEADY / 銀杏BOYZのナンバー「夜王子と月の姫 」をカバーした。バンドには、透明感のある歌声と独特な歌詞が日本インディロック界で話題となっている「リーガルリリー」を迎えてのパワープッシュとなっている。

アユニ・Dのソロプロジェクト「PEDRO」

最後に、清掃員も驚いたまさかのアユニ・Dソロデビュープロジェクト「PEDRO」を紹介したい。BiSH加入時から、立ち位置を模索してきていた彼女は「BiSHをやめたらコンビニで働きたい」などと、将来の不安とも取れる願望を吐露していた。しかし、作曲の松隈の「彼女にバンドスタイルを歌わせてみたい」との思いから、アユニ・Dのソロプロジェクトが始動。メンバーにも内緒でベースを練習し、先ほど紹介したアイナとチッチのソロデビュー日に、事前告知なしのゲリラデビューとなった。アイナやチッチとは違い、BiSHイムズを受け継いだソリッドな音楽性と、気怠さと可憐さを併せ持つ歌声が聞くものを惹きつけている。

PEDRO [BiSH AYUNi D Solo Project] / THE BIRTH OF PEDRO [INTRODUCTION]

PEDRO誕生までの軌跡を追ったドキュメンタリー映像。ツアー中のBiSHの所へ、最近では滅多に表れない渡辺が駆け付け、ライブ終了後アユニだけ呼び出される。もはや悪い事しか思いつかない彼女はの顔は、刻一刻と不安に埋め尽くされ、居酒屋で渡辺と対峙した時は若干の挙動不審にも見える。しかし、その後の思いがけないソロデビュー話に徐々に元気を取り戻し、最後にはアユニもソロデビューへの意思を固めている。

PEDRO [BiSH AYUNi D Solo Project] / 自律神経出張中 [OFFICIAL VIDEO]

PEDROの代表作となった「自律神経出張中」。BiSHでは見えなかった彼女のポテンシャルの高さを目の当たりにできるキレのある一曲だ。PEDROの由来は、彼女の一番好きな映画「ナポレオン・ダイナマイト」に登場する主人公の友達から取ったもので、深い意味はないそうだ。作詞作曲など制作にまつわる様々な過程に主体的に携わり、バンドのリーダーはたまたアーティストとしての地位を確実に高めている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents