きみと、波にのれたら(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『きみと、波にのれたら』とは湯浅政明が監督を務め、2019年に公開されたラブロマンスアニメ映画。サーフィンが大好きな向水ひな子は、マンションで起こった火事をきっかけに消防士の雛罌粟港(ひなげしみなと)と知り合い、恋に落ちる。デートを重ね楽しく過ごす二人だったが、ある日港は海で溺れた人を助けようとして命を落としてしまう。海が見られなくなり、落ち込んだ日々を送るひな子だったが、ひな子が二人の思い出の歌を口ずさむと水の中から突然港が現れた。

劇中何度も出てくる港の「ひな子に波に乗って欲しい」という言葉。将来のことや目の前のことを決めることが苦手なひな子に、港は「自分の進むべき道」を見つけて欲しいと願っていた。港は死の直前、ひな子に向けて「僕の願いはひなこが自分の波に乗れること。それから、ずっとずっとひなこのそばにいられること」というメッセージをスマートフォンに残している。そして港は自分の死後、「ひな子に自分の死を乗り越えて、前に進んで欲しい」とも願っている。

雛罌粟洋子「兄ちゃんみたいになる必要はないんだよ。山葵は山葵らしく頑張ればいいんだよ!」

港のような立派な消防士になれないと落ち込む山葵に洋子は「兄ちゃんみたいになる必要はないんだよ。山葵は山葵らしく頑張ればいいんだよ!」と激励した。実はこれは洋子が不登校の中、お兄ちゃんと違ってこの子は…という洋子の母親に対し、山葵は「洋子ちゃんは洋子ちゃんでいいんですよ」と笑顔で言った。出来の良い兄と比べられ荒んでいた洋子は、ありのままの自分でいいんだと思えるようになり、そして学校へも行けるようになった。洋子は山葵の言葉で救われ、そしてその頃から恋心を抱いている。

ビルの屋上からサーフィンする港とひな子と洋子

映画のラストで港は廃墟ビルにあったプールに残った水を使い、下から上へと一気に火を消した。港は水が屋上へと辿り着いたらそこから波に乗るようにひな子に言う。屋上へ辿り着いたひな子たちは落ちる水の勢いを使って波に乗った。激しい波にも負けずひな子は何度もエアリバースを決めていく。波に触れると港が現れ、まるで一緒にサーフィンしているような気持ちになった。途中、波に足をとられバランスを崩しそうになるひな子だったが、洋子が足を掴んでバランスを取り戻す。港、ひな子、洋子が協力して屋上からサーフィンするさまはとても幻想的で感動的である。

『きみと、波にのれたら』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

名前に込められた意味

火事で逃げ遅れ、屋上へと向かったひな子

向水ひな子は、その苗字が示すとおり「むこうみず(将来のことを考えずに行動している)」な性格。その状況は冒頭の引越し荷物で窮屈な部屋で過ごしたり、火事の際モタモタして逃げ遅れたところからも示されている。
そんなひな子が港と出会い、名前の通りひな子の港(帰ってくる場所)となっていることを示しているのではとファンの間で考察されている。
また、雛罌粟という難しい名字は、「港の名字、難しすぎ」というひな子に、「自分の名字になったらどうするんだよ」と港が返す伏線ともなっている。

聖地巡礼ができる多数のロケ地

「釣ケ崎海岸」がサーフィンのロケ地として使われた

本作は千葉県が舞台となっており、多数のロケ地が使われている。1つ目は、港とひな子がクリスマスの時にデートした「千葉ポートタワー」。2つ目は港とひな子が地平線に夕日が沈む時を眺めながらキスをした「岡本桟橋」。3つ目は港とひな子がデートした公園の「館山ファミリーパーク(2021年に閉業)」。4つ目はひな子が通っていた大学のモデルとなった「千葉科学大学」。5つ目は洋子が山葵を元気づけた浜辺の「九十九里ビーチタワー」。6つ目は、港とひな子がよくサーフィンをした「釣ケ崎海岸」。7つ目はひな子が乗った「いすみ鉄道」など、多くの場所がロケ地として使われている。

『きみと、波にのれたら』の主題歌

主題歌:GENERATIONS from EXILE TRIBE「Brand New Story」

作詞 - 和田昌哉 / 作曲- Erik Lidbom・FAST LANE / 歌- GENERATIONS from EXILE TRIBE

2xhana0605
2xhana0605
@2xhana0605

Related Articles関連記事

DEVILMAN crybaby(デビルマン クライベイビー)のネタバレ解説・考察まとめ

DEVILMAN crybaby(デビルマン クライベイビー)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEVILMAN crybaby』は、永井豪原作漫画「デビルマン」のアニメ化作品。監督は世界的にも有名な湯浅政明。 Netflix限定配信で、2018年1月5日より一挙配信。泣き虫な少年、不動明が悪魔の力を持つ人間、「デビルマン」となり、愛情、欲望の間で葛藤しながら世界のために戦う物語。ネット配信であることを生かした暴力的、性的な描写は、原作に忠実なダークな印象を鮮烈にした。

Read Article

ピンポン(松本大洋)のネタバレ解説・考察まとめ

ピンポン(松本大洋)のネタバレ解説・考察まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

日本沈没2020(アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

日本沈没2020(アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『日本沈没2020』とは小松左京の小説『日本沈没』を原案としたNetflix配信のオリジナルアニメ作品、全10話。監督は湯浅政明。ジャンルはSFパニックで架空の2020年東京オリンピック終了後が舞台。日本で巨大地震が発生し、都市機能が崩壊する。未来のオリンピック選手として有望視されていた中学生の武藤歩は倒壊した東京を捨て、両親や弟とサバイバルしながら日本を旅する中で様々な人との出会いと別れを繰り返していくが、日本列島沈没はすぐそこまで近付いていた。

Read Article

目次 - Contents