フェイス/オフ(Face/Off)のネタバレ解説まとめ

Face off movie poster 1997 10203397541

「男たちの挽歌」などで香港ノワールの一時代を築き、ハリウッドに渡ったジョン・ウー監督による想像を絶するアイディアのアクション大作。1997年製作のアメリカ映画。FBI捜査官アーチャー(ジョン・トラボルタ)は逮捕した凶悪テロリスト、トロイ(ニコラス・ケイジ)の顔を移植。組織壊滅を狙いおとり捜査に乗り出すが、今度はトロイがアーチャーの顔を移植して逃走。お互いの顔を入れ替えた2人の壮絶な戦いが展開する。

05

キャスターの内縁の妻。
キャスターとの間に出来た幼い息子アダムと、実兄のディートリッヒの家で暮らしている。

ディートリッヒ・ハスラー(演:ニック・カサヴェテス)

06

サーシャの実兄。キャスターの良き友であり理解者でもある。
自宅をキャスター一派のアジトにしている。ドラッグを売りさばく犯罪者であるが、身内に対する愛想は良く、仲間想いの男。

ジェイミー・アーチャー(演:ドミニク・スウェイン)

07

ショーンとイヴの娘。
弟のマイケルを失った悲しみと、自分のことなど眼中にないような振舞いを見せる父親に反抗し、不良となって両親を困らせている。

『フェイス/オフ』の名シーン・名場面&見どころ

ド迫力の滑走路チェイス・シーン

005

空港でのシーン、キャスターの乗ったジェット機が滑走路から飛び立とうとしていた。キャスター逮捕のためFBIのジープで駆け付けたアーチャーは、ヘリに乗り換えて壮絶なチェイス・シーンを展開する。セットではない本物の滑走路での中型ジェット機と捜査車輌を使用しているので、序盤とは思えないド迫力のシーンに観客は釘付けになってしまう。

メキシカン・スタンドオフが冴える

004

「1対1、もしくは多対多の戦闘において、至近距離から互いに銃を向け合っている状態」これを「メキシカン・スタンドオフ」という。
序盤の空港の格納庫での銃撃戦、中盤のキャスターのアジトでの銃撃戦、そしてラストの教会での銃撃戦。キャスターとアーチャーの銃撃戦のシーンが3度あるが、その全てにメキシカン・スタンドオフを用いている。中でも、中盤のキャスターのアジトでのシーン、キャスターとアーチャーがいくつもの鏡が設置された部屋で互いを撃ち合い、「鏡に映った憎い相手の顔に銃を突き付ける」という鏡を挟んで対峙する変則的なメキシカン・スタンドオフが面白い。このシーンは映画会社から「予算が無いので撮影できない」と断られたものの、「俺の監督料からその分を引いてくれ!」とジョン・ウーが説得し、何とか撮り切ったそうで、「男たちの挽歌」を始め香港での監督作品には何度も用いて来た「メキシカン・スタンドオフ」に彼の強烈なこだわりが感じられる。

教会での対決はジョン・ウー美学の集大成

006

物語の終盤、海辺の教会で葬儀が終わり、誰もいなくなった教会の中で、アーチャーとキャスターの最後の戦いが始まるこのシーン。白いハト、2丁拳銃、スローモーション、体をクルクル回しながら発砲する回転撃ち、そして「1対1」ではなく、何人もの人間が同時に銃を突きつけ合う複雑すぎるメキシカン・スタンドオフなど、「バイオレンスの詩人」と呼ばれる監督ジョン・ウーの映像美学をハリウッドに於いて全てを吐き出した彼の集大成ともいうべき名シーンである。

ラストはモーターボートで壮絶アクション

007

ラストの大アクションシーンは、アーチャーとキャスターの壮絶なボート・チェイス&大爆発の連続。
スピードとスリル満点のクライマックスアクションシーンである。

『フェイス/オフ』の裏話・トリビア・小ネタ

トラヴォルタとケイジ、互いの演技をVTRで見せた

お互いが、FBIのアーチャーと凶悪犯のキャスターが入れ替わったことで周りの人間を騙さなければならない。監督のジョン・ウーは、トラヴォルタにはケイジの演技VTRを見せ、ケイジにはトラヴォルタのVTRを見せ、互いの特徴や癖を研究するよう指示するという演出方法で、この難しい一人二役を演じさせたそうである。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents