聖飢魔II(SEIKIMA-II)の徹底解説まとめ

1982年、早稲田大学の音楽サークルで結成。Voのデーモン小暮閣下(現・デーモン閣下)を筆頭とする悪魔教布教のために構成されたバンド(というコンセプト)。デビュー当初、悪魔風の顔と衣装で色物的な扱いを受けるが、高い歌唱・演奏レベル、独特のユーモア溢れるエンターテイメント性がお茶の間に受け入れられ、ヘヴィメタルリスナーにとどまらない幅広い信者を獲得した。

1. DEPARTURE TIME
2. 真昼の月 ~MOON AT MID DAY~
3. デジタリアン ラプソデイ
4. Brand New Song
5. 火の鳥~FIRE BIRD~
6. NO GOOD NEWS TODAY
7. CRIMSON RED
8. 虚空の迷宮
9. DANGEROUS VOYAGE~失楽園への旅~
10. SAVE YOUR SOUL~美しきクリシェに背をむけて~

B.D.02年(1997年)7月2日発布(リリース)。第十三大教典(オリジナルアルバム10作目)。
前作のロック、ヘヴィメタル路線を汲みつつも、デジタルの打ち込みや流麗なエース&ルークのコーラスによって抒情性とモダンを強く取り入れた美しいサウンドが特徴。「真昼の月」や「BRAND NEW SONG」など、この後のミサ(ライヴ)でも欠かせないナンバーとなった。また、歌詞においても悪魔色が薄れ、これまで使用されなかった言葉を用いたるなど新たな試みが随所に見られる。「虚空の迷宮」は同年4月より放送されたテレビアニメ『MAZE☆爆熱時空』とタイアップとなり、番組冒頭のオープニング主題歌として使用された。ツインギタリストのコーラスワークの秀逸さを心から堪能できる作品となっている。

MOVE

1. エガオノママデ
2. MASQUERADE
3. スキャンダラスな絆
4. 空の雫
5. サクラちってサクラ咲いて
6. 無冠の帝王~EMPEROR WITHOUT A CROWN~
7. オトナやめたいわ
8. A FAKE OF MYSELF
9. 人生ゲーム
10. STILL ALIVE

B.D.1年(1998年)7月23日発布(リリース)。第十四大教典(オリジナルアルバム11作目)。
「MASQUERADE」や「空の雫」などを収録。解散を翌年に控え、ジョー・リノイエをプロデューサーに迎える。ヘヴィメタルの曲を一切含まない、流麗で爽やかさも携えたハードポップ的な教典となっている。また、この時期デーモン閣下は金色の長髪を逆立てず、オレンジ色の比較的短めのおかっぱ頭や、その髪をオールバックにすることもあった。1999年末の解散に向けての『ふるさと総世紀末計画』と題した全47都道府県に於けるツアー、および地方CM制作においての選曲は、この『MOVE』に収録されの曲が大半を占めている。

LIVING LEGEND

1. HEAVY METAL IS DEAD
2. SILENCE OR VIOLENCE
3. GLORIA GLORIA
4. 戦慄のドナドナ
5. 20世紀狂詩曲 (大教典編)
6. THIS WORLD IS HELL
7. LOVE ~DEFENCE OF YOUR COMPLEX~
8. 死の協奏曲
9. FROM HERE TO ETERNITY
10. CENTURY OF THE RAISING ARMS
11. ROCK'N RENAISSANCE
12. REVOLUTION HAS COME
13. GO AHEAD!

D.C.元年(1999年)10月21日発布(リリース)。第十七大教典(オリジナルアルバム12作目)。
オリジナル盤としては最後の大教典(アルバム)。「20世紀狂詩曲」や「HEAVY METAL IS DEAD」などを収録。
前月、9月22日に最終最大小教典(ラストマキシシングル)「20世紀狂詩曲」を発布、次いで10月21日にオリジナルアルバムとしては最終作となる本作をリリース(発布)した。「最後の作品」ではあるが保守的になることなく、ラップ調の「20世紀狂詩曲」、壮大なスケール感の「GLORIA GLORIA」、またプログレ的アプローチを深めた実験的な楽曲もが多く収録されている。ブックレットの最後に記されている言葉は「地獄で逢おう」であった。

聖飢魔Ⅱの代表曲

FIRE AFTER FIRE

第2教典(オリジナルの2ndアルバム)に収録された初期聖飢魔Ⅱナンバー。ミサ(ライヴ)でのレギュラー楽曲ともなっている。ジェイル大橋代官が高校時代に作曲していた楽曲。インパクトあるイントロのギター・リフに始まり、重厚かつスピーディーな展開の中、火柱が上がり閣下の圧巻の歌唱力を堪能できるという、正統派ヘヴィメタル楽曲。

1999 SECRET OBJECT

4枚目の大教典(アルバム)『BIG TIME CHANGES』と同日発布(リリース)された小教典「シングル」。ルーク参謀作曲で、速弾きも披露する楽曲。ミサでも多く演奏される聖飢魔Ⅱ代表曲。この動画は2010年12月10日の地球デビュー25周年再集結ツアー<聖飢魔II ICBM TOUR>ファイナルミサ(ライヴ)。
激しいパフォーマンスとハイトーンシャウトを見せるが、デーモン閣下は演奏時、御年10万40代後半である。

WINNER!

大教典「THE OUTER MISSION」に収録されている。稀代のメロディメーカーでもあるルーク参謀による作曲。これまで「マイナーな曲でないといけない」という制約の中での曲作りであったが、「はじけてればいいじゃん」と、「ド明るい曲」を作ったという。動画は1995年8月、聖飢魔Ⅱ歴代構成員を日比谷野外音楽堂に結集させて行ったステージ。

関連動画

「HEY!HEY!HEY!」ルーク参謀-ドアノブカバー命名

1998年8月10日放送のHEY!HEY!HEY!では、ルーク参謀が松本人志に「ドアノブカバー」とあだ名をつけられた。この時ルーク参謀の被っていたニットの青い帽子がドアノブカバーに似ているという事からである。ダウンタウン2名の突っ込みに笑いを交えて切り返すデーモン閣下の軽妙なトークも見逃せない。

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画

日本テレビ系列の番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の企画の一つ。「最近バンドに元気がない」ということで「創聖鬼」という聖飢魔IIそっくりなバンドを結成。ダウンタウン浜田は“サタン浜田”を名乗り、メンバーにも扮装させ命名し(山崎=ジャヌダルク山崎、リードギター担当。松本=ゲルマニウム松本、サイドギター担当。遠藤=デビルエクスタシー遠藤、ベース担当。田中=ロックフェラー田中、ドラム担当。)ゲリラライブ(ミサ)を開催。聖飢魔IIの代表曲「蝋人形の館」(の1フレーズのみ)を演奏した。聖飢魔Ⅱは1997年に、契約プロダクションを吉本興業へ移したため(解散後は別事務所)ダウンタウンとも事務所同僚であったと言える。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents