六花の勇者(Rokka: Braves of the Six Flowers)のネタバレ解説まとめ

「六花の勇者」とは2015年7月から9月まで放送された日本のテレビアニメ作品。アニメ制作会社のパッショーネが製作した。全12話。原作は同名の小説で著者は山形石雄。
世界を支配しようと復活を目論む魔神を倒すために選ばれたのは「六花の勇者」と呼ばれる六人の勇者たち。しかし集まったのは七人だった。王道のファンタジーとミステリーを絡めた異色作。

『六花の勇者』概要

2015年7月から毎日放送他テレビ局で放送されたアニメ作品。制作をパッショーネが手掛ける。監督は高橋丈夫。キャラクターデザインを小磯沙矢香が担当。
原作は同名の小説で著者は山形石雄。イラストは宮城。原作は現在6巻まで刊行中。
シリーズの累計発行部数は25万部を突破。1巻のみで10万部を突破している。
本作は原作1巻を基に構成されている。
キャッチコピーは「この中に、偽物がいる…」
世界を支配しようと目論む魔神を倒すべく、女神に選ばれた六人の勇者「六花の勇者」が集う伝説があったが、実際に集まったのは七人だった。偽物の一人として真っ先に疑われた少年アドレットは無実を証明するため一人奔走する。

あらすじ・ストーリー

千年前「魔神」と呼ばれる魔物が突如現れ、大陸に住む人間を殺し始めた。魔神は自らの体から「凶魔」という化け物を生み出し、さらに人間たちを襲い世界を支配しようとしていた。大小さまざまな国が崩壊し、人々は死を受け入れるしかなかった。その時、人智を超えた能力を持つ女性、「一輪」の聖者が現れた。
長い戦いの末、聖者は魔神を西の果てにある半島に封印することに成功する。
封印が解け、魔神が再び人間たちを襲うことを危惧した「一輪」の聖者は、自らの「一輪」の力を六つに分け、後世に遺した。
「一輪」の聖者が建てた、運命神を司る神殿で強さを示した六人が「一輪」の力を受け継ぎ、勇者として選ばれる。
勇者たちの体の一部に六枚の花弁を象った六花の紋章が現れることから、彼らは「六花の勇者」と呼ばれた。
700年前と300年前に六花の勇者が現れ、魔神は再び封印された。
しかし10年前から大陸に侵入する凶魔が増加。人々は魔神復活の恐怖に怯えていた。

幕開け

上空から見たピエナ王国

アドレットは六花の勇者に選ばれるため、ピエナ王国で行われる運命神を祀る神殿前での神前武闘会の準決勝戦に乱入した。アドレットは勝利するものの、煙幕や毒矢などの道具を用いる戦いぶりから「卑劣戦士」と呼ばれ牢屋に入れられる。しかしアドレットに六花の紋章が現れ、六花の勇者に選ばれる。アドレットは同じく六花の勇者に選ばれた、同国の王女であり、「刃」の (神の力を授かった) 聖者ナッシェタニアの手により脱獄。
二人は六花の勇者の集合場所である、西の果てにある半島、魔神がいる「魔哭領」の入口を目指す旅に出る。

鉄岳の国グエンバエア

同じ六花の勇者であるアドレットに銃口を向けるフレミー。彼女の真意は..。

アドレットとナッシェタニアは魔哭領がある半島に近い鉄岳の国グエンバエアに着く。
ナッシェタニアから六花の勇者候補となる聖者や強者を殺す「六花殺し」の存在と、一ヶ月前から「太陽」の聖者リウラが行方不明になっている噂を聞き、アドレットは気を引き締める。
グエンバエアに着いて間もなく、凶魔たちが現れ村人を襲い始めていた。周辺の凶摩を退治した後、村人から旅の少女が村に取り残されていると聞いたアドレッドは、ナッシェタニアの制止を振り切り単身で村へ向かう。村にたどり着いたアドレットだったが、凶魔はすべて旅の少女の銃弾によって倒された後だった。
旅の少女、「火薬」の聖者フレミーも六花の勇者だった。
アドレットはフレミーを歓迎するが、フレミーは仲間であるはずのアドレットに銃を向ける。フレミーは一人で魔神を倒したいらしく、他の勇者たちと協力するつもりはないと言う。フレミーはアドレットの前から姿を消したが、仲間同士の協調を重んじるアドレットは説得するためにフレミーを追いかける。

ナッシェタニアに六花殺しの犯人を報告するゴルドフ

一方、ナッシェタニアは同じく六花の勇者となったゴルドフと合流した。
ゴルドフはピエナ王国の最強騎士。ナッシェタニアの命令で六花殺しの犯人フレミーを追っていた。

グエンバエア砦入口

フレミーに半ば強引に付いてきたアドレットはグエンバエアの砦に立ち寄る。
二人は砦の指揮官ローレンから「霧幻結界」の話を聞く。
それは凶魔が大陸に侵入するのを防ぐためのものだった。
霧幻結界が発動すると同時に霧が発生し、結界を解除するまで発生した領域からは人間であろうが凶魔であろうが侵入も脱出も不可能になるという仕組みだ。
グエンバエアの兵士たちは結界を利用して凶魔を足止めし、六花の勇者を手助けするつもりでいた。
六花の勇者が誰も知らないと不都合であることから、結界の発動方法を教えてもらった二人は、さらに二日前に砦を訪れたもう一人の六花の勇者であり、「山」の聖者モーラの存在を知る。
モーラは聖者たちを統括する万天神殿の長でもある。
魔神が封印された摩哭領と大陸を繋ぐ場所に結界を発動させるための神殿があり、神殿が六花の勇者たちの集合場所に近いことから、モーラは先行して神殿へ向かっていた。
二人は神殿を目指すために砦を出発した。

砦を出たアドレットとフレミーはナッシェタニアとゴルドフと合流するが戦闘になる。フレミーこそ六花殺しの犯人だった。
魔神を復活させるために、六花の勇者候補となる聖者や強者たちを始末してきたことをフレミーは認めたが「太陽」の聖者リウラを殺していなかった。アドレットは今のフレミーは魔神を倒すために行動していることから三人に停戦を持ちかける。アドレットの説得で四人は協力して神殿を目指した。

霧に包まれた神殿入口

猛烈な暑さの中、神殿まで目前というところでアドレットたちは凶魔の群れに遭遇した。
ナッシェタニアの提案で彼女たちが凶摩たちの足止めをする間にアドレットは一人神殿に向かう。
神殿の入口で女性が倒れていたので介抱しようと近づくと、それは女性に変身していた凶魔だった。追いかけようとするが凶魔は逃げてしまう。
その時アドレットは異変に気付く。
気温が急激に下がり、辺り一面霧に包まれていたのだ。

祭壇にあった石板を壊すも変化なし。

神殿の中でアドレットはナッシェタニア、ゴルドフ、フレミーと合流した。
霧が発生し結界に閉じ込められたことに動揺したナッシェタニアは、祭壇の台座に刺さっている結界の発動に使う宝剣を使って石板を壊し発動を止めようとする。
結界が解除されることはなく、物音を聞きつけて「沼」の聖者チャモ、続いてモーラと「殺し屋」のハンスが現れる。
ここで集合した六花の勇者が六人ではなく七人であることから、一人が勇者に成りすました敵であることが発覚する。

霧幻結界

六花の紋章を持った勇者が七人いることに一同困惑する。

偽物がいることで誰もが疑心暗鬼になる中、真っ先に疑われたのは六花殺しであるフレミーだった。フレミーを拘束したものの、モーラの提案で確認のために一人ずつ神殿に着くまでの経緯を説明した。
その結果、アドレットより先に神殿にたどり着いた者がいなかったことから、アドレットが嘘をついて結界を発動させ、六花の勇者を閉じ込めた敵だと疑われる。
ハンスから攻撃を受けたアドレットは怪我を負いながらもフレミーを人質に取り神殿から逃走する。

逃走した森の中でアドレットはフレミーから傷の手当てを受けていた。
礼を言うアドレットだが、フレミーは武器を持たずに連れ去られたため、仕方なく面倒を見ているだけでアドレットを信用していなかった。
アドレットは信じてもらうためにフレミーに身の上話をした。

アトロ・スパイカーに弟子入りを志願する。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ひなこのーと(Hinako Note)のネタバレ解説まとめ

『ひなこのーと(Hinako Note)』とは、三月による4コマ漫画。またそれを原作として2017年4月から6月まで、全12話にわたって放送されたアニメ作品のことである。漫画は4コマ漫画専門雑誌『コミックキューン』にて連載中。少女たちの同居生活や学生生活、また演劇に向き合う姿を可愛らしいタッチで描いている。アニメのキャッチコピーは『元かかし少女の演劇コメディ!』

Read Article

citrus(シトラス)のネタバレ解説まとめ

「citrus」は、サブロウタ原作の2018年冬アニメである。原作は『コミック百合姫』(一迅社)にて2013年1月号より連載している。 同性愛(いわゆる「百合」)を描いた作品である。キスシーンなど、情熱的なシーンが多い。 主人公、藍原柚子と、母親の再婚相手の娘である藍原芽衣の友情・姉妹の枠を超えた絆の物語である。 ピュアな柚子が懸命にクールで寡黙な芽衣の気持ちを理解し、自分の気持ちを伝えようと歩み寄ろうとする。

Read Article

だがしかし(Dagashi Kashi)のネタバレ解説まとめ

「だがしかし」とは漫画家コトヤマによる少年漫画、及び2016年にfeel.で製作されたアニメーション作品。実際にある駄菓子を扱ったギャグコメディ。実家が駄菓子屋の主人公「鹿田ココノツ」は、父「鹿田ヨウ」に駄菓子屋を継ぐように言われるが、ココノツには漫画家になるという夢があった。そんなココノツの元へ、大手お菓子製造会社「枝垂カンパニー」の社長令嬢で美少女の「枝垂ほたる」が現れた。

Read Article

citrus(第1話『love affair!?』)のあらすじと感想・考察まとめ

主人公、藍原柚子は母親の再婚がきっかけで女子高に編入することとなった。 登校初日から校則違反が目立ったため、生徒会長の藍原芽衣に目を付けられる。 その日、新しい家族として芽衣が迎え入れられ、二人の共同生活が始まる。 今回は「citrus」第1話『love affair!?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

まおゆう魔王勇者の名言・名セリフまとめ

『まおゆう魔王勇者』とは、橙乃ままれによるファンタジー小説、およびそれを原作としたアニメ、漫画、ドラマCDなどのメディアミックス作品。 人間と魔族が長く戦争を続ける異世界が舞台で、卓越した魔力と戦闘能力を持つ正義感の強い「勇者」が長引く戦争を憂い、単独で「魔王」を討ち取る為、魔王城へ乗り込み、魔王と対峙するところから物語は始まる。 本作は人間と魔族の対立を描いているだけでなく、様々な異なる立場の人間や魔族にも視点が当てられている為、考え方の違いから数々の名言が生まれている。

Read Article

目次 - Contents