テラフォーマーズ(TERRA FORMARS、テラフォ)のネタバレ解説まとめ

『テラフォーマーズ(TERRA FORMARS、テラフォ)』は、作画が橘賢一・原作が貴家悠によるコミック作品。『全国書店員が選んだおすすめコミック2013』で2位で、『このマンガがすごい!(2013年)』オトコ編では1位となった。累計発行部数は1600万部(2016年4月時点)を突破している。
火星開拓の副作用で異常進化したゴキブリ「テラフォーマー」と人類の存続をかけた戦いを描く。

主な登場人物・キャラクター

小町 小吉(こまち しょうきち/ CV:木内秀信)

日米合同第一班班長(アネックス1号艦長)。身長187cm、体重87㎏(1部)→体重90㎏(2部)。
手術ベースはオオスズメバチ。人為変態時はオオスズメバチの習性にならい非常に獰猛になり、両腕から生える毒針でテラフォーマーを倒す。
15歳の時に人を殴り殺してしまったことで少年刑務所に入所していた過去がある。
バグズ2号の任務では辛くも生き残り地球に帰還した。

ミッシェル・K・デイヴス( CV:伊藤静)

日米合同第二班班長。身長164cm、体重85㎏。
ベースは親からの遺伝で受け継いだパラポネラと、手術によって得たバクダンオオアリ。人為変態時は、パラポネラの腕力を使った格闘技で戦う。またバクダンオオアリの能力である揮発性の液体を敵体内に流し込んで爆破させることもできる。
生まれつきのM.O.と手術によるM.O.を両立させている希少な存在は彼女と燈だけであり、それ故に「奇跡の子」または「ザ・ファースト」と呼ばれている。

膝丸 燈(ひざまる あかり/ CV:細谷佳正、中田沙奈枝(幼少期))

第二班所属。身長177cm、体重91㎏→96㎏(2部)→99kg(3部)。
手術ベースはオオミノガ。他にクモイトカイコガやハナカマキリの能力を生まれつき持っている。人為変態時はオオミノガの強靭な糸を作り出すことができる。糸は攻撃・防御・捕縛などが使える他、高い身体能力を生かすことで幹部乗組員に匹敵する戦闘力を発揮する。
バグズ能力を人為的に遺伝させることに成功した初めての例であるため、各国はミッシェルに次ぐ「ザ・セカンド」と呼び、その技術を入手するため彼の身柄を確保しようと躍起になっている。

アレックス・カンドリ・スチュワート( CV:KENN)

第二班所属。身長186cm、体重77㎏。
手術ベースはオウギワシ。人為変態によりオウギワシの握力を得る。
猛禽類の視力・腕力・握力を活かし、テラフォーマーの体を長距離から射抜くことができる。
彼のコントロール抜群の豪速球で、何度もアネックス2号乗組員たちの危機を救った。
メジャーリーガーになるのが夢で、地球帰還後はアメリカ市民権とメジャーリーグ挑戦権を確約されている。

シルヴェスター・アシモフ( CV:石塚運昇)

ロシア・北欧第三班班長。身長190cm、体重136㎏。
手術ベースはタスマニアン・キング・クラブ。人為変態時は、甲殻型の中でも桁外れに硬い甲殻になる。この甲殻はテラフォーマーの打撃だけでなく、至近距離からの銃弾も防ぐことができる。
状況判断力に加え、指示も的確で優秀な指揮官タイプ。また相手の人為変態を見ただけでベースを見抜くなど洞察力も優れている。
葉巻をこよなく愛し、酒はウォッカを嗜む。娘のジーナを溺愛し妻には頭が上がらないなど、以外に人間臭い。

劉 翊武(リュウ・イーウ/ CV:小村哲生)

中国・アジア第四班班長。身長210cm、体重99㎏。
手術ベースはヒョウモンダコ。拳法家としての実力も高い。人為変態時は蛸足が生え、拳法による打撃や毒で戦う。またタコの特徴である足の再生能力も持ち合わせている。
火星到着当初、第四班は全滅したと思われていたが、秘密裏に持ち込んだ武器で墜落したアネックス1号を占拠し、裏切りを地球へ報告させないよう通信も妨害した。「燈とミッシェルの確保」「ウィルスサンプルの独占」を中国政府から厳命されており、アネックス1号から脱出した他班を裏切り対立する。
しかし、劉は命令に背いて燈を殺そうとしたために本国からの増援『九頭龍』に処分されかける。九頭龍が飛来したことで、作戦の失敗を悟り、小吉やジョセフと協力して燈たちを火星から離脱させた。

紅(ホン/ CV:ささきのぞみ)

第四班所属。身長151cm、体重42㎏。
手術ベースは地球では使用を制限されている細菌兵器。不完全変態手術により通常の状態でも全身から常に微量の毒素が撒き散らしている。人為変態をした上で能力を発動すると、アネックス1号を船体を包む範囲に毒素が拡がり、感染するとテラフォーマーですら数秒で絶命する。
第四班がアネックス1号を選挙した際は、彼女の毒素で守りを固めており、M.O.手術を受けた者でも防護服なしでは近づけなかった。
このように殺傷力は・制圧力は突出しているものの、温和な性格のための能力を十分に使えていない。

アドルフ・ラインハルト( CV:遊佐浩二、高森奈津美(少年時代))

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents