宇宙刑事シャリバン(特撮テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

宇宙刑事シャリバンとは、1983年に放映された東映製作の特撮ヒーロー番組である。前年度の宇宙刑事ギャバンに続く宇宙刑事シリーズ第2作目で、直接の続編である。主人公・伊賀電と宇宙犯罪組織マドーとの戦いと、彼の出生にまつわる宿命を交えて描く。ギャバンよりパワーアップしたヒーローアクションや高いドラマ性が今日まで高く評価されている。

鈴木千恵(演:青木ゆかり)

勝平の次女で小学5年生。千秋の結婚相手は電がいいと言ったり、アイドルに憧れたりとおしゃまな言動が目立つ。電とはもちろん、明との仲も良好である。

鈴木明(演:小磯勝弥)

勝平の息子で小学3年生。電を兄のように慕っており、一緒にスポーツなどを楽しむことも多い。

伊賀電一郎(演:上條恒彦)

電の父で、植物学者。物静かで争いを嫌う人物であったが、電が6歳のころに山で少女を救うために熊と戦い命を落とした。幼い電に人間の本当の強さを教えた重要な存在であり、死の間際、電にイガ獅子の剣を抜くよう使命を託した。

伊賀優子(演:吉野佳子)

電の母。野草好きで、沢で足を滑らせて転落し、命を失った。電に名も知れない野草にも過酷な自然に耐えて育つ逞しい生命力があることを教えた。また、電の夢の中に現れ、レイダーの呪いから窮地を救ったこともある。

イガ星人

物語より2000年前、超エネルギー結晶体「イガクリスタル」を狙うマドーによって滅ぼされた銀河系第17星雲の惑星・イガ星の民。イガ星が壊滅した後、生き残ったイガ星人たちは新たな居住地を求めて銀河各地の様々な惑星へ分散した。この内、地球にたどり着いた民の末裔は奥伊賀島で生活しており、伊賀電もまた、その血を引く一人である。
イガ星の予言者は、「真っ赤に燃える体を持ち、真っ赤に燃える正義の心を持った若者が現れ、マドーを滅ぼしてくれる」との予言を残している。

みゆき(演:柿崎澄子)

電が奥伊賀島で出会った神秘的な少女。イガクリスタル親衛隊のリーダー格にして、地球にたどり着いたイガ星人の末裔の一人である。当初は電を疑い敵視していたが、やがて電を信じるようになる。中盤でイガクリスタルと共に他の時空へ転送されるも、終盤で苦労の末、電との再会を果たすことが出来た。
自身も「伊賀」の姓を持っており、本名は「伊賀みゆき」と推測される。

イガクリスタル親衛隊

写真の右から2番目がみゆき。以下イガクリスタル親衛隊のメンバー。

みゆきと共にイガクリスタルを守る5人の少女。セーラー服に半重力靴を身に着け、短剣を武器に宙を自在に飛び回りながら集団攻撃を仕掛ける。中盤でイガクリスタルと共に他時空に転移するも、終盤で無事電と再会した。

ジイ(演:花沢徳衛)

奥伊賀島の島長を務める老人で、本名は不明。2千年前からのイガ星人の歴史を語り継ぐとともに、仮面怪人の姿でイガクリスタルとその秘密を守るべく暗躍していた。仮面怪人として身に着けていた甲冑は常人を超えた身体能力を発揮させ、魔怪獣にもある程度応戦できていたことから、コンバットスーツと同様の機能を持つものと推測される。
マドーの攻撃で重傷を負い、シャリバンもイガ星人の末裔であることと、彼こそが出現を予言された勇者に他ならないことを告げて息絶えた。

マリオ(演:尾崎紀世彦)

暗黒刑務所で産まれ育ったイガ星人。マドーに協力すれば自由の身にすると言われ、己の自由と引き換えに同志たちを裏切りマドーに協力していたが、最終的には騙されていたことを知り、絶望の末にマドーの手で悲惨な死を遂げた。死の間際、イガ星の同胞たちを裏切ったことを悔いてシャリバンに謝罪した。

ベル・ヘレン(演:矢島由紀)

最もシャリバンに深く関わった、悲劇のヒロイン。

マドーと戦う宇宙戦士。幼少時に両親がマドーに襲われ死亡していることから、マドーに激しい憎しみを抱いている。
当初は無鉄砲で未熟であったが、精神的、技術的に成長し、やがてはマドーも無視できないほどの強い戦士になった。シャリバンには淡い恋心を抱くようになるも、第42話で死霊界の女剣士レイサとの勝負の際、ミスアクマとムクロビーストの不意打ちで命を落とした。

ベル・ビリー(演:土家歩)

ヘレンの弟で同様に宇宙戦士。同じイガ星人の末裔である電を兄と慕うようになるも、マドーの攻撃で重傷を負い、命を失った。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

宇宙刑事シャイダー(特撮テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

宇宙刑事シャイダーとは、1984年に放映された東映製作の特撮ヒーロー番組で、宇宙刑事ギャバンより続く「宇宙刑事シリーズ」の第3作目にして最終作である。訓練学校を卒業したばかりの新米宇宙刑事・シャイダーこと沢村大と相棒のアニーが、シリーズ最強最悪の宇宙犯罪組織・フーマに挑む姿を描く。「不思議」をテーマとした奇抜な悪役や完成度の高いストーリーで、シリーズ中でも独自の輝きを持った作品といえる。

Read Article

宇宙刑事ギャバン(特撮テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

「蒸着!!」この叫びとともに、一条寺烈は宇宙刑事ギャバンへと0.05秒で変身を遂げる。そしてレーザーブレードの一閃で、宇宙犯罪組織マクーの悪事を食い止めていく。テレビで3作続いた『宇宙刑事』シリーズ最初の作品にして、いわゆる『メタルヒーロー』物の開祖でもある。21世紀に入っても小説や映画などで続編が製作されている、東映ヒーローの柱のひとつである。

Read Article

特救指令ソルブレイン(特撮テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

「犯罪が高度化した時代…人の命と心を救うために、自らの青春をかけて立ち上がった若者たちがいた!それが、特装救急警察である!!」(OPナレーションより) 特救指令ソルブレインとは、1991年に放映された特撮ヒーロー番組である。メタルヒーローシリーズ第10作目にして、前作・特警ウインスペクターより始まったレスキューポリスシリーズの2作目でもある。

Read Article

特捜エクシードラフト(特撮テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

「多様化する犯罪から人々を守る為に、三つの魂が炎となって燃えた!これは明日の地球に愛と優しさを求めた、特別救急捜査隊の物語である!!」(OPナレーションより) 特捜エクシードラフトとは、1992年に放映された東映製作の特撮ヒーロー番組である。メタルヒーローシリーズ第11作目にして、1990年放映の特警ウインスペクターより始まった、レスキューポリスシリーズの3作目にして最終作である。

Read Article

特警ウインスペクター(特撮テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

「特警ウインスペクターとは、平和を愛し、友情を信じ、人の命を守るため犯罪に立ち向かう、警視庁・特別救急警察隊の事である!」(OPナレーションより) 特警ウインスペクターとは、1990年に放映された東映製作の特撮ヒーロー番組である。1982年の宇宙刑事ギャバンより続くメタルヒーローシリーズの第9作にして、その後2作品続くことになるレスキューポリスシリーズの第1作目でもある。

Read Article

巨獣特捜ジャスピオン(特撮テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

巨獣特捜ジャスピオンとは、1985年に放映された東映製作の特撮ヒーロー番組で、宇宙刑事ギャバンより始まる「メタルヒーローシリーズ」の第4作目である。銀河の野生児・ジャスピオンが超惑星戦闘母艦ダイレオンを駆り、宇宙の魔王・サタンゴースが操る巨獣、更には無法者のエイリアンらと宇宙を股にかけた戦いを繰り広げる。等身大ヒーローと巨獣の戦い等、野心的な試みが数多くなされた作品である。

Read Article

目次 - Contents