フェイス/オフ(Face/Off)のネタバレ解説まとめ

「男たちの挽歌」などで香港ノワールの一時代を築き、ハリウッドに渡ったジョン・ウー監督による想像を絶するアイディアのアクション大作。1997年製作のアメリカ映画。FBI捜査官アーチャー(ジョン・トラボルタ)は逮捕した凶悪テロリスト、トロイ(ニコラス・ケイジ)の顔を移植。組織壊滅を狙いおとり捜査に乗り出すが、今度はトロイがアーチャーの顔を移植して逃走。お互いの顔を入れ替えた2人の壮絶な戦いが展開する。

「顔面移植」の手術は本当に行われている

「顔面のすべてを移植する」という外科手術は、パリのアンリモンドール病院が成功した。それ以前にもスペイン・バルセロナの病院が瞼など一部を除いた移植に成功している。

当初はトラヴォルタとケイジではなかった

本作の当初の構想では、アーチャーとキャスターの役は、アーノルド・シュワルツェネッガーとシルベスター・スタローンの予定だったという。

著作権使用料で揉めた「オーバー・ザ・レインボー」

挿入歌「Olivia Newton-John - Over The Rainbow」

中盤の激しい銃撃戦のさなか、幼いアダムのヘッドホンから、オリヴィア・ニュートン・ジョンの「虹の彼方に(オーバー・ザ・レインボー)」が流れるシーンがある。これは脚本には書かれておらず、ジョン・ウー自身のアイデアなのだが、この曲の著作権使用料をスタジオ側が拒否したため、やむなくジョン・ウー自身が支払ったらしい。後にこのシーンが効果的だったことを認めたスタジオ側は、ジョン・ウーの自己負担分を補填したそうである。

『フェイス/オフ』の主題歌

INXS 「Don't Lose Your Head」

INXS(インエクセス)による、映画のシーンを使用したプロモーションビデオ

『フェイス/オフ』のオリジナル予告編

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents